So-net無料ブログ作成

仙台戦、追記 [雑感]

それにしても凄い霧だった。

もはや何が起こっているのかまったくわからない状況で、こういう時こそピッチレベルで無駄に切り替えるカメラワークの出番だろーと唸りながら観ていたが、最後の方でようやく向こうサイドもアップで映してくれるようになって戦況がわかるようになった。

こういう判断を何故にもっと早く出来んかなーと要らないストレスを溜め込んだのだった。まる。

実際のピッチレベルでの視界がどれだけあったのかわからないが、本当に曽ヶ端はあのミドルシュートをよく防いだと思う。枠にさえ飛べばなんでも入るんじゃないのか?とは要らない心配だったようだ。

仙台のシュミットも負けず劣らずファインセーブが3~4本。展開的には鹿島が押しながらもトドメを刺せず、霧によって集中力も削がれ、長い試合中断もあり、ラストはいつ終わるのかもしれない状況のなか、1点差で引き延ばされていた時間はヒヤヒヤものだった。

鈴木がゴールした場面では、コーナーでキープしてくれと画面に向かって届かない指示を飛ばしていたのだが、鈴木、安部、金崎の三人で華麗なゴールを決めてくれるのだから勝負はわからない。

大岩の3枚目の交代カードも中村→山本で、西を上げるのかと思いきやそのまま2列目に山本を置いたようで、ボールの出どころを抑えようとしたのか、複数ポジションをこなすための準備なのか、あるいは西の不調を感じたのか。なかなかに深い。

三竿健(弟)も成長を続けていて、前に運ぶパスにも幅が出てきた。永木のようなアグレッシブな守備に、レオシルバのような攻撃のセンスが伴えば何も文句はない。あとは小笠原独特の危機察知能力やリーダーシップを身につければ代表レベルにもなれるかも?

連戦に耐えうるフィジカルと若さ故の吸収力もあり、一時期、迷走しているような雰囲気があって心配していたのだが乗り越えたようだ。

前節で喝を入れられた昌子も本来の動きに戻っていた。植田は怪我明けの影響なのか単純なパスミスがあったりと不安な部分もあるが、周りがしっかりしているので今のうちに勘を取り戻したい。

伊東もレギュラークラスと遜色ない動きが出来るようになった。ただ、縦への突破力がオーバーラップをかけた時のみで、ドリブルで切り崩すとかアイデアのあるパスで深く抉るといったところまではまだいかず、ここを磨いて欲しい。

クロスの精度もまちまちで、どういう意図で誰を狙ったものかがわかるような、意思を持ったクロスが上がればいいのにと期待している。やれば出来るはず。

土居はなんでもイケメンJリーガー選手権で1位になったそうで、プレー的にも気の利いたイケメンなのだが、実際は熱いハートを持っている。多分、1列目でギラギラとゴールを狙いたい気持ちもあるのだと思うが、我を抑えて周りを活かせる選手は貴重。

観た感じ、まだ本調子にはないと思うのだが、ペドロ・ジュニオールがいない今、土居と金崎には抜けて貰うと困る戦力である。大岩もコンディションを考えながらなのか、プレー時間を調整して起用している。

こうなると金崎の方も怪我がちなので心配なのだが、神戸戦と川崎戦を乗り切ったうえで(勿論勝利)、川崎戦でイエローの4枚目を貰って清水戦を累積消化、セレッソ戦に臨むという方向性が一番?

まあ、そんなにうまくはいかないだろうが、清水戦で4枚目を貰ってセレッソとの対決に不在という状況は避けたい。

鈴木も少ない出場時間でも得点を挙げて猛アピール。やはり金崎とのホットラインは相性がいいと思っているが、課題はスタメンで出る時の90分通しての活躍か。いつその時が訪れるかわからないが、大岩の鉄のハートを溶かせるだけのプレーを見せたい。

控えの層も厚くなり、大岩の戦いぶりも自信に漲ってきた。どこまで快進撃が続くか楽しみにしている。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ