So-net無料ブログ作成

ホームでオーストラリアに2-0で勝利!ロシアW出場決定 [日本代表]

最終予選の初戦で負けた国が突破したことないとか、オーストラリアに未勝利とか、引き分け以下ならハリーが解任の噂とか色々あったが。

全てを綺麗に振り払う2-0の快勝。燃えました。

とにかく前線の選手の運動量が物凄かった。

乾と浅野がキーパーまで追いかけてプレスをかけ、中盤では井手口と山口がどこまでもしつこく喰らいつき、長谷部はまあ本人も口にしていたようにミスも多かったが周りを統率し、あれだけやってくれると後ろもかなり楽になる。

中村(鹿島)もあのくらい追いかけて欲しいんだがね・・。

効いたのは浅野の先制点。UAE戦では幻のゴールとなったが今度はしっかりと叩き込んだ。素晴らしい動き出しとミート力。

この得点が日本に勇気をもたらした。臆せずにガンガン仕掛けていき、取られてもすぐに取り返す。ポストに救われる一発はあったが、それ以外の危ない場面はあまりなかった。

トドメは井手口の豪快なミドル。さすがガンバクオリティ。攻守に走り回ったあの時間帯、相手につかれても崩されず、しかも鋭いシュートが枠を捉えるとか。凄いな。風貌や雰囲気が中田英寿氏に似ていて、大物感が漂っている。

あれでオーストラリアも諦めた感じだった。交代で入った原口、岡崎、久保も走りまくり、相手に隙を与えなかった。気候もちょうど良かったのかもしれない。大迫の鬼キープも健在。

ハリーの起用法うんぬんもあるが、勝ったら正義。若い世代の選手も起用しており、ともかく最低限の仕事は果たしたと言える。金崎が選ばれる可能性はほぼなくなったと思うが・・。

昌子は無難にこなせていた。あとは怪我だけに注意してこのまま成長していって貰いたい。次節のアウェー、アウジアラビア戦は消化試合になるので、植田とかにも出番があればいいのにね。

日本代表、おめでとう!

あと、ルヴァンカップの結果はまだ知らずに過ごしています。なんなら日曜まで待って、180分連続で観ちゃう?と思いもするが、そこまでいくと結果を知ってしまいそうなので、明日の再放送を楽しみにしたいと思います。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

ルヴァンカップ準々決勝、仙台戦展望 [雑感]

ホームアンドアウェーのルヴァンカップ。

先にアウェーになるが、個人的には後にアウェーの方がアウェーゴールを計算し易くて助かる気がしている。

ホームアドバンテージがあるくらいスタジアムに人が入れば別だが、そうでないなら舞台的には「やや有利」くらいだろうし、点差を見ながら攻めることが出来るのは、野球で言う後攻めのような感じがある。

まあ、アウェーゴール関係ないくらいに点差をつけるか、連勝すればいい話なのだが。

仙台はリーグ戦では残留争い一歩手前の位置にいるが、ルヴァンカップを捨てるほどの危機的な状況でもなかろう。全力でやってくると思われる。

鹿島はCBをセットで抜かれるというハンデを背負わされてしまったが、なんとか乗り切るしかない。

代役は普通なら三竿健(弟)とブエノになるのだろうが、前にも書いたように大岩の信頼の厚い西を持って来て、山本、三竿健(弟)、西、伊東と並べる可能性もあると睨んでいる。

それはそれでいいかもしれないが、そうなるとブエノの持ち腐れだし、西の疲労度も心配なのでオーソドックスなパターンでやる方が無難だろうか。

キーパーは曽ヶ端が当たっているのでそのまま使いたいところだが、こちらも疲労が気になるのでクォンスンテでも構わない。代える決断は勇気が要るが、ずっと使い続けるのも故障の元だし。クォンスンテは韓国代表に召集されていないんだっけね?

2列目はそろそろ遠藤を使って欲しいのだが、中村へのこだわりがハンパなく、遠藤ボランチ説は中村を使うために遠藤を無理やり後ろに下げようとしているのかとさえ思っている。

いずれにせよ日程も少し詰まっているので、フレッシュな選手を中心に運動量を上げて点を取りに行きたい。引き分けでも複数得点が最低条件で、無得点ということだけは避けたい。

リーグ戦も獲って、ルヴァンカップも獲る。まずは好発進を決めたい。

・・と、応援記事を書いたが、実のところ、懐事情が寂しいため今月のスカパー契約は見送ることになった。

やはり月額2980円で1試合というのはかなりお高い・・。

スカパーの放送スケジュールを調べると9月1日の夜に第1レグの再放送があるようなので、1日になったらソッコーで契約して夜に観ることにする。スカパー、すまぬ。

ネット・新聞の情報をカットして生放送感覚で臨みたいと思うが、うっかり結果を知ってしまわないように注意する。

鹿島関連の更新は第1レグを観てからになるので、次の更新は代表戦の記事かな。こっちはこっちで重要な試合なので、泥臭くてもいいからホームで決めておきたいね。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

セレッソ大阪戦、追記 [雑感]

追記と言ってもほぼ攻められぱなしだったので付け足すことは少ないのだが、なんとなく自分の感覚ではレアンドロと中村のスタメンは「まずは0-0」で相手を焦らせておいてから、カードを切って立場を逆転させるマンガ仕立ての起用法と割り切っている。

マンガだといきなり得点して逃げ切るなんてストーリーはウケないわけで。ヒーローだって最初はやられてハラハラさせてから、必殺技を出して勝つでしょ?

まあ、それに近しい感覚を持っている。

勿論、0-0で、の間に得点してしまえばラッキーなわけで、今回はかなりハラハラを持続させてくれた。というかむしろ勝ち点上位の余裕で引き分けもいいし、みたいに思っていたが、きっちりと勝ち切ってくれるところが大岩になって変わったポイントかな。

やはり上位にいるというアドバンテージは大きく、相手は引き分けでは追いつけないので勝負を仕掛けてくる。こちらはそれを待てばいい。「追うものが有利」という理由は、スリップストリームのような明確な根拠がない限りあてはまらず、絶対的に前にいるものが有利だと思っている。

にしても結果を出しているレアンドロはいいにしても、中村は遠藤を差し置いてこれほどまでに優遇されるような結果を出しているかと言えば微妙に思える。アシストは割とついているのだが、それ以外での周りの負担が大きくて・・。

もうちょっと追えよ!と思うシーンが何度もあるのが最大の不満点。

あと、昨日も書いたが西がそろそろヤバい。

大岩の信頼度ランキングトップ3に入るだろう西は(ちなみに昌子、三竿健(弟)、西の順だと思っている)休ませる機会がないまま使い詰めで、予想ではルヴァン杯はCBやるんじゃないかなと睨んでいるのだが、怪我をしないうちに手を打った方がいいのではなかろうか。

周りのサポートがなかったのもあるだろうが、奪われると一気に大ピンチの場面で取られるのはやめて貰いたい。ちなみにこれをレオシルバ症候群(仮)と呼ぶ。

翌日の新聞コメントで昌子が、「俺とナオの二人で守っているみたいだった」と言っていたが、西はあまりフォローに入れていなかったのかもしれない。だが、三竿健(弟)は頑張ってたよ?

尚、前半はまったくパスが通らずに奪われまくっていたが、自分の薄っぺらいサッカー眼からすれば、セレッソはわざと一定の距離を取ってフリーと見せかけ、パスを出させてそれを奪っているように見えた。裏を突く動きの出来る遠藤がいればもうちょっと違った展開になったと思うのだが。

キムジンヒョンはラストで再び鹿島においしい思いをさせてくれたのだが、鈴木がちょっと焦り過ぎた。レアンドロからの絶好のパスだったのだが、あれだけ前がフリーだったのならボールを持ち出してから蹴っても良かったような。

もっともそれは後から言えることで、おいしい獲物(無人ゴール)が目の前に広がっていたら、焦って蹴ってしまうかな。

次節、レアンドロが出場停止。だいたい遅延行為でイエローを累積させている。今回のは少しばかり判定が厳しかったような気がするが、無駄なカードが多い。

代役が誰になるのかわからないが、レアンドロはルヴァン杯は出られるのだからそっちで全力を出して貰いたい。代役をもぎ取りたい選手はルヴァン杯で結果を出して欲しい。

安部も怪我ということで急に枚数が減ったように思うが、そこは戦力層の厚さを誇る鹿島。うまく回してくれると願っている。

もうひとつ。DAZNはいつになったら回線を安定させてくれるんだろうかね。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

2017第24節セレッソ大阪(アウェー)戦 [リーグ]

これぞアントラーズの勝利!

・・とも言えるが、今日に限っては曽ヶ端のおかげと言える。

枠を捉える鋭いシュートを何本も打たれたが、的確に弾いてゴールを割らせなかった。1点を争うゲームだっただけに、先に取られていれば負けていたかもしれない。ホントに助かった。MyMVP。

そして、レアンドロも。味方からしても掴みどころのない選手で、絶好のカウンター機にシュートも打てずに終わるなどモヤモヤさせてくれたものの、肝心なところは決めてくれた。

金崎のロングクロスを珍しく一発でトラップを決め、丁寧にゴール右隅に流し込んだ。個人的には評価のつけづらいよくわからない選手だが、大岩が信頼して使っているから結果を残せているのだと思う。

中村は全体的にいまひとつ。西も軽いプレーでカウンターを受ける危ない場面が2度ほどあり、右サイドがかなり危うかった。大岩の信頼がない選手だったら2度目のミスで代えられていたかもしれない。

もっとも、伊東が入って逆にそこが相手の裏を突けるポイントになったのだから面白い。

金崎もゴールこそ奪えなかったがサイドに流れて起点を作り、決勝点もアシスト。存在感は示せた。

守備陣は良く耐えた。決められてもおかしくないシーンは何度も作られたが、キーパーの正面に飛んでいたので、コースは限定出来ていたのだろう。植田は杉本との空中戦は互角だったが、得点を挙げさせなかったのでマル。

中盤はソウザと山口に支配されて苦しい形になっていたが、成長した三竿健(弟)と、冷静な小笠原の我慢で耐え凌いだ。レオシルバだったら我慢出来ていたかどうか。まあ、奪い切ってしまったかもしれないので仮定の話だが。

交代出場の鈴木は残念な結果だった。倒れてファウルを貰えない審判に当たると流されて恥ずかしい姿をさらすことになるので、もっと競り合って貰いたい。ラストの無人くんゴールチャンスも外してしまい・・。得失点差もあるので、あれは決めておいて欲しかった。

ゲーム全体で見ればほぼセレッソのペースで、鹿島のチャンスは得点シーンと鈴木の外したシーンくらいだった。

ホームでは失点した山村の場面くらいしか危ない場面はなかったのに0-1で敗れ、スコアどころか内容までそっくりお返ししたような形になった。だからこそ利子ぶんの鈴木のゴールが必要だったのだが。

ともあれ、上位陣との直接対決は川崎に負けたもののセレッソを下し、出る杭をひとつ打てた。めでたし。

マリノスがしぶとく背後についているので早く脱落してくれないかなあと思いながら、まずは明日の川崎が脱落してくれと願っておく。甲府は日程的にアドバンテージがあるのだから頑張れ。うかうかしていると広島に抜かれるぞ。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2017第24節 8/26(土)】(長居陸上競技場19:03KickOffセレッソ大阪/35,516人/曇)
【スコア】セレッソ大阪 0-1 鹿島 (前0-0 後0-1) (S 13-6)
【主審】東城穰(主審)、馬場規、植田文平
【得点】
(鹿)後43分 金崎↑レアンドロ 6右
【警告】
(鹿)三竿健(弟)2(前12分)、レアンドロ4(後45+2分)
(C)丸橋3(前26分)、澤上1(後5分)
【出場】
GK 曽ヶ端
DF 西 植田 昌子 山本
MF c小笠原 三竿健(弟) レアンドロ 中村→81伊東
FW 土居→63鈴木 金崎→90+3金森
【サブ】クォンスンテ ブエノ 伊東 遠藤 レオシルバ 金森 鈴木
【監督】大岩剛
【MyMVP】曽ヶ端(2)
【DAZN】3クルクル、最大30秒、フリーズ1回(サインアウト1回、ロゴ出現1回)

共通テーマ:スポーツ

日本代表に昌子と植田が選出、金崎は外れる [雑感]

ワールドカップ最終予選のオーストラリア(ホーム)、サウジアラビア(アウェー)戦に望む代表メンバーが発表された。

鹿島からは昌子と植田が選出され、金崎は落選。杉本との二択と言われていたが、もうこれはハリルホジッチはどうやっても金崎は呼ばないんじゃなかろうか。

年齢的に次のワールドカップは微妙なところで、なんとしても今回のワールドカップに出たいだろうが、今呼ばれないと本戦にも呼ばれにくいだろう。とはいえ監督が変わらない限り難しいかもしれない。

FW登録は杉本以外、見事に海外組に偏っているし、柴崎も海外移籍した途端に呼ばれるようになった。鹿島の時でもそのくらいやってたはずなのに。

まあ、杉本は現在得点ランキング2位なので順当と言えばそれまでなのだが。

逆に植田は高く買われているという気がしないでもない。勿論、代表クラスのポテンシャルは秘めていると思っているし、鹿島を支えてくれる選手だと思ってはいるが、個人的には前節の清水戦のパフォーマンスは良かったと思っていない。

試合記事にも書いたが追い込まれて前方へ蹴り出すだけの捨てパスが何本もあったし、緩やかだった清水のプレスであれだけ余裕がないのなら、オーストラリア相手には厳しいような気がしている。

大事な試合でやらかしてトラウマになったりしないで欲しいのだが、ポジティブに考えるなら、出場して抑えて、自信をつけてくれればというところか。もっとも、海外組を重用するハリーなら普通に吉田ありきだし、出番はないと思うが。

そして、鹿島の戦力的に言っても、CBをセットで持っていかれるのは辛い。三竿健(弟)に目処が立ったとはいえ、それは相方が昌子だったからとも言える。ブエノと組んでどうなるかは未知数・・。西をCBにしそうな気もするが、このへんはまた試合が近くなってからまとめる。

報道ではオーストラリア戦で引き分け以下になれば監督解任という話もあるが、まさかそうなったらなったで今度は代表が苦境に立たされ、下手すれば予選敗退になりかねないので、代表が勝つよう応援するが、どうしてもハリーでいって欲しいとは思っていない。

こうなったら金崎は得点を挙げまくって、選ばなかったことを後悔させるしかない。

ちょうど舞台は整っている。杉本よりも俺の方が上だ、という、まあ、それは言ったら反感買うので言えないが、気持ちはあるはずなので、神戸戦で見せた意地を見せて貰いたい。

勿論、ゲームも勝ってセレッソを突き放したい。

メンバー予想は、多分、いつも通りだろうし省略する。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

小笠原とレオシルバの違い、勝者のメンタリティ [雑感]

小笠原とレオシルバ、どちらも優れたボランチであり、能力だけで言えばどちらが上とも下とも言えなず両者ともに長所短所はある。

それなのに何故か、小笠原が出ている時とレオシルバが出ている時の、チーム全体の強度に違いがあるように感じていた。

勿論それは、長年鹿島でやってきてくれている小笠原への信頼感やキャプテンシーもあるのだが、それだけではない何かがあるような気がしていた。

そこのところをなんとなく考え続けていたら、もしかしたら最大の違いはいわゆる「勝者のメンタリティ」ではないのかという結論(仮)に辿り着いた。

レオシルバの経歴を見てみると、クルゼイロ(2007)、イパチンガ(2008)、ボタフォゴ(2009)、グアラチンゲタ(2010-2011)、ポルトゥゲーザ(2012)、新潟(2013-2016)ー鹿島(2017-)とあり、グアラチンゲタがB、他がA。

それぞれ在籍時のクラブ成績を見ればクルゼイロ5位、イパチンガ20位、ボタフォゴ15位、グアラチンゲタ15位、8位、ポルトゥゲーザ16位、新潟7位、12位、15位、15位。

手元の集計なのでズレがあったら申し訳ないが、ボタフォゴ時に「タッサ・グアバナラ」というタイトル(どの程度のものか不明)を獲得している以外、上位でシノギを削っていた時期がない。

新潟で残留争いに巻き込まれているのは経験と言えば経験だが、タイトルを争うゲームをほとんど経験していない。

思えば、レオシルバは個の能力に頼り過ぎる部分があり、それで通用してしまう場合も多いのだが、逆に狙われてピンチを招くことも多々ある。

言ってしまえば、「プレーが軽い」と表現してもいいくらいの隙を見せることがあり、そこのところが見ている側に不安を与えるのではないかと思う。

絶対にゲームを落とさない、そのための強い意志、勿論、レオシルバも勝つためにプレーしているのはわかるし、危ない場面を彼ならではの身体能力でカバーしてくれる場面もあるのだが、どこか甘さを残しているのはギリギリのところでのメンタリティなのではないかと推測する。

折しもジーコさんが来日し、ジーコスピリッツを再確認させてくれたから余計にそう感じただけかもしれないが、レオシルバには彼なりの強みを残した上で、相手に隙を与えないようなプレースタイルに変わってくれないかなと願っている。

要は、何でもかんでも一人でやろうとしないで、声を掛け合って、チーム全体で戦いましょうということ。

永木も移籍いた当初はガツガツいって裏を取られたり、一人だけ浮いてしまっているシーンが随分あったのだが、クラブワールドカップを戦う頃には「鹿島スタイル」に馴染んでいた。

攻める時と守る時。そういう共通意識を持って戦うことが大事なんじゃないかと、改めて思うのである。まる。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

清水戦、追記 [雑感]

鹿島が先制点を活かして無難にいったのもスローな展開になった要因だが、清水の守備的な戦い方にも助けられた。

エースのテセが欠場だったせいもあるだろうが、まずは守りからという意識が強く、あまりプレッシャーをかけてこなかった。

どこかで勝負をかけてギアを上げてくるだろうと覚悟はしていたのだが、結局は鹿島の作戦が見事にハマり、「何もさせず」という表現がぴったりくるような結果となった。

金崎の追加点の入った時間も絶妙だった。もう少し早ければ向こうも攻勢に出ただろうし、遅かったらこちら側にも焦りも出たはず。まさに息の根を止める一発だったと言える。

ハリーは金崎かセレッソの杉本健勇のどちらかを呼ぶ、と言っているそうで金崎にとっても貴重なゴールとなったが、選出は微妙なところかと。勢いで言えば完全に杉本の方が上と言えるし、あとはどのくらい例の一件が尾を引いているかだろう。

そう言えばこの杉本健、どこかで聞いた名前だとずっと思っていたのだが、一度鹿島がオファーを出したことのある選手だった。破談になってしまったのだが、現在得点数トップと覚醒した感があり、目のつけどころは良かったのだろう。

もっとも、あの時に鹿島に移籍していればここまで成長出来ていたかはわからないが・・。金森みたいに出場することも出来なかったという可能性もあったのだし。

移籍と言えばシャルケの内田も退団の方向性らしく、契約は28年の6月までとのことだが、もしかしたら鹿島への復帰もあるとか。移籍金がどのくらいになるのかわからないが、帰って来てくれるならそりゃもう歓迎。是非とも優勝してDAZNマネーを獲得して準備しておかなければならない。

話を戻して清水戦。先制してその後はゲームをコントロール、ラストでトドメを刺して2-0と文句のない完勝に見えるのだが、厳しい見方をするならやはり相手のプレスも弱かったかと。

2位集団につける上位陣はもっと激しくくるだろうし、その時にしっかりと跳ね返せるか。

序盤に見せていた速いパス回しで相手を翻弄するプレーが90分通して出来るようなら楽しみなのだが、まだそこまでは完成していないのかもしれない。

ここに永木とペドロ・ジュニオールが復帰すれば盤石の布陣になりそうなのだが、多分、ペドロ・ジュニオールが復帰しても中村推しは変わらないだろうし、外れるのは土居になりそうなんだな・・。

それを感じているのだろうし、土居も自ら得点を取りたかったのだと思うが、一番の良さは周りを活かせること。得点も勿論欲しいが、一番の長所は忘れて欲しくない。

鈴木、安部は短い出場時間の中で結果を出して、自力で番付を覆していくしかないね。期待している。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

2017第23節清水(ホーム)戦 [リーグ]

勝つことが最低限の仕事だったのだが、無事に任務完了。一旦、気持ちをリセットすることが出来た。

前節の反省をもって、スタートから圧力を上げて行く鹿島。受ける清水に手を焼きながらも、小笠原の縦パスを金崎がポストで落とし、レアンドロが中央をブチ抜いてGKと1対1に持ち込み、簡単に右隅に決めて先制点。

あのシーンだけを見ればレアンドロはワールドクラスの選手なのかと思ってしまうくらい、ぐうの音も出ない完璧なゴールだった。

中村とレアンドロをセットで使うと中に集まってしまうので単調になると心配していた矢先の、目の覚めるような一撃。これがあるから二人のセットは外せないのだろう。

1点先制してからは鹿島は慎重に立ち回り、チャレンジすることなく無難な選択をし続けてゲームをコントロール。前半終了時にはポゼッション68パーセント、パス成功回数トップ10が全て鹿島の選手で埋まるという珍しいスタッツとなった。

勿論、選手らは手応えからして守り切れる自信もあったのだろうし、プラン通りだったのだろうが、観ている側としては1点差はいつ追いつかれてもおかしくない状況で、なおかつ正直に言えばあまり面白味のない展開となった。

もうちょっと攻め手を増やして欲しかったが、守備面では危ない場面は1~2度くらいで、勝つという目的を達成出来たのだからプラン通りだったと言える。

勝利を確信したのは金崎の追加点が入った時。三竿健(弟)のパスカットから金崎にボールが渡り、タイミングが合わずにもたついたが自力でDFを振り切って執念のゴール。観戦していたハリーへの絶好のアピールとなっただろう。

怪我もあり、エースが抜けると困るのが本音だが、鹿島残留の決め手がワールドカップ出場という夢を叶えるため、と言われては全力で応援するしかない。あとは選ばれるかどうかだけ。

昌子はいつもながら安定して観ていられたし当確だろうが、植田はまだまだ。追い込まれてからの捨てパスが多いのもさることながら、単純なフィードでのミスも多く、気を引き締めて貰いたい。横パスをいつ狙われるかとずっとヒヤヒヤしていた。

久々に出場となった小笠原は、レオシルバとは違うところを見せた。ボールを変に持ってリズムを崩すこともなく、速いパス回しで左右に散らし、積極的に縦パスも入れていく。危ない場面では果敢に潰しに行くし、チームをまとめるキャプテンシーもいかんなく発揮していた。

レオシルバが悪いというわけでは決してないが、安定感では小笠原に軍配が上がる。ただ、最後はスタミナが切れていたので、やはりうまく併用していくのが理想となるだろう。こうなると永木の使いどころがなくなってしまうのだが・・。

レアンドロはノリノリだった。あれだけ気持ち良くゴールが決まるとプレーにも影響するのだろう。まあ、ボールロストや荒い守備など欠点は健在だったのだが。

土居は前線で起用にボールを収めてつなぎ役をこなしてくれていたが、1本だけ、右にドフリーの選手がいたところでシュートを打ちにいって外した場面だけが残念だった。打つのはいいにしても、せめて枠には飛ばさないと。

手堅いゲーム運びだっただけに見どころはそんなに多くはなかったが、勝つことが重要。スタメンと交代カードがパターン化してきたのが若干気になるが、うまくいっているうちは問題ない・・ということにしておく。

2位以下に勝ち点4差をつけて少しだけ抜け出した。ここからはひとつずつ相手を潰していくミッションとなる。インタビューで大岩も言っていたが、次週、セレッソにはしっかりと借りを返して貰いたい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2017第23節 8/19(土)】(カシマスタジアム18:33KickOff清水/16,979人/曇)
【スコア】鹿島 2-0 清水 (前1-0 後1-0) (S 10-4)
【主審】木村博之(主審)、八木あかね、平間亮
【得点】
(鹿)前17分 金崎→レアンドロ 5右
(鹿)後42分 三竿健(弟)→金崎 9右
【警告】
(鹿)なし
(清)竹内2(前11分)、清水3(後35分)、カヌ3(後45+1分)
【出場】
GK 曽ヶ端
DF 西 植田 昌子 山本
MF c小笠原 三竿健(弟) 中村→68鈴木 レアンドロ→82伊東
FW 土居→88安部 金崎
【サブ】川俣 ブエノ 伊東 遠藤 安部 レオシルバ 鈴木
【監督】大岩剛
【MyMVP】レアンドロ(2)
【DAZN】0クルクル、最大0秒、フリーズ0回(サインアウト0回)

共通テーマ:スポーツ

慢心というか、ご乱心? [雑感]

・・・はっ!?

敗戦のショックで気を失ってました。ウソです。多忙のためブログにまで手が回りません。

それにしても負けてしまうとはなにごとか・・。

敗戦をあまり振り返りたくないが、大岩の作戦が不発だったというのがだいたいの割合を占めている。

慢心があったと試合後に監督自身も認めていたようだが、どちらかというと思いつきを全部試したような、殿、ご乱心をという感じだったが。

こののち成功するかどうかはともかく、中村のトップ、3バック、遠藤のボランチ、連戦の西の乱用とフィジカルが落ちた時のレオシルバ起用あたりが失敗だったかと。

中村推しの大岩が今後もトップで起用するかはわからないが、使うならもうちょっと何かしらの形を見せて欲しい。個人的感触ではナシだが、レアンドロ、中村の2列目同時起用も無理目に感じているので、断定は避けておく。

3バックはいずれやるにしてもあそこで試す場面ではなかった。かなり混乱していたし、前半終了間際、後半開始早々と痛い時間帯で失点してしまった。山本の位置取りが中途半端になっていたので、やるならもっと練度を上げてからでないと。

遠藤のボランチは長所をほとんど消してしまうのでどうだろうと以前に書いたことがあるが、小笠原もいるし永木も復帰すればそこにこだわる必要性は薄いかと思う。

西も明らかに疲れていた。後からになるが伊東スタメンでも良かったか。

レオシルバは豊富な運動量と卓越した技術で場を支配出来る選手だが、疲れが出てくると軽さが命取りになる。思えば前々戦の仙台戦。ファウルを貰いに行くプレーも多かったが、あれは交代を見極めるサインではなかろうか。

レオシルバのところを狙われると即ピンチになるだけに、あまり過信し過ぎないよう、レオシルバも一人の選手と割り切っての起用を望む。

次は清水戦。負けは論外ながら、引き分けでも流れは戻せない。川崎に受けた屈辱を胸に、勝つことでしかこの想いは拭えない。清水に勝ってセレッソにも勝つ。そこでやっと溜飲を下げられるかな。

ところで書きそびれていたが前節のセレッソの山村のゴールは、キーパーが飛び出しているのでギリギリだがオフサイドだと思う。清水の抗議が認めらなかったが、地力で逆転勝ちしている。ヘンな判定の後は両者やりづらいというか・・。

鹿島も前節の3失点目は相手が出したボールを返さずに続けて、カウンターを喰らってのものだった。気持ちが乗らない時はちゃんとリセットしてからするべきだね。

ちなみに山村は怪我で多分、次の鹿島戦には出れないだろう。

そういえば神戸のネルシーニョ監督が解任になったそうで。金崎も移籍しなくて良かったね。ポドルスキとの不和がそろそろ表に出てきたようで、さて、どうなることだろう。対戦は済んでいるので、ひとごととして見守っていく。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

2017第22節川崎(アウェー)戦 [リーグ]

屈辱のシーズン2度負け。0-3、1-3で完全敗北。敗因を分析し、もう一度、相手を倒す気持ちを強く持って出直して貰いたい。

具体的に言えば、守るのではなく、最初から全力で攻めて打ち合いで勝ち切るというような。

一番の敗因は運動量と気持ちで完全に負けていたところ。同じ日程で恨み言はない。明らかに戦術ミスあるいは、選手の選択ミス。

ある程度は攻めさせて後半勝負という意図があったのかもしれないが、あれだけ相手に圧倒されてしまうとどうしようもない。鹿島の選手の気持ちが全員後ろに向いていた。

前半アディショナルタイム、カウンターからのオウンゴールでの失点。中央の戻りが遅れたのが原因だが、絶対にゴールを割らせないという意思を持って帰陣していれば防げたような気がする。ここでも足が止まっていた。

後半開始直後、3バックに変更して落ち着かない時間、即座に追加点を取られたのも痛かった。ほぼこれが致命傷だったと言える。

鹿島にも少ないながらもチャンスはあったが、決まったのは伊東からのクロスを鈴木がヘッドで決めたものだけ。もっと早くから攻め立てていれば違った展開もあったかもしれない。

ここまで打つ手がことごとく成功してきた大岩だったが、この日に限っては全て失敗。スタートから、戦術変更、攻めるタイミングなど。

中村へのこだわりはわかるが、代わりがいないわけでもなしトップで使うのは無理だろう。かつてはこのブログでもトップに向いているのでは?と書いた時期もあったが、それは代わりがいない時の話。

せめてボールがこないなら前線から追い回して少しでもプレッシャーをかけて欲しかったが、ボールが来た時にちょっと動くだけで、実質10対11で戦っているようなものだった。あそこまで運動量のある川崎相手では、体感的には更に人数差があるように感じられた。

レアンドロもドリブルで自分の後ろ足に当ててボールロストとか・・。

ファウルを流す傾向だった西村主審のジャッジでは、ひ弱な中村、レアンドロでは歯が立たず、戦える鈴木、安部、金森のような選手の方が良かった。

相手方では個人的には小林にはあまり脅威を感じないのだが、鹿島キラーの素質がある家長には嫌な思いを抱いていた。あまりスタメンで出ていないから川崎では出番がないのだとスルーしていたが、怪我で出ていなかっただけだったのか。

サイドで起点は作られるし、独特なテンポのドリブルといい決定的なスルーパスといい。そしてトドメの3点目。試合後のインタビューは家長だったが、向こうのMVPは間違いなく家長だろう。

首位はキープしたままだとはいえ、望んで混戦のなかに身を投じるとは鹿島も物好きなもので。

川崎に負けてから無敗だったが、川崎に止められた。ここで連敗だけはしないよう、しっかりと立て直して欲しい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2017第22節 8/13(日)】(等々力陸上競技場19:03KickOff鹿島/24,008人/晴一時雨のち曇)
【スコア】川崎 3-1 鹿島 (前1-0 後2-1) (S 15-9)
【主審】西村雄一(主審)、和角敏久、大川直也
【得点】
(川)前45+1分 オウンゴール(西)
(川)後01分 登里→阿部 9右
(川)後27分 小林→家長 1左
(鹿)後42分 伊東↑鈴木 5H
【警告】
(鹿)レアンドロ3(前38分)
(川)ハイネル2(後22分)
【出場】
GK 曽ヶ端
DF 西 植田 昌子 西c
MF レオシルバ 三竿健(弟) c遠藤→77伊東 レアンドロ→61安部
FW 中村→56鈴木 金崎
【サブ】川俣 ブエノ 伊東 安部 小笠原 土居 鈴木
【監督】大岩剛
【MyMVP】-

共通テーマ:スポーツ