So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

アウェーマリノス戦展望 [雑感]

相手より先に負けるわけにはいかない残り5戦。10月のマリノス、札幌は連勝しなければいけないし、間に挟まっている天皇杯も落とせない。連戦は今年最後なので、サブも含めてチーム力を落とさずにやりたい。

とはいっても大岩のお気に入りもあり、だいたいは固定メンバーとなっている。遠藤が怪我から復帰したとのことだが、大岩のやり方には合わないのかあまり重用されていない。

レアンドロとのコンビネーションもいいとは言えず、休み明けとあってはスタメンフル出場は難しのは確かだが、かといって西を2列目に上げていく今の交代策だと使いどころがない。ボランチ起用は論外なのでどうしたものだろうか。

希望スタメンは曽ヶ端、西、植田、昌子、山本、三竿健(弟)、小笠原、土居、レアンドロ、金崎、ペドロ・ジュニオール。

上り調子の土居は使いたいし、ペドロ・ジュニオールも使いたい、となればこのフォーメーションしかない。本当はレアンドロの代わりに遠藤か、相手の抑えも兼ねて永木を最初から2列目に置いてもいいと思っているくらいだが。キッカー不在の問題も解決するし。

2列目に下がって土居の動きが鈍る可能性もあるので、シンプルにレアンドロ、中村、金崎、ペドロ・ジュニオールにするかもしれないが、レアンドロの調子も落ちている感じがするし、中村とのセットだとそろそろまずい気がする。

ここ何回かの記事で書いているが、ボランチにレオシルバを入れると、縛りがないのかポジショニングがフリーダム過ぎるし、中村がもともと守備をせず、レアンドロはやる時とやらない時があるとなれば、ほとんど三竿健(弟)一人でバランスを取っている形になるので苦しい。

レオシルバには天皇杯で頑張って貰うとして、小笠原の試合勘を落とさないことも含めてこちらの前記のスタメンを推したい。

小笠原に強くこだわるわけではないが、レオシルバ、中村、レアンドロの3人を組ませるのは中盤が不安定になるので避けて欲しいと願っている。

マリノスとの対戦は、随分前に記事に書いた時にはもしかしたら頂上決戦になるかもしれないと思っていたくらいなのだが、一気に首位争いから脱落していった。流れというのは恐ろしい。

主に斎藤学が怪我で離脱して以降、バランスを崩しているようだが、詳しく観ているわけでないのでもっと他に原因があるかもしれない。

更にストライカーのウーゴも怪我で離脱したとのこと。怪我人を喜ぶわけにはいかないが、相手の戦力ダウンは素直に助かる。

あとはマルティノスのスピードをどう封じるかがカギとなるが、そこらへんを考えると、もしかすれば小笠原よりは永木の方がいいのかもしれない。

先制点を取って堅く守り、追加点を上げて突き放す王道の試合運びで勝ち点3を獲得したい。昼間は全力で他力本願。

そう言えばACLで浦和が決勝に進出したとのことで、正直、それ自体はどちらでも良かったのだが、これによって対浦和戦の鹿島の日程が変更。特に日程が詰まるわけではないのでそこはいいのだが、川崎対浦和も変更になっている。

こちらは浦和が中3日の日程になるうえ、ACL決勝第2レグのすぐ後ということで、リーグはほぼ投げている浦和にしてみれば完全に消化試合の扱いとなろう。下手すればレギュラークラスの選手が半分くらい出場しない可能性もあり、やる前から川崎勝ちになってしまったような気が・・。

totoを買うとすればこのパターンは川崎勝ち一択になるのだが、ん、裏目の王の自分がそれを買えば外れる?

おーい、数万円ほど用意したまえ!

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

残り5戦、優勝の行方は [雑感]

日課というか週課?残りの対戦を確認する。

なんとなく財布の小銭を毎晩かぞえるような小市民的な感じがしないでもないが、かぞえることの出来る位置にいるのが楽しい。

同時に息苦しくもあるのだが、上の立場にいるぶんまだ気は楽で、自力で優勝出来るというのは大きい。もっとも、それが油断となる部分はあるのだろうが、そのあたりは下位にいる方はプレッシャーもあるだろうしお互いメリット・デメリットはある。

鹿島の残り対戦相手はマリノス(A)、札幌(A)、浦和(H)、柏(H)、磐田(A)。

川崎が広島(A)、柏(A)、ガンバ(H)、浦和(A)、大宮(H)。

柏が大宮(A)、川崎(H)、磐田(H)、鹿島(A)、広島(H)。

最初にこれを書いた時が8つ残りの時だったと思うが、その時は川崎が脅威と書いた。すると次で川崎が引き分けて差が開き、柏の勢いが怖いと書いた。

すると柏がつまづいて2連敗。なんという逆をつく思考。伊達に数十年、ギャンブルで裏目裏目を取って負けてきてはいない。

じゃあ今度は川崎が怖いと書けば・・。かわさきこわいかわさきこわい・・。というか、落語のまんじゅうこわいみたいな話になってしまった。中村(憲)こわい・・中村(俊)こわい・・中村(充)こわくない・・。

裏目の裏目を突かれるかもしれないが、川崎に対しては5戦で4勝1敗か、3勝2分まで。柏に対しては2勝か、1勝3分1敗まで?もっとも、そこまで落とせば川崎に抜かれているだろうから、現実的には4勝が目安。

札幌には相性がいいからここは勝てそうだ、と読んでいたが柏戦を観ているとそう簡単でもなさそうで、都倉とジェイの高さは驚異的。浦和も不気味だし、柏は直接対決で気合いも入っているだろうし(その前に決着が着いている可能性はあるが)、磐田はアダイウトン、中村俊、山田が元気。

マリノスは予想と違って失速中だが、ACL圏内の3位は充分狙える位置だし、やる気は失っていないだろう。4つ勝つには今まで以上に強い気持ちが必要になってくる。

川崎は勝ち点を落とすとすれば家長とエドゥワルド・ネットがが欠場する次節広島戦か、最後の望みをかけた柏戦か。一見、劇的な勝利を重ねてきてはいるが、退場者を出して戦うなど疲労は蓄積しているはず。きっかけひとつで崩壊する可能性もある・・と思いたい。

仙台はルヴァンカップでも退場者を出した川崎に勝てなかったんだよな・・。

柏は調子を落としているが一応まだ可能性が残っているので、川崎戦までは頑張って貰いたいと鹿島目線で語ってみる。

天皇杯の準々決勝が面倒な日程で挟み込まれているのが嫌な感じだが、うまくやりくりして乗り切って欲しい。ちょっと選手固定の傾向があるのが気になるので、サブの選手は出場した時にしっかりと力を出せるように準備しておきたい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

曽ヶ端に切り替えた英断 [雑感]

韓国代表経験のあるクォンスンテを獲得し、シーズン序盤はクォンスンテが正ゴールキーパーとして活躍していた。

能力は申し分なく、鹿島に在籍してくれるなら数年は安泰だと思っていたのだが、怪我で離脱。曽ヶ端がゴールを守ることになった。

少し試合から離れていたとはいえそこはベテラン、たちまち勘を取り戻し、以降、ファインセーブを披露して何度もチームを救ってきた。クォンスンテが怪我から復帰しても、ポジションを譲らずにいる。

わざわざ獲得した現役バリバリの選手を控えに置いたままにしておくには、監督としては勇気のいることだろう。英断と言えるし、それに応える曽ヶ端も素晴らしいことだと思う。

一方、クォンスンテの心境とすればどうだろう。今年は曽ヶ端が余程のミスをしないか怪我でもしない限り、天皇杯の準々決勝くらいしか出番がないと思うが、来年、やり返してやろうと思うのか、よそへ活躍の場を見出すのか。

まあ、そんな心配をしていられるのも曽ヶ端が健在なおかげなのだが、広島のキーパーを観ていると最後の砦が不安定だと守りも固くなるなという、かつて佐藤で経験したことのある不安を持たざるを得ない。

川崎に奇跡的な逆転を許した仙台にしても、3失点目はキーパーの判断ミスに見えた。右手でいくか左手でいくか迷った末に、とりあえず飛んどけ、みたいにジャンプしたが間に合わなかったという感じだった。せめて引き分けてくれないと困るよキミィ・・。

川崎の選手から優勝を意識したコメントが多く発せられていて、意気を挫くためにも次節に当たる広島はなんとしてでも勝って貰いたいし、ルヴァンカップもよこしまな気持ちでセレッソを応援させて貰うことにする。

それはさておき広島戦。直前に札幌対柏の試合を観ていたので黄色いユニフォームがどうにも広島をイメージ出来ず、戦い方や選手も以前とガラリと変わっているので別のチームとやっているような感覚だった。

鹿島のピンクユニも同じような感覚なのだが、そう言えば随分長いことピンクユニを観ていないなあ・・。

無失点に抑え込んだCB二人は、報知新聞によれば代表戦帰りのタクシーで、頑張ろうと声を掛け合ったそうで、いくつかの決定機を作られたものの意地は見えた。

もっとも、決定機を作られた半分くらいはボランチ、特にレオシルバに原因があると自分は思っているのだが、昨日も書いたがこちらも英断して貰えないだろうかと願っている。

その報知新聞によれば、ハイチ戦後、ハリルホジッチから体脂肪率12パーセント超から始まり、罵倒されるようなことを言われたとか。それが事実なら、昌子のパフォーマンスが悪かったとはいえとんでもない人間だ。

監督を批判したと言って金崎を永久追放し、試合中には怒りのあまりボールをピッチに蹴り込み、体脂肪率とかいうわけのわからないことを持ち出して選手を罵倒する。ふざけている。パワハラで訴えられるご時世だぞ。

代表なんてこちらからお断り!と言いたいところなのだが、ワールドカップは選手の夢でもあるし、そうも言えない。どんなに人間性がアレだろうと選ぶのが監督である以上、選手は従うしかないのが現実。クラブの話なら移籍すればいいだけなのだが、代表はそうもいかないわけで。

こんな監督のために戦うとか、代表に関して一気に興味が盛り上がってしまったが、昌子と植田は自分たちのため、チームのため、国のために頑張ろう。応援している。

植田は累積でリーチがかかってしまったが、川崎を振り切るまでは負けられない。勝ち続ける限り、先に音を上げるのは向こうなのだから。やってやろう。

それにしてもカシマスタジアムのカメラワークは、いつもながら切り替え過ぎで全然2列目、3列目の動きが確認出来ないな・・。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

2017第29節広島(ホーム)戦 [リーグ]

土居のファインゴールと曽ヶ端のビッグセーブで勝ち取った試合だが、CBの集中力も高い鹿島らしいと言えば鹿島らしい試合での勝利。

久しぶりに後半アディショナルタイムを心穏やかに観戦することが出来た。

ただ、試合内容が完勝だったかと言えばそうでもなく、広島に押されているシーンも目立った。土居のゴールが決まるまでは完全に広島ペースだったし、その後のアンデルソン・ロペスのシュートを曽ヶ端がセーブしなければ危なかった。

特に気になったのは、主観的かもしれないがレオシルバのところ。ふらふらとポジショニングが中途半端だし、勝っている展開でも前に行ったきりなら幸せにならない中盤がスカスカ。

「ボール奪取能力が随一」と良く言われるがそれについても疑問で、最近はむしろ奪われる方が多いし、単純なパスミスで相手にボールを渡してしまうことも多々ある。プレースキッカーを任されているが、精度は悪いと言わざるを得ず、全体的に厳しい。

セカンドボールを圧倒的に広島に奪われていたのもボランチの責任が大きいし、永木か小笠原の方が組織力として上に感じる。個の能力で打開したい時には有効なカードかもしれないが、ここから先はよりタイトな試合になる。どこかふわっとしたレオシルバは危なく思う。検討を。

ペドロ・ジュニオールはトップコンディションに近いのではないだろうか。積極的にシュートを打って行く姿勢には好感が持てるし、得点の気配はあった。

しかし、味方がフリーで浮いている状況で自ら打って外した場面が3回はあり、まあ、あそこでパスを選択するのはペドロらしくないので仕方ないのかもしれないが、よりゴールに近づく選択をしてくれれば。何点か取ると余裕も出てきて周りも活かせるのかもしれない。

中村は間接FKのサインプレーで巡って来たチャンスを、トラップし損ねてセーブされてしまうという残念な仕上がり。ボールの転がり方といい角度といい、あれ以上にないパスだったのに、ダイレクトで打てないようでは期待も薄い。2点目の起点になった西のような気の利いたプレーもなかった。

レアンドロも好調期間は終わったのか消えている時間が多かった。一方、神通力が消えたと思った曽ヶ端が甦るなど、否定の言葉を並べた方が活躍するの法則・・? だったら中村は・・。

土居は体調さえ万全ならあのくらいは出来て不思議ではない選手。完璧なゴールだった。次節、金崎が復帰してどういう組み合わせになるか注目。

不安だったCBはいくつか決定機を作られたものの、どちらかがトライして残りがカバーするという見事な連携を見せており、無失点で抑えたこともあって立て直せるのではないだろうか。

若干、メンバーが固定気味(特に中盤)なのが気がかりだが、残り全部勝つ、というならそれを実行して貰いたい。あと5つなら不可能なことではない。

柏が失速してくれて助かるのだが、川崎がしぶとく・・。というか仙台、ルヴァンカップといい川崎にやられ過ぎだろ、と自分たちも川崎に2敗しておきながら恨み言を言っておく。広島が次節、川崎を下してくれると有難い。家長が出場停止になるみたいだからチャンス。

優勝へ向けて、他力も願いつつ、一歩ずつ進んでいきたい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2017第29節 10/14(土)】(カシマスタジアム15:03KickOff鹿島/18,655人/雨のち曇のち雨)
【スコア】鹿島 2-0 広島 (前1-0 後1-0) (S 15-12)
【主審】山本雄大(主審)、木田川博信、西尾英朗
【得点】
(鹿)前30分 三竿健(弟)→土居 3左
(鹿)後39分 伊東→鈴木 6右
【警告】
(鹿)植田3(前10分)、山本(前13分)、レアンドロ1(後24分)
(広)丹羽1(後10分)
【出場】
GK 曽ヶ端
DF 西 植田 c昌子 山本
MF レオシルバ 三竿健(弟) 中村→79伊東 レアンドロ→85安部
FW 土居 ペドロ・ジュニオール→67鈴木
【サブ】クォンスンテ 伊東 安部 小笠原 永木 金森 鈴木
【監督】大岩剛
【MyMVP】土居(2)
【DAZN】0クルクル、最大0秒、フリーズ0回(サインアウト0回、ロゴ出現0回)

共通テーマ:スポーツ

優勝へ向けて再発進、落とせない広島戦 [雑感]

リーグも残り6戦。

「全部勝つ」という言葉にあんまり信用が置けない今日この頃だが、今度こそ結果で示して欲しいところ。

中位に甘んじていた鳥栖よりも気持ちの入っていない戦いぶりで負けた前節。今度の相手は残留に向けて一丸となっている広島で、間違いなく勝利に対する意欲は大きいだろう。

荒いファウルや口に出して相手を煽ったりとか、そういうのは望んでいないが、相手よりも一歩早くボールに喰らいつく執念のようなものは持って戦って欲しい。

金崎が累積で出場停止なのは痛いが、ペドロ・ジュニオールが復帰してくれたのでシュートの数は増えてくれると願いたい。

とにかくファーストシュートまでの時間が遠くて・・。最初の20分くらいはいつも様子見になっていて、そこから負けているのではないかと思っている。数打ちゃ入るとまでは言わないが、打たないと始まらない。

スタメン予想はペドロ・ジュニオール、土居、レアンドロ、中村、三竿健(弟)、小笠原、山本、植田、昌子、西、曽ヶ端。

金崎不在で欠けた闘魂成分は小笠原で補うこととする。勝っていれば永木と交代、負けていればレオシルバと交代でいいのではなかろうか。

ちなみにペドロ・ジュニオールとレアンドロを使う時にレオシルバまで使ってしまうと、攻守においてかなり雑になるという懸念があるのでオススメしない。

CBは代表で抜かれたコンビで、なんだかんだ不安も大きいのだが、だからといってブエノで守り切れる気もしないし、わざわざ三竿健(弟)や西を回す必要もない。前にも書いたが昌子にはここらで踏ん張って貰いたい。

GKは曽ヶ端の神通力も消えてきたのでクォンスンテでも構わないが、出た方は無失点で抑えて欲しい。多分、決定機は何度も作られるだろうし、ビッグセーブを3~4つは披露して頂きたい。ここで存在感を示した方が、残りも全部任されるのではないかと予想。

2列目の中村には期待薄なのだがレアンドロを使うとセット割引がオトク・・じゃなくてこのコンビの方がお互いに力を出せるというメリットがあるのでやむを得ずという感じ。守備面でのデメリットも大きいのだが。

負けたくないのでまずは守備から、というのが基本だろうが、重心が後ろ向きになるのは好ましくなく、また、このところの鹿島は必ず失点してしまうので、むしろ前に出る気持ちを持って戦うべきではないかと思っている。

川崎戦やルヴァンカップの仙台戦でイニシアチブを取られたまま一方的に負けた試合の反省を活かし、自分たち主導でゲームを作って勝つ展開に持ち込みたい。

勝利を。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ
前の5件 | -