So-net無料ブログ作成
検索選択

浦和戦、追記 [雑感]

勝負を分けたのは試合記事にも書いたように柏木、遠藤を欠いた浦和と、山本を欠いた鹿島のわずかな差。

あとは先制点が大きかった。今の鹿島は守ることは出来ても、攻めはあまり強くない。先に失点していたらあの空気、鹿島の疲労度からして逆転まで持っていけたかどうか。

攻撃の不発具合は何が原因か一概には言いようがないが、ペドロ・ジュニオールのところでボールロストする回数が多いのと受ける動きが少ないこと。2列目の遠藤、土居の疲労が大きく前への推進力が弱いこと。

そして、鹿島の生命線である両サイドバックの大胆なオーバーラップ。敵陣に攻め込む回数が極端に少なく感じる。浦和戦で伊東は何回上がったのだろうか。

浦和戦は先制したし慎重にやっていたので攻め上がりが少ないのは仕方ないことだが、サイドバックの攻撃参加がないと苦しい。こういう時こそカウンターに関してはモノにして欲しかった。

山本の怪我で西を左に回したのは正解でそれ以外は手を打てなかったが、本来ならそんな心配がないように三竿雄(兄)を補強したはず。湘南でバリバリレギュラーだった三竿雄(兄)を奪って塩づけとか・・。三竿健(弟)にしても同じことが言える。

金森もようやくベンチに入れたとはいえ出番がなく、鈴木も海外クラブからオファーが来るかもというのに出場時間も短く。

ちなみに鈴木はファウルを貰うのがうまいというかなんというか・・。あまり楽な道に逃げないで欲しいのだが。

救いは、ベンチが一体となってゲームに入れていたこと。レギュラーとサブ組にわだかまりがなさそうなのがまだ上向く要因はありそう。

カウンターをシュートまで持って行くこと、願わくば得点を決めること。流れのなかからでは2列目を絡めて速いパス回しで崩して枠にシュートを打って欲しいこと、得点を決めること。攻撃はこれを金崎抜きでもやれるようにしたい。

あと気になっているのはやはりレオシルバのところで、攻め上がる時の呼吸が合わないというか、相手を翻弄するのはいいが味方まで翻弄されて合わせ切れていないことがあり、ちぐはぐになっている。

スルーパスも狙い過ぎてカットされてカウンターというシーンも多く・・。怖い。

浦和はさすがに強いだけあり、フォローが速かった。ボールを失ってもすぐに後ろから詰めてくるし、ゴール前にも殺到してくる。

柏木がいれば興梠も前に残っていただろうし、危なかったかもしれない。個人的には「鹿島は相性がいい」とか言う李を無得点のまま抑えられたのは良かった。本当は90分出たうえで完封したかったのだが。

もう一人、興梠にも何もさせなかった。いつも嫌なことをしてくれる。小笠原が特に興梠に対して燃えていて、あの疑惑のPKとかあの疑惑の(というか完全な)オフサイドゴールとか、まあ色々あるのだろうな。

前節に大宮に負けて勢いが止まっていたのも、ちょっとはあったのかもしれない。

とりあえず勝ち点差で浦和とガンバを抜いて首位には立ったが、得失点差が開き過ぎているので、余裕を持つにはもう少し稼がないといけない。

今一番ノッている浦和に勝ったことで上向いていけるといいのだが、試合記事にも書いたように一杯一杯。神戸、川崎に勝てれば本物なのだが。

ACLノックアウトステージもあるし、5月は勝負の月。体調管理もしっかりやって貰いたい。

そう言えば日程が変わってガンバ戦は7月になるのだったったけか・・?

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ