So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

2018リーグ開幕(鹿島的に)清水戦どう戦うか [雑感]

今ではサッカーも走行距離やスプリント本数、パス成功率、クロス本数、成功率、ヘディングの勝率など細かくデータ化されてきて調べればだいたいどの程度か把握出来るが、一般的にはゴールやアシストといった数値でしか貢献度がわからりづらい。

なのでよほどのプロでない限り、あれこれ言うのはだいたい主観で、素人の自分も当然主観での話となる。

あくまでその前提での話だが、やはりどうしてもペドロ・ジュニオールを使うメリットを感じない。

ペドロが活きてくるのは磐田のように高いラインを保ってくる相手か、リードしている状況でカウンターを狙る場合に限定されると思う。それか昨年の得点を量産していた時期のように、自身が絶好調で形に関係なく自力で得点しにいける場合か。

前節ACLで勝った時のように連携して崩して行く形にこだわるなら、ペドロは100パーセントの状態になるまでは使いどころを限定していく方がチームのためになるのではなかろうか。

ただ、大岩が全体的なマネジメントをどうしたいのかさっぱりわからず、初戦で金崎の体調が良くなかったといって引き分けの展開でも出し渋ったわりに、2戦目は2-0リードの状況でも引っ張って無駄に消耗させたようにも感じる。

交代の意図もいまいちつかめず、ゲーム自体での効果も薄かったし、次につながる交代でもなかった。

なんだか最初のうちは少々疲れが出ようが自分の決めた主力メンバーを引っ張り倒す気もするが、せっかく獲得した犬飼をここで使えるかどうか。昌子か植田のちょっとでもコンディションの悪い方を下げる決断を下し、なおかつ安定した守備で勝つことが出来れば先々の希望が見えるのだが。

レオシルバに関してはもう好き嫌いの話になるかと思うが、自分のなかでは「使えない」選手というレッテルが貼られてしまったのでそういう方向にしか見えなくなってしまっている。プラスの面よりもマイナス面が目についてしまい、隙の多さにストレスが溜まる。

とはいえまるっきりダメというわけでもないので、なるべくミスなくやってくれれば、それだけでいいかなという妥協もある。まあ、雑なプレーが2~3つ続いたら代え時だと思うが。

清水戦のスタメンは疲労具合だけで言えば曽ヶ端、山本、犬飼、昌子(植田)、内田(伊東)、小笠原、永木、中村、土居、金森、ペドロ・ジュニオールとなるが、これだと前線が機能しそうにないので前に攻撃の起点になれる選手を入れたい。遠藤か鈴木、金崎の誰かは出ないといけないだろう。

GKもせっかくクォンスンテに当たりが出たので引き続き使って貰いたいし、伊東はスタメンかサブかどちらでもいいので使いたいところ。

清水の仕上がり具合がどんなものかわからないが、スタートからつまづいていては優勝とか言っていられない。勝利へのこだわりを持って戦って貰いたい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

2018ACL予選(2)水原三星(アウェー)戦 [ACL]

公式戦で久しぶりに鹿島が勝つところを観れた。3ヶ月2週間ぶりか・・。

苦しい試合で最後も追いつかれやしないかとヒヤヒヤだったが勝ち点3。今はまずこれで充分。

フィジカルの回復が微妙だと噂されていた内田を下げ、さすがにペドロ・ジュニオールを外して金崎がスタメン。

前線で無駄にコネコネする選手がいなくなったことでボール回りもスムーズになった。鹿島が押し込む中、左サイドで組み立て、鈴木が中央にグラウンダークロス、中で遠藤がワンタッチ、反応した金崎が胸トラップから右足で叩きつけて右隅に流し込み先制ゴール。

地味にレオシルバが遠藤の前で囮になっていたが、多分、触ってたら大ホームランだっただろうしうまい囮になった。金崎の後ろから安部もついていっていたし、厚みのある満点の攻撃だったと思う。

先制してからもいくつか速い攻撃を見せたものの、3~4つめでミスしてつながらず、テンポは悪くなかったが精度が少し足りなかった。

ここで自分たちのペースに出来なかったのも痛かったが、ジャッジが不安定でどちらかというと相手寄りになって重苦しい展開になった。

水原の左サイドからのクロスに、中央でワグニーニョがレオシルバに倒されたという判定でPKを与えてしまう。副審も旗を上げていなかったし、リプレイで観ても完全にシュミレーションだが、あれをPKにしてしまう主審も主審だが、レオシルバも相手の善意を信用し過ぎたか。

というか後半のダムヤノビッチが抜け出したシーンもオフサイドだったし、水原のラフプレーの連続に2枚目のイエローが出なかったのも不服だし、このあたり今年も判定に泣かされるのか。

ともあれ、この嫌な流れのPK。左に蹴られたダムヤノビッチのシュートをクォンスンテが完全に読み切ってビッグセーブ。このプレーが大きかった。

MVPは2得点の金崎と甲乙つけがたく、二人をMyMVPとする。

1-0から主導権を握れない鹿島だったが決定機も作らせず、後半の早い時間帯に追加点。左のCKをショートコーナーでリスタートし、若干失敗気味に見えたが遠藤が中央に上げたクロスに鈴木がヘッド。枠に飛んでいたが、金崎が無理やり頭で押し込んで鈴木から得点を強奪して2得点目。

オフサイドにならなくて良かったが、金崎はちゃんとオンサイドと確信しての押し込みだったのだろうか。

鈴木は悪くなかったし、決定機も何度かあったか得点は上げられず。ただ、2点目はほぼ鈴木の得点だったし、この調子で怪我なくやってくれればいい。

チームとしてはここから無失点で勝ち切れば言うことなしだったが、終了間際に中央を破られて失点。誰のマークが甘かったかわからないが、勿体ない失点だったし、時間稼ぎの山本のイエローも意味がなかった。

安部はフル出場で結果を残せていないが、これからの成長分を期待するとまずまず。バー直撃の惜しいシュートは決めておきたかったところ。

レオシオルバは個人的にはやっぱりあまり好きではない。後半になるにつれてプレーが雑になってくるし、このへんは好みの問題なのかもしれないが、永木のボール奪取力を見るとどのへんが劣っているのかわからない。

土居もちょっと迷走しているというか冴えない。すぐに潰されるし、キレもない。起用に立ち回ってくれることを期待しての交代だと思うが、役目を果たせているようには見えなかった。

今回は3枚の交代枠を使い切ったが、効果的な交代だったかと言えばそうとも言えず、会心のゲームはいつになったら訪れるのか・・。

まあ何はともあれ勝った試合であれこれ文句を言うのも何だし、良かったと思うことにする。すぐにリーグ戦も始まるし、チーム全体で戦えるようマネジメントをして貰いたい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2018ACL予選グループH(2) 2/21(水)】(水原ワールドカップスタジアム19:00KickOff鹿島/人/晴)
【スコア】水原三星 1-2 鹿島 (前0-1 後1-1) (S 8-8)
【主審】アブドゥルラフマン・アルジャジム(主審:カタール)、タレブ・サレム・アルマリ、サイード・アフメド・アルマカラ
【得点】
(鹿)前08分 遠藤→金崎 1右
(鹿)後14分 鈴木↑金崎 2H
(水)後44分 チェソングン→クリストバム 1左
【警告】
(鹿)安西1(後19分)、山本1(後45+1分)
(水)キムウンソン1(後22分)、チョンセジン1(後35分)
【出場】
GK クォンスンテ
DF 安西 植田 昌子c 山本
MF レオシルバ 三竿健(弟) c遠藤→81永木 安部
FW 鈴木→73土居 金崎→88金森
【サブ】曽ヶ端 犬飼 小笠原 永木 土居 金森 ペドロ・ジュニオール
【監督】大岩剛
【MyMVP】金崎(1)、クォンスンテ(1)

共通テーマ:スポーツ

次は調子のいい選手を使って貰いたい [雑感]

使いながらコンディションを上げていく・・というのは戦力が薄い場合で、いくらでも代わりがいる状況なら、コンディションは自己責任で上げて貰いたい。

ただ、内田はまだトップコンディションではないが、掲示板で叩かれているほどは悪くなかったように見えるし、伊東があのくらい出来たかと言えばそこには疑問を持つ。

伊東は以前にも書いたが攻撃のバリエーション、ゴールに直結するクロスやゴールの意識が足りない。上海申花の試合では内田がゴール前のこぼれ球に詰めて惜しくも、というシーンがあったが、伊東はあそこまで入っていかなしシュートも打たない。

このへんを改革しない限り、内田を押しのけてまでスタメンは難しく、内田が外れた場合は恐らく左に山本、右に安西の布陣になるだろう。そのくらい安西は積極性を見せている。内田の回復具合によってはこの形になるかと。

あとは言わずもがなペドロ・ジュニオールを外して欲しい。もともとカウンター特化タイプで、鹿島のやり方には合っていないところを無理に型に嵌めようとしてどうにもなっていない。

大岩がペドロにどういう役割を期待しているのかわからないが、ボールを預ければそれだけでゴールを量産してくれると思っているのだろうか。

自分には金森の貪欲さや俊敏性の方が、結果は別として好ましく見える。ペドロは身長もあるが別にヘディングがうまいわけでもなく、足元もJ2~3レベル。裏に抜けて単独でぶっち切ってのゴラッソという得点パターンしか印象がなく、FW陣が窮地に陥るまではベンチ外でいいのではないだろうか。

レオシルバも何度も書いているがしばらく外して欲しいのだが・・こちらも大岩がどういう仕事を要求しているのかわからない。スピード感のある攻め、というコンセプトを持っているのなら、必ず止まるか、急いでパスミスになるレオシルバは合わない。

新潟のようなレオシルバ王様システムが敷けるのならいいかもしれないが、鹿島はそういうチームでもない。依然として自分のなかではボランチの序列第4位なのだが、どうなったらこれが覆るのだろうか。

いいプレーがたくさんあっても決定的な仕事が出来ないなら必要ない、とも言える。評価点の貰えるスポーツではないのだから。

というわけで次は前回出ていなかったメンバーを試して貰いたいが、コロコロ変えるのもそれはそれで悪い面もあるし、おおまかにチームを2つ分ける方がいいと思うのだが。

ちなみに次はクォンスンテ、山本、昌子、植田、内田、安西、永木、小笠原、遠藤、鈴木、金崎(金森)にして欲しい。安部が切り札として、伊東を内田か遠藤の交代。あとは状況を見て三竿健(弟)と土居と投入。CBはいじるのは危険なので一旦はそのまま。

内田が出場出来ない場合は右サイドバックに安西、2列目に土居がいいように思うが(安部、伊東は途中交代枠)、そこまでいくとまったく違う布陣になるので機能しないかもしれない。まあ、これは実現しないプランだろう。

スタメンからやり方から展開やら、多分、試合後のコメントまで変わらなような気がする。

こちらの評価を覆す活躍を、外国籍選手がしてくれると助かるのだけども。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

監督の試合後コメントまで去年と一緒 [雑感]

「いいプレーをしてくれた」
「失点以外は」
「こういうパフォーマンスを続けていけばチーム力も上がってくる」

だから変わってないんだって。

(Q:金崎もベンチにいたが交代枠を残した理由は?)「金崎のコンディションなどを考慮するなかで交代枠が一つ残るという結果になった」

結果になったってひとごとみたいに。コンディションが悪いのならベンチに入れとく理由がないってことぐらい、誰だってわかること。

「攻撃に関してはいろいろなバリエーションを出すことができていた」

具体的にはどのへんのことか。

サイドが上がってもレオシルバがこねくり回しているうちに時間がなくなり、結局、足元ばかりのパスを回して最後はペドロ・ジュニオールがロストするという、ほとんどそればっかりだったが。

たとえばトップの選手が引いてきて、その裏に選手が抜けてそこにパスを出すとか。

ワンツーを貰って中に切り込むとか(唯一、レオシルバが鈴木とのコンビで場外ホームランを打ったやつのみ)。

三竿健(弟)が上がってきて攻撃に絡むとか。

そういうのが全然ないし、スピード感ゼロだった。一度、昌子がパスカットから猛然と前線に上がったシーンがあったが、あの場面でも中央で(多分レオシルバ?)ボールを止めてしまい、昌子は何の成果もなく帰るだけだった。

レオシルバは視野が狭いというか、自分の中だけでサッカーが完結しているから時々見た目に派手なパフォーマンスを見せることがあっても、チームを勝たせるという能力に欠けている。これはずっと指摘していることだが、大岩はそういうのに気付かない?まあ、コメントが一緒なら気付いてないのだろうが。

一度、日本人選手だけのチームでやってみてくれないかな。それでペドロ・ジュニオールやレオシルバじゃなきゃダメだって思えたなら納得する。

というか練習であのペドロ・ジュニオールのが得点しまくっているとなると、逆に応対している守備陣の方が不安になるレベルなのだが。

昌子だけは1点の重みを感じるコメントを残していて希望が持てたが、全員がその気持ちを共有しないと何も変わらないと思う。

これをいいゲームだったとか言ってしまうのは、はっきり言って危機感が足りない。早々と失点したせいで、相手が明確に引いて守ったからボールを回せていただけで、内容なんて何もなかったに等しい。あれを崩せないのなら守る相手にまた得点出来ないことになる。

今年も高い授業料を払わなきゃならないのかね。

自分が好きだった鹿島魂を感じるアントラーズの姿から、少しずつ遠ざかっていっている気がしてならない。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

2018ACL予選(1)上海申花(ホーム)戦 [ACL]

酷い試合。100点満点で言えば5点。

交代枠を1枚残す意味がわからない。引き分けでも構わないとか考えているならずっと勝てないし、これだと去年と一緒。あれだけ悔しいと思ったのは自分だけか?全ての試合を勝ちに行かないとタイトルを全部とか空想でしかないのでは。

リーグ終盤、勝ち切れなかったあの悔しさ、屈辱、鬱憤、そういう諸々の重苦しいものを振り払うためには、強い気持ちで勝ちに行かなきゃいけないのじゃないか?

具体的に言えば交代が遅い。内田の状態を見ていたのか知らないが、残り5分なら勝負に行くべきところで、大岩にはこういう勝負勘がまったくない。

金崎が使えないくらい状態が悪かったならベンチに入れるべきではないし、他にも選手はいる。監督の器ではない。3年連続更迭も有り得る。というかそうなってくれてもいい。

速い攻撃を目指すとか言っていたのもまるで実現出来ず、もたもたとボールを回してゴール前を固められるパターンはこれも去年と一緒。連動性は皆無で、解説の城氏に再三指摘されていたが足元でしかボールを回せない。

決定機をことごとく外すのも変わらない。何ひとつ変わってない。怒りしか沸いてこない。何を練習してきたのか。

ペドロ・ジュニオールは20得点とか壮大過ぎる得点を目標に挙げているが、あれではとても無理。ボールをこねくり回してはロスト。体感で言えばロスト率は95パーセント以上。まともにシュートも打ててない。これなら金森や山口を見たい。

レオシルバもまあまあ悪くはなかったが、終盤、鈴木とのコンビネーションで真ん中を抜けてドフリーのシュートを大きく枠の上。がっかりだわ。ワンテンポ、レオシルバのところで流れが止まる感じにどうしても違和感があり、このあたりのボール回しのリズムは小笠原が断然上。

スタメン選考から交代枠から全て考え直した方がいいと思う。やってることが去年と同じでは結果も見えるし、結局、相手次第、流れ次第でしか勝ち点を取れず、「勝ち取る」というよりは「拾って行く」という後ろ向きなスタンスでしか勝ち点を積んでいけないように感じる。

本当に勝つ気はあったのか?まずはそう問いたい。

失点は単純に曽ヶ端の凡ミス。なんでもない縦のロングパスをコーナーにしてしまった植田の対応もお粗末だったが、最初のパンチングがうまくヒットせず足元に落とし、逆サイドから上げられたクロスを目測誤ってミスショットでは話にならない。

後半、1本ファインセーブはあったが全体的にばたばたした雰囲気で、後半アディショナルタイムのシュートはバーに救われただけ。守備の連係も悪かったし、何ひとついいところがなかった。

中村は本当に大岩に気に入られているが、あの1本の決定的なシュートがファインセーブに遭ってしまうところが中村クオリティ。いいシュートだったけどな・・。

安部も90分通してとなると消えている時間帯が長い。スーパーサブで切り札的に使う方が効果があるような気がした。

暗雲が立ち込める・・とまでは言わないが、不安と不満、怒りだらけの今シーズン初戦だった。

来週こそ攻めるサッカーを見せてくれるんだろうな。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2018ACL予選グループH(1) 2/14(水)】(カシマスタジアム19:00KickOff鹿島/9,192人/晴)
【スコア】鹿島 1-1 上海申花 (前0-1 後1-0) (S 21-12)
【主審】ムハンマド・タキ(主審:シンガポール)、リー・ズーリアン、コー・ミンキアット
【得点】
(上)前04分 マルティンス↑モレノ 1H
(鹿)後06分 遠藤 1左
【警告】
(鹿)ペドロ・ジュニオール1(前22分)、昌子1(後10分)
(上)リー・ユニチウ1(前45+2分)
【出場】
GK 曽ヶ端
DF 内田 植田 昌子c 安西
MF レオシルバ 三竿健(弟) c遠藤→土居 安部→中村
FW 鈴木 ペドロ・ジュニオール
【サブ】クォンスンテ 山本 犬飼 土居 中村 小笠原 金崎
【監督】大岩剛
【MyMVP】-

共通テーマ:スポーツ
前の5件 | -