So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

天皇杯、浦和戦、展望 [雑感]

浦和とやるのは例の騒動以来で、何かとトラブルの起こる対戦カード。そういう意味ではあんまりやりたくない相手だがそういうわけにもいかず、やるからには勝つだけ。アノ人も当然出場するんだろうが、ブーイングが凄そうだ。どういう応対をするかちょっと興味がある。

日程上ではこちらが有利となり、フィジカル面でアドバンテージを握りたい。少なくとも相手より走れないということは絶対にないようにして貰いたい。もう緩い立ち上がりは勘弁。

とはいえ正直に言うと、自分の中では天皇杯よりもリーグ戦に重きを置いている。だって20億だもの・・。

というようなことを言うとまた天皇杯軽視とかいう流れになるので面倒なのだが、賞金も違うし、来年の正月まで試合を引っ張られてオフが短くなるデメリットとか、せめて日程やシードなどを考え直して欲しい。

当然タイトルなので手は抜かないが、ガンバ戦は全力でいきたいという密かな願いを抱きつつ逆算すると、新潟戦から出場停止になる三竿健(弟)を抜いたメンバーは出来るなら温存したい。

そのうえで浦和にも勝つというのが理想的な形だが、まあ、そこまで余裕をかませる相手ではなく、二兎を追うものになっては元も子もない。

キーパーはクォンスンテとなるはず。2失点したし曽ヶ端も休ませ時だろう。

CBはブエノを使って植田か昌子を休ませたいが、キーパーを代えるなら動かしづらい。サイドバックも伊東は使うとして、山本と西のどちらを選択するか。

ボランチは三竿健(弟)は当確として、コンビは永木、小笠原、レオシルバの誰か。後者二人は例の騒動もあるし、普通に試合が終わるかどうか・・。主審には毅然とした態度でジャッジして貰いたい。

2列目はハットトリックで乗っているレアンドロを使うとして、セットメニューで中村? 土居は新潟戦の後半まったく消えていたので休ませたい。

トップは金崎と金森になるのか。鈴木が怪我とのことでこの大事な時に・・と思わなくもないが、なんだか最近の荒ぶる鈴木だと浦和相手に余計なトラブルを招かないか不安なので、もしかしたらこれで良かったのかもしれない。

金崎は怪我もあるし連戦は避けたいのだが、いないと得点力が大幅に落ちるので使わざるを得ない。

うーん、こうして書いていくと結局、休ませられるのは土居と曽ヶ端くらいなもので、浦和戦、ガンバ戦とも全力でいくしかないという当たり前の結論に辿り着いてしまう。

せめて疲労を残さないように90分で決着をつけ、なおかつ、鹿島ペースで進めるためにも先制点を取って試合をコントロールするような試合にしたい。だとすればボランチは小笠原の方がいいのかもしれない。

荒れた試合にならないようにとそこは強く思いながら、不甲斐ない戦いだけはして欲しくないので強くいって欲しいという、相反した想いを持ちながら勝って欲しいと願っている。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

2017第26節新潟(アウェー)戦 [リーグ]

展望記事で「大岩の采配は想定外のことが起こった時に冒険し過ぎて崩壊してしまう」と書いたが、前半で0-2ビハインドという展開は想定内だったかどうか。

試合後のインタビューでハーフタイムで喝を入れたと言っていたが、それで目を覚ましたとすればたいした統率力とも言える。特に選手を入れ替えるわけでもなく、流れを押し返した。

試合の入りは相変わらず緩い立ち上がりであっさり失点。レアンドロのボールロストからカウンターを受けてのものだが、その前にも1本危ない場面があり、決められるべくして決められた感がある。ファーストシュートもいつも通り先に打たれて決定的ピンチ、今回は決められた。

しばらくして鹿島がボールを支配する時間が長くなり、自分たちのペースを取り戻したが、最後のところでアイデアと精度が足りずゴールを割れず。

連続スタメンの金森はいい面もあったが、ちょっとずつ惜しい。試合慣れで克服されてくれると嬉しいのだが、こういうタイプだったら嫌だな・・。

全体的に集中力の切れた前半終了間際、相手のチャンスを一発で沈められ、痛恨の2失点目。この守備は酷かった。0-2で折り返す展開は厳しく、勝ち点を落とすのを覚悟したほどだ。

後半、喝が効いたのかどうかはわからないが、鹿島がチャンスを多く作って得た右CKをレオシルバが蹴り、ニアで西がフリックしてファーでフリーのレアンドロがヘッドで合わせて反撃の一点目。

それまでのセットプレーにまるで見どころがなく、レオシルバのキッカーはやはり不適格なのかもしれない・・と考えていた矢先の出来事で、どこを狙って蹴っているのかと思っていたが、あれが狙いだったのか。

この1点がレアンドロのやる気スイッチとなった。交代で安部が入ってチームも前がかりになり、狭いところで仕掛けて打ったシュートのこぼれを西が丁寧に落とし、レアンドロが落ち着いて左足を振り抜いて同点。

押せ押せになってからは攻守が噛み合い、三竿健(弟)のパスを受けたレアンドロがワンタッチで相手を引きはがしてからの左足シュート、ハットトリックの逆転弾となった。

緩慢なプレーから1失点目を喫するなど怖い部分もあるが、こうやって爆発する力も持っている。見極めが非常に難しい選手だが、よく使いこなせているなあと素直に大岩に感心する。石井体制の頃は、完全に戦力外扱いでカウントしていたくらいなのに。(おもにブログ主が)。

トドメは西が得たPKを金崎が決めた。扇谷主審にしては珍しくPKを取ってくれた。なかなかシュートチャンスもなかった金崎だったが、得点を挙げられると報われるし、いい得点になったと思う。

結果的には4-2と華々しい勝利となったが、観ている方としてはヒヤヒヤものだった。もうちょっと集中してやって欲しいなというのが本音だが、こういう展開でも勝ち点3を取れるところは鹿島の強みとも言える。

安部は途中出場で流れを変えられるし、今のところはジョーカーで置いておくのがいいのかもしれない。

土居は後半ほとんど消えていたが、あそこまで引っ張ったということは、画面上では見えないところで貢献していたのだろうか。もっと早くに交代しても良かった気がするが。

蓄積疲労が見えていた山本に代えて西をスタメンにしたのも正解だったと思う。いい具合に得点に絡んでくれていた。一方、伊東はもうひと工夫欲しい。そこがこれから先、一流の選手になれるかどうかのポイントだろう。

ともあれ、勝ち点を落とさずに済んだのは良かった。守備の崩れを攻撃で挽回出来た点もプラス。川崎が当たり前のように勝つので勝ち点差を広げられないが、3位以下はいい感じの結果となった。

日程が詰まって天皇杯が重なるが、コンディションを見極めながら勝ち続け欲しい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2017第26節 9/16(土)】(デンカビッグスワンスタジアム18:03KickOff鹿島/25,453人/曇)
【スコア】新潟 2-4 鹿島 (前2-0 後0-4) (S 5-16)
【主審】扇谷健司(主審)、越智新次、武部陽介
【得点】
(新)前05分 小川→ドウグラスタンキ 2左
(新)前45分 磯村→ホニ 4右
(鹿)後04分 西↑レアンドロ 7H
(鹿)後22分 西→レアンドロ 8左
(鹿)後36分 三竿健(弟)→レアンドロ 9左
(鹿)後44分 PK金崎 11右
【警告】
(鹿)三竿健(弟)4(前26分)
(新)ドウグラスタンキ4(前19分)、磯村2(前45+2分)
【出場】
GK 曽ヶ端
DF 伊東 植田 c昌子 西
MF レオシルバ 三竿健(弟) レアンドロ→86山本 土居→89永木
FW 金森→61安部 金崎
【サブ】クォンスンテ 山本 ブエノ 中村 安部 小笠原 永木
【監督】大岩剛
【MyMVP】レアンドロ(3)
【DAZN】2クルクル、最大15秒、フリーズ0回(サインアウト0回、ロゴ出現0回)

共通テーマ:スポーツ

アウェー新潟戦、展望 [雑感]

天皇杯が次の水曜に控えているが、リーグ戦を手控える要因にはならない。後のことは後のこととして、目の前の勝利を取りに行く。

残留争いで大きく離されている新潟のモチベーションがどのくらいなのかわからないが、もはや引き分けで勝ち点1でも上積みをという状況でもなく、新潟目線からすれば勝ちにこだわるはず。

鹿島とすれば引いて守られるより出て来てくれた方がやり易いのだが、相手が圧力をかけてきた場合の想定もしっかりしておかないと、ルヴァンカップ仙台戦のようにあたふたしてしまうことになる。

大宮戦でもいきなり決定機を与えてしまい、曽ヶ端がセーブしてくれて何とかなったが、ああいう形で先制されてしまうとそのまま守り切られてしまうかもしれない。最初から気を引き締めていきたい。

昌子と山本の疲労がそろそろ心配なのだが、植田がフォローして欲しい。山本は西が復帰するまでは何とか持ちこたえてくれれば。

ボランチのところは小笠原とレオシルバのどちらにするのだろう。古巣対戦は、お互いに手の内を知り合っているし、フィジカル的に大丈夫なら小笠原の方がいい気もするが。

出場停止明けのレアンドロが復帰する2列目は、セットで考えると中村になるかと思われる。そう言えば先日、誕生日で27歳になったとか。ずっと若手のイメージがあって、感覚的にはまだ24~25歳くらいなのだが・・。

サッカー選手としては一番、旬の年齢だと思うが、プレーぶりももうちょっと周りを気遣える大人になって欲しい。

トップは金崎と土居になるのだろう。金崎と鈴木が累積でリーチなのだが、少なくともペドロ・ジュニオールが戻るまではカードもなく、怪我もなく、そして得点を重ねて貰いたい。

遠藤と西の怪我具合がわからないが、交代の手札としては安部と鈴木、永木もしくはレオシルバ(or小笠原)。状況に応じた最善手で手堅く勝ち点3をもぎ取りたい。

大岩の采配は、あくまで個人的な印象だが、事前のシュミレーション通りに運んでいる時はソツがないが、想定外の事態が起こった時に冒険し過ぎて崩壊してしまうイメージがある。川崎戦とか、ルヴァンカップ仙台戦第1レグとか。

バタバタしないように先に点を取って鹿島のペースで試合を進め、トドメの追加点を早いうちに決めて危なげなく勝って欲しい。

とにかくファーストシュート。安心して観ていられるような試合が望ましい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

リーグ残り9試合、7勝1敗1分まで [雑感]

曽ヶ端が当たってることとか、金崎のMVPとか、他クラブの解任・退任など書くことがあったのだが、もたもたしているうちに他ブロガーさんが詳しく書いて下さったので飛ばします。

皮算用の時間。

残り9試合、新潟(A)、ガンバ(H)、鳥栖(A)、広島(H)、マリノス(A)、札幌(A)、浦和(H)、柏(H)、磐田(A)。

2位川崎3位柏との勝ち点差が6なので本当なら3引き分けの余裕があるのだが、得失点差で下位クラブの方が優位なので実質勝ち点5と見ている。

4位セレッソには勝ち点差7、5位マリノスには勝ち点差8なのでもう少しずつ余裕がある。6位磐田は13離れているのでここに抜かれるようなら2~5位のどこかに抜かれているだろうから割愛。

上位で直接対戦を残しているのが柏とマリノスで、その両者は引き分けだとそれぞれに少し余裕が出るのだが、やはり一番怖い存在に見えるのが川崎。

柏とマリノス相手には引き分け以上にさえ出来ればなんとかなると仮定し、今回は川崎の残り日程を見てみる。

清水(A)、神戸(A)、セレッソ(H)、仙台(H)、広島(A)、柏(A)、ガンバ(H)、浦和(A)、大宮(H)。

正直、今の勢いなら残り9つ全部勝ってしまいそうだが、ACLに全力を出して貰って、リーグ戦では息切れを起こして欲しい。(追記:浦和が逆転で勝ってしまった・・流れ的にズルズルいってくれないかな)。

終盤、柏、ガンバ、浦和と続く3連戦でどれだけ勝ち点を削られてくれるかがポイントかと思うが、出来るなら神戸、セレッソあたりで早いうちに脱落してくれないかなあと願っている。頑張れ関西勢。しかし、セレッソはほどほどで結構なので、引き分けくらいがおいしいところ。

まあ、これはあくまで他力に関しての話なので、小笠原なんかは相手関係なく残り9つ全部勝つつもりでいるから頼もしい限り。

マリノスと当たるまで全勝して直接対決を迎えれば、ある程度、優勝は見えてくるのではないだろうか。

ガンバも強敵だし、広島もパトリックが入ってからは持ち直しているので簡単にはいかないだろうが、まずはマリノス撃破、までをひとつの山場としたい。

マリノスに勝利して、2位以下に勝ち点差10以上をつけるのが理想かな。

勿論、新潟も甘く見てはいけないので、全力で勝ち点3をもぎ取りにいって貰いたい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

2017第25節大宮(ホーム)戦 [リーグ]

苦しんだが全員が集中してしぶとく守り、最後のところを曽ヶ端が防いでくれて勝ち切れた。やはり昌子が戻るとDFラインの安定感が違う。

積極的に来る大宮にボールを持たれ、後半はいつゴールを割られてもおかしくない圧力だった。前半に一度、後半に一度、やられたと思ったシーンがあったが、曽ヶ端のファインセーブに救われた。MyMVP。

得点を挙げた金崎もMVP級。調子を落としているのでは、と展望記事には書いたが全然そんなこともなく、ゴール以外にもミドルとロングで枠を捉える鋭いシュートを放ち、前線で存在感を放っていた。

スタメンに抜擢された金森もアシストを決め、悪くないデキだった。惜しいシュートもあったし、何より献身的に走る姿に好感が持てる。

遠藤はキャプテンとして出場したが足の怪我とのことで前半で交代。動きにキレもなかったし、プレースキックの精度も悪かった。これだとまた中村に序列を抜かれるので、しっかりして欲しい。

レオシルバは久しぶりに良かった。無駄なロストもなかったし、丁寧なプレーが多く、それでいて要所に走れていた。金崎のゴールシーンでもすぐ背後まで上がってきており、ああいうプレーをしてくれると安心出来る。

昌子は画面越しにも疲労が見て取れたが、ゲームに入ればいつも通りのプレーぶり。キレのあったマテウスを封じ込めたのも昌子だからこそだろう。植田も最初はふわふわとしていたが、途中から勘を取り戻したようだった。

代表選手の宿命と簡単に言ってはいるが、怖いのは怪我。長期に渡って離脱になると、今の鹿島の生命線が断たれることになってしまう。ダメな時はダメと勇気を持って申告して貰いたい。

伊東は90分やれたが、仕掛けのところでのアイデア不足なのは変わらず。縦に行くかボールを戻すかくらいしか選択肢がなく、クロスも誰を狙ってのものかわからず、崩しの部分での向上を望む。

途中出場の安部は持ち味は出せたが、後半全体で言えば消えている時間帯もあり、現状では90分フルは難しいのかも?という感じはあった。

もっとも、ゲーム体力は出るうちに養われるものなので、余裕があるなら使ってみたい選手だが、少しずつ出場時間を増やしていく今の使い方が合っているのかもしれない、と大岩の采配に納得を得た。

鈴木は安部からの絶好のクロスをヘッドで枠を捉え切れず。あそこは最低限、枠を脅かすシュートを打てなければ、ペドロ・ジュニオールが復帰すれば真っ先にサブからも追いやられてしまう。踏ん張りどころ。

試合全体では難しいものとなったが、選手同士の意思の疎通は図れていたようで、攻守の切り替えがしっかりと出来ていた。決定機で言えば互角、流れで言えばやや向こうに軍配が上がりそうなゲームだったが、こういう試合を勝ってこそ鹿島。よく耐え抜いた。

他力本願寺の効力が薄く、直下のチームがだいたい勝ってしまったが、勝ち点差は微妙に増やして6となった。下が負ける前に負けて相手を喜ばせてしまわぬよう、引き続き勝ち星を重ねていきたい。

あと、DAZNの中継は久しぶりに安定していたが、何故あそこまで無駄にボールホルダーをアップで映すのか・・。特にカシマスタジアムの放送にそれを感じるのだが、周りの状況がまったくわからなくなるので、あれは是非やめて頂きたい。これは強く繰り返して発信していくことにする。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2017第25節 9/9(土)】(カシマスタジアム18:35KickOff大宮/15,719人/晴)
【スコア】鹿島 1-0 大宮 (前1-0 後0-0) (S 13-8)
【主審】福島孝一郎(主審)、相楽亨、西橋勲
【得点】
(鹿)前33分 金森→金崎 10右
【警告】
(鹿)三竿健(弟)3(後45+3分)
(宮)菊池3(後22分)
【出場】
GK 曽ヶ端
DF 伊東 植田 昌子c 山本
MF レオシルバ 三竿健(弟) c遠藤→46安部 土居→87永木
FW 金森→70鈴木 金崎
【サブ】クォンスンテ ブエノ 中村 安部 小笠原 永木 鈴木
【監督】大岩剛
【MyMVP】曽ヶ端(3)
【DAZN】1クルクル、最大15秒、フリーズ0回(サインアウト0回)

共通テーマ:スポーツ
前の5件 | -