So-net無料ブログ作成
検索選択

兄より優れた弟など存在しねぇ・・と雄斗が叫ぶ [雑感]

・・と、叫んでしまえば完全に悪役フラグなので叫ばないとして。

三竿雄(兄)にも結構期待しているものがある。

湘南でバリバリレギュラーだったところを引き抜き、不動の左サイドバック山本の座を脅かすかと言えば今はまだそこまでの勢いはなく、チーム戦術に馴染んでいる段階。

永木でさえ適応するのに半年以上かかったことを考えればそんなに焦る必要はないのかもしれないが、夏場の連戦では戦力になって貰わないと困る。

湘南の選手らしく走るのを厭わずに上下運動を繰り返すところがストロングポイントだと見ているが、噛み合っていないのかサイドを制圧出来ているとは言い難い。終盤に息切れすることもあり、そこらへんオンオフの使い分けがまだまだなのかなと感じる。

三竿雄(兄)サイドを崩されて失点するパターンも何回か見ており、守備の安定性も求められる。攻撃に関しては印象が薄く、クロスの精度も微妙だし、ヘディングでの得点能力は山本の方が上なので、何かしら上回るものを見せて貰いたい。

本日、天皇杯2回戦。おそらくスタメンで出場することだろう。最後まで走り切ること、守備を安定させることを最低ノルマとし、攻撃では得点の気配のするクロスを少なくとも3本は上げて欲しいところだ。

三竿健(弟)も出場すると思っているが兄の威厳を見せつけ、俺の名を言ってみろぉ!・・と、これも悪役フラグだった。とにかく頑張れ。

昨日触れたブエノもスタメンになるだろう。能力ではJFLの選手を完封出来るはずだが、連携面ではいまひとつなので、どちらかといえばそこを重点的に磨ければなと思っている。

植田も昌子頼りを脱却し、ブエノを使いこなせるように声を出していこう。まあ、コーチングは曽ヶ端がするのだろうが。

攻撃陣はどういう組み合わせになるかわからない。

疲れの残る土居や怪我がちの金崎、お疲れ気味のペドロ・ジュニオールを休ませ、怪我明けの遠藤もあまり無理はさせたくない。

金森、鈴木、安部と、使って調子を上げたいレアンドロで何とかなればと思うが、この4人だと攻撃を組み立てる選手がおらず、そうなると遠藤に頼るしかないのかな。意外と安部は2列目でもうまくやれそうにも思うが。

とりあえず最初は個人能力でゴリ押しでもいいが、大岩の目指す速いサッカーを見たい。といっても契約していないから自分は観れないのだが、基本の3人のトライアングルで崩していく形を多く作れれば。

まさか負けることは想定していないが、石井の時みたいに危ない時にはのんびりと試合を静観したりせず、温存しているレギュラーを投入して切り抜けて貰いたい。

理想は控えの選手である程度の余裕を持って勝つ、というあたり。試合は観れないが応援している。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

正解するイワ [雑感]

「この『ぶえの』をあなたがたに享受したい」

「イワよ、どうか正解されたい」


ペドロ・ジュニオール、レアンドロ、中村らを積極的に使い、新体制後2連勝となった大岩監督。

「石井監督時代には不遇だった中村」と評されるたびに、いやいやむしろ我慢して使われてた方だから、とツッコミを入れているが、中村が生き返り、つられるようにして使えない外国人の汚名返上をしているレアンドロ。

何がどうなってこうなっているのかさっぱりわからないが、今のところ大岩は正解を引き当てているようにも見える。

ただ、この2戦は試合記事にも書いたように相手に助けられた部分は少なからずあり、前半のうちに勝負を決めてしまったおかげというのもあり、後半になってガス欠を起こしてグダグダになっているのもある。

中村、レアンドロは基本的に90分通して動き続けられず、二人を使うと交代枠を使わなければいけなくなる。もっとも、運動量の求められるサイドハーフなので誰が出ても交代しないといけないかもしれないが、最初から交代枠の2枠が埋まっているのは厳しい。

小笠原についても同様で、夏場になるにつれここも90分はもたなくなるだろう。となれば交代が3枚とも決まっていることになり、やはりそういう意味でもまだ「正解」を引き当てていないように感じる。

そして、ブエノ。

どうしたって使って実戦経験を積ませるしかない。

町田を鍛えていけるならばまだそこまで深刻ではなかったが、長期離脱になってしまった以上、先のことを考えれば絶対に試合に出しておかないと後になって困るのは間違いない。

最低でもルヴァン杯の準々決勝は代表ウィークでもあり、昌子が抜けることはほぼ確実。下手すれば植田まで抜かれてしまう可能性を考えれば早めに手を打っておくべき。

それはわかっているのか最近はベンチ入りはしているのだが、出場機会がない。今は勝ち星を重ねていかないといけないので仕方ないが、本当なら大差をつけた時点で試すことも出来たはず。しかし、先にも書いたように、体力不足選手のために交代に制限が課せられているので難しかった。

加えてレアンドロの復活。

個人的にレアンドロは完全に見切っていたので枠の問題はないと思っていたのだが、大岩体制になってからは重宝されるようになり、そうなるとブエノはCB争いだけではなく、外国人枠争いでも勝たないといけなくなる。

レオシルバが復帰すれば当然主力扱いだし、ペドロ・ジュニオールも得点源として期待されているならば外せない。結局はレアンドロとの競争になる。

DF出身の監督だけにCBの重要性はわかっているだろうし、何かしら考えはあると信じたいが、ブエノを戦力としてカウントするのは当たり前として、たとえば三竿健(弟)が緊急にこなせるようにあらかじめ練習しておいて貰いたい。

枠をうまく使うなら、レアンドロとペドロ・ジュニオールを試合ごとに使い分けていくしかないと思えるが。

7月の連戦までに正解を見つけて欲しい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

スカパー中継はそろそろPPVでバラ売りしたらどうだろう [雑感]

ダゾーンが始まって、スカパーはJリーグから大きく手を引かざるを得ない状況になっている。

現在、ルヴァン杯、天皇杯を放送してくれているのだが、これらは試合数が少なく、月契約だと1試合の単価が結構大きい。

去年は確かJリーグセットというのがあって月額2480円くらいだったと思うが、今はスカパー!サッカーセットという月額2980円のプランしかない。(と思う)。

天皇杯を観るためにはこの契約しかないみたいだが、改めて天皇杯の日程を調べてみたら、2回戦が6月21日(水)、3回戦が7月12日(水)。4回戦9月20日(水)。準々決勝10月25日(水)。

ちなみにルヴァン杯は準々決勝が8月30日(水)、9月3日(日)。準決勝が10月4(水)、10月8日(日)。

月ごとにすれば7月からは1試合、1試合、2試合、3試合。スカパーは契約月に課金されないので7月から10月まで契約するとすれば2980円*3。(6月はスルーで計算)。だいたい1試合あたり1300円弱。

勿論、それ以外の番組もあるのでそれらもコミでと言われるだろうが、試合しか観ない自分のようなタイプには他の番組は無意味。

天皇杯やルヴァン杯はトーナメントなので負けたら終わり。そこで契約は切ったらおしまいなのだが、そのぶん先程計算した単価より高くなる。

サポーターならそんな細かいこと言わずに、どんと構えろと言われるかもしれないが、やっぱり1000円を超えると高いと感じるかな。

天皇杯は準決勝以降はNHKで放送するし、2回戦は高いお金を払ってまではいう思いがあり・・。

同じように感じて契約を見送るユーザーがどのくらいいるかわからないが、アンケートを取るなりして、損益分岐点を見極めてペーパービュー(PPV)で1試合いくらで売った方がプラスになる気がするし、ユーザーも観たい試合を選べて便利だと思う。

適正価格は上限1000円くらいかなあと思うが、それだとスカパー!がマイナスになるかもしれず、会社が潰れてまったく放送しなくなったら元も子もないので仕方ないのかもしれない。スカパー!は相当苦労しているみたいだし。

どうにかしてWIN-WINの関係(今はもう言わないのか?)になればいいと思うのだが。

とりあえず天皇杯2回戦は契約見送りの方向で、3回戦以降は考える。まさか負けないよね?

それにしても7月の日程を見てみると、しょっぱなから中2日、中2日、中2日からのアウェー3連戦の後、中3日の7月12日(水)に天皇杯3回戦が組まれているとは。

サマーブレイクを作って中休みを設けたのはいいが、そのしわ寄せが前倒しで来ていて、しかもサマーブレイク中に海外クラブと試合もするのだから、結局、1年中試合をやっている感じだ。

7月の連戦をどう乗り切るか。怪我人が出ないことを祈るばかり。

あと、最近DAZNの配信が安定しなくて困っているのだが・・。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

2017第15節札幌(ホーム)戦 [リーグ]

感想としては前節の広島戦同様、前半は上出来、後半グダグダ。

相手に合わせてしまうのか、3点あるからという余裕がそうさせるのか、それともわざと省エネを試みているのか、後半が悪過ぎる。

曽ヶ端の活躍でなんとか無失点で済んだが、3点くらいあっという間に取られてもおかしくないくらい押し込まれていた。

カウンターで何点か追加出来る場面もあり、それらを決めていれば相手の動きも止まっただろうが、わざわざ苦しい試合にしてしまっている。

攻めさせてカウンターを狙うよりも、同じように攻めて得点を重ね、相手の心を折ってしまった方が逆に省エネになると思うのだが・・。

攻撃面では前節同様、中村、レアンドロにペドロ・ジュニオールが絡んで3得点。

決定力不足で不満を溜めていたペドロ・ジュニオール、鹿島では花が咲かないと諦めていた中村、酷評してきたレアンドロ。個人的には戦力外とみなしていた3選手が大岩体制になって返り咲いている。

ただ、相手が下位だからまだまだ油断は出来ないというのもあるし、90分持続しないという点が素直に良かったと言えない。来月の上位決戦で同じくらいやってくれれば評価も改めるのでそこまで保留にしておく。

前の選手では90分続かなかったとはいえ3人が結果を残した。一方、土居のデキが相当悪かった。ボールは収まらず、すぐにロストする。カウンターからの決定機も外した。

土居はもともとフィジカルが万全の時と落ちた時の差が激しい選手だが、今日はかなり悪い方の部類だった。プチ中断で鍛え過ぎてしまったのだろうか。押し込まれた要因のひとつ。

前半の決定機3本で3点取る効率の良い試合運びで試合を早々に決めたが、内容的には「速いサッカー」という、目指している形は出来ていなかったように見える。

後ろに下げるパスが多く、重心が後ろに下がって行ったという気もするし、三竿健(弟)のパス成功率が悪く(感じた)、また、レアンドロが嫌な形でボールを失うので周りが信用していなかったような感じがする。

ペドロ・ジュニオールのトラップは前から下手だし、土居が輪をかけて収まらなかったので後ろが上がっていくタイミングがなかったのかもしれない。

遠藤と金崎が入ってからはいつもの形で攻撃が出来ていたが、これは相手にも研究されてきているので、新しい「大岩監督」らしい攻めを確立して欲しい。

水曜の天皇杯、来週の新潟戦。この2試合で攻撃面を磨き、上位陣を突き崩せる形を作って貰いたい。

それにしても鹿島は得失点差は頭に入れていないのだろうか。今、上位にいるチームはどこかで大量得点を奪って大幅な得失点プラスになっている。

リーグ終盤になって、「6点以上取って勝たなければいけない」みたいな条件にならないように、1点の重みを噛みしめて、何点差だろうと確実に加点していって欲しいと思っている。

ちなみに天皇杯はスカパーで録画放送するようだが、この1試合のために2980円はちょっと高い。このへんの話はまた改めて書くつもり。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2017第15節 6/17(土)】(カシマスタジアム18:33KickOff鹿島/20,826人/晴)
【スコア】鹿島 3-0 札幌 (3-0 後0-0) (S 7-12)
【主審】山本雄大(主審)、山内宏志、作本貴典
【得点】
(鹿)前02分 中村↑山本 1H
(鹿)前15分 中村↑ペドロ・ジュニオール 2右
(鹿)前30分 レアンドロ→ペドロ・ジュニオール 3左
【警告】
(鹿)なし
(札)福森4(後44分)
【出場】
GK 曽ヶ端
DF 西 植田 昌子 山本
MF 三竿健(弟) 小笠原 レアンドロ→81永木 中村→69遠藤
FW ペドロ・ジュニオール 土居→77金崎
【サブ】川俣 ブエノ 伊東 遠藤 永木 金崎 鈴木
【監督】大岩剛
【MyMVP】ペドロ・ジュニオール
【DAZN】8クルクル、最大10秒、フリーズ1回(サインアウト1回)

共通テーマ:スポーツ

代表戦と中断明け札幌戦展望 [雑感]

リーグも中断期間に入って、自身も休養モードに入っているのでブログも休眠中。

代表戦と札幌戦の展望を少し。

代表に呼ばれた昌子は親善試合とイラク(アウェー)戦に出場。親善試合ではマークしていた選手に決められての失点も、イラク戦は悪くないパフォーマンスだったかと思われる。

ただ、この試合は録画で観たため、前半20過ぎからのダルっとした展開に思わず早送り・・。細かいところまではわからないのでちゃんとした評価ではない。申し訳ない。

しかし、録画で観ながらでも久保と本田の2列目同時起用はどうなんだろうと感じた。

原口が走り回って穴を埋めていたが、当然抜けてると穴も大きくなる。早送りだったので原口の疲労度がわからなかったが、動けていなかった久保を下げるべきだったのでは?

挙句に足をつって最後は戦力外に。そんなに走っていたようにも見えなかったが、なんだかいつもフィジカル的な問題を起こしているような印象を持っている。

失点は完全に吉田の安易な判断ミス。あの混戦状態でキーパーに任せるとか。

吉田があの調子だと若手にもチャンスが増えるだろうし、もしかして植田とセットで抜かれてしまうのではという怖さも覚える。植田のキャリアを考えれば呼ばれて欲しいが、二人抜かれてのルヴァン杯とか超ハンデ戦。ブエノにしっかり実戦を積ませるしかない。

代表は現在1位とはいえ、オーストラリアとサウジアラビアを残してこの順位はかなり際どい。メンバーにも新鮮味がなく、オーストラリア戦で決めてしまわないとヤバいんじゃないかと思っている。

まあ、そこは代表戦士に任せるとして、週末はリーグ再開。

代表帰りのクォンスンテがスタメンで出るかわからないが、韓国キーパー対決は全敗しているので、出るとすれば今度こそ勝って欲しい。

というかキーパー対決うんぬんよりも来月のアウェー戦までは負けられない。アウェー戦も勿論負けられないのだが、今月のうちで勝ち点を落とすようなことがあれば上を目指すには厳しくなる。

休んでフィジカルコンディションも回復したことだろうし、立ち上がりから激しいプレスで圧倒して貰いたいものだ。

次回の更新は試合後となります。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ