So-net無料ブログ作成

川崎に雪辱を [雑感]

昨年、川崎に対しては優位に戦いを進め、重要な戦いを鹿島が制してきた。

その悔しい思いを持っていたのだろう。前回の対戦は川崎の強い気持ちが出ていた。完敗といってもよく、鹿島側はどこか軽く捉えていたような感じもした。

今度はそう簡単にやらせるわけにはいかない。今年の借りは今年のうちに。

小林が出場微妙らしい。いい選手なのは間違いないが個人的にはあまり琴線に触れない。やはり川崎の中心は中村憲と見ている。

どこまでガッツリと潰しに行けるかが勝負の分け目となるだろうが、とはいえ自陣に近いところで不用意に与えるとセットプレーで失点する可能性も高まる。

遠目ではガツガツ行って、バイタル近くではパスを出させないように執拗にマークという方向で行きたい。重要なのはボランチと2列目からの圧力が大事と考える。

どういう組み合わせで行くか読めないが、疲労度で考えると小笠原とレオシルバとなる。ただ、三竿健(弟)には特別な期待を寄せているようで、連戦でも関係なく起用するかもしれない。

小笠原なら中村憲にしつこくいってくれるだろうが、いかんせん体力的に問題があり、イエローも怖いし、いずれ振り切られるような気もする。周りがどこまでフォロー出来るかがカギかと思うが、レオシルバはあんまり周りとか考えずに自分だけでいってしまうからなあ・・。

2列目には遠藤を入れると思うが、相方はこちらも疲労度を思えば中村よりレオシルバになるかと。しかしながら、どっちを起用するにしても守備が緩いことに変わりなく、遠藤に負担がかかるのはやむをえまい。

川崎は昔のイメージと違って守備が堅い。チョン・ソンリョンの守備力もあるが、なかなか簡単にゴールを割らせて貰えない。少ないチャンスを決め切れるか。どうしても金崎頼みになっているが、ミドルシュートも交えて得点を挙げて欲しい。

先制点を許すと今まで以上に難しい試合になると思われる。中村憲を徹底マークで何もさせず、無失点で頑張ること。と、同時に受け身になり過ぎて相手のペースにさせてもいけない。

そのあたりの匙加減や試合の勝負どころは、今のところ大岩が冴えているので、なんとか打開してくれるものと期待している。

勝って、まずは川崎を振り切りたい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村