So-net無料ブログ作成
検索選択

2017第22節川崎(アウェー)戦 [リーグ]

屈辱のシーズン2度負け。0-3、1-3で完全敗北。敗因を分析し、もう一度、相手を倒す気持ちを強く持って出直して貰いたい。

具体的に言えば、守るのではなく、最初から全力で攻めて打ち合いで勝ち切るというような。

一番の敗因は運動量と気持ちで完全に負けていたところ。同じ日程で恨み言はない。明らかに戦術ミスあるいは、選手の選択ミス。

ある程度は攻めさせて後半勝負という意図があったのかもしれないが、あれだけ相手に圧倒されてしまうとどうしようもない。鹿島の選手の気持ちが全員後ろに向いていた。

前半アディショナルタイム、カウンターからのオウンゴールでの失点。中央の戻りが遅れたのが原因だが、絶対にゴールを割らせないという意思を持って帰陣していれば防げたような気がする。ここでも足が止まっていた。

後半開始直後、3バックに変更して落ち着かない時間、即座に追加点を取られたのも痛かった。ほぼこれが致命傷だったと言える。

鹿島にも少ないながらもチャンスはあったが、決まったのは伊東からのクロスを鈴木がヘッドで決めたものだけ。もっと早くから攻め立てていれば違った展開もあったかもしれない。

ここまで打つ手がことごとく成功してきた大岩だったが、この日に限っては全て失敗。スタートから、戦術変更、攻めるタイミングなど。

中村へのこだわりはわかるが、代わりがいないわけでもなしトップで使うのは無理だろう。かつてはこのブログでもトップに向いているのでは?と書いた時期もあったが、それは代わりがいない時の話。

せめてボールがこないなら前線から追い回して少しでもプレッシャーをかけて欲しかったが、ボールが来た時にちょっと動くだけで、実質10対11で戦っているようなものだった。あそこまで運動量のある川崎相手では、体感的には更に人数差があるように感じられた。

レアンドロもドリブルで自分の後ろ足に当ててボールロストとか・・。

ファウルを流す傾向だった西村主審のジャッジでは、ひ弱な中村、レアンドロでは歯が立たず、戦える鈴木、安部、金森のような選手の方が良かった。

相手方では個人的には小林にはあまり脅威を感じないのだが、鹿島キラーの素質がある家長には嫌な思いを抱いていた。あまりスタメンで出ていないから川崎では出番がないのだとスルーしていたが、怪我で出ていなかっただけだったのか。

サイドで起点は作られるし、独特なテンポのドリブルといい決定的なスルーパスといい。そしてトドメの3点目。試合後のインタビューは家長だったが、向こうのMVPは間違いなく家長だろう。

首位はキープしたままだとはいえ、望んで混戦のなかに身を投じるとは鹿島も物好きなもので。

川崎に負けてから無敗だったが、川崎に止められた。ここで連敗だけはしないよう、しっかりと立て直して欲しい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2017第22節 8/13(日)】(等々力陸上競技場19:03KickOff鹿島/24,008人/晴一時雨のち曇)
【スコア】川崎 3-1 鹿島 (前1-0 後2-1) (S 15-9)
【主審】西村雄一(主審)、和角敏久、大川直也
【得点】
(川)前45+1分 オウンゴール(西)
(川)後01分 登里→阿部 9右
(川)後27分 小林→家長 1左
(鹿)後42分 伊東↑鈴木 5H
【警告】
(鹿)レアンドロ3(前38分)
(川)ハイネル2(後22分)
【出場】
GK 曽ヶ端
DF 西 植田 昌子 西c
MF レオシルバ 三竿健(弟) c遠藤→77伊東 レアンドロ→61安部
FW 中村→56鈴木 金崎
【サブ】川俣 ブエノ 伊東 安部 小笠原 土居 鈴木
【監督】大岩剛
【MyMVP】-

共通テーマ:スポーツ

2017第21節神戸(アウェー)戦 [リーグ]

なんて勝負強いんだ。

前半、完全に神戸ペースで鹿島はレアンドロの惜しいシュート1本のみ。苦しい時間帯を耐えていざ後半というところで、コーナーキックから植田の緩い対応と曽ヶ端の判断ミスで先制を許す展開。

ついに大岩ザ・ワールドの効果時間が切れたのかと肩を落としていたが、途中交代の鈴木がグラウンダーのクロスを入れ、中央で中村が壁パスで落とし、金崎がダイレクトで右隅に叩き込んで同点。

ここから鹿島のターンが始まった。

脚が止まり出した神戸に対し、安部を入れて圧力を上げる。相手が3バック気味に変更したことで更に裏を狙えるようになり、辛くもオフサイドで逃れていたDFラインをついに捉える。

西の縦パスをレアンドロが股抜きでスルーパス。抜け出した金崎がGKとの1対1を冷静に捌き、無人のゴールに逆転弾を決めた。

勝ち越した時間帯も絶好だった。脚も止まり、気持ちも落ちた神戸に反撃の隙を与えず、最後はハーフナーの高さ対策でブエノを投入する万全の采配で逆転勝ち。鮮やか。

正直、前半の圧倒的にボールを持たれる展開、相手の堅い守備にチャンスも作れず、セットプレーで失点するなど今日こそは負けたかと思った。

2列目のレアンドロ、中村のボールロストや中途半端なプレーでリズムを失っていると感じていたが、こここそが大岩のこだわり。スコア的にはアシスト数チームトップの中村と続くレアンドロは、実績通りに金崎の2得点をアシストし、采配が正解であることを示した。

観た感じ、このセットは圧倒的存在感があるわけではないのだが、結果的には正解になっているのが不思議・・。守備面で時々緩いのは目を瞑って、アシストに期待ということなのだろうか。

中村はああいう中央の密集地帯で力を発揮するのはわかるのだが、それ以外の集中力の欠けたプレーの印象が良くないし、レアンドロはヘッドバッドをイエローで勘弁して貰えたおかげ。前も遅延プレーでイエローを貰っていたし、自制して欲しい。あれはレッドでもおかしくなかった。

レオシルバはいつも通り、良くもあり悪くもあり。簡単なパスミスだったり、自陣でのロストだったりやはり怖い部分も多い。プレースキックを任せてみては、という少し前に出した提案は、そろっと却下させて頂く。

ディフェンス陣は失点の場面だけ連携に綻びが出た。植田ももう少し強く競れたはずだが、曽ヶ端の飛び出しで躊躇したのだろうか。それ以外は全員が体を張って危ない場面を何度もブロックしていた。波状攻撃を受けていた時間は息が止まったが、息の根は止められなくて良かった。

攻撃ではさすが金崎。試合後に「このピッチでどうしても勝たないといけない理由があった」と(おそらく)神戸からのオファーの件について言及してくれており、鹿島に残った理由はこれだ、というのをプレーで語ってくれた。アツい。

安部、鈴木も途中交代でしっかりとアピール。鈴木はエリア内で倒れに行くプレーは方向性が違うとは思うが、フィジカルを活かして前線で動いてくれたし、安部は五分五分のボールをマイボールにして助けてくれた。エンドライン際での仕掛けも光るものがあった。

苦しみながらも終わってみれば、スコアもポゼッションもシュートも相手を上回り、全て作戦通りだったかのかと大岩の手腕に素直に感心する。

セレッソが逆転負けを喫して、暫定ではない首位に躍り出た。ぴったりついてくるマリノスが不気味だが、次節試合のないセレッソを突き放すチャンスと同時に、川崎にも水を空けるチャンス。選手のローテーションをどうやりくりするかが注目。

行って現地で感動したかったなと残念に思うが、アウェー負けなし記録を止めなくて良かったとも思う。今季はおとなしく家で応援するかな。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2017第21節 8/9(水)】(ノエビアスタジアム神戸19:03KickOff神戸/19,039人/晴)
【スコア】神戸 1-2 鹿島 (前0-0 後1-2) (S 11-12)
【主審】佐藤隆治(主審)、中野卓、松井健太郎
【得点】
(神)後04分 CK藤田↑渡部 2H
(鹿)後24分 中村→金崎 7右
(鹿)後41分 レアンドロ→金崎 8右
【警告】
(鹿)レアンドロ2(前26分)
(神)高橋2(前14分)、岩波2(後15分)、藤谷1(後37分)、伊野波1(後45+1分)
【出場】
GK 曽ヶ端
DF 西 植田 c昌子 山本
MF レオシルバ 三竿健(弟) レアンドロ 中村→74安部
FW 土居→57鈴木 金崎→88ブエノ
【サブ】川俣 ブエノ 伊東 遠藤 安部 金森 鈴木
【監督】大岩剛
【MyMVP】金崎(5)
【DAZN】0クルクル、最大0秒、フリーズ0回(サインアウト0回)

共通テーマ:スポーツ

2017第20節仙台(ホーム)戦 [リーグ]

深い霧の中、モニター画面上では向こう側がまったく見えない雨よりもタチの悪い天候。前半23分頃からカラーボールを投入し、前半に少しインターバル、後半15分には一時中断。

選手の集中力が試される試合になったが、最後まで気持ちを切らすことなく無失点で守り切り、追加点を決めて突き放す完全勝利となった。お見事。

スタメンは山本、レオシルバ(レアンドロも?)を温存し、伊東を入れて西を左に、レオシルバの代わりに小笠原、レアンドロの代わりには遠藤という布陣。

レギュラーほぼ固定になっていると言ったそばからメンバーを変更してくるとは、イワ恐るべし・・。

クォンスンテの怪我が思った以上に長引いているのかベンチにも入っていないが、ここにきて曽ヶ端のセービングに磨きがかかっている。

鹿島が押し込みながらシュートを打てない時間帯、仙台に訪れたチャンス。視界の悪い濃霧の中、鋭いミドルシュートが枠を捉えたが、曽ヶ端が抜群の反応で弾き出した。終わってみれば仙台のシュートはこの1本だけだったが、あそこを決められていたらゲームは苦しくなっていた。

先制点の土居、トドメの鈴木よりもMyMVPは曽ヶ端にする。勝利に直結するナイスセーブだった。

勿論、土居の先制点も素晴らしかった。

守りたい仙台の思惑通りに0-0で進んでいた前半、アディショナルタイムに一瞬の隙を突いて中央から中村がスルーパス。裏に抜け出した土居がキーパーの右上を抜いて先制点。重い展開を吹き払う待望の得点だった。

土居は細かなミスも多く、顔つきもなんだか痩せたようでコンディションを心配していたのだが、欲しいところで決めてくれる監督の期待通りの働き。序盤、どうかなと思うシーンもあったが、交代する頃には攻守にバランスの取れた、土居らしさが出ていた。

中村のパスも絶妙だった。個人で集計しているアシスト数では4つめで、チームトップとなった(以下、3で金崎、レアンドロ、遠藤)。大岩のこだわりが結果となって出ている。

やはり適正はトップ下なのかとも思うが、絶好機を2本と、オフサイドでノーゴールとなった1本。ゴールだけが挙げられない。決まってもおかしくないのだが。

久々の小笠原はやはりポジショニングやパスの散らし具合がうまかった。累積4枚目で次節出場停止になったが、もともとターンオーバーするつもりだったろうし、これは問題なかろう。曽ヶ端とともに出場間隔が空いてもしっかりやってくれるベテランは頼もしい。

金崎はサイドに流れて起点を作ったり、得点につながりそうなクロスを上げたり、前線で存在感を出していた。終盤近くで決定機が1本あったのだが外してしまい、そこはちょっと勿体なかったが、すかさず鈴木の得点をループパスでアシストするなどエースの貫録を見せた。

神戸移籍の話はチーム内ではネタ扱いされているとのピッチレポーターの談もあり、少なくとも今夏中の移籍はなさそうでひと安心。あとは怪我だけ注意。

途中出場の安部は今日も短い時間で得点に絡む仕事。鈴木のズレた横パスをなんとか足に当てたことで金崎につながり、得点になった。

鈴木と同じポイントに走り込んでいて嗅覚も鋭い。うまくスクリーンの役割になって隠れたアシストとも言える。攻撃に出る時と控える時の判断にソツがなく、ボールを持った時の「失わなさそう」という安心感も大きい。

ちなみに「失いそう」と思う現在のトップランカーはレアンドロ。

左に回った西の元気のなさと、植田のパスミスがいくつか、あとは終了間際に攻撃が雑になって無駄にロスト、相手に攻めさせてしまうなど気になったところはあるが、難しいコンディションの中で攻守に結果を出しての勝ちなのだから文句をつけたらバチが当たろう。

大岩の采配も冴えてきたようで、ターンオーバーしながら勝ち続けるという難行を成功させている。セレッソが負けないのでなかなか突き抜けられないが、先に脱落は出来ない。このまま連勝といこう。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2017第20節 8/5(土)】(カシマスタジアム18:33KickOff鹿島/17,156人/曇のち濃霧)
【スコア】鹿島 2-0 仙台 (前1-0 後1-0) (S 11-1)
【主審】飯田淳平(主審)、三原純、堀越雅弘
【得点】
(鹿)前45+3分 中村→土居 2右
(鹿)後45+2分 金崎↑鈴木 4左
【警告】
(鹿)小笠原4(前27分)
(仙)なし
【出場】
GK 曽ヶ端
DF 伊東 植田 昌子 西
MF c小笠原 三竿健(弟) 遠藤→76安部 中村→83山本
FW 土居→69鈴木 金崎
【サブ】川俣 山本 ブエノ レアンドロ 安部 レオシルバ 鈴木
【監督】大岩剛
【MyMVP】曽ヶ端
【DAZN】1クルクル、最大2秒、フリーズ0回(サインアウト0回)

共通テーマ:スポーツ

2017第19節甲府(ホーム)戦 [リーグ]

前半苦しみながらも後半に畳みかけて終わってみれば3-0の完勝。大岩の得意パターンになったが、後半開始早々の金崎のゴールがなければ、もっと危ない試合になっていたかもしれない。

ペドロ・ジュニオールが怪我(骨折で全治2ヶ月とか!いつの間に?!)とのことでトップには土居。それ以外は大岩のお気に入りセットの中村、レアンドロにボランチ三竿健(弟)。永木はとうとうベンチ外になってしまった・・。(怪我?)。

前半、厚く守る甲府に打つ手がない感じで、ボールポゼッションは高いものの枠を脅かすシュートもなく、甲府の思い通りに0-0で終了。

後半、何か策があるのかと思っていたがそのままスタートし、嫌な予感がしたのもつかの間。

中盤でボールを奪って、金崎がレアンドロとの短い距離でのワンツーを決めて鮮やかに抜け出し、左足でゴール。エースの得点でチームに活気が戻った。

交代で土居の代わりに鈴木が入り、久々に金崎と鈴木の「師弟」コンビだなと観ていたら、サイドを抉った金崎からの難しいハーフバウンドのパスを、鈴木はジャンピングボレー。しっかりと枠を捉えてゲームを決定づける2点目を挙げた。いい時の鈴木の決定力だった。

これで試合にはほぼ勝ったと思ったが、CB二人がなんだか本調子ではなく、ポストに救われるシュートを打たれたり、昌子が凡ミスで足元のボールをドゥドゥに奪われてキーパーとの1対1のシュートを打たれるなど安心出来ない状況。

曽ヶ端が落ち着いて股を締めてセーブしたが、あそこで失点すると流れ的にも難しい試合になっていたかもしれない。

怪我明けの植田も序盤ふわふわしていて、目測を誤って頭の上をボールが通過したり、裏を取られたりと不安定だった。終盤少し持ち直したが、試合勘のせいだと思いたい。昌子は疲れが溜まっているのだろうか。

いくつかの危ない場面をなんとか逃れてからは鹿島のペースに戻り、金崎との交代で入った安部がレアンドロからのスルーパスを受けてキーパーと1対1。軽くフェイントを入れて左足でリーグ初得点を決めた。

ちなみにこの場面、ずっと安定せずにカクカクとした配信だったDAZNが本領を発揮し、安部がフェイントで切り返したところで画面が数秒止まり、音声だけで「ゴール!」と聞こえてきた。

映像よりも音の方が速く届くという物理法則を無視した精神攻撃に、嬉しいはずの安部のゴールを素直に喜べなかったぞ。

結果、交代枠を残したまま勝利したのだが、代えなかった理由は何だったのだろうか。遠藤をボランチで試したいのなら少しでも試運転出来ただろうし、西が万が一にも2枚目のカードを貰ったら次節出場停止だし、代えようと思えば代えられたのだが。

中村に対する想いが強過ぎる気がしてならない。3得点目にはうまく絡んだが、それ以外ではボールを失ったり精度が悪かったりと、いまひとつここまで重用される要素が見つからない。

本質的にトップ下の密集地帯で良さを出せる選手、という認識は今でも持っており、3得点目のポスト役になったケースがまさにそうなのだが、サイドハーフでは100パーセントの力を出し切れていないのではないだろうか。

レアンドロは2アシストと完全に大岩体制になって生き返っており、よく使えるまでに戻したなと心底感心している。最後まで走れているのは途中うまくサボっている時間帯があるからだと思っているが、周りがフォロー出来ていて、かつ得点に絡んでくれるなら問題ない。

レオシルバは効いてはいるのだが、相変わらず危ない場所で取られたりするので怖い。前々回でオススメしたキッカーを担当していたが、残念ながら決定的なボールはなかった。この前のは偶然だったのだろうか。

ともあれ、エース金崎の先制点。出場機会を貰った鈴木と安部も揃って結果を出し、ペドロ・ジュニオールが離脱した危機を埋めてくれた。まさかこの状況で金崎が神戸に取られたりはしないだろうが、現在スタメン固定になっている選手は、出られない選手のぶんまで頑張って貰いたい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2017第19節 7/29(土)】(カシマスタジアム18:33KickOff甲府/18,413人/曇)
【スコア】鹿島 3-0 甲府 (前0-0 後3-0) (S 11-9)
【主審】福島孝一郎(主審)、中井恒、武田光晴
【得点】
(鹿)後01分 レアンドロ→金崎 6左
(鹿)後17分 金崎↑鈴木 3右
(鹿)後45分 レアンドロ→安部 1左
【警告】
(鹿)西2(後19分)
(甲)小椋1(後35分)
【出場】
GK 曽ヶ端
DF 西 植田 c昌子 山本
MF レオシルバ 三竿健(弟) レアンドロ 中村
FW 土居→57鈴木 金崎→76安部
【サブ】川俣 伊東 遠藤 安部 小笠原 金森 鈴木
【監督】大岩剛
【MyMVP】金崎
【DAZN】0クルクル、最大0秒、フリーズ1回(サインアウト1回)、カクカク時間長い

共通テーマ:スポーツ

2017第18節FC東京(アウェー)戦 [リーグ]

引き分けてしまうとは・・。

レアンドロから遠藤、西のクロスを金崎ヘッド、防がれたこぼれをペドロ・ジュニオールがヘッドで押し込むという鮮やかな連携から理想通りに先制点を取り、その後は自分たちのペースで体力も温存。時計の針を勧めながらゲームを運んで、もう1点をどこで取るか。そういうゲームだった。

しかし、決定機を何度か逃しているうちに、心の隙間が生まれたのか。どーん。

太田のクロスから橋本のヘディング。対応が遅れていたし、橋本にもミートされてしまったが、キーパーにノーチャンスのシュートだったわけではない。あれは枠の外に弾くか、最低でも前に転がして欲しかった。

ただ、曽ヶ端は後半にビッグセーブも1本あったし、トータルでは可もあり不可もありイーブン。

日程の都合とはいえ、あまりにも緩いゲームをしてしまった前半のうちに同点にされ、後半は嫌な入りになると思っていた。

それでもギアを上げて鹿島の方が攻めに出たが、レアンドロの苦し紛れの難しい横パスをレオシルバがトラップミス、慌てて喰いついた三竿健(弟)が股の間を抜かれて完全にディフェンス崩壊。

最後はピーター・ウタカから走り込んで来た橋本に渡り、確実に決められて逆転を許す最悪の展開になった。

リードされてからは鹿島に攻め手がなくなり、自分の考えではレアンドロか永木を下げて小笠原を入れて、中盤からのパスを多く出すべきだと考えていた。

大岩の交代は永木→伊東で遠藤をボランチで西を2列目。この形がハマったのか不明だがレオシルバが敵陣深くに入れるようになり、左サイドで崩してライン際まで侵入、マイナスに折り返したところをペドロ・ジュニオール。

左ナナメ30~40度、PA内からの強烈なシュートが突き刺さって同点。

ここから一気に畳みかけたかったのだが、相手の動きも良くなりややオープンな展開に。鹿島にチャンスもあったが、FC東京にもチャンスがあった。

遠藤を下げて土居を投入、西をボランチに変更。最後のカードは金崎に代えて鈴木。鈴木は鬱憤をここで晴らしてくれと祈りながら観ていたのだが、さすがに時間が足りな過ぎた。

レアンドロを最後まで残し、大岩が大きな期待を持っていることがわかったのと、西にも絶大な信頼を寄せているのを感じた。

金崎は先制点につながったヘッドは入り方といいコースといい完璧だったが(防がれたが)、キーパーが飛び出したゴールへのループを外したり、伊東からのクロスを決め切れなかったりと、若干消化不良。悪くはなかったのだが・・。

ペドロ・ジュニオーはルいよいよ覚醒したのか。金崎にパスを送れば、というシーンがいくつかあったようにも見えたが、打ち切ることでリズムも出るのだろう。とにかく絶好調。

以前、「鹿島に来てまだ凄いと思ったことは一度もない」と言ったことを改めて撤回させて頂きます。ごめんなさい。

レアンドロの評価ももう少ししたら撤回するかもしれないが、2失点目の軽率なパスミスを含め、怪しい場面があり、攻撃はともかく守備面でまだ信用が置けない。前よりは良くはなっているので、いずれ修正された暁には評価を改める。今のところ絶望感はなくなった。

大岩はターンオーバーで乗り切るよりもフルメンバーで押し切る方針で、戦い方を含めて難しかったのだが、フィジカルコントロールには自信があるようなことを試合中のピッチレポーターが言っており、マネジメントが出来ているという手応えがあったのだろう。

実際、前半の体力温存作戦が効いたのかもしれないが、走り負けはなかった。

しかし、あれだけ前線からのプレスがなかったのなら、前半の残り10分くらいディフェンスだけでボールを回しても取りに来なかったのではないだろうか。この前のU20韓国大会の予選最終節のイタリア戦(だっけ?)くらいあからさまなことにはならなかっただろうが、攻める気がないなら中途半端はやめて守りに徹するべきだったかと思う。

長くなってきたので続きは明日。もうひとつだけ付け加えると、主審のジャッジには色々と不満があった。カードの出し方やファウルの取り方、ラストの唐突な終わらせ方など。引き分けたから言っているように聞こえるので、だからこそ勝って終わりたい試合だった。悔しい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2017第18節 7/8(土)】(味の素スタジアム19:03KickOff FC東京/42,979人/晴)
【スコア】FC東京 2-2 鹿島 (前1-1 後1-1) (S 7-13)
【主審】村上伸次(主審)、唐紙学志、武部陽介
【得点】
(鹿)前16分 ペドロ・ジュニオール 6H
(F)前44分 太田↑橋本 3H
(F)後02分 ピーター・ウタカ→橋本 4右
(鹿)後31分 レオシルバ→ペドロ・ジュニオール 7右
【警告】
(鹿)金崎3(前6分)
(F)なし
【出場】
GK 曽ヶ端
DF 西c 三竿健(弟) 昌子 山本
MF レオシルバ 永木→62伊東 レアンドロ c遠藤→77土居
FW ペドロ・ジュニオール 金崎→86鈴木
【サブ】川俣 伊東 中村 小笠原 土居 金森 鈴木
【監督】大岩剛
【MyMVP】-
【DAZN】0クルクル、最大0秒、フリーズ0回(サインアウト0回)

共通テーマ:スポーツ

2017第13節(延期)ガンバ大阪(アウェー)戦 [リーグ]

ピンクユニじゃなかった!

相手のユニの色がどのくらいならピンク着用になるのかわからないが、白ユニになってもアウェーでは強かった。

大岩体制となって5連勝(+天皇杯1勝)、初めての1-0という引き締まったスコアでの勝利。いや、ホントは逆転勝ちでもなんでも勝てばそれでいいのだが、なんか今日は強かった。

折り返し時点でアウェー8戦8勝は初のことだそうで、めでたし。隠れファーストステージ優勝を達成。

ターンオーバーほぼなしのスタメンを見た時、これはホントに大丈夫なのか?と不安しかなかったが、始まってみればガッツリ互角。むしろガンバの方が脚が止まっている場面もあった。

勿論、リードしている展開が鹿島の選手の心を支えたのかもしれないが、先制点に至るまでの試合ぶりも充分にやれていた。

長沢に抜け出された最初の決定機は、曽ヶ端が果敢に飛び出してセーブし、三竿健(弟)が弾き出した。少しばかり三竿健(弟)の対応が軽かった気がしないでもないが、連携して最後は弾き出せた。

後半のアディショナルタイム、ラストワンプレーのガンバCKも決められる雰囲気満々だったが、レオシルバ、曽ヶ端、三竿健(弟)と3枚の盾で防ぎ切り、決死の飛び込みで曽ヶ端がボールを守り切った。まさに執念。気持ちがこもっていた。

MVPは曽ヶ端でもおかしくないが、試合の流れを作った遠藤の得点の方につけたい。

プレスはさほど強くないものの、後ろにどっしりと重心を置いて堅く守るガンバのディフェンスを崩せず、前半はシュート1本。後半になっても攻め手が見つからないなか、ガンバのカウンターになりかけたボールを引っかけて小笠原。

すかさずスルーパスを出し、反応した遠藤が「一か八か狙った」とインタビューで語った通り、ゴール右上隅をピンポイントで打ち抜き、待望の先制点。

あれを決められるならもうちょっと後のフリーで打った左上隅のシュートも決めて欲しいとは思うが、遠藤に決定力が出てくると鹿島は強い。守備でも安定していて、2列目に遠藤がいると引き締まる。

ペドロ・ジュニオールも悪くなかったが、チームの方針か途中で下げられやや不満を表していた。エースの金崎はフル出場し、伊東からの高速クロスを惜しいシュートが1本、あれは枠に飛ばしたかった。最後まで運動量が落ちず、前線から圧力をかけ続け、守りのセットプレーでも貢献。次はさすがに無理かな。

中盤は小笠原が効いていた。テンポの良いパス捌きでリズムを作り、危ないところに顔を出して睨みを利かせる。レオシルバとの息も合っていて、中盤を堅く守れていた。終盤、やや動きは鈍ったが、あそこまでやってくれれば充分だろう。

三竿健(弟)は怪しい箇所は何回かあったが、前回より慣れたようで顔色も悪くなかった。いい経験を積めている。

前半、得点にはつながらなかったがパスアンドゴーでボールを運ぶシーンも何回か見られ、西→中村のシュートは狙っていた形だったと思う。続けて欲しい。

出場した全員が冷静に、熱くプレーし、全力を出してやり切った試合。危ない場面もあったし、あと1点取りたい場面もあったが、強いゲームだったと思う。

心配なのは「吹田スタジアムは相性がいい」と報知新聞のコメントまで載っていた鈴木に出場機会さえなかったこと。ちょっと冷遇され過ぎな気がするが、気持ちを切らさず出た時に頑張って貰いたい。

試合後の遠藤のインタビューでは、出ていない選手のことにも触れていた。遠藤の言葉通り、誰が、というのではなくチームとして勝ち進んでいきたい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2017第13節(延期) 7/5(水)】(市立吹田サッカースタジアム19:03KickOff鹿島/18,626人/曇)
【スコア】ガンバ大阪 0-1 鹿島 (前0-0 後0-1) (S 13-7)
【主審】木村博之(主審)、相楽亨、川崎秋仁
【得点】
(鹿)後10分 小笠原→遠藤 2左
【警告】
(鹿)ペドロ・ジュニオール1(前21分)、曽ヶ端1(後45分)
(G)倉田(後45+2分)、東口(後45+5分)
【出場】
GK 曽ヶ端
DF 西 三竿健(弟) 昌子 山本
MF c小笠原 レオシルバ 遠藤→87永木 中村→76伊東
FW ペドロ・ジュニオール→60土居 金崎
【サブ】川俣 ブエノ 伊東 永木 土居 金森 鈴木
【監督】大岩剛
【MyMVP】遠藤
【DAZN】3クルクル、最大10秒、フリーズ1回(サインアウト1回)

共通テーマ:スポーツ

2017第17節柏(アウェー)戦 [リーグ]

よく勝った。悪い時間帯もあったしミスもあったが、死力を振り絞っての勝利。

前半を観ていると出足でも負け、気持ちでも負け、先制点まで許し、とても勝てる雰囲気ではなかった。このまま追加点を決められてまた負けてしまうのか・・正直、そう思ってさえいた。

後半開始早々、クォンスンテが相手選手との接触により、右手親指を痛めて曽ヶ端と交代。普通、キーパーが負傷交代したら負けるイメージしかない。しかもリードされている状況。

しかし、金崎の一撃がチームを蘇らせた。

マークもつかれて楽な形ではなかったが、左ナナメPAやや外から強引にシュートを打ち、鉄壁と思われた中村航の頭上をブチ抜いて同点。

エースの得点で俄然、盛り上がる。

続けて得たFKを永木がファーに蹴り、目測を誤った中村航が飛び出して触れず、そのままゴール右上隅に決まって逆転。中村航から冷静さを奪ったのは金崎のゴールだったかもしれない。

ところが再びギアを上げてくる柏を受け切れず、曽ヶ端が飛び出したところをかわされてクリスティアーノに同点弾を喰らう。

ここからは気持ちの勝負。オープンな展開で攻防を繰り広げるなか、スローインからペドロ・ジュニオールが切り込み、金崎と同じような位置からシュート。相手に少し当たって絶妙なコースに飛んで勝ち越した。3本とも左からのシュートで、何かしらの加護があったのだろうか。

ペドロ・ジュニオールのことは半分は諦めていたが、これぞペドロ・ジュニオール!という文句のない力強いゴールだった。押し込まれる展開になった後は前線でタメを作り、攻守に貢献した。評価を改める。

守備陣では脚がつるまで走った山本。先制点の起点にされたとはいえ、伊東純をよく抑え込んだ。昌子もほぼ素人同然の三竿健(弟)を引っ張って最後まで踏ん張った。

思えばクォンスンテの負傷時のプレー、判定はファウルだったが永木は最後まで諦めずに追ってクリアした。あの粘りが勝利につながったのかもしれない。

ただ、三竿健(弟)のCBは残念ながら失格。何度も裏を取られていたし、本職ではない脆さが目に見えて出た。外国人枠の関係でブエノを使えない非常手段とはいえ、今後に不安の残る内容だった。今日は攻撃陣に感謝すべき。

持ち味である積極性も失われており、フィードの精度も悪い。色々と慣れないことをやって頭が一杯なのだろうが、いい方向に伸びてくれると思いたい。

永木とレオシルバのボランチは運動量があってカバー範囲が広いのが長所だが、二人ともボールを取りに行くので抜かれた時の穴はかなり心臓に悪い。

3枚目は小笠原を入れて3ボランチにしては?と思ったのだが、伊東幸を入れて西を上げるという選択。ちなみに伊東幸のイエローカードは厳しい。

攻撃陣では金崎、ペドロ・ジュニオールが個人技で得点を挙げて存在感を示したが、2列目のレアンドロ、中村のセットはどうだっただろう。大岩のこだわりなのだろうが、中村はほぼ消えていたような。

レアンドロはどころどころでハッとさせられるいいプレーを見せ、個人的評価も相当取り戻してきたとはいえ、中村と二人並べると全体的な強度が足りなくなって他の負担が大きく感じる。

ペドロ・ジュニオール、レアンドロ、中村をセットで使いたい思惑があるのかもしれないが、もうちょっと様子を見て使っていった方がいいのではないかというのが疑り深い当ブログ主の見解。

あと、80分くらいに金崎がエリア内で倒された件は、興梠だったら確実にPKを貰えていた。何が違う?

勝ったとはいえ、今日の勝利は個人技と中村航のらしくないミスのおかげという気もするが、勝ったという結果は素直に賞賛したい。本当によく勝った。嬉しい。

ガンバ戦に勝てば前半戦、首位での折り返しとなるが、過酷な連戦を乗り切っていけるだろうか。

余談ながら、実況の倉敷保雄が独特のイントネーション過ぎて、酔いそうになったことを付け加えておく。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2017第17節 7/2(日)】(日立柏サッカー場18:33KickOff柏/13,945人/晴)
【スコア】柏 2-3 鹿島 (前1-0 後1-3) (S 16-10)
【主審】佐藤隆治(主審)、名木利幸、馬場規
【得点】
(柏)前24分 クリスティアーノ→大谷 3右
(鹿)後08分 (中村)→金崎 5右
(鹿)後11分 FK永木 1右
(柏)後17分 小池→クリスティアーノ 7右
(鹿)後27分 山本↑ペドロ・ジュニオール 5右
【警告】
(鹿)土居2(後45+1分)、伊東1(後45+4分)
(柏)伊東2(前25分)
【出場】
GK クォンスンテ→49曽ヶ端
DF 西 三竿健(弟) c昌子 山本
MF レオシルバ 永木 レアンドロ→84伊東 中村→74土居
FW ペドロ・ジュニオール 金崎
【サブ】曽ヶ端 伊東 遠藤 小笠原 土居 金森 鈴木
【監督】大岩剛
【MyMVP】ペドロ・ジュニオール
【DAZN】0クルクル、最大0秒、フリーズ0回(サインアウト0回)

共通テーマ:スポーツ

2017第16節新潟(ホーム)戦 [リーグ]

ペドロ・ジュニオール、土居、レアンドロ、中村というセットが大岩は好きなようで、「大岩バ○ューセット」と名付けようかと思ったら商標登録されているようなので却下。

前半グダグダ、後半修正して2得点での勝利。違う切り口で勝利を飾れたが、やはり相手に助けられているという印象は拭えない。

前半2~3度決定機を作られ、あそこで失点していれば逆転出来たかどうか・・。

後半になっても新潟に押されている雰囲気の中で得たCKを小笠原が蹴り、山本が力強いヘディング。こぼれたところをペドロ・ジュニオールがしっかりと押し込んでようやく先制。

やっとひと息つけた。

ここからは交代枠をうまく使ってゲームを掌握して欲しいと思ったが、消えているレアンドロ、中村を代えずに我慢。

正直、これで追いつかれたら下策中の下策と見ていたが、中央で受けたペドロ・ジュニオールのスルーパスが通り、レアンドロがワンタッチ目こそ流れたものの右足で浮かせてGKを抜き、鮮やかに追加点。

おみそれしました。

ただ、そこまで我慢したのに3枚目を切り、あの時クォンスンテがかなり右足を痛めていたようなので、安全を考えるなら様子を見るかきっぱりと曽ヶ端に代えても良かった気がする。

ラスト、左足でキックしていて試合後も足を少し引きずっていただけに心配。

そしてレオシルバの復帰で当たり前のようにブエノが弾かれてしまったが・・。先のことはちゃんと考えてあるのだろうか。不安の方が大きい。

土居のスタメンも微妙で今日もボールが収まらず、金崎は怪我の具合が良くないのだろうか。ベンチを外れた鈴木や永木のモチベーションも大丈夫だろうか。

大岩セット(仮改名)が文句のつけようのないくらいの破壊力があるならともかく、上位陣に通用するのか。結果は出ているのでそこは認めるものの、不安定な時間帯が長く深く、評価は前にも書いたように上位3チームに通用してからにする。観ているぶんには厳しいと言わざるを得ない。

序盤の15分あたりで負けを覚悟したくらいで、まさか無傷で終われるとは思ってもみなかった。

ペドロ・ジュニオールがいい具合に消えながらも決定機を決め始めてくれているので勝っているいるが、不発のまま終わることも多いのでそればかりに頼れない。

速いサッカー、というわりに動いている選手が少なく、ボールを追い越す動きもなく、パス交換で相手を崩す場面もほとんどない。前半は何をやりたかったのかがわからず、後半もいまいち伝わらない。

中村、レアンドロが中に入り過ぎて窮屈になっているのだが、これは作戦なんだろうか。

三竿健(弟)には期待しているが、今のままだとレオシルバや永木を超えてはいけない。なんというか全体的に消極的で、無難にはやれているが、三竿健(弟)でなければいけないという決め手に欠ける。小笠原も体力的にキツい様子で・・。

勝って文句ばかり言うのはなんなのでこのあたりにしておく。まずは取りこぼせない下位相手の戦いを見事に連勝。ノルマ達成。柏とセレッソが勝ち点を落とさないので詰められないが、直接対決となる次週はもっと気持ちを入れていかないと勝てないだろう。頑張って貰いたい。

ちなみに今日はDAZNの調子が良くてノークルクルだったが、カシマスタジアムのサイドライン際のズームアップが鬱陶しくて・・。あのアングルは本当に望まれているのか?全然試合の流れがわからないのだが。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2017第16節 6/25(日)】(カシマスタジアム18:33KickOff新潟/14,136人/曇)
【スコア】鹿島 2-0 札幌 (前0-0 後2-0) (S 10-11)
【主審】松尾一(主審)、和角敏之、大川直也
【得点】
(鹿)後12分 ペドロ・ジュニオール 4左
(鹿)後30分 ペドロ・ジュニオール→レアンドロ 4右
【警告】
(鹿)三竿健(弟)1(前6分)、西1(後15分)
(新)チアゴ・ガリャルド3(前27分)
【出場】
GK クォンスンテ
DF 西 植田 昌子c 山本
MF 三竿健(弟) c小笠原→81レオシルバ レアンドロ 中村
FW ペドロ・ジュニオール→88遠藤 土居→58金崎
【サブ】曽ヶ端 伊東 遠藤 レオシルバ 金森 安部 金崎
【監督】大岩剛
【MyMVP】ペドロ・ジュニオール
【DAZN】0クルクル、最大0秒、フリーズ0回(サインアウト0回)

共通テーマ:スポーツ

2017第15節札幌(ホーム)戦 [リーグ]

感想としては前節の広島戦同様、前半は上出来、後半グダグダ。

相手に合わせてしまうのか、3点あるからという余裕がそうさせるのか、それともわざと省エネを試みているのか、後半が悪過ぎる。

曽ヶ端の活躍でなんとか無失点で済んだが、3点くらいあっという間に取られてもおかしくないくらい押し込まれていた。

カウンターで何点か追加出来る場面もあり、それらを決めていれば相手の動きも止まっただろうが、わざわざ苦しい試合にしてしまっている。

攻めさせてカウンターを狙うよりも、同じように攻めて得点を重ね、相手の心を折ってしまった方が逆に省エネになると思うのだが・・。

攻撃面では前節同様、中村、レアンドロにペドロ・ジュニオールが絡んで3得点。

決定力不足で不満を溜めていたペドロ・ジュニオール、鹿島では花が咲かないと諦めていた中村、酷評してきたレアンドロ。個人的には戦力外とみなしていた3選手が大岩体制になって返り咲いている。

ただ、相手が下位だからまだまだ油断は出来ないというのもあるし、90分持続しないという点が素直に良かったと言えない。来月の上位決戦で同じくらいやってくれれば評価も改めるのでそこまで保留にしておく。

前の選手では90分続かなかったとはいえ3人が結果を残した。一方、土居のデキが相当悪かった。ボールは収まらず、すぐにロストする。カウンターからの決定機も外した。

土居はもともとフィジカルが万全の時と落ちた時の差が激しい選手だが、今日はかなり悪い方の部類だった。プチ中断で鍛え過ぎてしまったのだろうか。押し込まれた要因のひとつ。

前半の決定機3本で3点取る効率の良い試合運びで試合を早々に決めたが、内容的には「速いサッカー」という、目指している形は出来ていなかったように見える。

後ろに下げるパスが多く、重心が後ろに下がって行ったという気もするし、三竿健(弟)のパス成功率が悪く(感じた)、また、レアンドロが嫌な形でボールを失うので周りが信用していなかったような感じがする。

ペドロ・ジュニオールのトラップは前から下手だし、土居が輪をかけて収まらなかったので後ろが上がっていくタイミングがなかったのかもしれない。

遠藤と金崎が入ってからはいつもの形で攻撃が出来ていたが、これは相手にも研究されてきているので、新しい「大岩監督」らしい攻めを確立して欲しい。

水曜の天皇杯、来週の新潟戦。この2試合で攻撃面を磨き、上位陣を突き崩せる形を作って貰いたい。

それにしても鹿島は得失点差は頭に入れていないのだろうか。今、上位にいるチームはどこかで大量得点を奪って大幅な得失点プラスになっている。

リーグ終盤になって、「6点以上取って勝たなければいけない」みたいな条件にならないように、1点の重みを噛みしめて、何点差だろうと確実に加点していって欲しいと思っている。

ちなみに天皇杯はスカパーで録画放送するようだが、この1試合のために2980円はちょっと高い。このへんの話はまた改めて書くつもり。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2017第15節 6/17(土)】(カシマスタジアム18:33KickOff鹿島/20,826人/晴)
【スコア】鹿島 3-0 札幌 (前3-0 後0-0) (S 7-12)
【主審】山本雄大(主審)、山内宏志、作本貴典
【得点】
(鹿)前02分 中村↑山本 1H
(鹿)前15分 中村↑ペドロ・ジュニオール 2右
(鹿)前30分 レアンドロ→ペドロ・ジュニオール 3左
【警告】
(鹿)なし
(札)福森4(後44分)
【出場】
GK 曽ヶ端
DF 西 植田 昌子 山本
MF 三竿健(弟) 小笠原 レアンドロ→81永木 中村→69遠藤
FW ペドロ・ジュニオール 土居→77金崎
【サブ】川俣 ブエノ 伊東 遠藤 永木 金崎 鈴木
【監督】大岩剛
【MyMVP】ペドロ・ジュニオール
【DAZN】8クルクル、最大10秒、フリーズ1回(サインアウト1回)

共通テーマ:スポーツ

2017第14節広島(アウェー)戦 [リーグ]

前半は完璧、後半はグダグダ。

6月は相手関係からして4戦4勝が目標なので勝ったことは合格とも言えるが、後半の内容は酷かった。

新監督の大岩の初戦(代行除く)。2列目にレアンドロと中村という、今までに機能したことがないスタメン起用に不安しかなかったが、始まってみればこの二人が「前半のみ」大活躍。

これに関しては文句のつけようがない。散々酷評してきて、もう見切った方がいいとまで言い切ったレアンドロが2得点。次からもこの調子を持続出来るかはさておき、まずはすいません。

前半のうちに3得点で試合をほぼ決定づけたわけだが、あまりにも広島のデキが悪かった。球際も弱いし、マークも簡単に外すし、連携もバラバラ。むしろあれで点を取れなかったらマズいくらいの感じだった。

出来れば前半のうちにもう1~2点取って完全に心を折って欲しかったが、失点したくなかったのか手を緩めたように見えた。

後半、当然ながら攻めに出て来る広島。大岩もハーフタイム中にそれは警戒していたようだが、具体的な対策を取っているようには見えず、60分過ぎくらいからずっと危ない雰囲気が漂っていた。

交代はあの時間帯、失点する前に手を打ちたかった。後半になっていつも通り?に消えてしまったレアンドロと中村は下げて、自由に動き回っていた広島の左サイド柏に誰かぶつけて止めるべきだった。

小笠原を早めに入れて永木を当てても良かったし、西を入れてそのままマークにつけても良かった。そうなると右サイドのミキッチを中心に攻めて来ただろうから、今度は金森か土居を広げて、極端な話、4枚4枚のディフェンスを作っても良かった。

試合結果だけを見れば3-1と快勝なのだが、後半の内容が不安を掻き立てるもので、せめて後半を無失点か、トドメの1点を取れていればプラス評価だったが、相手が調子を落としている広島相手だけにイーブン評価。課題をクリアしたというあたりに留まる。

厳しい見方をしているように思うかもしれないが、やはりどう見ても前半は広島が悪過ぎただけというのが妥当なところかと。

ただ、改善された点もある。今まで・・というかここ数年の鹿島はパスアンドゴー、いわゆる壁パスを使っての切り崩しをほとんどやっていなかったが、2得点目になったレアンドロのゴールはまさに理想的な形だった。

1点目も土居が広い視野でフリーの中村に正確なパスを出せた。中村は良く決めた。

後半押し込まれてからはワンツーを使う機会もなくなって、ひたすら守るだけの展開になったが、意識的な改革はあったのだろうかと思える、わずかながらの希望の光だった。

しかし、トップに入っている鈴木の調子がドン底と言ってもいいくらいで、トラップは決まらない、シュートも枠に飛ばない、動きも鈍いといったいどうしてしまったのだろう。

金崎とペドロ・ジュニオールのベンチ外はフィジカル的なものだろうが、もう一度、外から見つめ直した方がいいのかもしれない。

三竿健(弟)は少し硬かったかな。

レアンドロと中村の意外な(と言っては失礼かもしれないが)活躍で、初陣を勝利で飾れたことは良かったが、二人がこのまま爆発するようには思えず、采配もやや後手に回っている気もするので修正点は多そう。

来月のアウェー3連戦を終えたあたりで評価を決めたい・・と書けば上から目線な書き方になるが、そこの3つを取り切れれば今シーズン優勝を狙えるとも言える。

プチ中断に入るので、チームを磨き上げて貰いたい。

ちなみに今日のDAZNは酷かった。クルクルだけでなくフリーズすること数回、サインアウトしてサインインし直す作業を何回やったことか・・。日曜午後という時間帯も関係しているのだろうか。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2017第14節 6/4(日)】(エディオンスタジアム14:03KickOff鹿島/15,781人/晴)
【スコア】広島 1-3 鹿島 (前0-3 後1-0) (S 11-18)
【主審】村上伸次(主審)、五十嵐泰之、岩田浩義
【得点】
(鹿)前14分 土居→中村 1右
(鹿)前30分 中村→レアンドロ 2左
(鹿)前43分 永木→レアンドロ 3右
(広)後22分 青山→アンデルソン・ロペス 3左
【警告】
(鹿)なし
(広)なし
【出場】
GK クォンスンテ
DF 伊東 植田 c昌子 山本
MF 三竿健(弟) 永木 レアンドロ→67西 中村→75金森
FW 鈴木→88小笠原 土居
【サブ】曽ヶ端 ブエノ 西 久保田 梅鉢 小笠原 金森
【監督】大岩剛(コーチより昇格、就任初戦)
【MyMVP】レアンドロ
【DAZN】20クルクル、最大20秒、フリーズ7回(サインアウトリセット*5)

共通テーマ:スポーツ