So-net無料ブログ作成
検索選択

2017第12節川崎(ホーム)戦 [リーグ]

韓国GK対決3連敗(セレッソ、神戸、川崎)。

川崎の速いテンポのパス回しは脅威もあったがロストも多く、鹿島にとってはやり易い部類。

チャンスは数多く作ったがチョンソンリョンにことごとく阻まれ、CKを防がれてから電光石火のカウンターを決められて先に失点。

レオシルバがいれば戻ってクリアしてくれたのだろうが、戻りが遅かった。リプレイを観ると中村がついていかなければならないように見えたし、昌子もそう指示していたが(追記:永木に指示していた模様。尚、永木は無視して昌子のフォロー)。ああいうところが中村の良くない部分。

先に取られると極端に弱くなる鹿島。更に前半終了間際、集中力が切れたのか一瞬の隙を突かれて2失点目。前半のうちに2点取られ、しかも負傷者を出してカードを1枚使うという前節と同じ展開になった。

後半、温存していたはずの土居を入れて押し込む鹿島だったが、決定機を全て防がれ、そうこうするうちに守りの面ではあっさりとトドメの3点目を取られて万事休す。7本で3点とは。

0-2から金崎を入れようとしたタイミングでの失点だったが、正直、3点取られた時点でほぼ勝ち目はなかった。だとすれば金崎を使う必要があったのか。

点差が離れて鹿島が攻め、川崎が守ったので鹿島が攻め立てているように見えたが、川崎にとっては想定の試合運びだったかと。

とにかくチョンソンリョンが堅かった。クォンスンテも悪くはなかったし、DF含めての守備なので一概には言えないが、差は歴然としてしまった。パンチングでコーナーにうまく逃げられたチョンソンリョンと、前にこぼしたクォンスンテの差とも言えるか。

韓国GK対決はあと札幌が残っているがまさか全敗はしないよな。

序盤、攻めている時間帯に鈴木に4本ほど決定機があり、あそこで点を取れなかったのが勝敗に直結したかと思う。

PKを外して逆転負けを喫したムアントン戦と違ってわかりづらいかもしれないが、鈴木の責任は大きい。先制点を取られた起点になったシュートも鈴木だった。枠に飛ばなかったらカウンターを喰らうこともなく、なんだか皮肉な結果。

スタメンのレアンドロは今までで一番良かったが、得点につながらず、ちぐはぐな場面もあり、いいのだか悪いのだが判断がつかない。ひとつひとつのプレーはいいものがあったのだが・・。

金森は良かった。ドリブルに切れもあったし、抜け出すタイミングもいい。GKとの1対1を決めていれば逆転のムードにもなったし、あれが悔やまれる。せめて惜しいと思えるシュートであって欲しかった。

町田はここがアピールのしどころだったのに右膝の故障で交代。ついていないのは確かだが、大成する選手はこういう機会は逃さない。プレーも遅れて入って接触したもので、相手も責められない。もう一度最初からやり直し。残念。

ACLは外国籍枠の関係でブエノが登録されていないとのことで、植田を無理にでも使うのだろうか。

それにしても今季リーグ戦がホームで2勝5敗とか?

ホームアウェーのスタンド入れ替えがもたらした不運かどうかは知らないが、元に戻せるものなら、いっそのこと今からでも戻して欲しいくらい。

色々と失望する部分が多いので、しばらくブログの更新はお休みです。次回はACLの試合記事の予定。というかオフィシャルは、アウェー時の試合開始時間は、現地時間と日本時間の両方を載せてくれないかと思う。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2017第12節 5/19(金)】(カシマスタジアム19:03KickOff鹿島/10,838人/晴)
【スコア】鹿島 0-3 川崎 (前0-2 後0-1) (S 17-7)
【主審】東城穰(主審)、越智新次、田中利幸
【得点】
(川)前19分 阿部 右
(川)前45分 長谷川 3右
(川)後16分 車屋→登里 左
【警告】
(鹿)ブエノ1(後45+2分)
(川)なし
【出場】
GK クォンスンテ
DF 西 c昌子 町田→36ブエノ 山本
MF 永木 小笠原 レアンドロ 中村→46土居
FW 鈴木 金森→62金崎
【サブ】曽ヶ端 ブエノ 伊東 三竿健(弟) 土居 金崎 ペドロ・ジュニオール
【監督】石井正忠
【MyMVP】-
【DAZN】0クルクル、最大0秒、ロゴ出現停止0回

共通テーマ:スポーツ