So-net無料ブログ作成
検索選択

チャンピオンシップ決勝第一レグ、浦和(ホーム)戦 [試合]

大きなポイントがふたつ、小さなポイントが3つ。

後半、ようやく巡って来た土居のパスからドフリーの遠藤が、GKとの1対1を決められなかった場面。

西が興梠を倒してPK献上、失点。

攻守にひとつずつ大きなポイントがあり、攻撃面ではまたしても絶好機を決められず、守備面では厳しい判定が勝敗に直結した。

決められなかった遠藤は自業自得として、興梠が倒れた場面は、鹿島目線からすれば「うまく倒れた」というもので、西はそこまで強く当たりに行っていたわけでもなく、印象としてPKになったという感じがする。興梠から前に入って来て倒されたように見え、あれが通るならどんどん前に入ったらPK取れる。

浦和側は顔に当たりそうだった(というか当たった?)ハイキックや、金崎のドリブルからクロスを柏木が腕でブロックもスルーされ、そっちもPKで良かったんじゃないかという恨み節もあるが、どうも浦和戦はすっきりしない決着になる気がする。

小さなポイント3つは、前半浦和の唯一の決定機を曽ヶ端がビッグセーブで凌いだものの、それを攻撃につなげられなかった点。久々に出場した中村がさっぱりだった点。相変わらず事前のシュミレーション不足か、柴崎、ファブリシオの投入を含め、ベンチの動きが相当に遅かった点。

守備に不安のあるファブリシオに代わって中村という選択自体はアリだったと思うが、前半のパフォーマンスを見て、後半頭から柴崎を出さなかった理由が怪我明けという以外に思いつかない。

先に点を取られてからの対応もいつも通りに遅い。どうやったって点を取りに行くしかなく、失点直後にファブリシオを投入するくらいで良かったし、伊東を入れるまでの決断も遅い。どういうビジョンがあるのか、さっぱり伝わらない。失点するパターンは想定していなかったのだろうか。

土居も今の状態であそこまで信頼されているのが不思議で、見せ場は遠藤へのパスと、最後の方で難しい態勢からヘッドを打ったふたつしかなかった。前線からのプレスは効いていたのかもしれないが、ボールが収まることは一度としてなく、シュートを打てるタイミングで打てなかったのもいくつか。

チーム全体としてはアウェーゴールを奪われないことに意識が行き過ぎて、前半から消極的な戦いが続き、失点されてからもなかなか切り替えが出来なかった。正味、ラスト15分くらいしか戦った感じがしない。

それでも0-0で終えられたら問題なかったが、結果はアウェーゴールを取られての0-1負け。複数失点こそ免れたが、何ひとつ目標を達成出来なかったと言える。

次は2点以上取っての勝ちしか逆転優勝の目はなく、今日のような戦い方では浦和相手に1点も取れはしないだろう。

こうなればむしろ開き直って最初から攻撃的に行くしかない。どのみち1点は取られようが取られまいが関係なく、2-1で逆転、3-2でも逆転。

スタメンから植田を前線に入れてのパワーフレー、くらいに尖った戦い方をしないと活路はないと思っているが、さて、監督はどういうふうに受け止めているのだろう。結局は、「ウチはウチらしく、普段通りのサッカーを」とか言い出すように思うが。

ところでファンソッコが今日も順調にイエローを貰って、CS通算2枚目。次は出場停止になるのかと思っていたが、準決勝終了後に一旦リセットされるようで出場停止ではない模様。植田の使いどころを含めて、何か納得できるような策を考えて貰いたい。

にしてもPKとは・・。もやっとする結果になったな。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2016チャンピオンシップ決勝 11/29(火)】(カシマスタジアム19:25KickOff浦和/23,074人/曇)
【スコア】鹿島 0-1 浦和 (前0-0 後0-1) (S 11-5)
【主審】家本政明(主審)、越智新次、山口博司(追加審判)松尾一、荒木友輔
【得点】
(浦)後12分 PK阿部 1右
【警告】
(鹿)ファンソッコ(前26分)、金1(前40分)
(浦)阿部(後8分)、宇賀神(後45+5分)
【出場】
GK 曽ヶ端
DF 西 ファンソッコ 昌子 山本
MF 永木 c小笠原→89伊東 遠藤→80ファブリシオ 中村→62柴崎
FW 金崎 土居
【サブ】櫛引 植田 伊東 柴崎 三竿 ファブリシオ 赤崎
【監督】石井正忠
【MyMVP】-

共通テーマ:スポーツ

チャンピオンシップ決勝第一レグ、浦和(ホーム)戦、展望 [雑感]

明日はチャンピオンシップ決勝第1レグがホームにて行われる。

展望といってもこの間の記事でだいたい書いてしまったので特にないが、柴崎が使える目処が立ったらしいというあたりが追加項目。

基本的に勝った次の試合はスタメンをいじらないのがセオリーでもあり、慎重派の石井が大胆な仕掛けをするとも思えない。ベンチ入りも柴崎が入って中村か赤崎のどちらかが外れるというのが基本線だろう。前にも書いたが三竿が外されるとなれば、編成上の理由であっても納得しがたいものがある。

スタメンは調子の悪かった土居のところが、脱臼明けの鈴木との比較になるくらい。柴崎はゲーム途中からになる気がする。

個人的には目標が1-0の試合で、悪くても0-0。これをベースにすれば、最初からボランチに小笠原、三竿、永木と入れ、2列目に遠藤、柴崎、ワントップ金崎という4-3-2-1という思い切った作戦を取ってもいいと思うが、失敗した時の非難は相当なものだろうし、やらないはず。

むしろ、勝った勢いとゲーム感覚がいい感じで詰まっている恩恵を活かして、攻めて出る方がいい結果になるかもしれない。

浦和の変則的なフォーメーションは、それに対応しようといじれば術中にハマることもあるし、うまく対策すれば攻略可能という旨味もあるし、どちらを選ぶかは難しい。

ゲーム途中からでも選手をどんどん入れ替えて攻めてくるので、いくつかあるバリエーションを、それぞれ入念にシュミレーションしておいて欲しい。交代されてからホワイトボードで議論とかは遅いから。

前回は交代で入った李にいいようにやられたあげくに、曽ヶ端のぼろりで決着が着いてしまったが、その反省を踏まえて李の対応をどうするかはあらかじめ練っておいて貰いたい。

結局のところ川崎戦のように守備で体を張りながら、チャンスを伺って慎重に攻めるという路線になるのだろうが、ファブリシオが浦和のサイド攻撃についていけるかな・・。考えるほどに3ボランチが有効な気がしてしまうので、あまりこのへんは考えないようにしよう。

相手キーパーは日本代表の西川。そう簡単に得点出来ないだろうし、まずは数多くシュートを打つこと。コースが変わってゴールが生まれることもあるのだし、とにかく打たないと始まらない。

これで決勝も勝ち上がったら優勝になり、クラブワールドカップも出場になるんだね。そうなったら諸々と議論というか激論になるだろうが、それはそれ、これはこれという小笠原の名言もある。割り切って戦おう。

あとはやっぱり審判。なんとなく荒れたゲームになる(原因のひとつはフォレスト関連)ことが多く、誤審も多々あるので、冷静に捌いて欲しい。追加審判がいるから、興梠のオフサイドゴールみたいなことはないだろうと思っている。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

J1昇格プレーオフ [雑感]

J2のJ1昇格プレーオフも始まる。3位松本山雅、4位セレッソ大阪、5位京都サンガ、6位岡山。

個人的には地元の京都か近場のセレッソ、悪くても岡山までなら観光がてらに行ける範囲で、確率で言えば4分の3で「当たり」みたいなもの(松本がどうこうではなく単に距離的なもの)だが、さて、どうなるだろう。

そろそろ京都には上がって来て欲しいのだが、こういう場面で勝ち切る強さはない感じがして、予想ではセレッソと松本が順位通り順当に直接対決になるかなあ。

そう言えば最近、京都サンガの新スタジアムの情報を仕入れてなかったな、と調べてみたら、アユモドキ勢力が勝ったみたいで、駅前への移転が決まったらしい。8月くらいの記事を見つけたが、土地買収の見込みが立ち、来年の秋には買収が完了するとか。

・・ということはそれから工事で、まだまだ先になるようだ。前にも書いたが、もともと3つあった候補のうち亀岡に決まった経緯は、一番値段が安かったからというのもあったのに、今やアユモドキ問題で出費はかさむ一方だし、工期も相当遅れている。本当ならもう既に完成してなくてはおかしい話なのに、ちゃんと議論したのだろうかね。

もっとも、それに合わせるようにサンガもJ2に留まっているのだから、結局最後は帳尻が合うのか?

早くサンガが上がって来て、新スタジアムで鹿島戦を観たいなあと思っていて今更ながらに気づいたのだが、そう言えば名古屋が降格だった。

ガンバ、神戸、セレッソといった近場以外に、日帰りで行ける範囲にある貴重な屋根つきスタジアム(ところにより雨漏り)のクラブだったのに、一度も行かないまま落ちてしまった。

瑞穂は行ったことがあるが、それだったらもっとまじめに参戦を検討しておけば良かった。徳島も行く予定だったが、あの時は病気の悪化で行けなくなり、もう一度J1に戻って来る気配は今のところなく・・。

一期一会とは少し違うが、思い立ったが吉日とでもいうのか、行ける時に行っとかないとという話だね。

昇格プレーオフは引き分けなら順位上位が勝ち上がりルールの一発勝負。下にいるクラブの方が攻めなければ活路が開けず、上のクラブが有利なのは確かだが迷いが生じる可能性もあり、そのへんの駆け引きも観どころか。

京都が勝ち上がったら決勝も観るかなあ。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

試合内容についてはツッコまない方向で [雑感]

チャンピオンシップ準決勝で川崎に1-0で勝利した鹿島だが、内容は良かったとはいえない。

とはいえ、圧倒して勝っても、苦しみながらの辛勝であっても勝ち上がりは変わらない。今、大事なのは終わってみれば勝っていた、という結果。

思えば、ファーストステージを優勝した時も、こういう試合が多かった。あの時は昌子と植田が神がかっていたが、ボランチを含め、全員でずっと我慢の連続で耐えて来た。

原点回帰という気分ではないが、今季の鹿島が勝つためには守備で集中を切らさない、という当たり前のことが出来てなければいけないということを、改めて感じた。体を張るって大事。ボールはトモダチ。

ちなみにセカンドステージであれだけ守備が崩壊したイメージがあるが、トータルで見れば浦和の28失点に次ぐ34失点でリーグ2位。堅守、とまでは言えないが、そう簡単には崩されない力もあることを再証明した。まあ、川崎の主力に怪我人がいたというのも大きかっただろうが。

攻撃に関してはシュートを打てるタイミングでも慎重に行ったり、そうやって作った決定機を外したり、そもそも攻撃が組み立てられなかったり。金崎の得点はよくあの場面で決まったな、という驚きの方が大きく、過度な期待は寄せられない。

ファブリシオが突然覚醒するか、土居がこの短期間でピーク時までのコンディションに復帰するかあれば別だが、上向きの材料と言えば、得点を挙げた金崎が調子を取り戻す、みたいなことしかない。

鈴木が戻れば少なくとも土居よりはマシになるとは思うが、脱臼ってそんなに簡単に治るものでもなさそうだし、基本的にはひたすら耐え抜くという、そういう方向性になるだろう。

川崎戦ではカウンター狙いの赤崎、三竿を入れて右サイドの守備に永木を当てる、パワープレー対策に植田投入と、タイミングこそやや遅い感じがしたものの、わりと実用的な采配を見せた石井。

次も同じようにはいかないと思うし、負けている時に光る采配を見せた覚えがごくわずかしかなく、依然として先制点頼みではあるが、守備に回った時の采配ならまだなんとかなるのかなあという気もする。慎重過ぎて、致命的な遅れを喰らいそうな雰囲気はいつも満々だが。

ところで、三竿がここに来ていいプレーぶりを見せ、もっと早くから使って欲しかったなという思いもあるが(三竿のことは評価している)、永木もいいプレーを見せ、柴崎が実戦で使える状態なら、どういう使い方をするのだろう。三竿の立場なら、玉つきでベンチ外になればたまったものではない。

そう考えるとレオ・シルバはやはり要らないように思うが、来年は来年で三竿や永木が残るかも不明だし、小笠原が今年の調子を維持出来るも不明で、そこのところは別の話か。

話を戻してチャンピオンシップ。内容は微妙なままだが、勝って勢いに乗り、試合間隔の空いた浦和を叩けるチャンスでもある。ホームアンドアウェーのホームで失点はしたくないという思いもあり、戦い方は難しくなるだろうが、そこのところは試合前に意思統一しておいた方がいいだろう。

本当ならまず0-0の試合を目標に戦うべきなのだろうが、失点リーグ1位の浦和相手にアウェーで得点出来るイメージが沸かず、2試合ともスコアレスドローなら年間順位のアドバンテージで浦和の優勝なので、ホームで得点をしておきたい。

となれば1-0で勝つのが理想形で、川崎戦と同じような感じになるのかなあと思う。

リーグ終盤4連敗を喫したが、肉を切らせて骨を断つ作戦で天皇杯神戸、チャンピオンシップ川崎と撃破。浦和には、曽ヶ端ぽろぽろ作戦を随分前に仕掛けておいたので、あの敗戦が活きるといいなあ。

主審も大事で、ひとつは西村主審になるだろうが、もうひとつの方は誰になるのだろう。荒れた試合にならないような審判を求む。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

来季ACLは本戦出場からになると思う [雑感]

いつも推定形でしか書いていないのには2つ不安があってのことで、

以前、うっすらとした記憶でACLの優先順位は、1番目がJリーグチャンピオン、2番目が天皇杯のチャンピオン、以下リーグ2位、3位、補欠4位だったとあり、検索してみたところ、

「来季ACLの出場枠は2+2?リーグ2位はプレーオフから出場も」と、こういう記事があった。ここからルール変更があったかが定かではないのだが、この記事の通りなら、もしも来季の枠が2+2だと、現時点では鹿島はCSの決勝出場で2位以上が確定なものの、順位的には3番目になって予選回り。

一応、この前の代表戦で日本が勝ったから枠は3+1を守れたはず、という認識でCSの準決勝はそのぶんもコミで応援していた。

最新のFIFAランキングでは日本の順位が上がったとのことだったので、まだ3+1確定のニュースは見た覚えがないが(どこかで発表されたかもだが)、多分大丈夫だろうとは思っている。発表されればひとつめの不安が取り除かれる。

ふたつめの不安は、2ステージ制の今季はCSによって上位の順位が決まるとあり、鹿島はその恩恵を受けてワンランクアップして2位以上が確定となっている。

ただ、これにACLの権利が準じるかどうかの記述を見た記憶がなく、「順位は順位だけど、ACLの権利は勝ち点順だから」と言われてしまえば、まあ、それもアリかなあと思ってしまうだけに、ここがふたつめの不安。

これはCSで浦和を破った場合も同じことで、一番確実で安心出来るのは天皇杯を優勝してしまうことなのだが。

ACLの本戦出場権は、ACLで戦えることは勿論のこと、ルヴァン杯や天皇杯のシード権がかなりオトクだと、自分はそこに魅力を感じているもので。

来季からは2ステージから1ステージに戻るので、こういうややこしい感じにはならないが、枠自体は依然として脅かされており、出るからには勿論優勝が目標だが、最低限少しでも勝ち点を取って、日本の代表として頑張って欲しいと思う。・・と気が早い話だな。

ちなみに出場権に関しては個人的な意見として、優先順位はJリーグチャンピオン、天皇杯チャンピオン、ルヴァン杯チャンピオン、リーグ2位、補欠3位にした方が、3+1の場合にルヴァン杯チャンピオンが次の年の同大会シード権を貰えるので、妥当なところだと思っている。

そうなるとリーグ3位以下の争いでモチベーションが下がる、というのなら、いっそのこと2~4位で出場権を賭けたプレーオフをすることにすれば興業的にもアリかと思うし、どうだろう。アドバイザーのホリエモンさん、この案を半額の25000円で買い取りませんか?

というわけで(なにが?)、CSは賞金額アップとクラブワールドカップ出場権(だよね?)を賭けて、天皇杯は天皇杯のためと本当のACL本戦出場権のために、是非、奮起して貰いたい。

試合の追記感想が後回しになっちゃった。(明日以降にでも時間があれば)。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

チャンピオンシップ準決勝、川崎戦 [試合]

なんとか先制してその1点を守り切っての勝利。勝つにはこれしかないと思っていたが、先制後も粘り強く守って勝利を収めることが出来た。

終盤、川崎がパワープレー1本で来てくれたおかげで、逆に守り易くなった気がする。短いパスをつながれて背後へのパスを混ぜられていた時間帯が一番危なかった。

鹿島の先制点は待望の金崎。スローインが起点となり、左サイドから山本の低いクロスを、頭から飛び込んで逆サイドへ流し込んだ。

前半、解説(TBS)が言っていたように、ボールを持っても迫力がなく、DFを引きはがせない姿に、まだ今日も無理かーと半ば諦めていたが、ここぞで真価を発揮してくれた。

久々のゴールで少しは気持ちも戻った様子で、続けて積極的にシュートを放つなど良くなる気配があった。ただ、最後、もう1本決定機を決め切れなかったのが復調なかばという感じ。

一方、途中出場でキーパーと1対1の決定機を防がれた赤崎。あれを決められないとは・・。前々から思っていたが、足元がうまくないのが致命的。大きなドリブルでボールから離れたところを詰められて防がれたもので、相手もうまかったが、周りに相手選手もおらず、決めなければいけない場面。

とはいえ、スタメンの土居もまだまだ絶好調期には及ばず、キレもないしボールの収まりも悪い。パスミスも多く、味方の時間を作って欲しい時間帯を収められず、苦しい展開にした。ファーストステージの良かった頃は簡単にDFを振り切ってシュートまで持ち込めたのだが。

前節右肩脱臼の鈴木がとりあえずベンチに戻ったが、現状、このメンバーでやりくりするしかない。ファブリシオもまずまず連携を取れるようになって来て、なんとか形になっている。ワンタッチで相手DFをかわしてのワンツーなども決まったいた。

しかし、攻撃こそが生命線のわりに迫力がなく、単独でなんとか出来そうな気配はなく、まあ、今年残り一杯頑張ってくれればなという感じか。

交代策に関しては失礼ながら珍しく作戦が的中し、早めに三竿を入れての守備のテコ入れ、遠藤を下げて前からプレッシャーをかける赤崎(決められなかったが)、パワープレー対策としての植田投入。どれも効果的だった。

もっとも、こういうのは勝ったからこそそう思うのだろうが、成長したのだろうか。

それにしても試合後のインタビューで金崎が「石井さん」と何回も言っていたが、あの騒動で心を痛めていたのは、想像以上に金崎もだったかもしれない。今日のゴールはチームのためでもあり、本人のためにも助かる1点だった。

守備も小笠原を中心として、曽ヶ端のファインセーブもあり(キックは相変わらず)、何回か危ない場面はあったものの、川崎相手ならこのくらいのピンチは想定内で、よくこらえたと思う。よくわからないアディショナルタイム5分にも負けなかった。

内容的には相手を圧倒したわけではないが、結果としての勝利。これが重要。決勝進出を果たし、めでたく来季ACLの本戦出場権を獲得(のはず)。賞金額もアップ。

決勝のルールはホームアンドアウェー方式(鹿島が先にホーム)で、勝利数が多い方が勝ち、次いで得失点差、アウェーゴールの差、そこまで同じなら年間首位の浦和が勝利とのこと。準決勝ほどの大きなアドバンテージを感じないが、最後の局面で同点の場合はやはり向こうが有利。

ホームを守って失点しない方法か、勝ちを取りに行くか、そのへんはこれから考えるだろうが、勢いがついたと勝手に思うことにして、せっかくなので「優勝」して貰いたい。

今度はお互い大きな会場なので、チケットが足りなくなることはないのかな?

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2016チャンピオンシップ準決勝 11/23(水・祝)】(等々力陸上競技場14:00KickOff鹿島/24,209人/曇)
【スコア】川崎 0-1 鹿島 (前0-0 後0-1) (S 11-10)
【主審】村上伸次(主審)、八木あかね、五十嵐泰之(追加審判)扇谷健司、福島孝一郎
【得点】
(鹿)後05分 山本↑金崎 1H
【警告】
(鹿)ファンソッコ1(前30分)、西1(後40分)
(川)エドゥアルド・ネット1(前44分)、エドゥアルド1(後45+4分)
【出場】
GK 曽ヶ端
DF 西 ファンソッコ 昌子 山本
MF 永木 c小笠原→90+1植田 遠藤→88赤崎 ファブリシオ→75三竿
FW 金崎 土居
【サブ】櫛引 植田 伊東 中村 三竿 鈴木 赤崎
【監督】石井正忠
【MyMVP】金崎

共通テーマ:スポーツ

早いけどチャンピオンシップ川崎戦、展望 [雑感]

2ステージ制の恩恵を最大限受けられるチャンスがある鹿島。

とりあえず川崎戦を勝てば「年間2位以上」が確定となり、来季ACLの本戦からの出場権を獲得し、賞金額もアップ(のはず)。レオ・シルバでコスパの悪い無駄使いをしそうな気配のある来季だけに、少しでも運営資金を得ておきたい。

ルールは川崎のホーム戦となり、引き分けなら川崎の勝ち上がりなので、鹿島は勝つ以外にない。非常にシンプル。

4連敗フィニッシュでリーグ終えた後、天皇杯でひと息つき、そこからしばらく調整期間もあったことだし、最悪の状態は脱していると勝手に思っている。

川崎の方も絶好調期を過ぎたと見ており、天皇杯で浦和との戦いを制したとはいえ、どうにも手がつけられなかった頃とは違うと見る。

ただ、正GKが復帰した川崎は引き分けでもオッケーな以上、鹿島の方が分が悪いのは変わりない。

1番人気の予想で申し訳ないが、先制点を取れば勝つ、取られれば負ける、というのが順当なところ。先に点を取られてから逆転出来たなら、素直にごめんなさいだが、その展開はないと思う。

というわけで何がなんでも先制点。

あまり得点のイメージが湧かないが、まずはシュートを打つこと。精度もないので、数撃ってなんとかするしかないだろう。川崎戦ではジャッジで貸しがひとつあったはずなので、それも返してくれればいいなと思っている。

スタメンは怪我人次第だろうが、曽ヶ端、西、ファンソッコ、昌子、山本、小笠原、永木、ファブリシオ、遠藤、土居、金崎かと。柴崎の復帰が遅れているとのことだが、わざわざここでサプライズを用意しても仕方ないので、普通に永木だろう。

鈴木も天皇杯での怪我次第だが、土居の調子が戻っているならこちらを使うと思われる。ファブリシオに関しては前回たまたまうまくいっただけという印象は今でもあり、攻撃の速い川崎に守備面で振り回されるイメージしかない。

それでもメンバー的に目を瞑るしかないようなので、永木のカバー力に期待。カバーりょくって書いたが、字面だけ見ると「カバーカ」って見えて、なんかの必殺技みたいだな。

ともかく、なんでもいいので攻めて勝ちにいくこと。その姿勢だけは見せて欲しい。

ところで、チケットは転売が大手を振ってまかり通っているようだが、立派なダフ行為であり、いい加減取り締まる方向で動いて欲しいもの。基本は完全転売禁止、買う時に身分登録して、事情があって行けなくなった時は諦めて貰う。アーティストではそういう方向でやっている人もいるとか。

百歩譲るとして、定価以上での転売は禁止という方向だが、それだと「抱き合わせ転売」で、「チケットの他にグッズを買ってくれた方に優先的にお譲りします」とか言って、しょうもないシールとかに何万円とか値をつけるとかするのだろうなと思うと、定価以上という縛りは意味ないかもしれない。(以前に書いたかもしれない)。

チケットは本当に行きたい人が買えるべきだ、というのが当たり前のことだと思う。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

代表戦、補強の噂など [雑感]

W杯予選サウジアラビア戦(ホーム)を、ジャッジの味方もあって2-1で勝利。初戦を落としたものの、半分を終わって2位と少し盛り返した。

ただ、この先はアウェー3つ、ホームが2つと、まったく余裕のない状況で、ひとつでも落とせば厳しくなる。選手選考も含め、難しい運用になるだろう。

サウジアラビア戦のMVPは原口。あれだけ上下に走り回てるのは凄いとしか言いようがないが、逆に言えば不在の時にどうするのか悩みどころでもある。

ワントップでスタメンの大迫は存在感を示し、レギュラーを獲得したとみていいだろう。ボールの収め方もうまく、引き出し方もうまい。最後まで運動量が落ちなかったのも大きい。

久保との連携ではお互いにひとつずつチャンスを潰し合う形となり、個人的には久保がもう少し周りを見て欲しいと思ったが、久保は各世代でのエースであり、そういう部分はまだこれからなのかとも思う。

本田は途中出場のわりに歩いている時間も多く、やはりクラブでの出場機会の減少が響いている。香川とともによく外す決断が出来たなと思うが、それでも途中から使う辺りはマスコミへの配慮か。

ちなみに香川の原口へのヒールパスは狙ってのもの?

最後1点返されて薄氷の勝利だったが、完封していれば得失点差で首位だっただけに勿体ない失点だった。このあたりは本田の起用がどうだったのかという点もある。

ともかく勝てたことは良かったし、ACLの出場枠も3+1で確定したとのこと。もっとも、鹿島がこのまま3位で終わって天皇杯も獲れなかったら予選からの出場となる(川崎が天皇杯優勝した場合の繰り上げを除く)。チャンピオンシップで勝ち上がるか、天皇杯を獲るか、どっちかを決めて、来季のスタートをちょっとでも楽にしたい。

補強の噂もちらほらと出ているようだが、ペドロ・ジュニオールの他、新潟のレオ・シルバにも手を伸ばしているとか。

レオ・シルバに関してはこれ以上ボランチを獲ってどうするつもりなのかと思うので、シモビッチあたりを獲得して終盤のパワープレーとACL対策を取っておきたい。

別にシモビッチでなくても構わないが、高さと強さのあるFWを1枚持っておかないと、来年も苦労するのは目に見えているもので。

サイドバックの手薄さとGK問題も依然として未解決のままで、まず先にそっちをどうにかして欲しいとも思っている。

(注:更新はちょっと間が空くかもしれません)

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

天皇杯の追記をしようと思ったがそんなになかった [雑感]

天皇杯の追記をしようと思っていたが、詰め込んで書いた割にはだいたい言いたいことを言っていた。

他に言うなら、監督の能力がいつまで経っても上がらないのはどういうことなんだろうというところ。

前半に両チームとも怪我人でカードを1枚使い、こっちはもともと交代策は下手っぴなのでお互い消耗したぶんちょっとオトクかなーなんて思っていたのだが、相手はシステム変更してこちらを翻弄してくる策上手。

ハーフタイムの指示はいつも通りサイドチェンジを効果的に、ってそれ以外ないのかよという感じ。

とはいえ、神戸がそういう戦い方をすることは事前にわかっていただろうし(自分はよその試合をほとんど観ないので知らなかった)、なにかしらの対応策を練っていて欲しかった。

試合記事にも書いたが、速いテンポの試合に付き合って、息つく暇もなくなり、審判もゲームをコントロール出来着ない状況で、かなりの冷や汗もの。

もしもカイオがいたならば、あの雑なボールでもブッちぎってゴール出来たかもしれないが、不調から脱することの出来ない金崎と、動きが鈍かった土居ではキープも出来ない。本来なら交代で入った杉本あたりが、何か味を見せてくれればいいのだが、特に推すべきところもなく・・。

まあ、まずは連敗を止めて勝つことが目標だったので、そこは前向きになれる。ただ、同点になっていたらそのまま負けていただろうが。

あと、気になったのはノエスタのカメラワーク。落ち着きのない切り替えで、全体を把握出来ないこともしばしばあったが、あれくらいは演出のうちなのだろうか。そういえばカシマでやった代表戦も、例によってサイドラインのカメラでアップにするので、とても見づらい。

代表のことを言えば、他のブロガーさんも大迫のヘディングが上手くなったことを取り上げておられた。想いは皆、同じというか、自分が思ったのはまずそこだった。

頑張って努力すればなんとかなるという見本であり、トラップの下手な選手(誰とは言わない)も、一生懸命練習すれば、足元に収められるようになるのではないだろうか。

大迫の良さは反転力、と随分前の記事にも書いていたが、足元に収まるトラップありきで、2点目のゴールなんかは特にそれが出ていた。次もスタメンになるだろうし、サウジを倒して貰いたい。

永木は守備に入ると、同じく守備寄りの山口との相性も良く、がっちり守れていた感じはある。しかし、パスの精度がいまいちで、急ぎ過ぎてミスしたり、少しズレたりと、このへんは鹿島でも思っていたことだが、代表になればますますそのあたりの誤差は許されなくなる。

チームで磨きをかけて・・と言いたいところなのだが、序列が3番目というのが難しいところで、なかなかゲーム勘が養いづらい。もしかしたら永木も移籍を考えるかもしれない。

天皇杯で三竿もいいプレーをしていただけに、やっぱり監督の管理能力が足りないのでは・・と思わざるを得ない。三竿はフィジカルも強く、パスのセンスもいいので個人的には気にいっているのだが、どうもうまく使いこなせていない気がする。

鹿島の次の試合はチャンピオンシップ準決勝、アウェー川崎戦。引き分けでは敗退なので、ガッツリ前から行けるよう、コンディションを整えて貰いたいと思っている。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

第96回天皇杯ラウンド16神戸戦 [天皇杯]

時間も遅いのでなるべく手短に。

守備の脆さが嫌だったファブリシオがスタメンで起用され、不安しかないスタートだったが、始まってみれば意外にも大活躍で2得点。

あわや?ハットトリックというバー直撃もあり、なんとなく先制して逃げ切りという展望の、なんとなく担当でMVP。まさかここに来て勝利に貢献するとは想像もしてなかった。素直にごめんなさい。

流れでなんとなくと書いたが、先制点のCKからの得点も久々にいいボールだったし、狙っていた形でもあるだろうからここも素直に評価。

チーム状況からして先制されると勝てる気がしなかったので、この得点が効いた。2-0となった時は普通に勝ったと思ったが、相手の猛攻と4-2-3-1へのシステムフォーメーションに対応出来ず、最後は一杯一杯での逃げ切り。

個人的には相手の攻撃タイムになった時に、速い攻撃に付き合って無理矢理前線につなごうとして取られて波状攻撃される、という戦い方がマズかったと思う。あそこはベンチから指示を出すとか、もっと落ち着いて時間を作ってのらりくらりやった方が良かった気がする。

あとは神戸寄りのジャッジに苦しめられたと付け加えておく。あれだけラフプレーを繰り返されてカードが出ないなら、そりゃドンドン来るだろう。前半、神戸側にいくつかカードが出てもおかしくないシーンがあったし、後半も遠藤がカウンターを倒して止められたのもイエロー相当だった。もやっとする。

ともかく最後はドタバタだったが、なんとか勝てて、ほっとしている。次の相手は広島となった。

細かいことはまた時間が出来てから別記事にしようと思うが、もう少し書くと、金崎がなかなかスランプから抜け出せない。

前半に遠藤からの後ろからのパスと、土居からの横パス。どちらも好調時なら迷わずダイレクトで打って枠内に沈めていた。ゴールから遠ざかっているせいか、ひと手間余計にかけるぶん、キーパーにセーブされてしまうし、後半も1対1を止められた。初心に返って、もっと本能のままにやってみればどうだろう。もともとそういうタイプだし。

曽ヶ端はびっくセーブが1本。ビッグじゃなくてびっくりのびっくセーブで、渡邉のシュートに反応して枠から弾き出した。しかし、そのCKで失点してしまい、なんだか報われない感じだ。

他、昌子と小笠原を中心として守備陣が頑張っていた。西も最後はボランチと多彩なプレーヤーになった。

三竿は充分、遠藤は調子が上がって来て何より。土居はスタメンを外れたのがわかる、まだ本調子には遠いデキだった。鈴木は大丈夫なのか?

とりまそんなところ。代表戦の感想も書きたかったが、スペースがない。短く巻きで。

大迫がしっかり成長している。カシマスタジアムは最高の場所、とリップサービスもコミだろうが、いつでも鹿島に帰って来てくれてもいいから。次も活躍して欲しい。ああ、永木のぶんが・・。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2016第96回天皇杯ラウンド16 11/12(土)】(ノエビアスタジアム神戸14:00KickOff神戸/7,282人/晴)
【スコア】鹿島 2-1 神戸 (前1-0 後1-1) (S 13-6)
【主審】山本雄大(主審)、山際将史、岩田浩義
【得点】
(鹿)前32分 CK遠藤↑ファブリシオ 1H
(鹿)後10分 ファブリシオ 2右
(神)後19分 増山→渡邉 右
【警告】
(鹿)金崎1(前分)、三竿1(後24分)
(神)伊野波1(前分)
【出場】
GK 曽ヶ端
DF 西 ファンソッコ 昌子 山本
MF 三竿→90伊東 c小笠原 遠藤 ファブリシオ→81杉本
FW 金崎 鈴木→16土居
【サブ】櫛引 ブエノ 伊東 久保田 杉本 土居 赤崎
【監督】石井正忠
【MyMVP】ファブリシオ

共通テーマ:スポーツ