So-net無料ブログ作成
検索選択

意外に川崎戦の評価が悪くないようで [雑感]

先日の川崎戦、ブロガーさんたちの記事を読んでいると、それほど評価は悪くないようで、ちょっと驚いている。

個人的には鹿島が押しているように見えても、決めるべきところを決められず、守備では簡単にやられ、交代も何のビジョンも見えず、セットプレーもオフサイドで取り消された1本以外は見どころなしと、いつもと変わらないように見えた。

ここ数試合に比べればマシだったことは確かだが、それはマイナスだったのがチャラに近づいただけで、プラスだったかと言えばそうでもない。

セカンドステージに入ってからの課題が一向に解決されておらず、選手の起用法も疑問点が多く、先を見据えた戦いが出来ているのかもわからない。

普段通りの戦い方をする、という石井の理念は立派だとは思うが、2ステージ制でルール上、下剋上があるのならば、そこに照準を合わせて色々と試す策があっただろう。

ファブリシオに今更、守備を求めても無理なのはわかっていたし、ファンソッコは1試合でだいたいどこかで致命的なミスをやらかして失点に直結する。植田はそんなに使えないほどなのか、昌子を無理に使うくらいにモチベーションが落ちてしまっているのか。

手応えはあった、と選手も感じているようなのが、自分には不安で仕方ないのだが、これが自信につながれば吉、驕りにつながれば凶と、まあ、どっちとも取れるから結局、結果論でしか語れないことなのかもしれないが。

しかし、ひとつ忘れてはならないのは、誤審はツキで済まされるが、バー直撃はツキでもなんでもなく細かなところで実力。

昌子のミドルは相手が上回ったと言えるが、ファブリシオと赤崎のは枠に飛ばさなければ意味がない。

極端な話、こぼれ球が自分の足元に転がってくるかも「予測」であり、それは「勘」と言い換えてもいいのだが、やみくもに突っ込んでボールが来たらラッキー、そうじゃなければ知ーらないというのは違うと思う。

ボールの勢いやら選手の配置、それぞれを把握したうえで次にどこにボールが飛んで来るか、それを感じることが出来るのが一流というものではなかろうか。

ツキも実力もうちっていうのは、突き詰めれば、ツキを呼び込んだように見える実力ってことなのだろう。

シュート練習、もっと励んで貰いたいものだ。

あとは審判の技術向上かな。救われた試合もあったし、通算すればイーブンになるのだろうが、出来るなら各試合イーブンであるのが理想。チャンピオンシップ、一発勝負の天皇杯と、大事な試合が続くので、そこでの誤審は勘弁して貰いたい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

2016(2)第16節川崎(ホーム)戦 [リーグ]

川崎がタイトルへのプレッシャーなのかガチガチで、思いのほか、見た目はいい試合になった。これを評価するのはそれはそれでいいと思うが、個人的な見方からすれば一番嫌なダメージの残る試合になった。

内容的には鹿島が押しまくり、「試合には負けたが勝負には勝った」みたいな捉え方が出来るかもしれないが、鹿島は決定機をことごとく外し、川崎はワンチャンスをモノにして先制点を奪った。

カウンターで最後、森本が外して満点とはいかなかっただろうが、手堅く守って攻撃はひと刺しという得意のスタイルで勝ち切り、途中ミスが多発しながらも結果を出した川崎が完勝。

普通にやって普通に負ける。予想と違ったのは、モチベーションの差がそれほどなかったくらいで、逆にこの負け方はチャンピオンシップで当たる時に嫌な空気を生んでしまうような気がする。

スタメンは怪我の土居、柴崎を下げたのは当然として、ファブリシオとファンソッコのスタメンは腑に落ちず、曽ヶ端もいい加減諦めてくれないかなと思う。

ファブリシオは1本バー直撃のミドルを打ったが、それだけ。課題の守備の部分で、完全にエウシーニョに裏を取られて失点を許した。

あの場面、山本がファブリシオにマークの指示を出してから前にアタックに行ってギャップが出来たが、山本のその判断も軽率だったように感じるし、曽ヶ端ももっと詰められたと思う。ファンソッコの森本への対応にも隙があった。

相手のキーパー新井がビッグセーブ連発なのに曽ヶ端があっさりと決められ、失点シーンはフリーになっていたとはいえ、ポジショニングでどうにかならなかったのか。キックの精度も酷く、見ていられない。

攻撃面で言えば、セットプレーでファンソッコのヘッドがオフサイドで取り返されたシーンはオンサイドに見えた。気になって試合後にリプレイで確かめてみれば、川崎の壁の手前から2番目の選手がラインに残っていて、やはりオンサイド。

残念ながらサッカーにはリプレー検証が導入されていないので誤審がそのまま適用。線審の位置からでは選手が重なっているので見えにくく、誤審とまでは言えないのかもしれないがツキがない。

そう言えば川崎戦は小林のオフサイドゴールも認められたことがあり、貸しが2つになった。借りは覚えていない。取り立てぶんだけいつか清算して貰おう。

鈴木が後ろから倒されたシーンは、PKと言えなくもないが、あれでPKを貰っていては鈴木が味をしめてしまう可能性もあり、本人のためにも流して貰って良かった。あそこでもう一歩、踏みこたえることが出来るようになれば、もう一段階上の選手になれる。

解説の秋田氏は鈴木はサイドハーフの方が合ってると言っていたが、それについては見解が異なり、鈴木は真っ向からのセンターフォワードタイプと思っている。

金崎との相性はいいようで、久々に活き活きと動いている金崎を見た。右サイドが遠藤、西で組み立てが出来るようになったのも大きいのだろうが、このあたりは良かった点。

ただ、得点から遠ざかっているのが気にかかり、GKとの1対1をセーブされた場面、いい時の金崎だったらワンタッチで迷わず打っていたはず。ひとつ触ってコースを確かめて、そのぶん詰められて止められた。改めて、FWは特に得点が大事なのだと感じた。

昌子のバー直撃は相手が曽ヶ端だったら例の金縛りで入っただろうが、新井がよく反応した。赤崎のは・・。自分が赤崎に辛いだけだと思うが、あの距離でバーに当てる方が逆に難しくないか。

交代策も枠を頑張って3つ使いました、というくらいの評価しかなく、どうやって点を取るかのビジョンはなかった。

他に良かったところを探すと、小笠原が入ると全体が引き締まり、攻撃の形も出来るし、危ないところも一番にケアしに行ってくれる。永木も鹿島に来て初めて、永木らしいプレーを見せた気がした。となれば弾かれるのが柴崎で・・。ここらへんは難しい話になるな。

ともかく今日の試合、結果は求めていなかったが、これをどう受け止めて次につなげるか。それが出来るならば問題なしだが、どうなんだろうね。

もうひとつ。入場者数24000人ジャストになっていたが、1人単位まで計測し始めて数年経つと思うが、初めてキリ番を見た。ホントに計算は合ってましたか?

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2016(2)第16節10/29(土)】(カシマスタジアム14:04KickOff川崎/24,000人/曇)
【スコア】鹿島 0-1 川崎 (前0-0 後0-1) (S 17-7)
【主審】西村雄一(主審)、平間亮、堀越雅弘
【得点】
(川)後20分 森本 2右
【警告】
(鹿)なし
(川)森本1(後45+3分)
【出場】
GK 曽ヶ端
DF 西 ファンソッコ 昌子 山本
MF 永木→90杉本 c小笠原 遠藤 ファブリシオ→69ファブリシオ
FW 金崎 鈴木→73赤崎
【サブ】櫛引 植田 伊東 中村 三竿 杉本 赤崎
【監督】石井正忠
【MyMVP】-

共通テーマ:スポーツ

川崎(ホーム)戦、展望・・といっても自分の中では消化試合なのだが [雑感]

自分にとっては消化試合の位置づけになっているので、「いかなる場合も勝ちに行く」と考えておられる方はスルーすることをオススメします。

川崎にとっては年間首位がかかっている試合だが、鹿島は大敗さえしなければ年間3位が確定している状況で、モチベーションの差は埋まりようはずがない。

加えてチームの状態も悪く、ここで「チャンピオンシップの前哨戦」などと意気込んでまともにぶつかっても勝てるとは思えず、下手にボコられて苦手意識を植えつけられるのは得策ではないと考える。

逃げるは恥だが役に立つ、と可愛いガッキーが主演のドラマもマイブームではあることだし、のらりくらりと川崎のやる気を削ぎ、チャンピオンシップに備えての布石を打っておくのがベターかと。

やり方は色々あるだろうが、まずはメンバーを変更して戦い方も変える。プレッシャーをわざと弱くして戦いながら、それでいて決定打を打たせない。という感じにやれたら充分。

嫌な感じだな、あるいは前の記事にも書いたように、「楽勝!」と思わせて油断させる、ということが出来れば勝ち負けも重要ではないと思っており、チャンピオンシップでその印象を覆す戦い方を出来れば大事な一戦を取ることが出来るかも。

・・と、孫子も言っていたようないないような。戦記ものでは主人公側がこういうことやって逆転勝利を収めるのだが、あれ、ラノベの読み過ぎですか?

まあ、策士、策に溺れるということもあるので、交代枠さえまともに使えないような監督が、そんな腹芸が出来るわけないだろうが。

多分、普通にやって普通に負けそうだな。

せめて、コンディションの整っていない選手が調子を上げられれば上出来で、バラバラなままの連携が少しでも整えばオッケーオッケー。怪我人を無理使いするのはご法度。

年間順位が上がる可能性があるのならともかく、今はそうではない。大事なのはどの試合か、重々と、見極めて戦って欲しい。

残念ながら、王道で勝ち続けられるほど、今の鹿島は完成していない。配られたカードで勝負する、というのも立派な戦い方。カイオが抜けたらハイ終わり、というままで終わって貰いたくない。

そう言えば、浦和は選手間ドラフトによる紅白戦を行ったとかで、そういう発想があることも斬新だし、受け入れられる土壌があるというのも、選手間・監督との関係も良好であるということの証だろう。「アイツ、イラナイ」ってことにならないってことだから。羨ましい限りである。今の鹿島でやったら最後に誰が余るかな・・。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

残り2戦で順位はこうなった、どう戦う? [雑感]

でろでろでろでろでろ・・・・でろん!

年間順位は浦和勝ち点70、得失点差32、2位川崎69(29)、3位鹿島59(21)、4位大宮53(5)。

セカンドステージ順位は浦和37(22)、2位川崎31(11)、3位神戸29(11)。

セカンドステージ優勝は浦和は川崎のどちらかに絞られ、チャンピオンシップに出場してくるチームが増えなくて助かる。得失点差があるのでおそらく浦和に決まるだろう。

問題の年間順位の方も、3位鹿島は4位大宮との勝ち点差6で、並ばれる可能性はあるが、得失点差が16あり、普通に考えて追いつかれることはない。

万が一、次の川崎戦でボコられて急激に詰められでもしたら、最終節は亀の子になって引きこもることもありかと考える。

それにしてもファーストの貯金がここまで大きなものだったとは。そして、セカンドの凋落っぷりも目を見張るものがある。

監督交代は劇薬だがもはや手遅れなので推奨しないが、こうなったらこの順位差を活かして、やれるべきことをやってみればと思う。

たとえば、の話。

残り2戦は川崎と神戸で、川崎はチャンピオンシップで対戦予定(川崎が年間優勝したら相手は浦和だが)、神戸は天皇杯で対戦予定。

レギュラーを下げて手の内を温存し、「こいつら弱ぇーな」と思わせるくらい油断させるというのは?

まあ、そういう手段が許されるかどうか(ベストメンバー規定はもうなかったっけ)わからないが、いわゆる肉を切らせて骨を断つという作戦。年間順位も2位を狙えなくなったことだし、先の2戦に照準を定めて戦うのも手だと思う。

もっとも、普通にやって「弱ぇー!」ってなる可能性も凄く高いのだが。

ともかく、だらだらとやってだらだらと負けるより、一発ここぞという意地を見せて貰いたいものだ。

残り2戦を勝って、チャンピオンシップと天皇杯で負けるという逆パターンは避けて頂きたい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

ちょっとだけFC東京(アウェー)戦を振り返る [雑感]

強くなる者というのは負けた試合から何かしら学ぶものだが、これほど同じやられ方をしているのも悲しい話。

試合後のインタビューで石井は「先に点を取られたのが痛かった」と振り返っていたが、FC東京が頭からプレスをかけてくることは、スカウティングがちゃんとしていれば予想出来たことで、失策と言えば失策。

素人がテレビ越しでもわかるくらいにDFラインがバラバラで、1本目の河野のシュートは曽ヶ端が防いだが、あの時点でもっと気を引き締めるべきだった。

ピッチに小笠原がいればそれが出来たのかもしれないが、リーダー不在のまま何となくプレーしている感じであり、その流れのままやられた。

昌子が「バラバラだった」とコメントしていたが、まさに今のチーム状態そのもの。タイに行って少しはマシになるのかと思いきや、「中断明けは動きが悪い」という鹿島あるあるを実践しただけで、いいところがひとつもなし。

パスも全然つながらなかったし、連携も取れておらず、各自が右往左往していただけの印象。

どこから手をつけていいのかもうさっぱりわからないが、相性だけで勝てていたFC東京に完敗だったのは不思議でもなんでもない。

まずは当たり前だが気持ち。球際で弱いし、動けてもいない。ボールに対する執着心が鈴木しか持っていない。あの金崎でさえ淡泊に見えるのだから、うまくいっていないのだなと思う。

来年のことはさておき、今年は小笠原に全部丸投げでやって貰うしかないかなあと、そう思い知らされる負け方だったように感じられた。

で、昌子がガンバにロックオンされたとか・・。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

鹿島が神戸のペドロ・ジュニオールに正式オファーとか [雑感]

初耳だったのだが、鹿島は神戸のペドロ・ジュニオール(29)に正式オファーを出しているそうで、移籍が濃厚らしい。

昨年のブエノといい、鹿島とのホットラインが開通したのだろうか?

報道で「濃厚」とある時はたいがい決まるし、一応、これで来季の攻撃陣の補強は一歩目処が立ったということか。

枠の問題は拡大されていて問題なさそうだし、資金もファブリシオ(勝手に解雇予定)でどれだけぼられたか知らないが、カイオのぶんが残っているはずで、なんとかやりくり出来るだろう。

とはいえ、金崎のこのところの不調具合を観ていると、気持ちが入っていないのか、来季も石井が続投となれば移籍してしまうように思う。土居も輝きが消えてしまっているし。

赤崎は個人的には期待がかけられず、本人のためにも移籍した方がいいと思っているので勘定には入っておらず、だとすればちょっとばかり足りなくなる計算。

豊川が戻って来てくれれば形は整いそうだが、まだまだ色々と補強の必要はありそうだ。

一番の補強は監督の交代だという話もあるのだが・・。

ところでファンソッコはどうするつもりなんだろう。アジア枠とはいえ、今はオーストラリアの選手を使う方がメリットがあるし、お値段もお高め、年齢的なものもある。ブエノを残すならば退団という方向性だと思うのだが、だとすれば試合記事にも書いたように、今使う必要があるかどうか。このへんが不透明。

今年は11月3日にリーグが終わるということで、補強の話も早めに出ている。鹿島は柴崎の移籍話がすっかり聞かなくなり、金崎以外はそんなに心配はないし、獲られる外国人もいないので(いませんよね)気にならないが、引き抜かれる方はヤキモキするシーズンになったかな。

浦和は新潟のラファエル・シルバが決定的だそうだが、ズラタンどうすんだ? なんともまあ贅沢なクラブだなと改めて思うなあ。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

2016(2)第15節FC東京(アウェー)戦 [リーグ]

内容も充実させて勝って欲しいだなんて、とんでもない高望みだった。想像以上の完敗。

カイオが抜けて以降、まともに戦えた記憶がなく、自分のブログで調べたところ、スコア上では完勝の試合はいくつかあるが、中身まで伴って勝ったのは4-2で勝った広島戦くらい。それにしたってたまたま点を取ったタイミングが良かっただけ、と自分で書いており、押し切って勝ったものではない。

もはやツッコミどころが多過ぎて、何から言えばいいのやら。

印象に残った順に書いていくとして、まずはファブリシオが酷い。

スタメン抜擢で、ならばタイで連携を深めたのかと思いきやそんなこともなく、位置取りも中途半端だし、キレも悪い。

特に酷いと思ったのはボールへの執着心で、一回かわされるともう追うのをやめてしまう。相手は一回切り返せば済むのだからこれほど楽なことはない。

失点シーンもハイッて小学生ばりに元気良く手を挙げていたが、勝手にオフサイドと判断したのか河野についていかず。何を思っての起用だったのか、そもそもこんな外れをよく掴まされたな。よほどジネイに頭を下げて再契約して貰った方が良かった。おそらく金銭的にも。

ファブリシオの愚痴を続ければ記事が長くなるので切るとして、休み明けの遠藤もたいがいだった。ボールがまったく収まらず、動きも悪い。この2人が同時スタメンなら、FC東京にゲームを支配されるのも当たり前。

スタッフは選手のフィジカルコンディションをどこまで把握出来ているのか。

コンタクトに対してファウルを取らない榎本主審のジャッジにも鹿島側は対応し切れず、土居も簡単に倒されてはボールを奪われた。失点シーンは多分土居(もしくは金崎)がボールを取られたところから始まっており、そこは仕方ないと割り切るにしても、だったら次からはもっと強く当たりに行ってもいい。

土居は判断も遅く、収まりも悪く、トップに推していたのが恥ずかしくなるくらいの出来栄えで、赤崎だったとしても変わらなかったろうが、どうにもならなかった。

柴崎、永木のボランチコンビは相変わらずゲームを作ることが出来ず、永木はこねているうちに寄せられて取られる場面が目立ち、小笠原の存在がここに来て大きくなっている。いつになったら世代交代出来るのか。

そして、曽ヶ端。1失点目は河野の技ありとも言えるが、2失点目はあのくらいのボールはファンブルせずに抑え込んで欲しい。キャッチ出来ないことはずっと前からこのブログでは書いており、そろそろ交代すべき時期。

エリア外でのショルダータックルはイエローで済んだが、どうせ負けるならむしろ一発レッドになっていて欲しかったと思うくらい。それで負けたら石井も上手に言い訳が出来ただろうに。

おそらくこのDFラインなら櫛引が出たとして失点は増える一方かもしれないが、来年も櫛引を在籍させるつもりがあるならば使ってもいい。

にしてもDFラインはゲーム開始からバラバラで気になっていたが、ファンソッコにこだわる理由は何か。外国籍選手でブエノとの競争、来季の契約のことまで考えると、これなら結果が出なかったとしても植田を使う方が納得出来る。

金崎の調子の悪さも何気に響いていて、ファーストステージの頃の迫力がなくなっている。苛々している姿も良く見かけられ、今、鹿島で一番活きがあるのは鈴木くらいではなかろうか。

いったいこの中断期間中に何をやっていたのかわからないが、とりあえず保険で祈っていたのが効き、他のゲームが都合良く終わってくれ、セカンドステージ優勝は浦和か川崎。年間順位も4位大宮とは勝ち点差6だが、得失点差が16あり、さすがに八百長レベルで決着しない限り抜かれることはなく、ほぼ3位で当確。

今年はこのくらいで満足すべき、と割り切る頃合いだろうかな。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2016(2)第15節10/22(土)】(味の素スタジアム14:04KickOff鹿島/37,317人/曇)
【スコア】FC東京 2-1 鹿島 (前1-0 後1-1) (S 11-7)
【主審】榎本一慶(主審)、金井清一、蒲澤淳一
【得点】
(F)前14分 中島→河野 5左
(F)後39分 前田 6右
(鹿)後45+1分 鈴木↑山本 3H
【警告】
(鹿曽ヶ端1(前19分)、ファンソッコ2(後4分)
(F)梶山2(後分)
【出場】
GK 曽ヶ端
DF 伊東 ファンソッコ 昌子 山本
MF 柴崎 c永木 遠藤→46鈴木 ファブリシオ→63中村
FW 金崎 土居→81小笠原
【サブ】櫛引 西 植田 中村 鈴木 小笠原 赤崎
【監督】石井正忠
【MyMVP】-

共通テーマ:スポーツ

リーグ再開、アウェーFC東京戦展望 [雑感]

プチ中断明け、リーグが再開する。

自力で年間3位を確定させるには、残り3節、FC東京戦が一番可能性が高いと思っており、もしも負けてしまった場合、速やかにお祈りの準備に入る。

セカンドステージの方はルヴァン杯優勝で勢いに乗る浦和が獲ってくれると思っているが、案外、お調子者が多いので、気が抜けて神戸などに逆転されないように注意されたし。

もっとも、そうやって浦和が勝つと年間優勝が完全に消え去り、そこはチャンピオンシップで逆転する他なくなるが。

抜けるとすれば意外と川崎が落ちて来れば逆転2位があるかもだが、チャンピオンシップで逆転するシナリオなら2位と3位はそこまで差はないか。(ただし、セカンドステージ優勝が年間順位1~3位チームに限る)。

というわけで、FC東京戦。怪我人はほぼ戻って来るとのことで、ここでちゃんと戦えないようではこの先が思いやられる。そういう意味でも内容も充実させて勝ちたい。

スタメンは曽ヶ端、西、昌子、植田、山本、小笠原、柴崎、遠藤、鈴木、土居、金崎という感じなのかな。もしくは中村を入れて鈴木をサブに回すか。少なくとも噛み合っていない赤崎よりも、金崎との相性を考えれば土居を前に出すのがいいと思われる。

柴崎の2列目はいい案だと思っていたが、数戦を観た感じではなんだかうまくいってなかったようで、ゲーム途中からだとうまくやれているのに何か違いがあるのだろうか。メンバーが揃っているなら、とりあえず本職のボランチでスタメンが無難だろう。

タレント揃いのFC東京は強豪だが、なんとなく相性のようなもので勝っている印象が強く、なんとかそういう感じで勝てないかなと本音では思っている。こそっとな。いや、ぽろっとな。

他の対戦は、仙台・神戸で仙台勝ち、川崎・広島で広島勝ち、柏・鳥栖で鳥栖が引き分け以上、マリノス・ガンバでマリノス引き分け以上が一番美味しい仕上がり具合。

新潟・浦和は、他の結果次第では重要度が低く、一応浦和が勝ってくれてセカンドステージ優勝確定でもいいよという感じ、あるいは3連敗してくれるなら鹿島も奇跡的な逆転優勝可能だが、そこまでは都合が良すぎるだろう。

ともかく鹿島はまず勝つこと。怪我人が多くて・・という言い訳は通用しないので、内容もいいものを見せて貰いたい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

トリック・オア・トレード [雑感]

かぼちゃ祭りの時期が近づいて来た。自分らの時代にはなかった文化なので、良いも悪いもないが、なんでも取り入れる日本ならではという感じはする。本来はちゃんとした由来のあるものなのだが、まあ、周りに迷惑をかけなければいいんじゃないだろうか。

といっても、夜中にベルを鳴らされたら、お菓子じゃなくてゲンコツをプレゼントするけどな。そして、そんなことをすれば多分、逮捕されるのこっちという理不尽さ。

若い頃に定着していたら、さて乗っかっていたかどうか微妙なところ。なにせ、高校の文化祭の仮装大会で面倒になった結果、草野球チームのユニフォームを借り、胸のところにチーム名を入れて「メジャーリーガー」と言い張ったくらいなもので。バットすら持ってなかった。

ただ、20歳過ぎた頃には遊び倒していた時期もあり、その時代だったらハマってたかもなあ。

なんでしたっけ。トリック・オア・トレード!

赤崎と大迫を交換して下さい。

あ、願い事は3つまででしたか? 曽ヶ端とシュミットもチェンジでいいですか? 

すいません、ちょっと冗談にならなかったかもしれない。

もともとサッカーでトレードは聞いたことがないが、最近はプロ野球でもあんまり聞かなくなった。選手の気持ちを考えると、メリットの少ない制度なのだろうか。個人的には活躍出来る可能性が広がり、逆にチャンスとも思うのだが。

サッカーはまだシーズンが続くので、こういう移籍話なんかはもうちょっと先の話だが、アピールしないとマズい人もいるだろうし、是非とも底力を見せて貰いたい。

あと、少し話が古くなるが、川崎の風間監督が今季で退任するとか。どこかの誰かと違って潔い引き際かと。

就任した頃は、息子を獲得してレギュラー扱いで使うなど、どうなの?という面もあったが、縦に速く、攻撃こそ最大の防御・・とは言ってないが、ポゼッションを100パーセントにするとか言っていた。

大きく出たなとは思っていたが、今の川崎の強さを見れば、あながち間違ってはおらず、目指していたサッカーを完成させたということだろう。まあ、タイトル獲得の邪魔はさせて貰うけども。

このくらい明確な意思が感じられると、辛い時期を観ていても耐えられるかもしれないのだがなあ、と思ったりした退任報道であった。

浦和のルヴァン杯優勝と、PK戦の感想も書く予定だったが無駄話のおかげで(そして改稿もしない)はしょる。

ざっくり言うと今野が真ん中に決めた後、西川は重心を真ん中に置いて対応するようにしており、左右に蹴らないと止められそうと観ていたのだが、結果的に呉屋が真ん中に蹴ってセーブされた。

翌日の新聞には西川は今野以降、中央をケアしていたと言っており、狙い通りだったということだ。5本のうち1本でも止めれればキーパーの勝ちとも言えるPK戦。西川の読みが勝ったということだろう。

にしても鹿島の選手と違って、しっかり枠に蹴り込みますな。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

賞金の他もろもろ決まったことや、ACL3枠+1現状維持出来るか [雑感]

【賞金の他】

賞金の他にも色々と決まったことがあって、このへんはもう他のブロガーさんが取り上げていらっしゃるので手短に。

1ステージ制の復活、夏場の中断期間にサマーブレークを導入、外国籍選手登録枠の拡大(5人になるようだが、出場選手登録の方は未定)、東京五輪世代の出場枠確保、降格クラブへの配分金など。

1ステージ制の復活は前から賛成だし、サマーブレークは秋春制に反対なので良かったと言える。

外国籍選手については詳細を待つが、3+1の現行制度でも持て余している鹿島には、あまりおいしくない話かもしれない。微妙な外国籍選手を一杯掴まされそうで・・。ガンバとか柏が上手に活用しそうな気配。

東京五輪世代の出場枠確保というのは、具体的になんなのかはまだわからない。まさか強制的に起用せよ、というわけでもないだろう。こちらも詳細を待つ。


【ACL3枠+1の現状維持・・とあったがまだ決まっていないみたい】

日本の来季のACLの出場枠が3枠+1の現状維持になることが、ほぼ決まったとこの前にあったが、どうやら11月の代表もポイントに含まれるとか。

あやうく本戦2、PO1、予選2回戦から1に格下げされるところを、枠はA代表の成績も加算されるため、この間のロシアW杯予選でクリアしたかと思いきや、11月のポイントも加算されると、僅差の中国やオーストラリアに抜かれてしまう可能性もある。

W杯出場も勿論だが、2連勝してくれないとサッカー人気も含めて色々大変だ。

ともあれ、ACLはそろそろ本当に頑張らないと、心配が現実のものになってしまう。鹿島も早々に負けてしまうので大きなことは言えないが、出るのなら頑張りたい、頑張って欲しいと願っている。ACLのタイトルは鹿島の悲願でもあるしね。

まずは今季3位以上確保で権利を獲りつつ、本戦から出場出来るように、チャンピオンシップ決勝進出と、天皇杯を狙って貰いたい。


【代表のGK合宿に櫛引が参加】

17~19日に行われる代表候補による初のGK合宿に、櫛引が召集された。

鹿島では完全に出番をなくし、リオ五輪でも出場機会の減少からかプレーにも冴えがなく、初戦を大敗してからスタメンを外された。

石井体制では曽ヶ端が重用され、おそらく非常事態でもない限り、今季はこのまま出番はないだろう。少しでも経験を積めるならそれに越したことはない。

個人的には来年は、櫛引の方からレンタル解除を申し出るのではないかと思っているが、まだまだ若いのだし、腐らずにやって欲しいなと思っている。代表に選出されるくらいなので、力はあるはずなのだから。

鹿島でバリバリレギュラーを張ってくれると、それはそれで頼もしいのだが、まあ、そこらへんはなるようにしかならないかな。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ