So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

垣田はレンタル延長、日本代表は韓国に惨敗 [契約関係]

皆さん既にご存知だろうが、垣田のツエーゲン金沢への期限付き移籍が延長。こちらオフィシャル

鍛えればフィジカルを活かしたCFになれそうな素材なので、鹿島でずっとベンチ外にいるよりは、今のうちにガンガン試合に出て修行する方がいい。ただまあ、あまりに活躍してしまうとそのまま帰って来ない可能性もあるが。

他では中村がセレッソからオファーを受けているそうで。鹿島も契約延長のオファーを出したそうだが、正直、鹿島でのプレーの底は見えたので移籍してユンジョンファン監督に鍛えて貰った方がいいと思う。山村のように覚醒するかもしれないし。

中村は金森などと比べて割と優遇されてきた方で、前石井監督時代でも「不遇」と言われながらも結構試合には出ていた。大岩になってからはレギュラー枠になりそこそこ活躍はしたが、天皇杯でのポカ以降、外されている。

懲罰的なものか、単に戦力外か、大岩の「責任は中村にあります」アピールか。個人的な意見としても天皇杯に関しては中村の緩慢なプレーの責任は大だと思っているし、リーグのマリノス戦での再勝ち越し弾の起点ともなった。

得失点差で上回らなければならなかったルヴァンカップでもドフリーを外しているので、勿論、活躍した試合もあったのだが、悪い部分にしか記憶にない。このまま鹿島で悪いイメージのままプレーするよりも、環境を変えて新規一転再出発の方がいいと思うのだが。大岩との信頼関係がどうなっているかは知らないが。

移籍に関してはもうひとつ。

ウニオンに所属する内田が退団濃厚とか。W杯に向けて出場機会を求めているそうで、それなら西が怪我で抜けている今の鹿島にはぴったり。

どちらにとってもメリットの大きい話。契約があと半年残っているそうで、移籍金をどのくらい吹っかけられるかわからないが、向こうも戦力外扱いらしいし、そのへんはうまく駆け引きして獲得してくれたらなあと願っている。

W杯が終わった後にまた海外でプレーしたいというならそれでもいいし、契約も短期にしておけばいい。

右サイドバックには伊東が成長してきているとはいえ、最終節の物足りなさを思えば一人で回すのはキツい。ACLもあるし、西が復帰するまではどのみち補強が必要なポジション。互いの思惑が合致する今、獲得に向けて動いて貰いたい。

代表の韓国戦は引き分けでも優勝という試合をPKで先制したものの、その後は一方的に韓国にやられて酷い内容だった。あれだけ連携が取れていないとどうにもならない。

車屋はやはり川崎でやっている時と比べるとまるで別の選手。植田も本職ではないマイナスの部分が大きく出て、両サイドがそんな状態ではまともな形にはならない。倉田も期待していた選手だが、ちょっと代表では無理そうだ。

鹿島の選手も辛うじて合格ラインに引っかかるのが昌子くらいに思われるが、4失点は良くない。サイドもこなせる槙野よりかは序列が下になるのではなかろうか(というか槙野はサイドバックとしてカウントされているのだろうか)。

金崎は噂では、中央にいるようにというハリルホジッチの指示を無視する形でサイドに流れたことが不興を買っているそうで、それでなくてもフィジカルの強さを見せている川又と比べて分が悪く、選考から漏れたかもしれない。

土居も原口、乾、清武、香川との争いになるので難しい。「いいプレー」ではなく、目に見える形で結果を出しておかないと既に先を行っている選手を抜けない。三竿健(弟)はとりあえずこれからの選手なので、少しとはいえ出場出来たことを経験としたい。

結果は大惨敗だったが、反省すべきことをした後は来季に向けてゆっくり休養して貰いたい。昌子は久々にまとまった休みになったので、ゆっくりと休んで欲しい。お疲れ様でした。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

日本代表、土居、山本、植田が初出場、昌子のスーパー(初)ゴール [日本代表]

日本代表E-1サッカー選手権、中国戦で土居、山本、植田が初出場し、勝利に貢献。

昌子は守備で奮闘しつつ、終盤にセンターライン付近からのスーパーロングシュートを決め、これが代表初得点となった。

鹿島でもあの付近からたまに蹴っていたが、初めて入った。代表初ゴールはおめでとうだが、あれが最終節の磐田戦だったら小笠原のロングシュートに並ぶ伝説のゴールとなり、鹿島の優勝、シーズンMVPもあったと思えば、出るタイミングが違うよ・・と嘆き節も少しばかり入る。

ハリルホジッチも喜んでいたし、体脂肪さえ気をつければ本戦での代表入りは出来そうかも。次の韓国戦も出場すると思うが、ここを無失点に抑えればかなり確率は上がるだろう。

植田の右サイドバックはわりとやれていた。ずっと前に鹿島で出場機会がない時にサイドバックを試してみれば(あの時は左だったかも)と書いていたが、慣れればやって出来なくもないという感じだった。

絶好のクロスをいくつか上げたが、小林がことごとく外してくれて、山本からのクロスも外してくれるなど、鹿島からのパスは受け付けん!とばかりのプレーぶり・・。とはいえ、川又とのコンビでもつれたところからゴールを捻じ込んで勝ちを呼び込み、あのあたりはさすが得点王。

山本はクロスの質がいまひとつだったが落ち着いたプレーで守備を固めていた。ラストにPKを与えてしまったのが勿体ない。点差も2点だったし、中に人数も揃っていたのでもうちょっと丁寧に行っても良かった気もする。

土居は相手と入れ替わるプレーなどいくつか、らしさを見せたがゴールはならず。昨年のストライカー覚醒?となっていた時期に比べて随分と鋭さが欠けてしまった。悪くはないプレーだったが、今までに呼ばれている原口などの海外組に比べるとアピールは足りなかったのではないだろうか。

あとは三竿健(弟)が出場出来ればいいのだが、さすがに韓国戦では今野、井手口になるだろう。大島が何故か代表では足を引っ張ってばかりなので、鹿島セットで三竿健(弟)も一緒に使ってくれれば良かったのに。

川崎の選手はクラブでやる時は連動して物凄い一体感があるが、バラしてしまうと車屋や阿部もそうだったが、やりたいことが出来ないのか迫力に欠けるように見える。このへんはクラブと代表の違いになるのだろう。

金崎は随分と長い間、得点を決めていないので焦っているのか周りが見えておらずあまり良くない雰囲気だった。得点に絡んだ川又と比較すると、正直、物足りない。頑張って貰いたいが、もう一回チャンスは回ってくるだろうか。

なんだかんだでいつも韓国と決戦になってしまうが、これ以上、怪我人が出ないように願うばかりである。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

大岩の来季続投が決定してしまった [雑感]

こちらオフィシャル「大岩監督 来季続投のお知らせ」

短期的にコロコロ監督を代えるのは鹿島のスタイルではないとかなんとか言っていたから半ば諦めていたのだが、やはり大岩の来季続投となった。

このブログでは何度も書いてきたが、今の大岩はタイトルを獲り切る力がないと感じている。

途中交代で、前石井監督のリーグ負債が5敗あったところからの勝ち点72は立派だとは思うが、優勝を逃したら意味がない。極論、勝ち点59でもチャンピオンシップを制してリーグタイトルをもたらした石井監督の方が、力を持っていたという評価になる。

その石井監督は今季前半のうちにACLを失冠し、チームもガタガタだったのであれ以上はもたなかっただろうし、解任は間違いではなかったと思う。大岩もよく立て直したとは思うが、冷静に振り返ればわかるが、ルヴァンカップ、天皇杯、リーグと3冠を全部逃している。

特にルヴァンカップと天皇杯は負債も何もなく自力で負けたもので、トーナメント戦での弱さ、そして、リーグ最終盤の2戦、トーナメントと言っても過言ではなかった2つを共に勝ち切れなかった結果が重い。

更に言うなら終盤の柔軟性を欠いた采配、勝負手を打てない思考の堅さ、セットプレーの単調さ、何かをやってくれるという雰囲気は微塵もなかった。

縦に速いというコンセプトの攻撃もまるで影を潜め、守備こそは安定していたものの、考えてみれば相手は「目の前で優勝は観たくない」という引き分け上等の戦い方をしてきたので、ある意味無失点に抑えられて当たり前とも言えた。

勿論、この1年を経験として、監督としての才能を開花する可能性はなくもないが、干されていた選手たちの気持ちを考えると、チーム全体として士気が上がるかどうか・・。もっと言えばタイトルを失ったという悔しさを共感出来ているかどうか。

小笠原や永木なんかは悔しいは悔しいでも、出場出来なかった方の悔しいが勝っているだろうし、気持ちがひとつになれるようには思えないのだが。

小笠原を最後の2つに使えなかったのは、勝てば勝ったで小笠原のおかげと言われるし、負けたら負けたで何故レオシルバを使わなかったのだと叩かれるのを恐れた大岩が、「自分の采配で勝った」と認められたいがために、勝利よりも我欲を通したんじゃないかという穿った見方をしている。本当の理由は大岩に聞かないとわからないが。

とりあえず外国人最優先の考えがあるように見える限り、レオシルバとペドロ・ジュニオールを契約終了としなければ、鹿島らしく勝つということは出来ないように思う。

何より、永木とか鈴木とか金森とか出場機会に恵まれない有望な選手が流出してしまわないか心配だし、レンタルで豊川や杉本が帰って来たり、新たな戦力を補強したりしてもそれを使いこなせるのかどうか。

正直、疑問と不安と不満の割合で大半だが、決まってしまった以上仕方ない。大岩が監督として成長してくれることに期待するしかない。

代表で休みが削られている選手もいるが、昨年よりかは休みも長いので、じっくり仕上げて貰いたいと思う。と同時に、悪ければ即座に解任出来るような道も残しておいて貰いたい。

まあ、解任になったらセレーゾ、石井と続くのでそれも良くないのかもしれないが。大岩続投に喜んでいるサポはどのくらいのパーセンテージを占めるのだろうか一度聞いてみたい。アンケートツールでも使ってみようか。

ちなみに代表戦は録画で観たが、なんともショボかった。室谷もこんなもん?という感じだったし、車屋も自分のクラブでやっている時の迫力もなかった。金崎も悪い時のサイドに流れて中が誰もいないパターンになっていたし、川又の方がストロングポイントがはっきりしていた。

フラットな目線で見れば、金崎に次(E-1の次という意味)のチャンスはもうないように見えた。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

西は大怪我だった [雑感]

怪我した直後は歩いていたし、試合に戻ろうとする意欲まで見せていたのでそこまで大怪我とは思ってなかったが、オフィシャルの「西選手の手術について」を見ると全治4ヶ月とのこと。大怪我やん・・。

全治に4ヶ月かかってそこから試合に出れるまでとなればACL予選は全部無理。リーグも6~8試合くらいは消化してしまっている。

現状では伊東に任せるしかなくなったが、最終節の物足りなさを見ると休養期間に相当なレベルアップしないと厳しい。誰かをコンバートするなり、補強するなり、フロントを含めて何か手を打たないといけないだろう。

逆に言えば伊東は最大のチャンスとなる。

一部では内田が復帰するかもという噂があったが、それが実現しないかと本気で思い始めている。帰って来いよ~。

そう言えばACLの組み合わせが決まったようで、グループHでシドニー(オーストラリア)、上海申花(中国)、プレーオフ(東地区プレーオフ1、イースタンSC(香港)、FLCタインホア(ベトナム)、水原三星(韓国))。

来年こそはACLのタイトルを獲って欲しいのだが、大岩続投となれば今年の石井みたいに、ACLを逃したタイミングで解任とか同じ轍を踏まないか心配でたまらない。続投の決断はしっかり考えて貰いたい。

「しっかり」とはちゃんと戦力を使い切り、大事な試合を勝てる、引き出しの多い監督を選んでって意味ですよ?

代表には土居が追加招集されたとか。西が抜けていなかったら呼ばれていなかったのかもしれないが、鹿島色の強い代表になっている。まあ、ハリーは本番には海外組をメインにするだろうから、昌子くらいしか残らないような気がするが。

というかシーズンの終わった鹿島を使い倒そうとしている?

サッカー関連は代表戦くらいしか観るものがないが、なんかあんまり気が乗らないなあ。

移籍情報(主に入って来る方)が出て来ないかと、そのくらいしか楽しみがない。レアンドロは完全移籍がほぼ確定っぽいが、移籍金が2億8000万円くらいとからしく、高いなあと感じるのは自分だけだろうか。

もうひとつ。前の記事の被害金のくだりで根本となる計算で大きな計算間違いをしており、すいません。書き直そうかとも思っているが、ただの雑談みたいなことだったしわざわざ書くかは微妙。もう一度書くなら書き出しはこう・・。

いつから審判が正しいジャッジをしていると錯覚していた?

なん・・だと?

(元ネタありですよ、念のため)

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

2017シーズンも終わり [雑感]

Jリーグアウォーズも終わって今季の鹿島のあれこれは終了。

鹿島からはベストイレブンに西と昌子が選ばれた。MVPには川崎の小林。ベストヤングプレーヤーは柏の中山。どっちも納得の人選。GKも鹿島サポは曽ヶ端を推す声もあったが、柏の中村。これも納得で、なんなら鹿島に欲しいくらい。(曽ヶ端が悪いわけではなく将来的なことを加味して)。

MVPは最終節に鹿島が磐田に1-0で勝っていれば磐田と年間最少得点タイ、そして優勝だったので昌子だったかもしれない。三竿健(弟)はベストヤングプレーヤーのチャンスがあったが、やはり地味だったかも。

バランスを取ったり、相手の攻撃の芽を潰したりと渋い仕事はしているが、ゴールに絡んで行くこともほぼなかったし(後ろから詰めたのは1点だけ?)、派手に相手の攻撃を防いだりもないし、プレースタイル的にも賞を貰うような感じではないだろう。身内から見てもまだまだ足りない部分も多いし、これから頑張ってくれれば。

ただ、このプレースタイルだと相方がもっと攻撃に絡んでゲームメイク出来る選手でないと、三竿健(弟)の良さは活かされないような気がする。

来季は鹿島サポみんなが思っているが、攻撃が課題となる。

いまだ誤審に負けたという思いは消えないし、多分ずっと思い続けるが、まだしも2敗している川崎の優勝だったことは良かった方。川崎に負けたという点ではわかるから。

川崎は昨年、チャンピオンシップ、天皇杯と続けて鹿島に負けたことで何がなんでも鹿島には負けないという強い気持ちを持っていた。今度は鹿島がそれをやるだけ。守備のベースは保ちながらも攻撃を磨く。気持ちも磨く。勝者のメンタリティーを磨く。

しかしながら、大岩は就任した当時は縦に速いサッカーとか速いパス回しとかで、攻撃も活性化していたのだが、選手が固定されてくるようになってからは、ぱっとしなくなった。

最終節が終わる前から来季の続投には疑問符をつけていたのだが、フロントはどのあたりに評価を置いているのだろう。自分なんかは、たとえ優勝していたとしても微妙だと思っていたくらいなのだが。

思えば、レアンドロ、中村のセットを使っていた頃はまだ得点が取れていたのだが、これをすると守備がボロボロになって試合結果が一か八かの勝負になる。中村を下げると守備は安定するが攻撃も停滞するという。

それでも中村を使って欲しいとは今でも思わないが、レアンドロ単体では迫力に欠け、カイオのような信頼もなく、ムラがあって使いづらい選手という印象は拭えない。レオシルバの評価もいまひとつで、どうしてもいて欲しいとは思えない。

川崎からエウシーニョがベストイレブンに選ばれたが、チームを勝たせられる助っ人とはこういうタイプをいう。ペドロ・ジュニオール、ブエノ、クォンスンテを含め、外国籍選手については何か手を打って貰いたい。

あと、誤審についてもしつこく提案を。

意見書を出して、明らかに誤審と認められたぶんについては、再試合とか勝ち点上乗せは現実的ではないので、被害金(名称未定)という形で清算したらいいのではないかと思っている。

選手やクラブに対しては制裁金とか無観客試合とかあるわけだし、勝敗に関するもの、特に天皇杯の西のオフサイドで取り消されたのは認めたわけだから、失ったタイトルの賞金に比例して金額は算出すればいいのでは。

たとえばリーグの優勝賞金は10億円(2年目以降は除く)。これを34試合で割ると約294万円。とはいえ、得点が入ればそれに合わせて試合も動くのでこのまま全額というわけにもいかず、100~150万円くらいが妥当かと。

(追記訂正:書いた時から違和感あったのだが、後になって良く考えたらやっぱり一桁間違ってた。となると金額がデカくなってこの話の意味合いも変わってくる・・。誤審ネタはしばらくやめとこうと思っていたのだが、まとまったらまた書くかも?)

ハンドの見逃しはその後のPKが決まるかはわからないし、イエローカード2枚目の見逃しにしても10人になった側が逆転するパターンあるから30~50万円くらい?

担当した審判は反則点のようなものをつけて、何点か溜まったら研修(はやってるのか)、特定チームに対しての誤審が多い場合は受け持たせないなど。

まあ、VARが導入されれば解決するので、一応言うだけ言っておくが、採用されることはないだろう。悲しいかな、ミスは常に隠ぺいされるものだしね。

誤審されないような技術とか、あったらそれも磨くべきなのかなあ。少なくとも柏戦のハンド見逃しの件は小笠原がいたら、残り時間が数分しかないにも関わらず、猛然と食ってかかっていただろうなとは思っている。それが正解とは言わないが、あれくらい勝ちにこだわる選手がラスト、ピッチにいなかったのは返す返すも残念なことだった。

なんか長くなったのでこのへんで一旦、締める。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ
前の5件 | -