So-net無料ブログ作成

代表戦を観てグループステージ突破の可能性がかなり低いと感じた [雑感]

ちょっと忙しいのと鹿島の試合がないので更新だいぶ飛びました。

代表戦は親善試合だとあまり気も入らないのでどちらも録画して観るつもりだったのだが、マリ戦は翌日にうっかり新聞に「ドロー」とあったので観る前から結果がわかり、更に観る気力がなくなってしまったという・・。

序盤で1点取られたので1-1で引き分けか・・と得点の匂いの感じない日本代表にそう結論づけたのだが、そうなると必然的に失点もそれ以上しないということになり、昌子の活躍をチェックする気力もなくなってしまうという悪循環。

試合はご存知後半アディショナルタイムに中島が三竿健(弟)のクロスをダイレクトボレーで決めて同点となったのだが、印籠を出すのが遅過ぎやしませんかね。まさかドローっていう文字を見間違えたのかと自分の脳を疑ってしまったくらい。

ところでドラマの黄門様は、最初から印籠を出していたわけではなかったらしい。最初の方は印籠も出さずに解決していて、出て来た当初も今のように「この紋所が!」というくだりはなく、「実は・・」みたいな感じで懐からそっと出して見せていたようです。関係ない話だが。

三竿健(弟)はてっきりやみくもにシュートを打ったのがたまたまアシストになったのかと思ったが、コメントでは「あのあたりに出せば誰かがいると思った」と予測してのパスだったようだ。鹿島でもあのくらい攻撃に絡んでくれれば頼もしいのだが。

それと大島は故障多過ぎ。予選ではミスから失点するし、その他の試合でも故障で交代していたし、何がストロングポイントなのかさっぱりわからない。

ウクライナ戦は録画もしたが、パソコンで作業しながら流し観で確認。植田は良くもあり悪くもあったが、CBとしては吉田、槙野、昌子で確定ぽいので後はサイドバックも出来るという点で選ばれる可能性があるかも、というような感じだった。悪くはなかったと思うが。

柴崎は得点になった(オフサイドに見える)プレースキックは鹿島時代と違って、スピードとパワーのあるいいボールだった。流れの中でもうまくパスを散らせていたし、あと1戦くらいお試しがあってそこで結果を出せれば確定かな。

FWは大迫がいないと収まりも悪いし、攻撃があまり機能していないように見えた。ウクライナの攻撃がオートマチックで完成されていたのに対し、日本はこの後に及んで何をやりたいのかはっきりせず、持ってから考えるというケースが多かったように見えた。

このあたりは鹿島と同じく「個」でしか得点出来ないような感じで、あれでは香川も納得しないだろうなと思わなくもない。ただ、個人的には選ばれても選ばれなくてもどちらでもおかしくない当落線上の選手だと思っていて、監督の好みなので現地まで観戦に来るのはどうか?とは思うが。

岡崎は運動量もあるし得点感覚もあるし、チームのために動けるので必要かなと思っているが、何かしら都合が悪いのかもしれない。

試合は常に先行される苦しい展開のまま順当に負け、ここより強い国と当たるワールドカップで勝てるイメージがまったく沸かない。

岡田監督がやったように腹を括った勝負手を打つようなタイプにも見えないし、グループリーグ突破の可能性は相当低くなったなと感じる。

ワールドカップでにわかにすら盛り上がって貰えないようなら、サッカー人気のために名前のある選手を呼んで欲しいという思惑があるのかないのかわからないが、あったとしても文句は言えない話だなと、ちょっぴり悪い大人になってしまう代表戦だった。

ともかく怪我人が出ないで終わって何より。昌子、植田、三竿健(弟)は出来れば札幌戦は休んで、その後のハードスケジュールで復帰して欲しいと思っているが、こちらはこちらでどういう采配になるのだろうか。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

組織で戦うことをもう一度徹底して [雑感]

代表の試合があるため1週の休養期間になったJリーグ。

守りの中心、昌子、植田、三竿健(弟)を揃って持って行かれて鹿島にしてみれば立て直す余裕もないが、リーグ4試合2得点ながら2勝1分1敗と逆に言えば守備は整備出来ているので、怪我さえなく帰って来てくれればある程度は形はつけられるだろう。

離脱していた西は復帰するはずだし、遠藤やレアンドロもそろそろ間に合うと思われる。内田はわからないが。

使い詰めで落ちていたコンディションも整えられると思いたい・・広島戦で鹿嶋に残ったメンツがバタバタだったのが一抹の不安を思い起こさせるが、今度はうまくやって貰いたい。

リーグ再開後はACL予選を含めると当分の間は週2のペースで試合が続く。完全にチームをふたつに分けられればまったく問題がないが、現状それでは機能しそうにないので、コンディションを見ながら組み合わせていく以外ない。大岩がそれが出来ないのでやっぱり不安だが・・。

あとは誰が出ても「組織で戦う」という意識の徹底。

永木や小笠原を観ていると、味方を的確なコーチングで操って全体の強度を維持しているのがよく伝わって来る。自分で行けるところはガツッと行く、少し無理そうなら味方に指示を出して自身はそのカバーリングに行く。ディレイするところはしっかりする。結果、大きな穴を作らない。

レオシルバはこれが出来ない。自分一人でやれるもんという子供理論で突っ込んで行くので、それで取れた場合はいいが、かわされると周りが大迷惑。更に今は取れたとしてもそこからの展開力がなく、取り返されるケースも多々ある。パスカットを無理に行った結果、足には当たって阻止はするがそのボールを相手に拾われてカウンターという必殺パターンもある。

最終ラインで後ろに誰もいない状況で足元こねこねして、一歩間違えれば大惨事というプレーもはっきり言えば禁止にして欲しい。このあたりが改善されない限り、レオシルバは個人としてはそこそこやれるだろうが、組織としての上積みはないと確信している。特別扱いはやめるべきで、言うこと聞かないなら久保田を育ててもいいとさえ思っている。

ペドロ・ジュニオールもチームプレーは出来ないが、こちらは素質の問題で、前の記事にも書いたが余計なことをやらせるとますます良さが消えて行くと思われる。何かひとつ決め事を作ってそれに特化させるべきかと。

中村はこれだけ鹿島でやってきて未だに出来ないのだから守備のセンスがないのだろう。せめて90分さぼらずに走ることだけは意識づけして貰いたい。ホームのシドニー戦での失点場面は、中央でボールを持った相手に中途半端に喰いついて右サイドをガラ空きにしたまま棒立ちだった。とにかく走れ。

そして、金崎。

ゴールすれば無敗という記録は今も続いていて、リーグの2点も金崎のもの。確かにチームに勝ちを呼び込むエースらしい活躍で非常に助かってはいる。

しかし、それとは別に最近は我を通すプレーがあまりにも強く出過ぎていて、広島戦で鈴木からPKを強奪して(チームの決め事だったかもしれないが)外したり、イライラしてラフプレーを繰り返したり。

フリーの味方を使わずに強引に仕掛けて潰されたり大外しすることも多く、それが持ち味と言えばそうだが、もっとシンプルにプレーすればチャンスが広がったと思しき場面がいくつもある。

金崎の性格からしてそこを強く指導すれば、また石井事件のようなことになりかねないので言えないのかもしれないが、このままでは金崎のデキ次第で勝敗が決まる昨年と同じ状況を脱却出来ない。

嫌われるのも上司の仕事のうち。金崎だけに頼らない攻撃パターンを構築しておかないと、連戦のなかで埋もれて一気に上位争いから脱落ということも有り得る。心してかかりたい。

鈴木はゴールが挙げられていないことで焦る気持ちはあるだろうが、今のプレーを怪我なく続けて行ければ、大きく成長出来る手応えはある。前を向いて行きたい。

休養明け、強度の増したチームを見せて貰いたい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

代表選出、DAZNの一時停止不具合 [雑感]

来週の代表遠征に昌子、植田、三竿健(弟)が選出とのこと。

昌子は今季に入って少し調子を落としていたのだが、御前試合となったこの間のシドニーFC戦でいいカバーリングを見せていたのでハリルホジッチも納得の選出だっただろう。植田も今季は調子がいいのでこちらも順当なところ。

ただ、三竿健(弟)は正直まだ代表で戦うには足りないものが多過ぎるように感じる。守備だけならある程度通用するかもとは思うが、前に出て行く力やミドルシュート、局面を変える決定的なパスを出すことや展開力に欠ける。

このあたりは山口の方が上だろうし、あくまで補欠扱いなのかなと個人的には思っている。出場機会があるかどうかもわからないが、代表で学ことは多いはずだし、せっかく選ばれたのだから色々と吸収してきて貰いたい。

金崎は選出漏れとなったが、仕方ない。本人の気持ちを考えると仕方ないでは済まないが、代表に文句なく選ばれるつもりなら今以上にゴールを叩き出さないといけない。

代表に選ばれた選手のレベルアップ、クラブ人気を考えると嬉しい話だが、鹿島的に言えば故障者の多い今の状況でこれ以上怪我人を出したくないので、まずは無事に帰って来て欲しいと願っている。

次にDAZNの話。

昨年のリーグ終了後に一度退会しようと思っていたのだが、一時停止という機能があることを知り、色々と再設定するのも面倒なのでこれでいいかと思い、再開日を開幕日前に指定していた。

その後に何をどうしたのかわからないが、結局、一時停止中という状態が解けることなくリーグが始まり、一応、観れることは観れるのだが5分ごとに画面が切れて再ログインし直さなければならないというわけのわからない状態になってしまい、イライラしながら清水戦と広島戦を観ることになってしまった。

まあ、試合自体が酷い有様だったので、逆に言えばイライラはしても別に気持ちが切れることもなかった。流れるような攻撃をしていたらログインし直すたびに「いいシーンを見逃した!」と怒りも露わになろうが、ずっと後ろでパス回しているだけだからね・・。

そうはいってもこのお金を払っているのにこれではたまったものではなく、DAZNにメールで問い合わせた。24時間以内に返信しますというのがウリのようなのだが、まず最初に返って来たメールは「お客様の氏名、メールアドレス、クレジットカード下4桁の確認メールを再度送って下さい」。

・・最初に言え・・。

ということでまた24時間後に、「お客様のアカウントは一時停止中状態のままなので、ご都合がよろしければ削除いたしますので、その場合は再度メールを下さい」。

またかよぉ・・。ていうかその時に何故こうなったのか、とか次に設定し直す時には同じメールとクレジットカードでいいのかという質問など3つほど付け加えて送ったのだが、次に返って来たメールには「削除致しました。新規登録をお願いします」という内容だけで、質問には答えてくれなかった。

その後、何の嫌がらせか「削除致しました」というメールが1時間ごとに12通ほど送られてきたのでたまらず勘弁してくれとまたメールを送り、質問の答えがまだなんだが、という旨を付け足して送ったところ次の日にようやく返信が返って来てひと段落ついたものの、結局、何が原因でこうなったかは不明のまま。

同じメルアドとクレジットカードでも問題ないようなので新規登録し直して今は観れる状態になったのだが、これだったら一時停止など使わずに退会してしまった方がよっぽど楽だった。

放送してくれるだけで有難いとは思うものの、スカパーに比べると画質の面でも数段劣るままだし、こういうところは不便なんだよなあと旧世代としては面倒に感じるのであった。まる。鳥栖戦はちゃんと観られるのだろうか。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

ターンオーバー制をどこまで続けられるか [雑感]

怪我人が出たことで事の重大性をようやく認識したのか、それともシーズン最初からの構想だったのか直接本人に聞いてみないとわからないが、昨年終盤から重く垂れこめていた暗雲が少し雲間が見えたここ数戦。

何故これを昨年のうちに・・とやればやったでそういう後悔も出てくるものだが、後悔ではなく反省でそれを活かしたと考えれば次につながる。

ターンオーバー制を導入してくれたことで観ている側にも楽しみが出来るし、選手にかかる負担も少なく、かつチーム全体がレベルアップ出来る。

勝ち点を落とすことが最大の懸念材料なのだが、今のところ正解の目が出ており、今後もターンオーバーで回していくためには代わりに出た選手がいいパフォーマンスを見せられれば最良、最低限チームに破綻をもたらさない程度には活躍しなければいけない。

また大岩の心が閉ざされてしまったら楽しみも随分と減ってしまう。

代表週間で日程が空くまでのリーグ2戦とACL予選1戦。怪我人が出ないようにやりくりして貰いたい。

明日は広島戦。広島はリーグ戦も連勝スタート、ルヴァンカップ予選でもガンバを4-0と撃破しており、仕上がり具合は良好と見られる。相手の勢いを止めると同時に、鹿島が勢いをつけるためにも相手の勢いを逆に奪い取るくらいでいきたい。

ちなみにオフィシャルの開始時間の表示はACLの時、現地時間しか載せていなくて不親切が過ぎる。シドニー戦が日本時間で17:30開始だと知ったのは当日の朝だったし。自分で確認しろと言われればそれまでの話だが・・。

話を戻してスタメン予想。鹿嶋に残った者と、今までのゲームで出場時間の少なかった者を中心に組むと以下のようになる。

クォンスンテ、小田、昌子、犬飼、内田、三竿健(弟)、小笠原、中村、安西、金崎、ペドロ・ジュニオール。ベンチ、曽ヶ端、植田、山本、伊東、レオシルバ、永木、鈴木。土居は休養。ボランチを2枚入れるのは大岩のポリシーのようなので。

ただこれだとまだ万全でない内田と試合勘の遠のいている小田の両サイドバックに、疲労の溜まっている安西が2列目ということでバランスが悪くなるだろう。いくら小笠原と昌子でも統率し切れない。

左サイドバックは山本に無理して貰うか、安西を回す方向になるかもしれない。個人的には安西は一度ベンチからも外して休ませて欲しいと思っているのだが、内田の状態が万全ではないので思い切れない。何気に内田が出た試合はまだ未勝利だし。

久保田はボランチの選手だが丁寧なボール捌きをする印象があったので、2列目で土居のやっている役割をやれないだろうかと考えてはいるが、試合でもあまり観たことがないのでこれは可能性の話としておく。

久保田か本職の田中が実戦で使える状況なら今の怪我人の多い列目のサブとして有難いが、現実的には永木かレオシルバを最初から2列目で入れる方がいいかもしれない。金森を1列下げるという手もあるが、金森にはトップで頑張って欲しいという思いがあるので出来る限り前目での出場を希望する。

上に書いたスタメンで勝てれば凄いと思うが、実際のスタメン予想はクォンスンテ、山本、昌子、植田、内田、三竿健(弟)、小笠原、中村、土居(安西)、金崎、ペドロ・ジュニオールかと。ベンチが曽ヶ端、犬飼、安西(土居)、永木、レオシルバ、鈴木、金森(伊東)。

まあいっそ、小笠原、三竿健(弟)、永木、レオシルバの中盤4人というのもいつか見てみたいなとは思っている。

ともかくどういう布陣になるにせよ、金崎とペドロ・ジュニオールには頑張って得点を取って欲しい。正直この二人のコンビネーションがいいとはまったく思えないが、この試合に照準を合わせた調整の結果を出して貰いたいものだ。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

ACL突破のためには勝っておきたいアウェーシドニーFC戦だが故障も心配 [雑感]

決定力に欠けたものの、ようやくストレスの少ない中盤の試合運びで1-0と渋く勝ったガンバ戦。この戦い方を続けて連勝を伸ばしたいところだが、怪我も心配になってくる。遠藤は左大腿二頭筋損傷で全治6週間とのこと。重い。安部も離脱。

半年ぶりの出場で存在感を示した小笠原は日程の詰まったここは使えない。むしろ帯同させず、リーグの広島戦に備えて欲しいと思っている。同様にCBの昌子、植田のどちらかを外して鹿嶋に残し、疲労を回復させつつ犬飼を使いたい。

若干調子の悪そうだった昌子もいいカバーリングをしていたし、植田のコンディションも良く、勝ったあとの試合でCBをいじるのは理に叶っていないのは確かだが、どこまでも二人で乗り切れるはずもなく、どこかで覚悟を決めないといけない場面がくる。

シドニー戦は最悪負けなければいいと考えているので、絶対に勝ちに行く試合ではないと位置付けている。勿論、勝って予選突破を決めたいという思惑もあるだろうが、トータル的に考えるとそうでもない。

CBのどちらかを下げて、しかも帯同させずに次の試合に専念させられれば、この先に希望も見える。引き分けになったとしても価値のある勝ち点1となるはずだ。

ユンジョンファン監督はリーグに出さない選手を先にアウェーに移動させて調整させるなど、こういうところにも名采配ぶりを披露している。是非、見習って欲しい部分。

CBの控えは非常事態でもない限り出場することはないので、町田で大丈夫。非常事態になったら割り切って守りに徹するだけ・・というところまで腹を括れればいいのだが。町田もそれなりのポテンシャルもあるし、ベンチとはいえ雰囲気に慣らしていくうえでもメリットがある。

安西もそろそろ一度休ませた方がいい。2列目に故障者が出たのでサイドハーフで、という欲は出るのだが、無理して壊れるのは最悪。自重を。中村は自分の構想から外れてしまっている選手だが、ここでこそ使える状況だと思われる。

土居は2列目だと特徴を活かし切れないのか冴えないプレーが続いている。ガンバ戦の後半43~44分、鈴木のポストプレーから単独で抜け出したシーン、右から安部が猛烈な勢いで上がって来ていて、それが見えていればパスも出せたし縦にも行けた。

一気に3人をはがそうとしてボールが脚につかず何もないままチャンスを潰してしまったが、プレースタイルがレオシルバに被り、鹿島でこれじゃダメ。出場機会があるうちに自分のスタイル、影から支えるという素晴らしい役割を思い出して貰いたい。

金崎は勝とうと思えば使わざるを得ないだろうが、日程の詰まっているなかで無理に使うよりも余裕を持って、余力を残した状態で使いたい。重ねて言うが無理する試合ではない。

三竿健(弟)も丈夫な選手だがここは一度リフレッシュさせてもいい。レオシルバと永木で戦える。

今朝の報知新聞には大岩監督は総力戦でと言っているが、だったら尚のこと、移動だけで往復20時間近くかかるシドニー戦は帯同するだけでも疲労する。ベンチに入れるだけで使う気がないのなら連れて行く必要性はない。

個人的にはアウェーのシドニー戦はメンバーを休ませられるなら引き分けで充分、万が一負けても大差でなければ許容範囲という気持ちだが、全部の試合を取りに行こうとして中途半端に疲弊させそうな気がする。勝つ気なら絶対に勝たねばならない。

ネームバリューだけで言えば誰が出ても充分にやっていけるのだが、小笠原のようなリーダーシップを持った選手がいないとバラバラになるというのは昨年末から今年の序盤3戦を観て痛感しているので、問題は誰にそれをやって貰うかだけが問題点。そこさえ解決出来れば。

普通はそれが監督の仕事なのだが、御覧のように頼りにならないもので・・。

展望はしばらく書かないでいようかなと思っていたが、小笠原の復帰にちょっと鹿島魂を揺さぶられてしまって希望を書いたが、まあ、そこにすぐ冷や水をぶっかけるのが大岩。

果たしてどうマネジメントしていくのか注目だが、確率の高い方から言えば小笠原をレオシルバ代えて、2列目に安西、右サイドバックに伊東という布陣になりそうだが。犬飼は使うかもしれないが、使わない方を帯同させずに残すという選択しそうもないだろうな。それをしたら少し見直す。

小笠原、金崎、安西、三竿健(弟)、昌子か植田のどちらか。この5人を残していく決断が望まれる。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

ホーム開幕、ガンバ戦の展望? [雑感]

展望といってもスタメンを変更しないのだから展望らしいものはなく、金崎が頑張れば勝つ、ダメだったら守備の頑張りで勝ち点1を拾うという昨年からの大岩サッカーなので試合については実はあまり書くことがない。

もしかすれば大岩が他にもメンバーがいることを思い出して突然スタメンが変更になる可能性もあるかもしれないが、1週間空いて体力回復したらまた同じメンバーになるのだろう。ドラクエ4における馬車システムみたいな感じか。

小笠原をここまで頑なに使わないのは、もしもそれで成功しちゃったら自分の失策を証明してしまうようなものなので絶対使わねえという大岩の意地なのかなという勘ぐりをしてしまう。ベンチに入れているのは仲良くやってますよというアピールなのかという更なる疑惑も。

もっとも、小笠原が出場したとして試合に出るとなればいつぶりになるのか・・。まともに動けなくて今度は小笠原が叩かれるケースもあるかもしれない。こうなると迷宮入りとなる。

なんにせよ、ファンが離れていかないうちにちゃんとしたサッカーに戻って貰いたいものだ。ちなみに自分も少しだけ現実逃避しかかっている。

鹿島のサッカーがこんな感じなのでスタメンを観て本腰を入れて応援するか決めるとして(注:本腰が入っていないからといってもやっぱり勝って欲しい)、ダイジェストで観た他チームの印象について。

主に得点シーンなので全体についてはわからないが、だいたい高精度のクロスが入っている。勿論、これは当たり前の話なのだが、中に入っている選手がボールに対して正確なポジショニングを取れていて、しっかりと練習しているのだろうなということを伺わせる。

あとは3列目からの飛び出し。後ろから攻めに入る人数が多く、これが鹿島にない形。レオシルバは時々エリア内に入ってくることがあるが、4番打者タイプのホームランバッターなので当たればホームラン。

三竿健(弟)は「隣町には行ってはいけませんよ」と言い含められている子供のように、アタッキングサードに入ってくることがほぼないのでいつも中には枚数が足りない。

どういう取り決めになっているのか不明だが、安部が出来ればそこに積極的に入って来て欲しいと思うのだが、安西のカバーを優先している感じがあり、サイドバックのフォローに追われて攻撃に参加出来ていないようにも見える。

安部自身は自分のレベルが足りていない、と高みを目指しているようなので期待が持てるので、レアンドロが帰って来る前に何かをつかんで欲しいところである。

鈴木はもうちょっとヘディングの技術を磨いて欲しい。攻撃の選手でヘッドで決められそうなのは今の鹿島では鈴木くらいなものだから。

最初から置いていかれないように、なるべく混戦にならないかなと早くも他力を願っているリーグ2節目。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

オラ、ワクワクしねえっぞ [雑感]

普通、リーグ開幕ともなれば今年のチームはどうなんだろうとか、タイトルに賭ける思いとかそういう期待感の方が溢れていて楽しみしかないのだが、正直、まったくワクワク感がない。

うやむやなままで話を進めるのもなんだし立ち位置をはっきりしておくと、自分は完全にアンチ大岩で、レオシルバのことも見限っている。(正確に言うと、どうしても欲しい選手ではない)。

この先、タイトルを獲得するかもしれないし、そこのところは終わってみなければわからないのだが、これだけの戦力を整えているのだから、タイトルのひとつくらいは獲って当然という見方もしている。というか4冠を目指している。

前に競馬で例えたことがあるが、馬の素質で言えば勝って当たり前なのが鹿島。それでも勝てないのは騎手のせい。京都記念でダービー馬のレイデオロを3着に沈めたバルジュー騎手なみに、馬以外のところに責任がある。

その京都記念で負けたバルジューが「ファイトが薄かったね」とかコメントした時には呆れたものだが、出遅れたうえに馬との折り合いも悪く、誰がどう見ても騎手の責任だったが、そのことを本人が理解していない。

大岩も昨年の終盤からずっとチームが不調で、勝つ時は金崎かレアンドロの個人技に頼ってしか勝てないということは誰が見ても明らかなのに改善の気配もない。

そもそも使う気のない永木と小笠原を同時にベンチに入れるという、外からは散々指摘されていることをわかっているのかどうか。

初戦で金崎が体調不良という理由で交代枠を余して使わず、2戦目で2-0リードでも下げずに消耗させ、明らかに疲労の残る状態でゲームに出しても結果は伴わない。

勿論、金森や山口がスタメンで出て活躍したかは結果論になるが、Jリーグダイジェストを観ていると、各チームとも活き活きとしたプレーをしている選手が多かった。(ダイジェストなので当たり前の部分はあるが)。

クラブがどういうところで大岩を評価しているのかさっぱり不明だが、石井前監督は終盤グダグダでゴタゴタもあったが2冠、CWC2位と結果を残した。それでもACL敗退とリーグ5敗で解任となった。

個人的には石井前監督の解任のタイミングは、年度終わりで締めにした方が立つ鳥跡をを濁さずで良かったと思っているが、更迭はギリギリのタイミングだった。

それを踏まえると大岩は無冠。ACL敗退でクビが妥当なところだと思うが、アンチとしては負けるなら早いうちに、ACLを犠牲にしなければいけないのは本意ではないが、引っ張って去年と同様、無冠で終わるのかもっと嫌。

たかだか3試合終わっただけで、しかもまだ負けていないのに大袈裟と言われればそれまでだろうが、実際、そのくらいの閉塞感と危機感を持っている。まだ大丈夫とか思っている人のポジティブさが少しばかり羨ましい。

安西を3ポジションで使い回して「戦術に幅が出ている」「使いこなしているオレスゲー」って思っているならちょっと違う気がする。

安西の活躍は有難いことだが、本来ならサイドバックやFW、あるいはスーパーサブをベンチに入れ、ここぞの場面でカードを切るべき。伊東が怪我なら仕方ないが、交代で出る土居の役割も曖昧でほとんど効果が出ていない。

それにこれだけ無理に安西を使い回すと故障にもつながりかねないし、スタメンと交代枠は明確な意図を持ったもの、もしかすればあったのかもしれないが、形になって表れるような采配をして欲しい。100パーセント出し切って勝てなかったというなら諦める。

大岩の考える100パーセントの鹿島がどういうものなのかもはっきりしていないのが、今のところの不満の原因でもある。立て直せるうちに改善を。

あと、鹿島の話ではないが、セレッソの試合で柿谷がオフサイドの判定でゴールを取り消されていた。あれをオフサイドとか副審のレベルが本気でヤバい。Jリーグタイムもさらっと流したが、あそこは誤審だとはっきり伝えていくことが、審判の技術向上にもつながるんじゃないかと思っている。

その後、しっかりと文句なしの得点を決めてやり返すのが、まあ、鹿島とは違うところなんだが・・。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

2018リーグ開幕(鹿島的に)清水戦どう戦うか [雑感]

今ではサッカーも走行距離やスプリント本数、パス成功率、クロス本数、成功率、ヘディングの勝率など細かくデータ化されてきて調べればだいたいどの程度か把握出来るが、一般的にはゴールやアシストといった数値でしか貢献度がわからりづらい。

なのでよほどのプロでない限り、あれこれ言うのはだいたい主観で、素人の自分も当然主観での話となる。

あくまでその前提での話だが、やはりどうしてもペドロ・ジュニオールを使うメリットを感じない。

ペドロが活きてくるのは磐田のように高いラインを保ってくる相手か、リードしている状況でカウンターを狙る場合に限定されると思う。それか昨年の得点を量産していた時期のように、自身が絶好調で形に関係なく自力で得点しにいける場合か。

前節ACLで勝った時のように連携して崩して行く形にこだわるなら、ペドロは100パーセントの状態になるまでは使いどころを限定していく方がチームのためになるのではなかろうか。

ただ、大岩が全体的なマネジメントをどうしたいのかさっぱりわからず、初戦で金崎の体調が良くなかったといって引き分けの展開でも出し渋ったわりに、2戦目は2-0リードの状況でも引っ張って無駄に消耗させたようにも感じる。

交代の意図もいまいちつかめず、ゲーム自体での効果も薄かったし、次につながる交代でもなかった。

なんだか最初のうちは少々疲れが出ようが自分の決めた主力メンバーを引っ張り倒す気もするが、せっかく獲得した犬飼をここで使えるかどうか。昌子か植田のちょっとでもコンディションの悪い方を下げる決断を下し、なおかつ安定した守備で勝つことが出来れば先々の希望が見えるのだが。

レオシルバに関してはもう好き嫌いの話になるかと思うが、自分のなかでは「使えない」選手というレッテルが貼られてしまったのでそういう方向にしか見えなくなってしまっている。プラスの面よりもマイナス面が目についてしまい、隙の多さにストレスが溜まる。

とはいえまるっきりダメというわけでもないので、なるべくミスなくやってくれれば、それだけでいいかなという妥協もある。まあ、雑なプレーが2~3つ続いたら代え時だと思うが。

清水戦のスタメンは疲労具合だけで言えば曽ヶ端、山本、犬飼、昌子(植田)、内田(伊東)、小笠原、永木、中村、土居、金森、ペドロ・ジュニオールとなるが、これだと前線が機能しそうにないので前に攻撃の起点になれる選手を入れたい。遠藤か鈴木、金崎の誰かは出ないといけないだろう。

GKもせっかくクォンスンテに当たりが出たので引き続き使って貰いたいし、伊東はスタメンかサブかどちらでもいいので使いたいところ。

清水の仕上がり具合がどんなものかわからないが、スタートからつまづいていては優勝とか言っていられない。勝利へのこだわりを持って戦って貰いたい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

次は調子のいい選手を使って貰いたい [雑感]

使いながらコンディションを上げていく・・というのは戦力が薄い場合で、いくらでも代わりがいる状況なら、コンディションは自己責任で上げて貰いたい。

ただ、内田はまだトップコンディションではないが、掲示板で叩かれているほどは悪くなかったように見えるし、伊東があのくらい出来たかと言えばそこには疑問を持つ。

伊東は以前にも書いたが攻撃のバリエーション、ゴールに直結するクロスやゴールの意識が足りない。上海申花の試合では内田がゴール前のこぼれ球に詰めて惜しくも、というシーンがあったが、伊東はあそこまで入っていかなしシュートも打たない。

このへんを改革しない限り、内田を押しのけてまでスタメンは難しく、内田が外れた場合は恐らく左に山本、右に安西の布陣になるだろう。そのくらい安西は積極性を見せている。内田の回復具合によってはこの形になるかと。

あとは言わずもがなペドロ・ジュニオールを外して欲しい。もともとカウンター特化タイプで、鹿島のやり方には合っていないところを無理に型に嵌めようとしてどうにもなっていない。

大岩がペドロにどういう役割を期待しているのかわからないが、ボールを預ければそれだけでゴールを量産してくれると思っているのだろうか。

自分には金森の貪欲さや俊敏性の方が、結果は別として好ましく見える。ペドロは身長もあるが別にヘディングがうまいわけでもなく、足元もJ2~3レベル。裏に抜けて単独でぶっち切ってのゴラッソという得点パターンしか印象がなく、FW陣が窮地に陥るまではベンチ外でいいのではないだろうか。

レオシルバも何度も書いているがしばらく外して欲しいのだが・・こちらも大岩がどういう仕事を要求しているのかわからない。スピード感のある攻め、というコンセプトを持っているのなら、必ず止まるか、急いでパスミスになるレオシルバは合わない。

新潟のようなレオシルバ王様システムが敷けるのならいいかもしれないが、鹿島はそういうチームでもない。依然として自分のなかではボランチの序列第4位なのだが、どうなったらこれが覆るのだろうか。

いいプレーがたくさんあっても決定的な仕事が出来ないなら必要ない、とも言える。評価点の貰えるスポーツではないのだから。

というわけで次は前回出ていなかったメンバーを試して貰いたいが、コロコロ変えるのもそれはそれで悪い面もあるし、おおまかにチームを2つ分ける方がいいと思うのだが。

ちなみに次はクォンスンテ、山本、昌子、植田、内田、安西、永木、小笠原、遠藤、鈴木、金崎(金森)にして欲しい。安部が切り札として、伊東を内田か遠藤の交代。あとは状況を見て三竿健(弟)と土居と投入。CBはいじるのは危険なので一旦はそのまま。

内田が出場出来ない場合は右サイドバックに安西、2列目に土居がいいように思うが(安部、伊東は途中交代枠)、そこまでいくとまったく違う布陣になるので機能しないかもしれない。まあ、これは実現しないプランだろう。

スタメンからやり方から展開やら、多分、試合後のコメントまで変わらなような気がする。

こちらの評価を覆す活躍を、外国籍選手がしてくれると助かるのだけども。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

監督の試合後コメントまで去年と一緒 [雑感]

「いいプレーをしてくれた」
「失点以外は」
「こういうパフォーマンスを続けていけばチーム力も上がってくる」

だから変わってないんだって。

(Q:金崎もベンチにいたが交代枠を残した理由は?)「金崎のコンディションなどを考慮するなかで交代枠が一つ残るという結果になった」

結果になったってひとごとみたいに。コンディションが悪いのならベンチに入れとく理由がないってことぐらい、誰だってわかること。

「攻撃に関してはいろいろなバリエーションを出すことができていた」

具体的にはどのへんのことか。

サイドが上がってもレオシルバがこねくり回しているうちに時間がなくなり、結局、足元ばかりのパスを回して最後はペドロ・ジュニオールがロストするという、ほとんどそればっかりだったが。

たとえばトップの選手が引いてきて、その裏に選手が抜けてそこにパスを出すとか。

ワンツーを貰って中に切り込むとか(唯一、レオシルバが鈴木とのコンビで場外ホームランを打ったやつのみ)。

三竿健(弟)が上がってきて攻撃に絡むとか。

そういうのが全然ないし、スピード感ゼロだった。一度、昌子がパスカットから猛然と前線に上がったシーンがあったが、あの場面でも中央で(多分レオシルバ?)ボールを止めてしまい、昌子は何の成果もなく帰るだけだった。

レオシルバは視野が狭いというか、自分の中だけでサッカーが完結しているから時々見た目に派手なパフォーマンスを見せることがあっても、チームを勝たせるという能力に欠けている。これはずっと指摘していることだが、大岩はそういうのに気付かない?まあ、コメントが一緒なら気付いてないのだろうが。

一度、日本人選手だけのチームでやってみてくれないかな。それでペドロ・ジュニオールやレオシルバじゃなきゃダメだって思えたなら納得する。

というか練習であのペドロ・ジュニオールのが得点しまくっているとなると、逆に応対している守備陣の方が不安になるレベルなのだが。

昌子だけは1点の重みを感じるコメントを残していて希望が持てたが、全員がその気持ちを共有しないと何も変わらないと思う。

これをいいゲームだったとか言ってしまうのは、はっきり言って危機感が足りない。早々と失点したせいで、相手が明確に引いて守ったからボールを回せていただけで、内容なんて何もなかったに等しい。あれを崩せないのなら守る相手にまた得点出来ないことになる。

今年も高い授業料を払わなきゃならないのかね。

自分が好きだった鹿島魂を感じるアントラーズの姿から、少しずつ遠ざかっていっている気がしてならない。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ