So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

慢心というか、ご乱心? [雑感]

・・・はっ!?

敗戦のショックで気を失ってました。ウソです。多忙のためブログにまで手が回りません。

それにしても負けてしまうとはなにごとか・・。

敗戦をあまり振り返りたくないが、大岩の作戦が不発だったというのがだいたいの割合を占めている。

慢心があったと試合後に監督自身も認めていたようだが、どちらかというと思いつきを全部試したような、殿、ご乱心をという感じだったが。

こののち成功するかどうかはともかく、中村のトップ、3バック、遠藤のボランチ、連戦の西の乱用とフィジカルが落ちた時のレオシルバ起用あたりが失敗だったかと。

中村推しの大岩が今後もトップで起用するかはわからないが、使うならもうちょっと何かしらの形を見せて欲しい。個人的感触ではナシだが、レアンドロ、中村の2列目同時起用も無理目に感じているので、断定は避けておく。

3バックはいずれやるにしてもあそこで試す場面ではなかった。かなり混乱していたし、前半終了間際、後半開始早々と痛い時間帯で失点してしまった。山本の位置取りが中途半端になっていたので、やるならもっと練度を上げてからでないと。

遠藤のボランチは長所をほとんど消してしまうのでどうだろうと以前に書いたことがあるが、小笠原もいるし永木も復帰すればそこにこだわる必要性は薄いかと思う。

西も明らかに疲れていた。後からになるが伊東スタメンでも良かったか。

レオシルバは豊富な運動量と卓越した技術で場を支配出来る選手だが、疲れが出てくると軽さが命取りになる。思えば前々戦の仙台戦。ファウルを貰いに行くプレーも多かったが、あれは交代を見極めるサインではなかろうか。

レオシルバのところを狙われると即ピンチになるだけに、あまり過信し過ぎないよう、レオシルバも一人の選手と割り切っての起用を望む。

次は清水戦。負けは論外ながら、引き分けでも流れは戻せない。川崎に受けた屈辱を胸に、勝つことでしかこの想いは拭えない。清水に勝ってセレッソにも勝つ。そこでやっと溜飲を下げられるかな。

ところで書きそびれていたが前節のセレッソの山村のゴールは、キーパーが飛び出しているのでギリギリだがオフサイドだと思う。清水の抗議が認めらなかったが、地力で逆転勝ちしている。ヘンな判定の後は両者やりづらいというか・・。

鹿島も前節の3失点目は相手が出したボールを返さずに続けて、カウンターを喰らってのものだった。気持ちが乗らない時はちゃんとリセットしてからするべきだね。

ちなみに山村は怪我で多分、次の鹿島戦には出れないだろう。

そういえば神戸のネルシーニョ監督が解任になったそうで。金崎も移籍しなくて良かったね。ポドルスキとの不和がそろそろ表に出てきたようで、さて、どうなることだろう。対戦は済んでいるので、ひとごととして見守っていく。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

2017第22節川崎(アウェー)戦 [リーグ]

屈辱のシーズン2度負け。0-3、1-3で完全敗北。敗因を分析し、もう一度、相手を倒す気持ちを強く持って出直して貰いたい。

具体的に言えば、守るのではなく、最初から全力で攻めて打ち合いで勝ち切るというような。

一番の敗因は運動量と気持ちで完全に負けていたところ。同じ日程で恨み言はない。明らかに戦術ミスあるいは、選手の選択ミス。

ある程度は攻めさせて後半勝負という意図があったのかもしれないが、あれだけ相手に圧倒されてしまうとどうしようもない。鹿島の選手の気持ちが全員後ろに向いていた。

前半アディショナルタイム、カウンターからのオウンゴールでの失点。中央の戻りが遅れたのが原因だが、絶対にゴールを割らせないという意思を持って帰陣していれば防げたような気がする。ここでも足が止まっていた。

後半開始直後、3バックに変更して落ち着かない時間、即座に追加点を取られたのも痛かった。ほぼこれが致命傷だったと言える。

鹿島にも少ないながらもチャンスはあったが、決まったのは伊東からのクロスを鈴木がヘッドで決めたものだけ。もっと早くから攻め立てていれば違った展開もあったかもしれない。

ここまで打つ手がことごとく成功してきた大岩だったが、この日に限っては全て失敗。スタートから、戦術変更、攻めるタイミングなど。

中村へのこだわりはわかるが、代わりがいないわけでもなしトップで使うのは無理だろう。かつてはこのブログでもトップに向いているのでは?と書いた時期もあったが、それは代わりがいない時の話。

せめてボールがこないなら前線から追い回して少しでもプレッシャーをかけて欲しかったが、ボールが来た時にちょっと動くだけで、実質10対11で戦っているようなものだった。あそこまで運動量のある川崎相手では、体感的には更に人数差があるように感じられた。

レアンドロもドリブルで自分の後ろ足に当ててボールロストとか・・。

ファウルを流す傾向だった西村主審のジャッジでは、ひ弱な中村、レアンドロでは歯が立たず、戦える鈴木、安部、金森のような選手の方が良かった。

相手方では個人的には小林にはあまり脅威を感じないのだが、鹿島キラーの素質がある家長には嫌な思いを抱いていた。あまりスタメンで出ていないから川崎では出番がないのだとスルーしていたが、怪我で出ていなかっただけだったのか。

サイドで起点は作られるし、独特なテンポのドリブルといい決定的なスルーパスといい。そしてトドメの3点目。試合後のインタビューは家長だったが、向こうのMVPは間違いなく家長だろう。

首位はキープしたままだとはいえ、望んで混戦のなかに身を投じるとは鹿島も物好きなもので。

川崎に負けてから無敗だったが、川崎に止められた。ここで連敗だけはしないよう、しっかりと立て直して欲しい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2017第22節 8/13(日)】(等々力陸上競技場19:03KickOff鹿島/24,008人/晴一時雨のち曇)
【スコア】川崎 3-1 鹿島 (前1-0 後2-1) (S 15-9)
【主審】西村雄一(主審)、和角敏久、大川直也
【得点】
(川)前45+1分 オウンゴール(西)
(川)後01分 登里→阿部 9右
(川)後27分 小林→家長 1左
(鹿)後42分 伊東↑鈴木 5H
【警告】
(鹿)レアンドロ3(前38分)
(川)ハイネル2(後22分)
【出場】
GK 曽ヶ端
DF 西 植田 昌子 西c
MF レオシルバ 三竿健(弟) c遠藤→77伊東 レアンドロ→61安部
FW 中村→56鈴木 金崎
【サブ】川俣 ブエノ 伊東 安部 小笠原 土居 鈴木
【監督】大岩剛
【MyMVP】-

共通テーマ:スポーツ

川崎に雪辱を [雑感]

昨年、川崎に対しては優位に戦いを進め、重要な戦いを鹿島が制してきた。

その悔しい思いを持っていたのだろう。前回の対戦は川崎の強い気持ちが出ていた。完敗といってもよく、鹿島側はどこか軽く捉えていたような感じもした。

今度はそう簡単にやらせるわけにはいかない。今年の借りは今年のうちに。

小林が出場微妙らしい。いい選手なのは間違いないが個人的にはあまり琴線に触れない。やはり川崎の中心は中村憲と見ている。

どこまでガッツリと潰しに行けるかが勝負の分け目となるだろうが、とはいえ自陣に近いところで不用意に与えるとセットプレーで失点する可能性も高まる。

遠目ではガツガツ行って、バイタル近くではパスを出させないように執拗にマークという方向で行きたい。重要なのはボランチと2列目からの圧力が大事と考える。

どういう組み合わせで行くか読めないが、疲労度で考えると小笠原とレオシルバとなる。ただ、三竿健(弟)には特別な期待を寄せているようで、連戦でも関係なく起用するかもしれない。

小笠原なら中村憲にしつこくいってくれるだろうが、いかんせん体力的に問題があり、イエローも怖いし、いずれ振り切られるような気もする。周りがどこまでフォロー出来るかがカギかと思うが、レオシルバはあんまり周りとか考えずに自分だけでいってしまうからなあ・・。

2列目には遠藤を入れると思うが、相方はこちらも疲労度を思えば中村よりレオシルバになるかと。しかしながら、どっちを起用するにしても守備が緩いことに変わりなく、遠藤に負担がかかるのはやむをえまい。

川崎は昔のイメージと違って守備が堅い。チョン・ソンリョンの守備力もあるが、なかなか簡単にゴールを割らせて貰えない。少ないチャンスを決め切れるか。どうしても金崎頼みになっているが、ミドルシュートも交えて得点を挙げて欲しい。

先制点を許すと今まで以上に難しい試合になると思われる。中村憲を徹底マークで何もさせず、無失点で頑張ること。と、同時に受け身になり過ぎて相手のペースにさせてもいけない。

そのあたりの匙加減や試合の勝負どころは、今のところ大岩が冴えているので、なんとか打開してくれるものと期待している。

勝って、まずは川崎を振り切りたい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

神戸戦、補足 [雑感]

ポドルスキは来日してからスケジュールも過密で、暑さもあって連戦だし、そんなには動けないだろうと本音では思っていた。

半分当たりで半分外れ。動き自体は多くなかったが、少しでも隙があると決定機を作られた。

右足で曽ヶ端の股を抜かれたが、わずかに足に当たったことでコースが変わってポストに救われたのがひとつ。左足で至近距離から打たれたのを曽ヶ端が弾いたのがひとつ。これはコーナーキックになって失点してしまったが、良く反応した。

もう1本、左サイド(鹿島右サイド)からのグラウンダークロスを左足ダイレクトで打ってきたのは枠の上を超えていってくれたが、威力は申し分なく、枠を捉えていたら弾き出せたかどうか。あのあたりのシュート力はさすがというところ。

ただ、全体として鹿島のDF陣はうまく対応しており、1失点するまでは雨あられとシュートを打たれたものの、シュートコースに体を入れていたりと集中力は切れていなかった。

それだけに失点シーンの植田の対応は勿体なかったが、試合展開的にはこの1点で神戸が息をついて受け身に回ったことで逆襲の機会が得られたのだから、勝負のアヤというかなんというか。

ポドルスキについては、今のところは周りも気を遣っているような感じで、単発の破壊力に留まっているという印象。このまま馴染まずに終わる可能性もあると思っているが、上位陣だけは食い破ってくれないかなあと勝手なお願いをしておく。

鹿島陣営に話を戻すと、なんにしても大岩は辛抱強い。

もし自分が監督だったら球の収まらない2列目2人を起用することすら見送るが、結果を出すまで信じて使っている。特にレアンドロはカードも貰っていたし、いつ退場になってもおかしくなかったのに決勝のアシストまで代えなかった。

序盤苦しんだのも、明らかにここでボールが落ち着かなかったことが大きいと思うのだが。

ところで中村の壁パスはライブで観た時も感じたが、ダイジェストで観ると、やはりトラップミスがたまたまいいところに飛んだというふうにも見えるが・・。自分で拾いに行こうとしているしね。

3枚目にブエノを持ってきたのは、ハーフナーを使ってくると見越したうえでのことだろうし、采配は当たりまくっている。

まあ、連勝中は何をやってもうまくいくもので、だからこそ勝つし、自信を持って采配を振るっているのも選手に好影響を与えているのだろう。

レオシルバは相変わらず長所と短所が紙一重で、周りとの組み合わせ、相手関係、フィジカルコンディションを含めて使いどころが難しい。三竿健(弟)を軸に使って行く方針のようだし、永木が復帰すれば頭を悩ませることになるだろう。

サイドバックは伊東に目処が立ったし、2列目はもともと人材豊富。ペドロ・ジュニオールが離脱したことでトップは金崎に負担がかかるが、その時は鈴木にやって貰おう。90分やれるかはやってみないとわからないが、気持ちは戻って来たようだ。

あとはCB。植田が抜けて完封するようなら安心出来るのだが、あえて外して勝負なんて博打を打てるわけでもなし。故障だけはしないように注意深くやって欲しい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

2017第21節神戸(アウェー)戦 [リーグ]

なんて勝負強いんだ。

前半、完全に神戸ペースで鹿島はレアンドロの惜しいシュート1本のみ。苦しい時間帯を耐えていざ後半というところで、コーナーキックから植田の緩い対応と曽ヶ端の判断ミスで先制を許す展開。

ついに大岩ザ・ワールドの効果時間が切れたのかと肩を落としていたが、途中交代の鈴木がグラウンダーのクロスを入れ、中央で中村が壁パスで落とし、金崎がダイレクトで右隅に叩き込んで同点。

ここから鹿島のターンが始まった。

脚が止まり出した神戸に対し、安部を入れて圧力を上げる。相手が3バック気味に変更したことで更に裏を狙えるようになり、辛くもオフサイドで逃れていたDFラインをついに捉える。

西の縦パスをレアンドロが股抜きでスルーパス。抜け出した金崎がGKとの1対1を冷静に捌き、無人のゴールに逆転弾を決めた。

勝ち越した時間帯も絶好だった。脚も止まり、気持ちも落ちた神戸に反撃の隙を与えず、最後はハーフナーの高さ対策でブエノを投入する万全の采配で逆転勝ち。鮮やか。

正直、前半の圧倒的にボールを持たれる展開、相手の堅い守備にチャンスも作れず、セットプレーで失点するなど今日こそは負けたかと思った。

2列目のレアンドロ、中村のボールロストや中途半端なプレーでリズムを失っていると感じていたが、こここそが大岩のこだわり。スコア的にはアシスト数チームトップの中村と続くレアンドロは、実績通りに金崎の2得点をアシストし、采配が正解であることを示した。

観た感じ、このセットは圧倒的存在感があるわけではないのだが、結果的には正解になっているのが不思議・・。守備面で時々緩いのは目を瞑って、アシストに期待ということなのだろうか。

中村はああいう中央の密集地帯で力を発揮するのはわかるのだが、それ以外の集中力の欠けたプレーの印象が良くないし、レアンドロはヘッドバッドをイエローで勘弁して貰えたおかげ。前も遅延プレーでイエローを貰っていたし、自制して欲しい。あれはレッドでもおかしくなかった。

レオシルバはいつも通り、良くもあり悪くもあり。簡単なパスミスだったり、自陣でのロストだったりやはり怖い部分も多い。プレースキックを任せてみては、という少し前に出した提案は、そろっと却下させて頂く。

ディフェンス陣は失点の場面だけ連携に綻びが出た。植田ももう少し強く競れたはずだが、曽ヶ端の飛び出しで躊躇したのだろうか。それ以外は全員が体を張って危ない場面を何度もブロックしていた。波状攻撃を受けていた時間は息が止まったが、息の根は止められなくて良かった。

攻撃ではさすが金崎。試合後に「このピッチでどうしても勝たないといけない理由があった」と(おそらく)神戸からのオファーの件について言及してくれており、鹿島に残った理由はこれだ、というのをプレーで語ってくれた。アツい。

安部、鈴木も途中交代でしっかりとアピール。鈴木はエリア内で倒れに行くプレーは方向性が違うとは思うが、フィジカルを活かして前線で動いてくれたし、安部は五分五分のボールをマイボールにして助けてくれた。エンドライン際での仕掛けも光るものがあった。

苦しみながらも終わってみれば、スコアもポゼッションもシュートも相手を上回り、全て作戦通りだったかのかと大岩の手腕に素直に感心する。

セレッソが逆転負けを喫して、暫定ではない首位に躍り出た。ぴったりついてくるマリノスが不気味だが、次節試合のないセレッソを突き放すチャンスと同時に、川崎にも水を空けるチャンス。選手のローテーションをどうやりくりするかが注目。

行って現地で感動したかったなと残念に思うが、アウェー負けなし記録を止めなくて良かったとも思う。今季はおとなしく家で応援するかな。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2017第21節 8/9(水)】(ノエビアスタジアム神戸19:03KickOff神戸/19,039人/晴)
【スコア】神戸 1-2 鹿島 (前0-0 後1-2) (S 11-12)
【主審】佐藤隆治(主審)、中野卓、松井健太郎
【得点】
(神)後04分 CK藤田↑渡部 2H
(鹿)後24分 中村→金崎 7右
(鹿)後41分 レアンドロ→金崎 8右
【警告】
(鹿)レアンドロ2(前26分)
(神)高橋2(前14分)、岩波2(後15分)、藤谷1(後37分)、伊野波1(後45+1分)
【出場】
GK 曽ヶ端
DF 西 植田 c昌子 山本
MF レオシルバ 三竿健(弟) レアンドロ 中村→74安部
FW 土居→57鈴木 金崎→88ブエノ
【サブ】川俣 ブエノ 伊東 遠藤 安部 金森 鈴木
【監督】大岩剛
【MyMVP】金崎(5)
【DAZN】0クルクル、最大0秒、フリーズ0回(サインアウト0回)

共通テーマ:スポーツ
前の5件 | -