So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

2018第15節仙台(ホーム)戦 [リーグ]

後腐れなく解任出来ると思えば文句なしの試合だった。リーグ的には絶望が広がる敗戦だが、中断期間で監督が変わると思えば耐えられる。というか解任してくれい。そう思わなければやってられない無様な試合ぶり。今に始まったことではないが。

何の役にも立たないことがまたしても証明されてしまった中村は、大岩お気に入りの選手なので思い出作りだろうか。

やりたいと思っていただろう3バックや遠藤のボランチもやれたことだし、もう悔いはないでしょう?

安部が使える状態での中村スタメンは意味不明だし、予想通り空気のまま前半で交代。土居も前節で力尽きて完全に消えていた。

下がり目でプレーした金崎は疲労のせいだと言い訳をしておくが、元々うまくないトラップが更に酷くて足元に収まらないし、味方へのパスもバラバラで奪われるし、1対1でも簡単に奪われるし、正直、試合で使えるレベルではなかった。

だからといってペドロ・ジュニオールがやれるとは思わないいし、山口を使うようならプライドがどうとかで色々問題があるのだろう。

伊東も全然成長しない。1失点目は集中してなかった全体のせいだが、極論すれば伊東の寄せが甘過ぎる。あれだけ簡単にクロスを上げられてはダメ。攻守に効いている場面もほぼなく、良かったのは鈴木が蹴り損ねたクロス1本だけ。

ボールを持っても何の怖さもないし、安西をメインに攻めるべきだと思ったのだが、安西は疲労もあってわざと右サイド主体にしていたのだろうか。伊東は内田や西から何を学び取っているのか。

小笠原も上海上港戦で途中出場した時にあまりデキは良くないように見えたが、そのまま引きずっているような感じだった。動きも重かったし連携もバラバラ。

チーム全体としては運動量で負け、気持ちで負け、球際で負け、精度でも負け。負けに不思議の負けなしを体現する結果だった。

後半から入った犬飼はまたしても失点。クォンスンテがビッグセーブした直後のCKで、何が何でも守り切らなければいけないところだったが、得点した板倉のマークは犬飼だったように思う。あのプレーを予測していなかったのかどうか・・これも寄せが甘かった気がする。

セットプレーにも工夫がなく、特殊な守り方をしてくる仙台相手だったが、何か打てる手がなかったのだろうか。

流れの中からの攻撃では失点直後の攻め上がりから永木のフィニッシュ、伊東のクロスから鈴木の蹴り損ない、遠藤から鈴木、安部、鈴木に戻って決めた得点シーン、あとは植田のパスカットからの持ち上がり。この4つくらいしか盛り上がりどころがなかった。

自慢の守備も崩壊し、課題の攻撃は一向に改善されず、先制されれば負けるのも当たり前。根本的なところから変えていかないと運が良ければ勝ち、そうでなければ負けるというのが続くだろう。

ACLを勝ち上がったことで判断を保留したい気持ちがあるかもしれないが、これで大岩采配が見納めになることを願いたい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2018第15節 5/20(日)】(カジマスタジアム14:03KickOff鹿島/23,942人/晴)
【スコア】鹿島 1-2 仙台 (前0-1 後1-1) (S 7-10)
【主審】岡部拓人(主審)、小椋剛、竹田明弘
【得点】
(仙)前02分 関口↑石原 4H
(仙)後20分 大岩↑板倉 2H
(鹿)後40分 安部→鈴木 4右
【警告】
(鹿)小笠原3(前43分)、遠藤2(後33分)
(仙)板倉4(前19分)、石原3(後4分)
【出場】
GK クォンスンテ
DF 伊東 植田 昌子c 安西
MF c小笠原→46犬飼 永木 遠藤c 中村→46鈴木
FW 金崎 土居→81安部
【サブ】曽ヶ端 犬飼 安部 レオシルバ 山口 ペドロ・ジュニオール 鈴木
【監督】大岩剛
【MyMVP】-
【DAZN】0クルクル、最大0秒、フリーズ0回(サインアウト0回)

共通テーマ:スポーツ

試合今日だと思っていた! [雑感]

中断前最後の試合、ホーム仙台戦。今日だと思っていた・・。

14時になったからDAZNつけたら放送してないし何事?とオフィシャルをチェックしたらちゃんと日曜って書いてある。

いくらなんでも殺人的スケジュール過ぎるだろうと思っていたが、一応考慮はされてるんだな。

というわけで代表の話題。

ガーナ戦に臨む代表メンバーが発表され、鹿島からは昌子、植田、三竿健(弟)が選出。内田は怪我から完全に回復していないし残念ながら順当かと。金崎も仕方ない。

それにしても予備登録の35人をわざわざ非公表にした理由は何だったんだろうか。海外組は召集リストとかから推定されておよそ正解のものが報道で流れているし、単に国内組をモヤモヤさせただけかと思える。

ここから更に絞り込まれるということで、まずは選出前の試合に使って貰えるかどうかからだが、しばらくJリーグは中断になるので(天皇杯はある)、クラブのことは気にせず精一杯やってきて貰いたい。

燃え尽き症候群にならず、経験だけを持ち帰ってくれると有難いんだけどね。

と、このままだと尺が足りないのでもうちょっと追加。

明日の試合が中断前ラストということで、個人的には大岩采配ラストと位置付けているが、ACLも首の皮を残し、このところリーグは連勝。

仙台戦も勝つと3連勝フィニッシュとなり、そこだけ切り取れば中断明けまだまだいける!というふうにも捉えられかねないが、1年前に就任した時からの評価からするともうこれ以上の上積みは見込めないのが実情。フロントがちゃんと判断してくれといいのだが。

スタメンは疲労が溜まっていようがなかろうが、この後は試合がないのだから、ACLを戦ったメンバーになるだろうと推測。

仙台は良かったり悪かったり把握しづらいが、順位は同じくらいなので、チーム力はあまり差がないということ。勝敗を分けるのは最後の精度と、勝つという気持ち。

・・なんだか言っていることがいつも同じ気がする。

試合もメンバーも同じようなものだから、これも仕方ないのかもしれない。新しい切り口が見つからないからしょうがないよね、と開き直っておく。

あともうひとつ、前回の記事で書いた浦和のチャントらしきもの。

文字にすると難しいのだが、

オオオ止 オ オ止 オ↓オ↑オオーオーオー
オオオ止 オ オ止 オ↑オ↑オオオーオー

というような感じのやつ。浦和戦でしか聞かないので浦和のチャントと思っていたのだが、認識が間違っているのか、空耳(だったら自分の耳がヤバい)か、いまいち自信がない。

自信がないと言えば明日のオークス。本当にド本命馬連1点勝負でいいのでしょうか。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

2018ACLラウンド16第2レグ上海上港(アウェー)戦 [ACL]

試合には負けたが勝負には勝った。2戦合計4-3で延長にもつれこむこともなく、アウェーゴールに泣くこともなく、鬼門のラウンド16を突破。おめでとう!

というか完全誤審のPKで勝ち越されただけで、試合も負けてないんだけどな!抗議した上で、昌子のイエローカードだけは取り消して頂こう。

三竿健(弟)が怪我で離脱ということで代役はレオシルバ。個人的には不安しかなかったが、いくつも危ない場面があり、やっぱり大舞台でレオシルバは怖過ぎる。後半アディショナルタイムで自陣PA内で切り返すって・・。

とはいえ得点にも絡んだし動けてもいた。交代で入った小笠原が効いてなかったのを見ると、レオシルバが正解だったのかもしれない。

MyMVPは貴重なアウェーゴールを取った土居と、何度もスーパーセーブで決定機を防いだクォンスンテ。

土居はようやくポテンシャルを発揮してくれた。あのポジションが合うのか知らないが、左足ヒールでゴール隅に流し込むテクニカルなゴール。

土居のゴールはこういうワンタッチで決めるものが多く、1対1になって抜こうとしてもロストするだけだから、これからは拙速でもいいからテクニックを活かせるプレーを心掛けて欲しい。

クォンスンテも素晴らしいセービングだった。至近距離からのフッキのシュートを弾いたのは、リプレーで観ても鳥肌が立つ。他にも味方の相変わらずの横パスからの大ピンチもセーブし、ブラインドからのシュートも落ち着いて対応。クォンスンテでなければ何点取られていたかわからない。

超誤審のPKでさえも止めそうな雰囲気だった。完全に読み勝っていたし、むしろフッキのシュートが枠から内に入ったぶん吸い込まれてしまったくらい。

昌子はハンドではないのにPKを取られる不運もあったが、1失点目のセットプレーの守りでもミスと言えば厳しいがクリアミス。他にも危ない場面が何度かあった。フィジカルも万全ではないのだろう。それでも実質1失点はクォンスンテも含めてDF陣の勝利。

安西と鈴木も良く走っていた。安西は果敢なオーバーラップからアシストを決めたし、無駄走りになっても何回も上がっては下がって繰り返していた。鈴木も最後までボールを追いかけ、前線からの圧力を弱めることはなかった。

金崎がスタミナ切れで動けていないぶんを鈴木と安西の走力が補っていた。本来なら代わりの選手が活躍してくれるくらいでないと困るのだが・・。

永木は活躍していたのか画面越しではわかりづらかった。スカパーの中継は久々だったがカメラワークが良くなくて観づらい。画質はDAZNを遥かに上回るのだが。

後半、ベンチと選手が大揉めになったシーンは一体何があったのだろうか。

交代で入った犬飼は気持ちが勝ち過ぎて被るシーンがあったりと、特にエリア内ではPKを与えないかとハラハラしているのだが、いつか安定して守ってくれる日は来るのか。安部はもう少し敵陣深くまで持っていってコーナーでキープして欲しかった。

後ろが連動して上がれるなら戻すのでも良かったのだが、皆、疲れていた。安部の技術なら一人でも時間を稼げたのにと思う。もっとも、持ち過ぎるとイエロー覚悟のファウルで潰される心配もあったのでそれも考えてのうえのことか。

西、遠藤、永木ら勝ち方を知っている選手がピッチにいることで、うまくゲームコントロールを出来たことも勝因のひとつかと。

何はともあれACLタイトルの希望は残せた。あと3つはかなり遠いようには思うが、総合力でなんとか頑張って貰いたい。

週末の仙台戦は、さすがに今日出た選手は休ませないと動けないだろうな・・。

あと、浦和のチャントらしきものが聞こえてきてたが、聞き間違いだったのか、鹿島サポがあえて上海上港にプレッシャーをかける形でやったのか。どっちなのだろう。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2018ACLラウンド16第2レグ 5/16(水)】(上海体育場21:00[現地20:00]KickOff上海上港/人/)
【スコア】上海上港 2-1 鹿島 (前1-1 後1-0) (S 15-9)
【主審】モハメド・アブドゥラハッサン(主審:UAE)、ハサン・アルマフリ、モハメド・アルハマディ
【得点】
(上)前07分 フッキ 左
(鹿)前42分 安西→土居 2左
(上)後36分 PKフッキ 左
【警告】
(鹿)安西1(前34分)、レオシルバ1(後9分)、昌子1(後35分)
(上)ウーレイ1(前8分)、フッキ1(前45+1分)、アフメドフ1(後2分)、ヘーグアン1(後9分)、シークー2(後40分)
【出場】
GK クォンスンテ
DF 西 植田 昌子c 安西
MF レオシルバ 永木 c遠藤→68安部 鈴木
FW 土居→78小笠原 金崎→89犬飼
【サブ】曽ヶ端 伊東 犬飼 中村 安部 小笠原 ペドロ・ジュニオール
【監督】大岩剛
【MyMVP】土居(1)、クォンスンテ(2)

共通テーマ:スポーツ

守備しない系男子 [雑感]

報知新聞で岩政が書いているコラムで、今の広島の守備は全員が連動し、ボールが動くたびに細かくポジションチェンジしている。オフザボールの動きが素晴らしく芸術的、と書かれていた。

まさにその通りかと。

鹿島と対戦した時は三竿健(弟)の凡ミスと金崎のPK失敗の0-1惜敗だったので、そこまで強さを感じなかったが、あの時はまだ3節。完成されていなかったのだろう。

あそこでせめて引き分けていればもうちょっと広島の勢いは削がれていたかもしれないし、もうちょっと鹿島も上にいけたかもしれない。

ただ、言えるのは広島がこうやって戦うたびに成熟していくのに反し、大岩の作るチームは就任した時からむしろ弱くなっている気さえする。どこを目指してやっているのか伝わらないし、選手交代も相変わらず理解しがたいものばかり。

ACLは勝って欲しいが、勝ってこのままの体勢でいくのは困る。

と、いつもの前置きはこのへんにしてタイトルにつけた守備しない系男子の話。言わずと知れたペドロ・ジュニオールのこと。

上海上港の試合で途中出場したものの、前線からプレスをまったくかけず、足を引っ張りまくった正真正銘の守備しない系。

鹿島でこれに該当するのはもう一人中村がいるが、こちらは体力があるうちは一応は追いかけてはいる。効果のほどは推して知るべし、な残念なレベルではあるが気持ちはある。

ペドロには最初からその気がない。そういう指示があるのかもしれないが、それならそれで問題だし、岩政の言う全員が連動という部分においては致命的で、ペドロが入った瞬間に、画面越しでも鹿島のチーム力が落ちたように感じた。

勿論それは錯覚にしか過ぎないのだろうが、戦国武将なら「勝機到来!」とか言うべき場面である。

守備をしないならそのぶんカウンターは確実に仕留めて欲しいがそれもなく、誠に遺憾ながら、戦力外通告でもよろしいんじゃなかろうか。少なくとも鹿島のサッカーには合っていないし、本人もどうもやる気を失っているようにさえ見える。

ちなみに金森も鹿島のサッカーには合っていないが、思うに、鹿島は一人一人に様々なタスクが要求され過ぎなんじゃないだろうか。

これだけをやっていればいいというシンプルなものはなく、攻守において色々と起用なことをこなさないといけないし、なのに監督から具体的な指示が出ているふうでもなく、サイドを使って、という誰でも言えそうなことしか聞こえてこないし実際にやっていることもそれしかない。

結局は各自のセンスに任せているだけなのだが、だからペドロのような守備しない系男子ははっきり合わないのだと思う。

大岩の時ではないがダヴィも使いこなせなかったし、どちらかと言えばジネイのように足元が器用で、周りに合わせられるタイプの方がいいのではなかったかと今でも思っている。

レオシルバに関しても同じようなことを感じており、二人と何年契約を結んでいるのか知らないが、夏のウインドーで入れ替えられるのなら移籍先を探して移籍させ、別の選手を獲得した方が後半戦、違った戦い方が出来るのではないだろうか。

というか今のところGKのクォンスンテを除いて、外国籍選手がいる方がチームにまとまりがなくなってマイナスにしかなっていないと感じるが。レアンドロは怪我を繰り返してアテにならないし。

とりあえず中断前の残り2戦は連勝を目指すとして(ACLは勝ち上がりなら勝敗問わず)、いい加減、助っ人になっていない助っ人たちの扱い方を考えて欲しいところである。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

2018ACLラウンド16第1レグ上海上港(ホーム)戦 [ACL]

2点差で勝った。これは大きい。

まずは引き分けでもいいからアウェーゴールを与えずに0-0でもいい、と思っていたが予想を上回る結果だった。見くびっていて申し訳ない。

失点は勿体ない感じもしたが、ポストに救われたり、クォンスンテを中心とした集中力の高いディフェンスで必死に守った末のことであり、フッキがいないとはいえ超攻撃力を誇る上海上港相手に1失点で済んだのだから上出来とも言える。

第2レグ、相手のホームで今度こそもっと攻撃的に来るだろうし、来週こそ本番だと思うが、今日あったようなミスを失くしてやれば鬼門を突破出来るかもしれない。

試合を振り返ると上海上港は後半勝負に賭けていた印象で、前半は鹿島がボールを持ち、プレスもさほど強くなく自由にプレーさせて貰えていた。

しかし、決定機の数で言えばほぼ互角、鹿島はクォンスンテのファインセーブに救われた1本と、上海上港は遠藤のシュート性のクロスがポストに救われたもの。

得点はCKから。解説の城氏が言っていた通り上海上港はセットプレーの守りが甘く、また、鹿島のヒキも強かった。こぼれ球を足元に引き寄せた。

永木の左CKを中央で競り合い、ボールは一旦ゴール右隅に入ったようにも見えたが、こぼれたところを鈴木が油断せず豪快に蹴り込んで文句なしの先制点。最後まで気持ちを切らさずにプレー出来た。

後半、立ち上がりにも鹿島は遠藤の右CKからのこぼれを、西がうまく右アウトサイドでゴールに流し込んで追加点。いつも西はセットプレーの時に後ろで守っている気がするが、配置変更があったのだろうか。西のテクニカルな面が活きた。

2-0となり後は無失点で終われば完璧だったが、1点ずつ取り合っての3-1。

3点目は安西のクロスからファーの鈴木がヘッドで合わせ、見た目オウンゴールにも見えるが公式には鈴木のゴールらしい。(オウンゴールになった)。アナウンサーも思わず値千金と言おうとして、値3(てん・・)と言い間違えるほど貴重なゴールだった。

結果、1失点してしまい、むしろ2-0の方が良かったのだが、2点差をつけたのは来週につながるはず。

ただ、大岩の交代策は微妙。ペドロ・ジュニオールはもはやお荷物レベルで、シンプルにポストプレーをやろうとしているのはわかるが、折り返しのボールの精度が悪過ぎて相手に奪われるわ、運動量もないから前からプレスはかからないわで、フィールドプレイヤー全員が日本人選手の時の方が安定している。

前はカウンター要員でリードしている時はペドロ、という思いもあったが今はそんなことはまったくなく、出場後すぐに失点したのも偶然とは言えないかもしれない。この起用法は考えどころと思われる。

安西はフィジカル面では本調子に戻って来た様子で、元気に90分走れていた。クリアボールを昌子に当てて大ピンチを招いたりもしたが、積極的に上下運動を繰り返していて、山本の不在を忘れさせてくれる。

三竿健(弟)と永木のコンビも呼吸が合っていて、前に出る役と守る役と分担も出来ていた。これを観ていると何故ファーストチョイスが永木ではなくレオシルバなのかという疑問をいつも抱くが、レオシルバは肉離れらしいので中断までは永木になるだろう。

小笠原はクローザーとして終盤に投入され、コーチングで存在感を放ってはいたが、自身はミスがいくつかあってプレー自体は合格とは言えなかった。犬飼も相変わらず不用意なファウルが多くて怖い。

前線は鈴木と特に金崎に疲れが目立つが、土居がフォロー出来ていて、いい時の土居に近かった。トップ下のポジションがやりやすいのだろうか。次は決定機に関わって欲しい。

昌子、植田、三竿健(弟)らずっと出場している選手の疲労がかなりのものだが、次は1週間空く。しっかりとコンディションを整えて、優勝を目指して戦って貰いたい。

あと、余談ながら以前に「ACLが4年に一度になるとか」ということを書いたが(訂正済)、クラブワールドカップの話だった。早とちりで申し訳ない。いずれにせよ、クラブワールドカップも寸前で取りこぼしたタイトルだし、まとめて2つ、まだ取っていないタイトルを獲得したいものだ。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2018ACLラウンド16第1レグ 5/9(水)】(カシマスタジアム19:00KickOff鹿島/人/雨時々曇)
【スコア】鹿島 3-1 上海上港 (前1-0 後2-1) (S 4-16)
【主審】イルギス・タンタシェフ(主審:ウズベキスタン)、アンドレイ・ツァペンコ、セルゲイ・グリシュチェンコ(キルギス)
【得点】
(鹿)前43分 鈴木 2右
(鹿)後04分 西 1右
(鹿)後35分 オウンゴール
(上)後36分 ユーハイ→エウケソン 右
【警告】
(鹿)鈴木1(後20分)、西1(後43分)
(上)シークー1(後2分)
【出場】
GK クォンスンテ
DF 西 植田 昌子 安西
MF 三竿健(弟) 永木 c遠藤→90+1犬飼 鈴木
FW 土居→77ペドロ・ジュニオール 金崎→87小笠原c
【サブ】曽ヶ端 伊東 犬飼 小笠原 ペドロ・ジュニオール 山口 安部
【監督】大岩剛
【MyMVP】鈴木(3)

共通テーマ:スポーツ
前の5件 | -