So-net無料ブログ作成
契約関係 ブログトップ
前の10件 | -

垣田はレンタル延長、日本代表は韓国に惨敗 [契約関係]

皆さん既にご存知だろうが、垣田のツエーゲン金沢への期限付き移籍が延長。こちらオフィシャル

鍛えればフィジカルを活かしたCFになれそうな素材なので、鹿島でずっとベンチ外にいるよりは、今のうちにガンガン試合に出て修行する方がいい。ただまあ、あまりに活躍してしまうとそのまま帰って来ない可能性もあるが。

他では中村がセレッソからオファーを受けているそうで。鹿島も契約延長のオファーを出したそうだが、正直、鹿島でのプレーの底は見えたので移籍してユンジョンファン監督に鍛えて貰った方がいいと思う。山村のように覚醒するかもしれないし。

中村は金森などと比べて割と優遇されてきた方で、前石井監督時代でも「不遇」と言われながらも結構試合には出ていた。大岩になってからはレギュラー枠になりそこそこ活躍はしたが、天皇杯でのポカ以降、外されている。

懲罰的なものか、単に戦力外か、大岩の「責任は中村にあります」アピールか。個人的な意見としても天皇杯に関しては中村の緩慢なプレーの責任は大だと思っているし、リーグのマリノス戦での再勝ち越し弾の起点ともなった。

得失点差で上回らなければならなかったルヴァンカップでもドフリーを外しているので、勿論、活躍した試合もあったのだが、悪い部分にしか記憶にない。このまま鹿島で悪いイメージのままプレーするよりも、環境を変えて新規一転再出発の方がいいと思うのだが。大岩との信頼関係がどうなっているかは知らないが。

移籍に関してはもうひとつ。

ウニオンに所属する内田が退団濃厚とか。W杯に向けて出場機会を求めているそうで、それなら西が怪我で抜けている今の鹿島にはぴったり。

どちらにとってもメリットの大きい話。契約があと半年残っているそうで、移籍金をどのくらい吹っかけられるかわからないが、向こうも戦力外扱いらしいし、そのへんはうまく駆け引きして獲得してくれたらなあと願っている。

W杯が終わった後にまた海外でプレーしたいというならそれでもいいし、契約も短期にしておけばいい。

右サイドバックには伊東が成長してきているとはいえ、最終節の物足りなさを思えば一人で回すのはキツい。ACLもあるし、西が復帰するまではどのみち補強が必要なポジション。互いの思惑が合致する今、獲得に向けて動いて貰いたい。

代表の韓国戦は引き分けでも優勝という試合をPKで先制したものの、その後は一方的に韓国にやられて酷い内容だった。あれだけ連携が取れていないとどうにもならない。

車屋はやはり川崎でやっている時と比べるとまるで別の選手。植田も本職ではないマイナスの部分が大きく出て、両サイドがそんな状態ではまともな形にはならない。倉田も期待していた選手だが、ちょっと代表では無理そうだ。

鹿島の選手も辛うじて合格ラインに引っかかるのが昌子くらいに思われるが、4失点は良くない。サイドもこなせる槙野よりかは序列が下になるのではなかろうか(というか槙野はサイドバックとしてカウントされているのだろうか)。

金崎は噂では、中央にいるようにというハリルホジッチの指示を無視する形でサイドに流れたことが不興を買っているそうで、それでなくてもフィジカルの強さを見せている川又と比べて分が悪く、選考から漏れたかもしれない。

土居も原口、乾、清武、香川との争いになるので難しい。「いいプレー」ではなく、目に見える形で結果を出しておかないと既に先を行っている選手を抜けない。三竿健(弟)はとりあえずこれからの選手なので、少しとはいえ出場出来たことを経験としたい。

結果は大惨敗だったが、反省すべきことをした後は来季に向けてゆっくり休養して貰いたい。昌子は久々にまとまった休みになったので、ゆっくりと休んで欲しい。お疲れ様でした。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

石井監督電撃解任、大岩コーチが新監督に就任 [契約関係]

ACL敗退を受けて石井監督が電撃解任。大岩コーチが新監督に就任するとオフィシャルで発表された。

石井監督解任大岩コーチ新監督に就任

新聞では進退問題などと書かれていたが、いつものように2~3試合様子を見てだらだらと続けるのだろうなと思っていた。そのうちに体調不良で休養とかならないだろうなとそれだけを心配していたが、今回は決断が早かった。

正直、大岩が劇的ビフォーアフターを成し遂げるかと言われれば疑問はあるが、かといって石井の続投にも不安しかなかった。

ただ、前にも書いたように石井はナビスコ(現ルヴァン)、チャンピオンシップからのリーグ優勝、クラブワールドカップ準優勝、天皇杯と短い期間で続々とタイトルを獲得しており、何が正しいのかまったくわからずにいた。

今季のリーグ戦でも負けは込んで来たとはいえ、首位とは1試合少ない状況で勝ち点差6。挽回は可能な位置。なかなか思い切った判断だと言えよう。

監督が代わってガラリとチームが変わるかと言われれば、微妙、としか言えないが、石井前監督のやり方には手詰まり感が漂っていて、この先に何か変化があるような感触はなかった。

期待の持てない未来に賭けるなら、リスクがあっても変革を求めるのはアリかと。

しかし、石井が辞めるとなれば一緒に現場にいた大岩コーチや、何にも形の見えない攻撃陣を教えている柳沢コーチも同罪だと思うし、全然役に立たないレアンドロなんかを取って来たスカウト部門にも何かしら処分があっていい。

大岩がどういうふうにチームを変えて行くつもりなのかはわからないが、新しい監督が見つかるまでのつなぎという感じでいいのだろうか。

もし大岩がキレ者だったならば、もうちょっと意見を言えただろうし、少なくとも試合中に延々とホワイトボードを使って議論なんかしていないはずだ。あまり大きな期待はしないでおくが、出来ればその評価をいい方に裏切って欲しい。無理な気もするが・・。

目標としては夏まで大崩れせずに凌いで、夏場のウインドーで戦力補強と新監督を連れてくるという方向が望ましい。

さて、この人事がどういう風を呼ぶだろう。

最低限、レアンドロは切って欲しいし、フィジカルコンディションを優先した運営を目指して欲しいなと思っている。今まで出番のなかった選手は目の色を変えてやって貰いたい。

広島戦、注目。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

赤崎がガンバ大阪に期限付き移籍 [契約関係]

赤崎がガンバ大阪に期限付き移籍。こちらオフィシャル

鹿島に入団してからいまひとつ、ぱっとしなかった赤崎。

攻撃に特化して使うなら良さが活かせるかもしれないが、守備やポストプレーをこなすとなればちょっと足りないんじゃないかという印象だった。

何より、いつまで経ってもトラップが下手なままだったし、DFとの駆け引きもうまくならなかったしね・・。鹿島ではもう無理なんじゃないかと思っていた。

柳沢に似ていると結構ファンがついていたのだが、個人的評価は入団した時から一時少し上がり、また下がってそのまま下の方で落ち着いている。ボールの収まらない選手は好きじゃない。

このたびガンバに期限つきとはいえ移籍となり、ベンチ入りすら出来ない現状から見ても、本人には願ってもないチャンスだろう。

高崎のように(J2とはいえ)移籍したことで花が咲く可能性はある。ガンバはトップに鹿島ほど守備が求められていない(ように感じている)ので、もしかすれば赤崎の良さを活かせるかもしれない。

本当に実力があるなら華々しく活躍して、ざまあみろと言って欲しい。シーズン終了後に向こうから残ってくれと言われるのが目標かと。

レンタルなので鹿島との対戦に出てくるかどうかわからないが、まずは試合に出れるようになることかな。ガンバも層が厚いことだし。

出来ればJ2でレギュラー確約してくれるようなところに行くのが良かったと思うが、環境が変わることをプラスに考えたい。

それにしても中村もオファーがあったというのに残って、何故か石井に気に入られて謎の出場を続けているが、温情采配に応える日が来るのだろうか。残り数分に出て来て何をするというのだろうか・・。

ちなみにレアンドロもファブリシオくらいの評価しかしていないので、攻撃陣がかなり手薄な感じがする。金森の頑張りに期待。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

柴崎がスペイン2部テネリフェに移籍 [契約関係]

スペイン1部ラスパルマスと交渉していた柴崎が、破談になったかと思いきや、同じカナリア諸島に本拠を置く2部のテネリフェに移籍することとなった。(鹿島オフィシャルでの報道はまだなし)。

正直、何故そこまでして・・と思う。

スペイン1部のラスパルマスでさえも中位のクラブで、もっと認められてからいいオファーを待った方がと思っていたくらいなのに、2部のチームに移籍してしまうとは。

なんだか焦って足元を見られた気がするのは自分だけだろうか。

破談のまま鹿島に戻ってもモチベーション的にやり辛かったのかもしれないが、どうしても今、海外に行きたかったのだろう、人生設計が立てられているのかもしれない。

鹿島でリーグ制覇したタイミングで、と思ったのかもしれないし、行くと決めた時に行けずに後悔してしまうことを恐れたのかもしれない。年齢的なものも含めて。

せめて、数年契約とか再度の移籍に複雑な条件が伴うとか、自由に動けなくなるような契約は結ばないよう、代理人がちゃんとやってくれればと思っていたが、報知新聞によれば半年契約とのことで、クラブに縛られるようなことはない模様。逆に言えば半年の間で結果を出さなければいけない。

お試し海外、はあまり好きではないが、ダメだったら戻って来ていい。クラブもサポーターも温かく受け入れることだろう。

とは言っても、そんなことは柴崎の性格からして無理だろうから、行ったきりなら幸せになるがいい~と見送るしかない。戻る気になりゃいつでもおいでよ、ともつけ加えておくが。(昭和か!)。

海外挑戦のスタートとしてはあまり良くないとは感じるが、あとは自力で活路を見出していって貰いたい。

今よりも数倍凄いスタープレイヤーになって、日本に凱旋して欲しいと思っている。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

クォンスンテが完全移籍で加入 [契約関係]

クォンスンテが完全移籍で加入。こちらオフィシャル

心配していた最後のピースが埋まり、とりあえずほっとしている。今のところあえてほっとしているという表現に留めるのは、まだその実力を観ていないから。

実績は勿論充分。前所属の全北現代でも活躍してACLでは優勝を果たし、韓国代表にも選出されている。

ただ、鹿島にフィットするかといえばまたそれは別の話で、コンディションも万全か不明、言葉の壁を簡単に超えられるのか、日本の生活に馴染めるのかなど未知数な点が多い。

完全移籍ということで、何年在籍してくれるかはわからないが、少なくとも1年、出来れば3年、次世代の柱となる日本人GKが育つまではやって貰いたい。

適当にお茶を濁して出たり休んだりとか、心が折れて即帰国とか、そういうのは勘弁願いたい。

さすがに川俣よりはやれるはずだと思うので、まずはニューイヤーカップから出場して連携を図って貰いたいのだが、いきなり出場出来るかどうか。このへんから出ておかないと、いきなりリーグ戦ではプレッシャーも重くなるのだが。

獲って良かった、これぞ守護神、というプレーを連発し、もしくは連発しなくてもいいが要所をしっかりと締めてゲームを勝ちに導いて欲しい。普通に実力を発揮してくれれば、昌子がある程度はなんとかしてくれるはずだから。

早くそのプレーぶりを観せて貰い、ほっと、からひと安心までは昇格させて欲しいところだ。

スペインへの移籍が進んでいる柴崎は現地に渡ったとのことで、今日を含めてウインドー締め切りまであと3日。報道では契約がまとまりそうな雰囲気だが、なんとなくまだ予断を許さない感じもある。

報知新聞の記事では1月末で契約が切れ、やはり移籍金がかからないとのことで、柴崎ほどの選手をタダで手放すことになるのはいくらCWCで潤っているとはいえ、太っ腹な話だな。

ゴネるクラブだったら色々と難癖つけて移籍金を吊り上げるたりするのだろうが、鹿島は柴崎の海外移籍を応援しているので、そこらへんに関してはあまり欲張らないのかもしれない。

新体制の発表は柴崎の移籍問題が完了してからになるのかな。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

レアンドロが期限付き移籍で加入、ニューイヤーカップ今年も開催 [契約関係]

SEパルメイラス(ブラジル)からレアンドロが期限付き移籍で加入。こちらオフィシャル

ポジションはMFとFWということで、前にも書いたようにペドロ・ジュニオールと役割がかぶる。土居や鈴木も同様で、同じタイプばっかり揃ってしまうことになるのだが・・。

写真でちらっと見ただけだが線の細そうな感じで、どれだけ働いてくれるんだろうかなあと、今のところ疑いの方が大きい。実際、観てからの判断になるかと。

オフィシャルによればレンタル期間が書いていないが、ドタバタなのでとりあえず加入だけ決まったということなのだろうか。

あと、タイ遠征の大会概要とニューイヤーカップの大会概要も発表。

アジアチャレンジinタイ インターカップ大会概要によれば、参加するのが鹿島、マリノス、バンコク・ユナイテッド(タイリーグ2位)、スパンブリーFC(同リーグ10位)。Jリーグとタイリーグ同士の対抗戦方式らしい。

試合は24(火)16:00、スパンブリーFC、26(木)16:00、バンコク・ユナイテッド。時差が2時間とあるが、16:00というのは現地時間のことかな?だったら日本は18:00らしいが・・よくわからない。

タイ中継Trueとあるのでここで放送するのだろうが、どうやって観るのかもさっぱりわからない。いつもの通り詳しい方が説明してくれるのを待つとしよう。THE他力本願。無理なら練習試合みたいなものだし結果だけかな。

JリーグDAZNニューイヤーカップ宮崎ラウンド大会概要はこちら。

やるのかどうかわからなかったが今年も開催。DAZNの冠がついているのでメインスポンサーなのかな。

2月2日(木)14:00、Vファーレン長崎、2月4日(土)14:00、横浜FC、2月6日(月)14:00、アビスパ福岡で4チームの総当たり。

水戸とのプレシーズンマッチの発表がまだだが、タイ遠征から続けて早速連戦となる。キャンプの期間も短く、実戦で仕上げていく形になるのだろうか。

時差合流になっているので、タイ遠征はサブメンバーが軸、ニューイヤーカップでレギュラーメンバーを織り交ぜ、ゼロックスあたりでメインを決めるという感じがベストな路線か。

ニューイヤーカップはDAZNで放送してくれるとのことなので、一応、2月1日から契約しようと思っている。

ただ、スカパー組だった皆さんが同じように考えているとしたら、月初というのもあって、もしかしたらうまく契約出来ない可能性もある。

いくつかの鹿島系ブロガーの方々が先陣を切って突撃レポートして下さっているので、なんとなく雰囲気はつかめてきたが、やっぱりアカウント作成とかクレジットカード登録とか面倒だなあ・・となかなか手が進まない。

最悪ニューイヤーカップは観れなくなってもいいかなと半分投げやりになっていたりもする。

しかし、本当にDAZNは10年間、ちゃんとしたJリーグの放送をやってくれるのだろうか?

この前シーズンが終わったばかりだというのに、タイ遠征の試合が観られるのなら、ほとんど休みなしで鹿島の試合が観られることになるね。

タイ中継Trueの情報求む。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

杉本が徳島に期限付き移籍、あと岩政や闘莉王 [契約関係]

杉本が徳島に期限付き移籍。こちらオフィシャル。おそらくそうなるだろうと思っていたし、納得の人事。

杉本は左利きのドリブラーで遠藤に似ているが、若干タイプが違う。

遠藤はタメが作れるし、パスで崩すのもうまい。裏を取る動きや駆け引きもトップクラスだが、杉本はどちらかと言えばマリノスの斎藤に似て、自分で仕掛けてゴールまで持って行くタイプ。

ただ、今はまだ経験が圧倒的に足りず、ドリブルの成功率も低く、シュートの精度もいまひとつ。周りとの連携も噛み合わず、フィジカルも足りていないので強く当たりに行って逆にファウルを与えてしまうなど。レギュラーで使えるメドは立たず、サブで出ても展開を変えるだけの力はない。

まずは実戦経験。大型補強を行った鹿島で杉本が出られる機会は少なく、1年をサブで過ごすよりは、レギュラーの可能性がある徳島で自分を磨く方が自身のためになる。

徳島との話がまとまったということはチャンスがあると思うし、ここで1年通して出られないようでは鹿島でも出場機会はない。心機一転、がむしゃらに頑張って欲しい。

貴重な左利きのドリブラー。タイプは違うとはいえ遠藤の後継になって貰いたい人材で、素質を開花させて戻って来て貰いたい。2年は揉まれた方がいいかなと踏んでいるが、そうなるとそのまま旅立ってしまう可能性もあるかなあ。こればっかりは仕方ないが。

杉本がレンタルということは、中村は残る方向で進んでいるのだろう。さすがに2列目が寂しくなってきたもので。


話は変わって岡山を退団した岩政。

報知新聞によれば関東1部の東京ユナイテッドFCに選手兼コーチの契約で加入したそうだ。上から5番目のカテゴリーとのことなので、次にJFL、その次にJ3を目指すということなのだろう。

岡山では残念ながら昇格という目標を果たせなかったが、様々なキャリアを積んでいる。屈強なフィジカルに似合わずと言ったら失礼だが、もともと頭脳派で、色々なことを考えながら動いている。

いずれ指導者になるのだろう。前にも書いたが、その時は是非、鹿島に戻って力になって欲しいと願っている。


あと、闘莉王。

J2の京都に加入とのことで、地元としては嬉しい話。

昨年、惜しくもJ2に降格してしまったが、崩壊しかけた名古屋を一時立て直したほどの統率力を持っている。

京都はJ2に落ちてから、勝負どころで負け続けて一向に昇格出来ない。一本、芯を通し、勝利への哲学を叩き込むには、うってつけの人物かと思われる。

J1に復帰して欲しいので、厳しい喝を入れてくれることを期待している。

降格した名古屋からは契約延長の申し入れがなかった。因縁の対決は注目となるだろう。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

ファブリシオの期限付き移籍期間が満了、平戸が町田ゼルビアに期限付き移籍 [契約関係]

期限付き移籍していたファブリシオが契約満了。こちらオフィシャル

天皇杯後の本人のインタビュー通りで驚きはないが、噂ではポルティモネンセ側(ずっとポルティモンセだと思っていた。ネが抜けていた)が復帰を希望したとのことで、鹿島側からは延長の話もあったとも言われているが、どこまでが本当だろう。

カイオの移籍で慌てた鹿島の足元を見られて、(高く?)押し売りされた印象がどうしても拭えず、今季もし契約延長になっていたとしても、外国人選手枠を使ってまでのメリットが得られたかどうか。復帰を希望というのも向こうの駆け引きだったかもしれない。

ファブリシオは元代表監督の岡田氏の評価が高く、攻撃に専念するようなチーム戦術、たとえば甲府とか、攻撃に重きを置ける広島やガンバのトップならあるいはもっと得点を取れたのかと思わなくもないが、

天皇杯での活躍は認めるものの、守備のセンスがまったくなく、フィットした感じはない。「天皇杯の優勝に貢献してくれた」、というプラスのイメージがまだしも勝っている今のうちにサヨナラした方が、お互いにとって良かったと思う。お疲れさまでした。


MFの平戸がFC町田ゼルビアに育成型期限付き移籍。こちらオフィシャル

今の鹿島では明らかに出場機会はないだろうし、レンタル移籍で実戦を経験する機会が増えるのはいい。

ただ、移籍したからといって即ベンチ、レギュラーとして使われるわけでもないだろうし、まずは町田に求められる活躍を示し、試合を通してしっかり成長して貰いたい。

いずれ鹿島の戦力になることを願っている。

それにしても平戸も育成型なのだが、基本的にこの年代は全部そうなるのだろうか。


あとはレンタル復帰の梅鉢や出場機会のない田中、久保田、伸び悩んでいる杉本、よそで力を試した方がいいかもしれない赤崎あたりに何か動きがあるだろうか。中村は石井体制では、放出はないと思うが。

杉本は今のところ鹿島でこれといった実績を残しておらず、ここらでレンタルもありかと思うが、豊川が復帰しなかった今季、2列目は微妙に足りなくなる感じがしないでもない。

出すもアリ、出さぬもアリ。鹿島と杉本、どちらにもプラスになるような道を行ければいいかと思う。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

櫛引の期限付き移籍期間、ファンソッコの契約が満了、開幕はホームでFC東京と [契約関係]

更新がしばらく空くかと思いきや、さっそくアップになってしまった。この調子だとちょくちょく情報があるかも。

まずは櫛引。天皇杯で優勝杯を掲げたことや韓国人GKの噂など、予想はしていたがレンタルが終了。こちらオフィシャル

櫛引にとっては五輪イヤーでもあり、期するものがあっただろうが現実は厳しいものになった。

少なくとも半分くらい試合に出られていたら、残ってレギュラーを目指せたかもしれないが、出場機会もほとんどなく、このままでは将来的な展望も見えない。たとえ残ったとしても今度はベンチ入りも難しくなる。

ナビスコ予選でもう少しアピール出来ていたら違ったのだが、あの時はDFラインもレギュラー組ではなく、巡り合わせも良くなかったかもしれない。

清水に戻って即レギュラーは厳しいだろうが、出場出来なかったとはいえタイトルをふたつ獲ってCWCで2位になった鹿島での経験は活きるはず。頑張って貰いたい。

鹿島的には、今度こそ当たりのキーパーを獲得出来るのだろうか。後半、曽ヶ端も若返りの秘法(?)により往年のセーブ力が戻ったが、今年は年齢もあるし、そこまでは望めない。外れた場合はちょっと怖いことになるな。

ファンソッコの契約満了も発表。こちらオフィシャル

CBの控え、緊急時の左サイドバックとしてはいれば助かる選手だが、アジア枠、年俸なども含めて考えた場合、残すという判断は下せなかったのだろう。

個人的な評価としてもいると助かるが、あくまで3番手4番手の評価であり、町田やブエノの成長を期待するならば手放すのもやむなし。日本人枠だったら充分ありだろうが、それでも青木のような扱いになるだろうし、契約満了は妥当かと。

ただ、在籍した韓国人選手のなかでは一番貢献してくれたとは思っている。お疲れさまでした。ファンソッコならば次の契約先もすぐに見つかるだろう。

櫛引、ファンソッコのアジア枠開放とくれば、噂の韓国人GKはアテがついているということなのだろうか。これについては決まった時にまた書くとする。

開幕戦がホームでFC東京と対戦、との報道もされている。

このところ開幕はずっとアウェーだった印象なので、ホーム開幕は久々な気が。

相手がFC東京とのことで、リベンジに燃える大久保の移籍先。

FC東京は大久保以外にも元名古屋の永井や、鳥栖のGK林が加入し、海外から大田も戻って来る。去年のガンバのこけら落とし戦といい、いきなり強豪をぶつけてくるのは、鹿島がJを代表するトップクラブと認められている証なのか。

勝てば去年のように一気に波に乗れそうなので、幸先の良いスタートを決めたいところだ。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

レオシルバが完全移籍で加入、高崎が松本山雅へ完全移籍 [契約関係]

天皇杯の話は回またぎにするとして、移籍関係。噂通りに新潟からレオシルバが完全移籍で加入。オフィシャル

松本山雅にレンタル中の高崎がそのまま完全移籍。オフィシャル

高崎は鹿島では活躍出来なかったが、松本ではプレースタイルが合ったのか得点も量産。向こうにも求められての移籍なのでメリットの多い移籍だろう。鹿島へのリスペクトはある、と気持ちのいいお別れとなった。

補強の方は話に出ている件が着々とまとまり、11人まるごとターンオーバー出来るだけの戦力となりつつあるが、石井がうまく使いこなせるかどうか。

ここまで補強して勝てませんでしたは通用しないが、なんといっても実績で言えば2015シーズン、ナビスコ杯(現ルヴァン)優勝、2016シーズンはファーストステージ優勝、リーグ優勝、CWC準優勝、天皇杯と数えれば輝かしいものがある。

逆にタレントが揃ってサブに回る選手の人心掌握なども含め、やってみなければわからない面は大きいが、今度はゴタゴタが起きないくらいどっしりと構えてやって貰いたい。

来季は1シーズン制。ダメだった時の切り替えタイミングが難しくなるが、出来ればそういう話にならないくらいの成績を期待している。

最低でもタイトルひとつがノルマとなろう。一番欲しいのはACL。優勝して、CWCで今度はてっぺんまで登りつめたい。

怪我人が多かった2016シーズンの反省を活かして何かしらの策も講じて欲しいが、まあ、これだけ選手が揃っていたら、たとえ怪我人が出てもやりくり出来そうな感もある。

他、ブラジル人MFレアンドロ(この名前多いな)に獲得オファーを出しているそうだが、スピードとテクニックが売りの小柄な選手。

鹿島はこういうタイプばかり集めたがるが、バリエーションを増やすためには真ん中で体を張ってキープしてくれる、フィジカルの強いセンターフォワードが必要だとずっと前から感じている。あるいは生粋のストライカーで、得点王を狙えるバリバリのフォワード。

同じタイプばかり揃えると誰が出ても同じシステムでやれるメリットはあるが、相手に研究された時や困った時に対応出来ないという、戦略・戦術の幅が狭くなるデメリットの方が大きく思う。高さがないのも国外で戦う際の不利。

それとも高さという要素があると、かえって混乱するのだろうか。

韓国人GKの件も前にも書いたが、韓国人イコール日本人GKより上、というわけでもないだろうし、ちゃんと選手個々の能力を把握した上で決めて欲しい。

ただ、ファンソッコ(と櫛引)は昨日も書いたように、なんとなく退団しそうな雰囲気なので、こちらもまとまる話なのかな。

シーズンが長かったおかげもあって移籍関係がバタバタしているが、最終的にどういう陣容になるのか興味は尽きない。

あと、新国立競技場をJクラブの本拠地にする案があるそうで、鹿島とFC東京の名前が候補に挙がっているとか。FC東京の方はクラブの方向性と合致しているそうだが、鹿島は今のところ静観の方向。鹿嶋にあってこそ鹿島アントラーズだし、移転はないと思っている。この件は何か進展があった時に書くとする。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - 契約関係 ブログトップ