So-net無料ブログ作成

2017ACLラウンド16第2レグ広州広大(ホーム)戦 [ACL]

悲しい勝利になった。

試合には勝ったが得点が2戦合計2-2で並び、アウェーゴール差で敗退。

スタメンから采配、特に大きな不満はなかった。試合内容も良くもなかったが悪くはなかった。ただ、失点したあの時間帯、解説も言っていたが嫌な空気感だった。

どこかではっきりと流れを切るプレーが欲しかったが、ごちゃごちゃしているうちにこぼれたボールをパウリーニョに押し込まれて失点。第1レグと同じ形だった。

そこまでにも危ないシーンがいくつかあり、もう少し集中して欲しかったが・・。パウリーニョの得点感覚が上だったのか。

まず失点しないように、という言葉が頻繁に聞こえてきて、自分の感覚としては0-1負けからスタートした以上、得点しなければ勝てないし、1点でも取られたら3点取らなければいけなくなるのなら、気持ちは最初から「攻め」であるべきだと思っていた。

1点取ってイーブンにしたという気持ちになったのかもしれないが、アウェーゴールを考えれば向こうが有利に違いなかったし、攻める気持ちを欠いたまま、守りにも集中を欠いてうまくやれれてしまったという感じ。

途中出場の金崎がテクニカルなアウトサイドキックで2点目を決めたが、さすがに遅過ぎた。

そして、ペドロ・ジュニオールは鹿島に来て初めて凄いと思ったゴールだったが、進出条件にかなわず、勝つには勝ったが値千金のゴールだったかと言えばそうでもなく、正直、無価値なゴールになってしまった。

途中までは動きも良かったし、最後の方は息切れしていたが得点も挙げたし、むしろ下げるなら鈴木の方な気もしたが。鈴木は前半に決定的なシュートを外して以降、あまりいいプレーはなかったように見えた。

それにしても鹿島は追いかける展開になると途端に弱くなる。何が足りないかと言われればやはりゴールに向かうがむしゃらで泥臭いプレーだと思う。リスク管理が徹底しているのはいいことだが、時にはバランスを崩しても攻めなければいけないような。

まあ、植田を上げてパワープレーとか、結果はアレな感じだったがやる気は見えたし、責めるべきではないのかもしれない。責めるべきではないが、攻めるべきだった。うむ。

個人的には絶対取って欲しいACLのタイトルだが、またしても散った。なんも言えねー。

はぁー。溜め息しか出ない。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2017ACLラウンド16第2レグ 5/30(火)】(カシマスタジアム19:00KickOff広州広大/人/晴)
【スコア】鹿島 2-1 広州広大 (前1-0 後1-1) (S 0-0)
【主審】イルマトフ(主審:ウズベキスタン)、ラスロフ、サイドフ
【得点】
(鹿)前28分 ペドロ・ジュニオール 3右
(広)後10分 パウリーニョ 4右
(鹿)後45+1分 西→金崎 4右
【警告】
(鹿)ペドロ・ジュニオール1(前12分)、山本1(後34分)
(広)ジョンロン(後36分)、リーシュエポン(後45分)
【出場】
GK クォンスンテ
DF 西 植田 昌子 山本
MF 永木 c小笠原→71三竿健(弟) 土居 レアンドロ→60金崎
FW 鈴木 ペドロ・ジュニオール→78金森
【サブ】曽ヶ端 伊東 中村 三竿健(弟) 梅鉢 金崎 金森
【監督】石井正忠
【MyMVP】-

共通テーマ:スポーツ