So-net無料ブログ作成

鳥栖戦、振り返り [雑感]

どうにか勝利した鳥栖戦。翌日の豊田の新聞コメントを読めば「相手のスローなペースに合わせてしまった」と言っていたように、鳥栖が付き合ってくれたおかげで鹿島の展開になった。

鹿島が何も出来ずに封殺される時は、だいたい前線からプレスをかけられてバックパスばかりになって最後はロングボールを放り込んで奪われるというパターン。

ACLと同じメンバーで疲労の溜まっている鹿島を思えば、鳥栖はもっと仕掛けて来た方が勝つ見込みがあったのではなかろうか。

次に当たる浦和はそんな隙は見せてくれるとは思えないしね。何かプランがあるのだろうか。

ところで金崎の得点がオフサイドだったシーン。ライブで観ていた時はオフサイドかと納得していたのだが、掲示板とかでオンサイドという意見が多くて録画をじっくりコマ送りにしてみれば・・。

ギリオンサイドに見える。鳥栖のDFが勢い良くラインを上げたので騙されてしまったが、ああいう微妙な判定はやっぱりビデオアシスタントレフリーの導入を待つしかない。

ただ、プロ野球ではホームランやホームベース上の微妙な判定で録画検証を行っているのだが、これがまた試合の流れをガッツリ切断してしまうもので。

サッカーは特に流れのスポーツでもあるだけに難しいところもある。テニスのチャレンジはすぐだからむしろ観客もノッてて問題なく行えているのだが。

試験的に導入された昨年のCWCでは鹿島側にうまく転んでくれた。いつも判定に泣かされている印象があるので、鹿島的には導入してくれた方が助かる。はよ。


というわけで鳥栖戦の振り返り。

良かった点は植田が豊田を封じ込めた点と、昌子を中心としたディフェンスが安定していたこと。PKはたまたま手に当たっただけでどうしようもない。クォンスンテも安定感があって、曽ヶ端と併用ではなくこっちメインでいいのではないだろうか。

金崎、土居が走り切れたこと。逆転出来たこと。レオシルバと永木のバランスが改善されたこと。

悪かった点は昌子が激怒していたように、攻撃陣がすぐにボールをロストしてしまった点。このせいで最後までDF陣が休めず、それによって集中力は保たれたかもしれないが、終了後の昌子の披露具合を見て、ロスト人間は何かを感じ取って欲しい。

昌子は金崎がボールを要求してもすぐに失うことを怒っていたが、金崎はかなり走ってボールを引き出してくれているので悪くは言えない。

問題なのは攻め急ぎ過ぎるレオシルバと、動かないのにボールを大事に出来ないペドロ・ジュニオール。なんにも出来ないレアンドロ。

レオシルバは攻撃にも絡んでくれなければ困るのでメリットも多く、これを抑えると良さが消えるので痛し痒しな部分もあるが、ペドロ・ジュニオールは変な失い方をするのが嫌。シュートで完結してくれればまだマシだが、少しは後ろのことも気遣って貰いたい。

レアンドロについては元セレソンとかいう肩書きで見るのはやめて、単純に技術的なものを見て判断して欲しい。トラップの技術とかパスの精度、ドリブル、普通に見れば日本人選手に比べて何が勝っているわけでもない。

こうしてみればボールを失っているのはブラジル人のところ。石井が制御出来ていないのでは?という疑いが持ち上がるのだが。

あともうひとつ気になるのは前から言っているパススピード。鹿島は壁パスでワンツーというやり方がほとんどない。後ろに下げてワンタッチで壁の後ろとかいうケースもなく、そこらへんも織り交ぜて攻撃していって欲しいと思っている。

今は運良く勝てているだけ。ツキがあるうちに修正出来るところは早急に手を打って貰いたい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ