So-net無料ブログ作成
検索選択

心が怠けたがってるんだ。 [雑感]

サマーブレイク期間中ということもあるが、特に怠け癖が出ていてブログの更新をサボってます。

怠けたいよ~という心の訴えを却下出来ません。基本、甘やかす方向で。

にしてもなんでもかんでもすぐに実写化してしまうのはどうなのだろう。名作だったのに・・。

次の更新は甲府戦後にしようかと思っていたのが、用事があってライブで観れるかどうか微妙なところなので、一旦、なにかしらアップしておこうかと。

今更だが、セビージャ戦で書けなかったことをいくつか書いておこうと思う。

MOMに安部が選ばれていて、普通は得点を取った選手が決まり手みたいに選ばれるのだが、これを選んだ人は良く見ているなと感じた。

勿論、2点取った鈴木にしてみれば不満はあるだろうが(というか実際あったようだ。どおりで試合後のインタビューで若干不満そうだったのか)、先制点は試合記事にも書いたようにほぼ安部の得点。

選ばれなくて残念だと思うが、安部のインパクトが凄かったということ。仕方ない。

鈴木は最近控えに甘んじることも多いのだが、変にネガティブな方向に捉えないように。サポーターは鈴木の良さをちゃんと知っている。

海外クラブ相手に強いイメージもついてきており、いっとき話題になった海外移籍も、鈴木ならやってのけてしまうのではないだろうかとさえ思っている。まあ、まだもう少しは鹿島で結果を残して、移籍金も一杯残して欲しいと思っているが。

次に、レオシルバが1本だけ蹴ったCKの精度の高さ。

前半に右から1本だけ蹴ったのだが西にピタリと合う鋭いボールで、これは西が合わせ切れなかったが、少なくとも昨年ずっと蹴っていた柴崎よりは手応えがあったし、小笠原の疲れている時のへろっとしたボール(注:悪口じゃありません)よりも断然可能性がある。

ただ、レオシルバにキッカーを任せてしまうと、カウンターを受けた時の守備が薄くなるのと、何でもかんでもレオシルバに頼り切りになるといなくなった時の反動が心配になるので強くオススメはしない。

大岩がキッカーを任せないのは他の理由があるのかもしれないが、切り札として使えるようにしておくと一撃で勝負を決められるチャンスがあると考えている。もっとも、カウンターで失点するリスク込みだが。

続いて実況の倉敷氏。個人的には好きじゃないのだが(好きじゃない人多いみたいだが)、鹿島の専属になっちゃったのだろうか。前半はボリュームを絞って観ていたのだが、そうするとライブ感がなくなるので後半は我慢してライブ感を優先。

心頭滅却すれば火もまた涼しという言葉もあることだし、都合良く実況だけを耳から省いてしまおうと画策したのだが、集中すれば出来なくもない?新たなスキルを取得しそうだ。

あとはカメラワーク。日を追うにつれて台数を増やして行く方向になっているのだが、やっぱりサイドバックが持ち上がった時のピッチレベルでのカメラワークは慣れないし、やめて欲しい。中がどうなっているか全然わからないし、ガチャガチャ視点を変えられると気持ちも切れてしまうし。

この先、もっとカメラは増えていくだろうし、増やせば使いたくなるだろう。ホントに、ゲーム中にサポーターの盛り上がりとか映しても意味ないから。お笑い番組で、ネタやってる最中なのにゲストの笑い顔をアップで抜くというくらい意味ない。

これはもしや「スタジアムに来て自分の目で見なさい」という遠回しなメッセージなのだろうか。

というわけで、いくつかのスキルを所得しないと観戦するのも楽じゃないなあと思ったりしたのでした。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

天皇杯3回戦、山形戦はスカパーで生中継される模様 [雑感]

生放送があります、とわざわざスカパーから親切にメールで連絡してくれた。

残念ながら、短期入院が決定したために生放送で観ることは出来ないので、今回も契約スルーとなる。

あ、言い忘れてましたが、明日から定期的な点滴入院の予定です。多分、来週くらいには帰って来れるはずですが、次回の更新はわりと先になるかも。しばらくブログの更新は中断します。

天皇杯はダイジェストを録画で観ることにするので、かなり後から感想を書くことになるでしょう。

入院は面倒で嫌なのですが仕方ない。マンガでは一人はいる病弱キャラなもので・・。おっさんなのに。斬新。

というわけで、入院してしまった少年(心が)のために天皇杯の勝利をプレゼントして貰おう。本当はこういうイベントは決勝戦とかに取っておくものだが、巡り合わせもある。

スタメンは今度こそ控えに甘んじているメンバーたちが出て来るだろう。

しかし、相手はJ2といえど山形。油断しているとキリングされてしまう可能性もある。

キリング至上主義を掲げる協会は2回戦から参戦させ、万一負けると拍手喝采、おお負けてしまうとはなにごとか、と天皇杯をナメているとか大会の価値が落ちているとか言い出すが、そもそも過密日程でフルメンバーが組めないように仕向けられているのだからどうしようもない。

それに元旦に決勝をやり、来季はゼロックスが更に1週間前倒しに開催されることがほぼ決まりだそうで、天皇杯を勝てば休みが1ヶ月くらいしかなくなる。準優勝ならゼロックスはないかもしれないがリーグ優勝していたら参戦だし、決勝まで行くとそれだけでも日程が後延ばしになる。

今年も同じような日程だった鹿島は、そうなると主力選手は3年ほとんど休まずにやらなくてはならなくなり、どんな逆3年寝太郎だよというスケジュールになる。

もう一度、大会の日程やシードを一から考え直した方がいいのではないだろうか。

話が逸れた。スタメンの話。

いっそのことフルメンバーでやってもいいのだが、怪我でもしたら困るのと、戦力の底上げという点からしてもサブメンバーに頑張って貰いたい。

曽ヶ端は大丈夫ならいくとして、三竿雄(兄)、ブエノ、植田(今度こそ)、伊東、小笠原、永木、中村、土居、鈴木、金森か安部。一応、ペドロ・ジュニオールや金崎、遠藤、西を入れておくとしても、早いうちに大差をつけて久保田、梅鉢、田中の誰かにチャンスもあげたい。

・・いやいや、「チャンスをあげる」とかそういう上から目線がマズいのかもしれない。

油断は禁物と気を引き締める。

監督は谷底に突き落とすで有名な大岩ライオン。手を緩めない。

万が一にも取りこぼすことのないよう、全力で勝ちに行って貰いたい。結果は帰ってからの楽しみとする。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

大岩の起用法 [雑感]

大岩体制になってからリーグ5勝1分、天皇杯1勝。

山場だと心していたリーグアウェー3連戦を2勝1分で終わり、狙っていた最低ラインの成績はクリア出来た。しかも柏とガンバという上位陣に勝ってのものなので、勝ち点以上の価値はある。

セレッソがもう少し勝ち点を落としてくれる計算だったので、そこがちょっとうまくいっていないが、あとは中断明けの仕事。ちなみにセレッソとは勝ち点差1だが、得失点差が10離れているので実質勝ち点差は2と考えている。直接対決で勝つしかない。

そう言えば「桃色祭り!」と勢い込んで書いてしまったが、ピンクユニ1、白ユニ2だった。書いて以降は全部白ユニ。最終的には白ユニの方が着用率が高くなるのでは?

大岩の起用で印象的なのは、外国籍選手を存分に使い切ろうとする思惑が見える半面、ブエノに対しての評価が低い。勿論、枠の関係もあるのだが、元DFの目で見て、三竿健(弟)の方が使い勝手がいいとの判断なのだろうか。

だったらいっそのこと手放してしまうのもありかと。おそらく年俸的には1500万くらいでそこまで高いわけではないが、本人ももっと試合に出たいだろうし、鹿島側も育てるには枠が邪魔になってくる。いい落としどころを。

そして、西の攻撃に対する信頼が高く、なるべくピッチに残しておきたいという思いを感じる。

自分も西の攻撃センスは加入当時から高く買っており、2列目で起用するのは理に適っていると思っているが、問題はフィジカル的なもの。本人に聞けば「やれる」というだろうし、怪我なく使い切れるかが課題になってくるかと。

土居の攻守における器用さにも重きを置いている模様。勝っている時には守備面を、負けている時には攻撃面を、どちらでも使える駒として育てていく方針のように見える。起用貧乏に終わらなければそれでいいと思っているが、土居自身がどう捉えているかが行く末を決める気がする。

一方で鈴木や金森、安部はまだ信用を得られていないという点。

中村はレアンドロと同タイプなので併用すればいいし、むしろ今はレアンドロの方が性能的に上回ってきているので同時起用は減っていくはずだが、ストライカー争いでは鈴木が一歩脱落した。

ペドロ・ジュニオールのクリスティアーノ・ロナウドのゴールポーズは、真似している鈴木を気遣ってのことかと思うが、いい関係を保っているならいいなと願っている。

鈴木も確かに一時期、調子に乗り過ぎているなと感じることはあったが、そこが長所な部分でもあり、使う側が長所をうまく引き出して欲しかったのだが、大岩は獅子の血統なのか、谷底に突き落とすタイプらしい。言われてみれば大岩はライオンに見えなくもない。し~んぱ~い、ないさ~。大岩ライオン。

サイドバックは伊東は完全に戦力と捉えているが、左サイドバックは三竿雄(兄)も小田もカウントされていない。多分、今の状況で山本が欠場なら西を左に回すと思われる。

そこは我慢して使って欲しいのだが、ブエノ同様、大岩はディフェンスには厳しいのかもしれない。

ともあれ、ひとまず急場は乗り切った。いや、正しくは天皇杯を乗り切ってからか。油断は禁物。

大岩の起用法、大岩のカラーが見えて来るのは中断明けとなろう。始まりは突然で心配も大きかったが、希望の光が見える結果をここまで残している。イワ、正解だ。

サテライトで負けまくっていたのは、普通に戦力の問題だったのかね・・。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

FC東京戦、追記 [雑感]

終わってみれば2-2の引き分け。鹿島側からすれば勝てた試合だったし勝ちたかったが、FC東京側から見ても一時は逆転に成功したし、勝ち切りたかったかもしれない。

痛み分けという表現はなんかしっくりこない、最後まで決着を着けたかった試合だった。

鹿島にとって唯一の誤算があると言えば、やはり前半終了間際の失点。

昨日も書いたがFC東京は後半に勝負をかけるつもりだったのか、鹿島陣内ではほとんどプレスをかけて来なかった。

前半のポゼッション率が62パーセントという数字でもわかるように、鹿島が圧倒的にボールを保持し、といって鹿島は攻め立てているわけでもなく、後ろでのんびりとボールを回していても脅威はまったくなかった。

あの流れに付き合うというか、付き合ってくれるなら、もうちょっとうまいやりようがあったのではと残念でならない。結局、弛緩した空気の中、相手の攻撃ターンになった流れを受け切れずに失点し、そのまま後半になってもミスから逆転された。

あれだけが本当に悔やまれる。曽ヶ端が防いでくれればなと一日経った今でも思うが。

そこから追いつけたのはたいしたものだと素直に思うが、大岩の力と受け止めていいのだろうか。

双方、入り乱れた戦いになり、鹿島は中2日なのでそうなっても仕方ないのだが、中5日あったFC東京も同じようにバタバタしていて、このあたり不調なチームならではのものだったかもしれない。

ともあれ、ペドロ・ジュニオールがストライカーとしての仕事を果たしてくれるようになったのが助かっている。

今までは金崎が一人で何とかしなければいけなかったが、ペドロ・ジュニオールが得点を重ねることによって金崎のマークも弱まるし、相乗効果はもっと期待出来るだろう。

FC東京戦でも金崎がゴールを決めて3-2で勝ってれば、もっと最高なのだったのだが。

レアンドロも中に入り込んでばかりなのと、時々、手を抜いたようなパスを取られて逆襲を受ける点が気になるし、実際、レオシルバに出して失点したパスは出した方が悪い。攻撃に関しては良くなっている感じはする。

レオシルバのところは取られると一気にゴールまで迫られることはもともとわかっていたことであり、三竿健(弟)が慌てて潰しに行って抜かれたのはミスというには厳しいが、今後は頭に入れておかなければいけないケースだろう。

伊東の使い方はなかなか効いている。相手が疲れたところに攻撃全振りとも言える突進力でサイドを抉るのは効果的。何本かゴールにつながりそうなクロスもあった。

欲を言うなら、内が空いている時にもう一歩二歩切り込んだり、シュート性のボール、というかもうはっきりシュートを打ったりと、パターンが増えると攻撃の幅が広がる。

昌子、山本、西、三竿健(弟)のディフェンス陣はお疲れ様。2失点したのは反省点だが、過密日程の中でよく頑張った。曽ヶ端も最後ので怪我でもしていなければいいが。

勝って首位キープしたかったが、日程や審判の嫌がらせを受ける中で引き分けられたのは及第点と言えるだろう。天皇杯も油断することなく勝って、短い夏休みに入りたい。

ところで、実況は再びあの独特なイントネーションの倉敷保雄氏。また酔いそうになると思っていたが、水沼氏が落ち着いて対応していたので酷さはマシだった。

永木は「な」を高めに発音するものだと思っているのだが、倉敷氏は「が」を高めに言う。何かしらのこだわりがあるのかなあと不本意にも納得していたら、込み入った流れの中では「な」がきって普通に言っちゃってたよ。そこはこだわりなさいよ。

ちなみにペドロ・「ジュ」ニオールって発音もイラッするのだが、だったらクリスティアーノの「ク」リスティアーノって前に発音つけてくれって思う。まあ、今回は酔わなかったのでどっちでもいいのだけども。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

FC東京戦、展望 [雑感]

大岩体制になった時に、6月は下位相手の戦いだから勝つのは最低限のノルマ、7月の上位相手のアウェー3連戦が本当の勝負。

というようなことを書いたが、ここまではパーフェクト。

個人的にはガンバ戦は引き分けでも充分と考えていたが、負けなしの6連勝(含む天皇杯1)。どうせならFC東京戦まで勝ち切って、恐れいりましたと言わせて頂きたい。あ、勿論、天皇杯の山形戦も勝利前提だが。

大岩のやりたいサッカーというのはまだ見えてこないのだが、個人技で勝ち切る試合がいくつかある。これは大岩が能力を引き出したと素直に見るべきなのか、単にいい波に乗っているだけなのか、まだ見極めが出来ない。

こだわりの一品が、レアンドロ、中村、ペドロ・ジュニオール、三竿健(弟)のセットなのだが、機能しているようなしていないような・・。

少なくともペドロ・ジュニオールが調子を上げてきていることだけは間違いない。

次の相手はFC東京。一時期、首位のあたりに位置していたのだが、知らない間に随分と順位を下げている。鹿島キラーの天敵の大久保が故障で離脱し、守備の要の森重も負傷離脱とのこと。

鹿島にとっては追い風のようにも思えるが、協会の陰謀により(注:個人の感想です)こちらは中2日、相手は中5日。しかもアウェー。

先に脚が止まることは濃厚で、どこで勝負を仕掛けるかを考えて動かなければいけない。

そうならないようにターンオーバーしてくるかと期待していたのだが、レギュラーメンバーで押し切るつもりのようで、今のところは正解を出している。次も押し切れると考えるのか、さすがに中5日相手に中2日では無理と考えるのか。

一応、元気な順にスタメンを組むとすれば曽ヶ端、三竿雄(兄)、昌子、植田(復帰待ち)、伊東、永木、レオシルバ、遠藤、レアンドロ、ペドロ・ジュニオール、鈴木となる。

山本、西の両サイドバックはもう走れないと思うのだが。

レオシルバも怪我明けで連戦はキツいのだが、小笠原は中2日ではいけないだろう。かといって梅鉢や久保田を投入するのは冒険が過ぎる。大久保が抜けているとはいえ、FC東京は前線にタレントが揃っている。気は抜けない。

本当はレアンドロを外してブエノを入れたいが、レアンドロはガンバ戦で休ませたのだから使うだろう。レオシルバも連戦だからといってベンチ外にするほど余力はない。ペドロ・ジュニオールを外したら謀反が起きそうだ。植田が間に合ってくれれば解決するのだが。

このスタメンでいくとなれば、無理がたたっているのが昌子とレオシルバ。どちらも超人なので耐え切れそうだが、故障した時のリスクが大きくて怖いのは怖い。まだレオシルバは途中で小笠原と交代という(後先逆でも)可能なのだが、昌子はそうもいかないもので。

あと、トップはもしかしたら鈴木ではなく土居になるのかもしれないが、そうなるといよいよ鈴木干されてる説が浮上することになり・・。

他にも金森や安部といったすぐにも通用しそうなメンバーも使い切れていないし、出来るならサブメンバーにもチャンスを与えつつ、勝っていくという最高の結果を出してくれないものかと期待している。

夏休み(サマーブレイク)まで、あと2試合。集中。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

ガンバ戦、追記 [雑感]

昨日は触れなかったが、柏戦で負傷したクォンスンテが母指MP関節脱臼で3~4週間の離脱とかで、サマーブレイク明けの2試合くらいまで出られなさそうとのこと。

幸い、曽ヶ端の試合勘も鈍っておらず、緊急事態に陥ることがなくて済んだ。

曽ヶ端もここで失点して負けたら「やっぱりクォンスンテが・・」と言われることだろうし、気合いも入っていたと思う。ラストワンプレーは本当によく防げた。

確かあれは初めて行った万博記念競技場2012年9月のこと。(日時は忘れていたので調べた)。2-1リードのラストプレー、レアンドロ(今、神戸にいる)に決められて2-2の同点になってショックを受けた試合。あのシーンが甦ってしまったが、再現しなくて良かった。

現地に参戦していたら悲劇が繰り返されていたのか?とも思うが個人にそんな力はなく、むしろあの時のショックを振り払えたかもしれないと思うと、無理してでも行ったら良かったかなあと後悔もある。

まあ、後悔させてくれるだけの試合をやってくれたのだからヨシ!

それにしても、大岩の采配には少し驚いた。中2日でもやれるという手応えがあってのメンバー選びだと思うし、結果、走り切れたので見る目に狂いはなかったのだが、中村と三竿健(弟)にはこだわりがあるのだろう。

三竿健(弟)に関しては個人的にも期待しているのだが、色々なポジションをやって経験を積むという以前に、迷走しているようにも見えた。マンガふうに言えば、「お主、瞳に迷いが出ておるぞ、ふぉっふぉっふぉっ」ということだが、少し改善されていた。危ないところで体を張ってクリア出来たのは自信になるだろう。

三竿健(弟)にユーティリティな能力がつくことはいいことなのだが、強くこだわるわけではないがブエノが浮いた駒になっている。なんとか出来ないものだろうか。

中村は、最初のフリーで持ち込んでシュートを打つか迷ってロストする、というプレーを観た時に今日もダメだ、と思ったが、その後は割と持ち直していた。

基本的に中に入ってプレーするので幅が出ないのだが、ワンツーの楔になったりと、得点につながりそうな気配もあった。やはりトップ下が本職なのだろうな・・と思うと、鹿島以外のチームでそういう使い方をしてくれるところに行けば、山村のようにブレークするかもしれないという気もする。

ただ、大岩はレアンドロとともに重用しているので、いずれそのぶんは結果で返して欲しいと願っている。

山本も脚がつって中2日であれだけ走れるとは凄い。右は伊東に目処が立っているので問題ないが、山本が抜けると昌子に負担がかかってしんどくなる。伊東は西を2列目に上げて出場機会を確保するなどうまく使っていけているが、左もいい方法を考えたい。

ペドロ・ジュニオールはFC東京戦を見据えたのと、イエローカードを気にしたのかもしれない。本人が不満を表していたのは連続ゴールがかかっていたからなのかわからないが、悪くない感触があったのだろう。素人目にも力を出せるようになってきているように見える。

中盤は小笠原がボールをうまく散らせていた。永木にあれが出来れば最高なのだが、狩りに行くタイプなので、レオシルバと二人並べると狩猟民族スタイルになって、ノリノリの時はいいのだが、後ろを突かれた時に不安なのと1本調子になるところがなあ・・。

どっちを取るかという話になるのだが、小笠原も体力的にフル出場は難しく、永木がいい具合に押し引きを覚えてくれればなと思っている。

金崎はゴリゴリ前から行ってくれて助かる。伊東のオーバーラップからの高速クロスが決まれば、前節に続いてスーパーゴールだったのだが。

ガンバに関しては遠藤保が途中から出て来てくれたのが助かったかもしれない。倉田にもうちょっとやられるかと心配していたのだが、あまり活躍させずに済んだし、アデミウソンもミスが多くて助かった。向こうも全体的に疲れていたのかもしれない。

ともあれ、昨日も書いたが前半は速いパス回して敵陣に切り込むスタイルが何回かあった。若干、精度に問題があってミスになってしまったことがあったが、あれをシュートまで完結させられるようになれば大きな武器になる。是非ともチャレンジしていって貰いたい。

上位チーム相手の連勝は、素直に凄いと思っている。あとひとつと天皇杯。乗り切りたい。

ところでDAZN。後半アディショナルタイムにロゴ出現で停止とか、なんちゅうタイミングでやらかしてくれよんねん。安定、はよ。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

ガンバ戦、展望 [雑感]

平日ということもあってかチケットも完売ではないし、観戦に行こうと思えば行けるのだが、天候も不安、日程も不安ということで今回は回避。どうにも新・吹田スタジアムはタイミングが合わない。

当初の予定(当ブログ主)ではガンバ戦を「捨て試合」にして、引き分けを狙ってあわよくば勝とうという算段だったのだが、首位のセレッソがしぶとい。

1試合未消化の鹿島とは勝ち点2差離れて上位に立っており、柏も勝ち点差1でひとつ上にいる。ガンバよりは上にいるので引き分けなら順位は変わらないが、負けると逆転される。

今季は1シーズン制に戻ったので折り返し時点での首位は意味がないのだが、なんだかこういう状況になるとフツフツと燃えてくるものがある。

なんとかして首位に立ちたい、という気持ちも芽生えてきた。

勿論、当ブログ主の思惑とは関係なしに全部勝ちに行くのが鹿島スタイルなので、当然、ここも勝ちに行くのだろうが、ならば手抜きなしで勝ちに行って勝って欲しい。

選手個々の疲労具合がどの程度のものかわからないが、柏戦のラスト、守備陣はバッタリと足が止まっていた。

少なくとも山本、三竿健(弟)の出場は難しいと見る。本当なら昌子も休ませたいが、ガンバ相手に勝つ気なら昌子を引っ込めるわけにはいくまい。西もキツいだろう。

クォンスンテは右手親指あたりの負傷とのことだが、大事を取るなら曽ヶ端となる。不安がないわけではないが、痛みを抱えてのクォンスンテとの比較なら曽ヶ端に軍配が上がる。

というわけでDFラインは伊東、植田(復帰希望)、昌子、三竿雄(兄)とGK曽ヶ端。昌子には頑張って貰って、FC東京戦で休養という形にしたい。

ボランチは小笠原とレオシルバ。疲れた方を永木と交代。

2列目は温存した遠藤と金森、トップに土居と鈴木。ペドロ・ジュニオールは調子が上がってきたので使いたいが、さすがに中2日でフル出場となれば出力も落ちるだろう。だとすれば切り札で置いておくか、FC東京戦に備えて欲しい。

金崎は怪我を抱えているので出来るなら温存、思い切るなら帯同させずに調整。(一旦、鹿島に戻るのかどうかもわからないが)。

レアンドロ、中村は運動量的に無理と見る。どうせセットで使うならセットで休ませた方がいい。

そういう布陣にしたとしても安部が控えており、名前だけ見ればなんとかなりそうな気がするぞ。

このメンバーにして勝つことが出来れば、将来も明るいし、4連戦を乗り切る目処も立つ。昌子だけが心配だが、まずはここさえ凌いでくれれば何とかなるかもしれない。

レオシルバが7月に間に合ったのは、本当に助かるタイミングだったと言える。

期待しているのは鈴木。ガンバキラーのイメージがあり、出場機会も減っている今、結果を出したいところ。あまり暴れ過ぎて退場になったら困るが、ゴールという形で暴れ回って欲しい。ファウルを受けても立ち止まらず突進するくらいの勢いでやって貰いたい。頼んだ。

せっかくなので、隠れファーストステージ優勝を頂いちゃいましょう。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

さすらいの桃色軍団 [雑感]

桃色祭り開催!

と、景気良くいきたいところだが、普通に考えてアウェーで4連戦、しかも中2日、中2日、中3日とか、パワハラで訴えてもいいですか?

訴訟大国になりつつある昨今の風潮なら訴えられてもおかしくないような仕打ちだが、そこはさておき。

発表された時には首を傾げるばかりだったピンクユニは何故だか勝負強い。

はっきり言って、柏相手によく勝てたなという気しかしないが、これもピンクユニの恩恵なのだろうか。

試合を冷静に振り返ってみれば、悪い点も多い。

外国人枠の関係でブエノが戦力外にカウントされていて、植田の怪我でCBに三竿健(弟)を回すしか手がないのだが、実戦で使えるレベルになるまでどれだけ失点するのだろうかという感じがする。

昌子に負担がかかり過ぎていて、このままだと潰れてしまう可能性がある。勿論、ブエノも試合勘がなく、振り回されてしまうのは目に見えているが、万が一、昌子まで離脱した場合に備えてのブエノ起用はやっておかなければならないと思う。

山本も伊東純相手に何度もスプリントをして攻撃にも参加、最後は脚をつった。中2日でフル出場は無理だろう。

大岩の掲げる速いサッカーという形も依然、見えてこない。

むしろ「ボール大事に」の精神が強いのか、ポゼッションは相手を上回りながらシュートも決定機も相手よりも少ない結果になっている。

慎重になり過ぎて重心が低く、プレスをかけられるとすぐにバックパスを選択してしまう。前を向いて出て行けるのがレオシルバくらいで、前半、何度テレビに向かって怒声を上げたことか。

これについては2列目で受ける中村とレアンドロの責任もあるような気がしてならないが、あいにくDAZNの中継では全体像が掴みにくく、「鷹の目」のスキルを持っていない自分には後ろだけのせいなのか判断がつかない。

それでも、どこかでスイッチが入るのか終わってみれば複数得点で、下位チーム相手ならともかく、鉄壁と言ってもいい柏から3点も取れたのだから攻撃は機能しているのだろうか。わからない。実に面白い。

レアンドロがうまい具合にスペースを見つけて貰うことが出来るようになり、ペドロ・ジュニオールとの連携が上がってきているのが光明とも言える。

個人的には完全に戦力外通告にした選手で、一度そういう判断をしてから活躍した選手が今までいないのだが、「ハハハ、バカめ、サッカー素人が!」とレアンドロが高笑いしてくれる日がくれば、まあ、それはそれで構わない。柏戦では集中出来ていたようだし。

とはいえ、中村とのセットはうまくいっているようには見えないのだが・・。

あとは、大岩体制になってから控えに回った鈴木の心境やいかに。奮起してくれるタイプなら相乗効果も出るのだが、そこらへんのモチベーション管理、大岩はちゃんと出来ているのだろうか。

チームの総力が問われる4連戦。監督の力も浮かび上がってくることだろう。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

柏戦、ここ全力 [雑感]

リーグ3連戦で一番重要なのは首位決戦とも言える柏戦。

昨年のように2リーグ制だったら、もしかすればそのまま優勝決定戦だったかもしれない。

勝てば横並び、負ければ突き放される。相手は再び波に乗ってしまう。勝ち点3では済まない大きなものが懸かっていると考えている。

また、天皇杯も含めると短期間でのアウェー4連戦。最初に躓くと余裕もなくなるし、立て直すのも難しい。先手必勝、全力を使い切るつもりでやって貰いたい。

何度も書くが、6月に戦った相手とはプレー強度は格段に違うので、心してかかるように。

まずは昨年、いいようにやられた伊東純也へのリベンジを。クリスティアーノもいるのでマンマークというわけにはいかないが、鹿島とはもうやりたくないと思わせるくらいに完封して欲しい。

他にも武富とか大津、ディエゴ・オリヴェイラとかかなりタレントは揃っているが・・。

なんでも植田が微妙だそうで、だからこそブエノをもっと使っていて欲しかったのだが、三竿健(弟)でいくのだろうか。不慣れな三竿健(弟)では連携面も含めて無失点では済まないと思うが、連携という点で言えばブエノも同じようなもの。ただ、フィジカルだけで渡り合える可能性はある。

そもそも、プレスの厳しい柏(含む上位)にレアンドロのゆるゆるプレーが通用するかと言えば疑問であり、中村と二人並べるというこれまではうまくいっていた大岩セットは無謀かと思われる。

だったらレアンドロは外してブエノ、というのが個人的見解なのだが、なんとかなるのだろうかね。

攻撃面では当たっている中村航輔を破れるか。単純なシュートはことごとく弾かれているし、チームとして崩さないと得点は難しいだろう。にしても中村と伊東・・。ダブル同性対決になるかもな。

金崎が復帰してくれていないと得点出来なさそうな気がする。土居が調子を戻していてくれればいいのだが。

前節、右足を痛めていたクォンスンテもどうなのだろう。曽ヶ端も悪くはないが、柏の攻撃陣相手では分が悪い。

ともかく90分、ハードに走って当たれる選手を希望。小笠原はここのところ不調なので、レオシルバがいけるなら、ボランチはレオシルバと永木がいい。2列目に土居、遠藤、トップにペドロ・ジュニオール、金崎。

こうなると土居は守備に走り回ることになるが、中村やレアンドロでは守備が崩壊する。好調な柏相手に逆転劇は至難の技と思われるので、戦えるメンバーで立ち上がりから激しくいって貰いたいと願っている。

勝ち点3。狙うはそれのみ。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

7月序盤の連戦をどう乗り切るか [雑感]

7月の連戦。

2日(日)に柏、中2日の5日(水)にガンバ、中2日の8日(土)にFC東京。更には中3日の12日(水)に天皇杯3回戦で山形。

キツい。キツ過ぎる。鬼の日程。略して、おにってい。(そろそろレンタル開始)。

このトータル4戦をどうマネージメントしていくか。天皇杯はトーナメントなので勝つしかないので置いておくとして、重要なのはリーグの3戦。

何故こんな酷い仕打ちを受けているのかわからないが、決まっている以上、対応するしかない。

思い切るならガンバ戦を捨ててしまうという方法もなくはない。上位が混戦になっているおかげで、今なら1敗は致命傷にはならない。

しかし、そうなると残りのリーグ2戦で引き分けることも許されず、力の入れ具合は難しいものになる。

勝ち点を計算すると、3戦をレギュラーメンバーでガチにいって疲労を抱えたまま3引き分けになった場合は勝ち点3。1勝1分1敗で勝ち点4。1勝2分でも勝ち点5。

勝ち点だけでいえば2勝1敗でも勝ち点6で、取るポイントを定めて取り切れば結果的に得るものも大きくなる。

勿論、3戦とも全力で行って3つ勝つのが王者であり、理想ではそうあるべきなのだが、現実は理想とは違う。

ガンバ戦は捨てると言ってもメンバーを大きく落としたうえでガッツリ守りまくって、あわよくば引き分けられれば更に勝ち点1を上積み出来る。

ガンバ相手に引いて守って無傷で終われるとは思えないが、3つ狙いに行って3つ落とすようなことは避けないといけない。

一方で、そういう戦略を取るとガンバ戦を楽しみに観に来るファンには申し訳ないことになるし、やるなら最初から告知すべきかなとも思うが、逆に「ナメんな!」とガンバを挑発したと取られるかもしれないので、発表となれば難しいものがあるかもしれないが。

真面目な話、試合を捨てるという決断はアリかと思うが賛否両論あるだろうし、やるのは勇気が要るだろう。

現実的にはGKは交互(クォンスンテが大丈夫なら)、フィールドメンバーは柏戦を全力。ガンバ戦で5人を完全休養させて一旦帰郷させフィジカル回復。連戦の5名のうち3名を交代枠で交代。

FC東京戦は2戦フル出場の2名を休ませ、完全休養組5名プラス、ガンバ戦を交代で出た3名と途中交代したメンバーを絡ませてスタメンを組む。

おおまかにはこんな感じで、あとはサブメンバーをうまく噛み合わせて乗り切るといったところか。

天皇杯はフィジカル優先で動ける者を中心に組むという感じで。

大岩監督の最初の腕の見せどころとなる。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ