So-net無料ブログ作成
検索選択

神戸戦、補足 [雑感]

ポドルスキは来日してからスケジュールも過密で、暑さもあって連戦だし、そんなには動けないだろうと本音では思っていた。

半分当たりで半分外れ。動き自体は多くなかったが、少しでも隙があると決定機を作られた。

右足で曽ヶ端の股を抜かれたが、わずかに足に当たったことでコースが変わってポストに救われたのがひとつ。左足で至近距離から打たれたのを曽ヶ端が弾いたのがひとつ。これはコーナーキックになって失点してしまったが、良く反応した。

もう1本、左サイド(鹿島右サイド)からのグラウンダークロスを左足ダイレクトで打ってきたのは枠の上を超えていってくれたが、威力は申し分なく、枠を捉えていたら弾き出せたかどうか。あのあたりのシュート力はさすがというところ。

ただ、全体として鹿島のDF陣はうまく対応しており、1失点するまでは雨あられとシュートを打たれたものの、シュートコースに体を入れていたりと集中力は切れていなかった。

それだけに失点シーンの植田の対応は勿体なかったが、試合展開的にはこの1点で神戸が息をついて受け身に回ったことで逆襲の機会が得られたのだから、勝負のアヤというかなんというか。

ポドルスキについては、今のところは周りも気を遣っているような感じで、単発の破壊力に留まっているという印象。このまま馴染まずに終わる可能性もあると思っているが、上位陣だけは食い破ってくれないかなあと勝手なお願いをしておく。

鹿島陣営に話を戻すと、なんにしても大岩は辛抱強い。

もし自分が監督だったら球の収まらない2列目2人を起用することすら見送るが、結果を出すまで信じて使っている。特にレアンドロはカードも貰っていたし、いつ退場になってもおかしくなかったのに決勝のアシストまで代えなかった。

序盤苦しんだのも、明らかにここでボールが落ち着かなかったことが大きいと思うのだが。

ところで中村の壁パスはライブで観た時も感じたが、ダイジェストで観ると、やはりトラップミスがたまたまいいところに飛んだというふうにも見えるが・・。自分で拾いに行こうとしているしね。

3枚目にブエノを持ってきたのは、ハーフナーを使ってくると見越したうえでのことだろうし、采配は当たりまくっている。

まあ、連勝中は何をやってもうまくいくもので、だからこそ勝つし、自信を持って采配を振るっているのも選手に好影響を与えているのだろう。

レオシルバは相変わらず長所と短所が紙一重で、周りとの組み合わせ、相手関係、フィジカルコンディションを含めて使いどころが難しい。三竿健(弟)を軸に使って行く方針のようだし、永木が復帰すれば頭を悩ませることになるだろう。

サイドバックは伊東に目処が立ったし、2列目はもともと人材豊富。ペドロ・ジュニオールが離脱したことでトップは金崎に負担がかかるが、その時は鈴木にやって貰おう。90分やれるかはやってみないとわからないが、気持ちは戻って来たようだ。

あとはCB。植田が抜けて完封するようなら安心出来るのだが、あえて外して勝負なんて博打を打てるわけでもなし。故障だけはしないように注意深くやって欲しい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ