So-net無料ブログ作成

2017第33節柏(ホーム)戦 [リーグ]

明らかなハンドの見逃し。

後半アディショナルタイムのレオシルバのFKが、壁の左に入ったクリスティーノ(かディエゴ)の伸ばした左腕に当たっている。腕というかもう手の方に近い。VARが導入されていたら100パーセント判定が覆っていただろう。

鹿島は意見書を出してもいいし、東城禳、宮島一代、小椋剛は帰ってリプレイをじっくり見直してみて貰いたい。

マリノス戦で土居のゴールがオフサイドで取り消されたり、天皇杯で西のゴールが同じくオフサイドで取り消されたり。まったく何も変わっちゃいない。こんな大事な一戦で誤審を喰らわせられるとは。

もっとも今日の当たっている中村を相手に確実に決められたかはわからないが、ハンドはハンド。勝敗に関わる重要なミスジャッジだった。もやもやする。

ゲーム自体は引き締まったいい試合だった。

柏のGKが中村でさえなかったら2点は入っていたと思うが、やはり代表クラスのセービング力は健在だった。あとひと押し、ゴール前で詰めて行く気迫が足りていなかったのかもしれない。

セットプレーもたくさん奪えたが特にCKは工夫がなく、こぼれ球を押し込む位置取りも出来ていなかった。改善点はこのあたり。

守備は集中して守り、伊東には山本だけではなく昌子がカバーに入り、全員で相手の攻撃陣を見ていた。レアンドロも我慢強く守備に戻り、レオシルバは最後まで足が止まらずに攻守に動けていた。

土居と金崎も前線から激しくプレスをかけて起点を作れていたし、欲を言えばもう少し鋭いシュートが何本か欲しかったか。レアンドロは2本惜しいシュートがあり、悪くはなかった。

遠藤がやや物足りない。素早い攻撃で崩して欲しい場面がいくつかあったが、タメを作って固められたりと、シュートも決まらずプレースキックにもキレがなかった。

結局、交代枠を1枚余したままスコアレスドローになってしまったが、采配的には誰もが良かったし代えるのは難しかった。そこを決断するのが監督なのだが、ここ一番で金崎を下げるわけにもいかないし、今日ばかりは仕方ない。

これで優勝はお預けとなった。

ただ、引き分けは負けるよりかは幾分マシ。川崎は引き分けさえ許されない状況になり、まあ、降格の確定した大宮は抵抗出来ないだろうが、浦和戦はもしかしたら?がある。

相手の負けを願うのは鹿島の精神にはないということだが、それはそれ、これはこれ。浦和に頑張って貰って川崎と引き分けとくれ、と自分なんかは素直に思うが、ACL優勝を成し遂げたのはつい昨日。今後はクラブカールドカップに照準を定めるだろうし、ベストメンバーを出してくるかどうか・・。

水曜に他力で優勝が決まってくれても全然オッケー。無理だったら、磐田戦で勝つしかない。

磐田の名波監督は鹿島に対しては特別なリスペクトを抱いていて、3位の可能性がなくなったとはいえ手を緩めてくることはないだろう。本当の決戦になってしまった。

繰り返すが今日のゲームは悪くなかった。守備のベースはこのままに、攻撃にひと工夫加えて、最後は勝って締めよう。

ああ、また眠れない夜が・・。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2017第33節 11/26(日)】(カシマスタジアム13:05KickOff柏/36,080人/晴)
【スコア】鹿島 0-0 柏 (前0-0 後0-0) (S 23-4)
【主審】東城禳(主審)、宮島一代、小椋剛
【得点】
なし
【警告】
(鹿)昌子2(後28分)、三竿健(弟)2(後42分)
(柏)ディエゴ・オリヴェイラ2(前分32)
【出場】
GK 曽ヶ端
DF 西 植田 昌子c 山本
MF レオシルバ 三竿健(弟) レアンドロ c遠藤→84伊東
FW 土居→77ペドロ・ジュニオール 金崎
【サブ】クォンスンテ 伊東 中村 小笠原 永木 鈴木 ペドロ・ジュニオール
【監督】大岩剛
【MyMVP】-

共通テーマ:スポーツ

ポジティブに優勝を目指そう [雑感]

「悲観主義は気分によるものであり、楽観主義は意志によるものである」。フランスの哲学者アランの言葉だと、ドラマ「光のお父さん」のなかで言っていた。

優勝を決める一戦を控えてちょっとナーバスになっているが、あまりその気分に引き込まれていては良くないということらしい。

楽観的に・・と言ってもシュートを外してヘラヘラしているのはまた違うと思うが、人事を尽くして天命を待つ、という当たり前のことをやって、あとは前向きな気持ちでいこうということ。

昌子も残り2つあると思っていたらやられる、と気を引き締めてくれているみたいで、土居も雰囲気が良くなってきたとコメントしていた。

本音を言えば、引き分けでも優勝という形で迎えたかったのだが、勝って決められるのは悪くないとも言える。

柏が相手で勝つのは簡単ではないが、満員のスタジアムで決勝戦のような雰囲気、相手も強敵というシュチュエーションの方が、鹿島は地力を出せるかもしれない。レッツ、ポジティブ。

スタメンは怪我でもない限り曽ヶ端、西、植田、昌子、山本、三竿健(弟)、レオシルバ、遠藤、レアンドロ、土居、金崎になるかと。

安部やペドロ・ジュニオールの回復具合も気になるが、交代は永木や伊東、小笠原、鈴木もいるので状況に応じて、即座に手を打てるように大岩には入念にシュミレートしておいて貰いたい。監督の判断が勝敗を分けるかもしれない。勝負どころでボードを持ち出して長々と考え込むようでは話にならない。

相手の攻撃はクリスティーノを軸としてハモン・ロペスや伊東をケア、レオシルバは迂闊に飛び込んでスペースを与えないようなタイトな守備を所望する。

山本は守備的にいくしかないかもしれないので、レアンドロとの連携がカギになるだろうか。レアンドロは気持ちを切らさずやってくれればいいのだが。

こちらの攻撃は中村の壁をどうやって抜くか。まあ、気持ちとしか言いようがない。川崎にボコられたガンバ戦を観ていても思ったが、やはり攻撃がシュートで完結しないのは守備の負担が相当大きい。

試合の終盤こそ確実性を求められるが、少なくとも前半は打って打って打ちまくる。その意識を持って、たとえコースを読まれようがブチ抜くくらいの気迫で挑んで欲しい。

個人的にはそろそろ遠藤の右ナナメ45度付近からの、ファーに巻いて左上を抉るようなゴールが見たい。ここ一番に強い印象を持っている。

勝負強さという点では鈴木もいいものを持っているのだが、ペドロ・ジュニオールが復帰したならそちらを優先的に使うだろうし使われないかもしれない。どっちが良いかと言われればかなり微妙なラインになるのだが・・。これは当日の気配を見て監督に決めて貰うしかない。

あとは試合の入り方。3週間も試合が空いていて中1週の柏とはギャップがかなりある。ふわっと入れば序盤で決着が着いてしまう可能性もあるので、最大限注意して立ち上がりたい。

ともかく勝利。Jリーグ的には最終節までもつれた方がおいしいかもしれないが、そんな思惑には乗らず次で決めて欲しい。

全てを出し尽くして戦おう。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

期待もあるが心配も大きい [雑感]

なかなか寝つけない。

鹿島以外にも悩み事を抱えているのもあるがそれはそれとして、やはり優勝が決まっていないというのも不眠の種。

すっきり眠るためには速やかに、すなわち今週の日曜、柏に勝って決着を着けるしかないわけだが、どうにも不安材料の方が多い。

ソニー仙台と練習試合を行ったのだが、内容はあまり良くなかったらしく、昌子は体も重かったそうで、なんてことをしてくれるんだハリルホジッチ。

先日ボコボコにされたガンバも、代表で出場していた井手口は動けていたが終盤息切れしてマークを外して失点に絡み、三浦はヘロヘロ、倉田も存在感なしと、むしろ東口があれだけ動けたのがイリュージョンなのだが、あれも代表の影響だったと言ってもいい。

帰国してからだいぶ経つので昌子なら試合に間に合わせてくれると願ってはいるのだが・・。

金崎や安部も怪我を抱えているし、ペドロ・ジュニオールも怪我明け。あとひとつ勝てばいいだけなのだが、手応えとしては一杯一杯な感じがする。

最大の懸念材料は3週間空いたこちらと、中1週の柏の試合勘の部分。3週間あってコンディションの回復と対柏の戦術はしっかりと行えるだろうが、実戦感覚についてはなかなか埋められない。

ここにきて強敵と当たるのも試練。

救いはひとつだけライフが残っていてコンティニューが出来るという点だが、これに甘えてしまっては簡単に負けてしまいそうなので、決勝戦のつもりでやって欲しい。というかやるだろう。

32節の浦和戦も決勝戦のつもりで、と書いたし、どんだけ決勝戦が続くねん!というツッコミは当然のことながら、皮肉なことに他のタイトルは全て落としてしまったので、今年、決勝戦を行えるのはリーグ戦しかない。

スタジアムも大観衆に包まれるだろうし、サポーターで盛り上げてチームの後押しをしたい。残念ながらスタジアムには行けない身だが、画面のこちら側から念を送っている。

あとは累積のリーチに注意。現在3枚なのが多分、鈴木、永木、植田、西、レアンドロ。柏戦で勝ってしまえばなんの問題もないが、植田や西あたりは欠場すると大きな戦力ダウンになるので気をつけたい。

とはいえ、勝敗のかかった場面ではいくしかないわけだが、まあ、レアンドロは余計なカードを貰わないようにしたい。

審判も、副審を含めてちゃんとして人を当てて頂きたい。マリノス戦の土居のゴールがオフサイドで取り消されたり、天皇杯の西のゴールが取り消されたり副審にも酷い目に遭わされているもので、疑心暗鬼になっている。

鹿島に味方しろとは言わないが、最終節にドラマを作るために要らない演出をするような真似だけはして欲しくないものだ。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

わりとマジに他力本願していたのでショック [雑感]

他の人はどうかわからないが、自分はガンバにわりと本気で勝って欲しいと思っていた。

その気持ちは始まって数分、雨あられと撃たれる試合展開に、まるでビグザムを見た時のアムロばりに「圧倒的じゃないか・・」と愕然としながら勝ちは諦めたのだが、せめてスコアレスドローに持ち込めないかと、にわかガンバサポに変身中の身としては必死に応援していた。

ま、ビグザムは倒されるんだけどな!

神が舞い降りたかのようなビッグセーブを東口が連発し、試合後にどうやって東口を褒め湛えようかと頭の中でセービングの数々を思い浮かべながら拳を握りしめて観戦していたが、82分、ついに力尽きる。神はいなかった・・。

もう何本目かもわからないCKがファーに抜けたところを、エウシーニョに押し込まれて終戦。まだ時間は残っていたが、あそこからガンバが得点出来るとはまったく思えず、唯一、アディショナルタイムにハンドらしき場面があったがギリ肩口だったので川崎的にはセーフ。

それ以外に得点機会はほぼなく、シュート本数が25対1(赤崎の振り向きざまのはカウントされていない?→追記:前半の遠藤のがカウントされていないみたい)と、同じカテゴリーのチーム同士の対戦とは思えないスタッツとなった。

赤崎も鹿島のために頑張ってくれるかと少しばかり期待していたが、これだけ怪我人の多いガンバでスタメンを呉屋に奪われる時点で底が知れており、後半から出場したものの鹿島にいた頃とまるで変わっていなかった。

運動量も少ない、プレスも弱い、ボールを引き出す動きも出来ないし収められない。鹿島に帰って来ても使いどころはなく、来季は新たな所属先を探すことになろう。

もっとも、今のガンバは2列目が壊滅的で、米倉は守備に追われて何も出来ず、倉田は代表疲れなのかいないのか思うくらいに消えているし、前半出場の高木は何が特徴かもわからなかった。

ボールを奪ってからの攻めにつながりがなく、周りに人がいるのにドリブルで突っかけて取られる、急いでパスをしてカットされる、意思の疎通が出来ずに失う、精度が悪くて明後日の方向に蹴っ飛ばしてしまう・・etc。

結局、最後の方はリスクを恐れて後ろに下げるだけという、何の脅威もないパス回しに落ち着き、それでさえも川崎にプレスをかけられて取られるというお粗末さ。

東口が頑張ったおかげで辛うじて試合として成立したが、前半のうちに1点でも入っていたらもっと大差で負けていただろう。長らくガンバの試合を観ていなかったが、ここまで低迷する理由がわかった。

遠藤も精彩を欠いていたし、移籍話もちょっとばかり真実味があるかもしれない。初瀬のプレースキックは初見では好印象を持ち得ない平凡なもので、遠藤が蹴った方がいいんじゃないの?という感想。これからのことはわからないが。

ともあれ、ガンバは敗れた。わりとショックだったので、鹿島の選手やスタッフが観ないようにしていたのは正しい判断だっただろう。

引き分けてくれれば鹿島はあとひとつ引き分けでもオッケーだったし、川崎も全部勝つしかなくなったのでプレッシャーもかけられたのだが・・残念。

鹿島は残り2つ、ACL圏内の柏と磐田が相手で、川崎はACL決勝で燃え尽きてしまうはずの浦和と、ほぼ降格の決まってしまった大宮。相手関係だけを見れば分が悪い。

まあ、結局は自分たちで勝つしかないという結論に辿り着くのだが、期待を裏切らないように柏戦は最後の試合のつもりで全力で戦って勝って貰いたい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

只今にわかガンバサポに変身中 [雑感]

鹿島の選手とスタッフは土曜の川崎対ガンバ戦を観ないということだが、自分は勿論観る。

正直、モチベーションが何もないガンバが、やる気満々の川崎に勝てるとは全然思わないが、ガンバの意地と川崎の自滅があれば・・とわずかな期待を持ってみる。せめて引き分けて勝ち点2を削ってくれないだろうか。

ガンバが2点差をつけられた時点で一気に観る気がなくなるように思うが、ともかく無失点で後半に入れば楽しみはあるかな。(注:100パーセント鹿島目線)。

監督の退任が決定してからまるっきり冴えないガンバなのだが、個々人の能力を見ればここまで低迷するほどでもない。

現日本代表に東口、三浦、井手口、倉田が呼ばれていて、世代代表では初瀬、元代表で今野、藤春、遠藤。長沢も名前を挙げられていた(呼ばれたっけ?)し、ファビオもいてそう簡単にやられるメンバーではないのだが・・。

今年、鹿島以外のチームでブレイクするのは倉田だ、と睨んでいたのだがいまいちぱっとせず、このあたりチームの低迷とリンクしているのだろう。

井手口は今回の代表遠征で何かつかんで川崎戦で爆発してくれればとも思うが、むしろ疲れだけ残ったような気もする。

ともかく先制点が大事。ガンバが先に得点出来れば、ルヴァンカップ決勝のような展開に持ち込める可能性もあるが、川崎が先に取ってしまうともう逆転出来ないだろうなという予想はしている。

赤崎がどこまで鹿島愛を発揮してくれるか、という側面にもちょっと注目したい。もし赤崎の得点でガンバが川崎を倒せれば、一生赤崎のことは覚えていると思う。

鹿島の試合はまだ先だが、ガンバの試合を鹿島の優勝試合とカウントすればもう明後日の話。

感覚としては言い方アレだが、人のお金でギャンブルやっているみたいな感じかな・・。やったことないけど。ギャンブルは自己責任です。

代表の試合はパソコンやりながら流し観していたので詳しく突っ込めないが、守備もところどころザルだし、攻撃に至っては少ないチャンスを一発で決められるくらいの精度がないと点が入らない。

本田や香川がいたとしても変わらない気がするが、岡崎はそういうところをしっかりと決めていたので、そこらへんはちょっとまだ新メンバーには物足りないと思った。

昌子は結局出番なしで、経験になるものがあったかどうか。試合には出ていないので体力的な疲れはないだろうが、精神的には疲れただろう。鹿嶋に戻ったら2~3日は完全休養してリフレッシュして貰いたい。植田は行かなくて良かったかと。

この2試合の代表戦を観ていると、W杯本戦はグループリーグ突破出来れば上出来というようにも思うが、ひょっとすると1勝が目標になるかもしれない。つまり期待薄ということだが・・サッカー人気のためにも盛り上がって欲しいものだね。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ