So-net無料ブログ作成

2017第11節神戸(ホーム)戦 [リーグ]

いずれ確実に起こる事態だとは思っていたが。

植田が太ももの張りで欠場、前半で遠藤が膝?を痛めて負傷交代、後半にはレオシルバも足のどこかを痛めて負傷交代。これは監督の責任。

無理矢理主力選手を使い続けて故障者を増やしている。結果、勝ち点まで取りこぼした。

ペドロ・ジュニオールのスタメンも謎。ムアントン戦もそんなにデキは良くなかったし、日程も詰まっている。負傷交代とはいえ金崎を前半から出せるなら、スタメンでも出せたはずだ。

ペドロは1回だけDFを抜いてシュートまでいったがあれだけ。自分の中での株価は最安値更新中。

代わって底値だったレアンドロが少しだけ上昇したが、継続してやれるかと言えば疑問。あの左足ダイレクトシュートが狙ったものならさすがとも言えるが・・。ドリブルでもボールを取られなかったし、あれくらいやってくれればまだ期待も出来るのだが。

それにしても毎度毎度、前半はウォーミングアップなのか?

勝ちパターンといえば前半のだらだらやっている時間帯を無傷で過ごして、後半勝負が成功した時くらい。清水戦の逆転劇はレアケースで、先制点を取られてしまうとモロい。

あっけなく取られた失点は相手FKから西のファイン、オウンゴール。キレイなヘッドが決まった。

相手が引いて守ってからは得意の攻撃で躍動したが、攻められていた前半はフラフラだった。2失点目も中盤でボールを失ってのカウンターで、戻り切れずにクロスを上げられた。

失点の最大要因は不慣れな町田が軽く渡辺千に振り切られてヘッドを叩き込まれたものだが、そこに至るまでの経緯も不甲斐なく、ずっと落ち着きのない空気感が漂っていた。疲労もあったろう。

それらを締めるはずの小笠原のキレもなく、例の騒動が尾を引いているのではと逆に心配になるくらいだった。

全体的にはとにかく出足で負けていて、鹿島はボールホルダーに厳しくプレスをかけられるとまったく攻撃が作れない。早いテンポでパスを回すことも出来ず、せっかく運んだボールをペドロがすぐに失うという繰り返し。

後半、怒涛の攻めを見せられたのは神戸が守りに入ったからだが、幾度となく訪れた決定機で1点しか取れなかったのは運もあったろうが、気持ちの面で負けていたように感じる。

永木は途中出場で何か吹っ切れていたのか、縦に素早く攻めるスタイルが効いていた。ポストに阻まれたFK、ミドルキックともに惜しかったが、ラストワンプレーの宇宙開発にはちょっとばかりガッカリ。三竿雄(兄)との連携は合っていてセットで使うのもありかと。

浦和戦で首位奪回したかと思いきや、わずか一節で陥落。一日天下もいいところ。

怪我人も出始めたし、これが崩壊の序章でなければいいのだが。先日も書いたカイオの例もあるし、石井がそういう事態を乗り切る力がないことはわかっている。転ばぬ先の杖を、用意しておいて欲しい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2017第11節 5/14(日)】(カシマスタジアム14:03KickOff鹿島/18,626人/曇)
【スコア】鹿島 1-2 神戸 (前0-2 後0-1) (S 17-9)
【主審】飯田淳平(主審)、三原純、聳城巧
【得点】
(神)前10分 オウンゴール(西)
(神)前14分 橋本↑渡辺千 1H
(鹿)後42分 西→レアンドロ 1左
【警告】
(鹿)昌子1(前15分)
(神)岩波1(後22分)、高橋1(後38分)
【出場】
GK クォンスンテ
DF 西 c昌子 町田 三竿雄(兄)
MF レオシルバ→62永木 小笠原 遠藤→35金崎 土居
FW ペドロ・ジュニオール→46レアンドロ 鈴木
【サブ】曽ヶ端 山本 伊東 永木 レアンドロ 金森 金崎
【監督】石井正忠
【MyMVP】-
【DAZN】0クルクル、最大0秒、ロゴ出現停止0回

共通テーマ:スポーツ