So-net無料ブログ作成

ホームガンバ戦、追記 [雑感]

ハリルホジッチが観戦していたこの試合、鹿島側で合格者は植田くらいだったろうか。

昌子は失点シーンのお粗末な対応を含め、落ち着かない場面が多く、かなり疲労が蓄積している様子だった。本当なら少なくとも1試合は休ませてリフレッシュさせたいところだが、鹿島のCB事情的にそういうわけにもいかず、試合を続けながら体調を上向きにして欲しい。

リーグ戦は次のアウェー鳥栖戦を超えれば代表ウィークで1週空くのだが、昌子と植田は呼ばれるだろうから結局休みなし・・どころか更なる疲労を抱えることになる。

どこかをブエノで凌げる試合が作れればいいのだが・・。むしろ一気に勝ち点を稼いで優勝を決めてから休みを取って貰うしかないのかもしれない。

植田はハイボールに負けていなかったし、最後に決勝点も挙げて勝負強さを見せた。

金崎は正直、三浦に完敗。体調面もあってのことと思いたいが、1対1ではほぼ抑え込まれていたし、あれだけガッツリ抑え込まれるのは久しぶりに見た。決定機を外しまくったのもストレスが溜まっていたのだろう。オフサイドになった時のシュートだけは凄まじいところに決まっていたが。

井手口は精力的に動いていたが、ガンバが全体的にうまくいっておらず、鹿島側がしっかりと抑え込めていたかと。

レオシルバと永木のバランスが良く、体力的に負けていなかったし、押し込んでいることもあってセカンドボールも奪えていた。

レオシルバの緩急をつけたパステンポと、精度の高さはなんだか久しぶりに素直に評価したくなるデキだった。ただ、ミドルシュートが枠に飛ばないのは残念。何度か完璧な形で打てたシーンがあったのだが。

西は崩しの部分では良かったが、たまにさらっとボールを取られることがあったりと、集中力の問題なのか疲れの問題なのか判断しづらい。ボランチになってからは自由にボールを捌けていたが、あれはガンバが引いていたからでもあり、まともに組み合っていたら守備面でどうなっていたかはわからない。

土居も連戦を思えば動けていた方だがパスの精度が悪く、カウンターであさっての方向へパス出しした時は「安部に比べて・・」と思ってしまったのは自分だけではあるまい。

曽ヶ端は旬が終わってしまたようだ。クォンスンテという韓国代表級のキーパーを控えのまま置いておくのは勿体なく、じゃあ交代で、と言いたいところだがキーパーは他のポジションと違って試合勘がモノをいうので決断には勇気が要る。

ルヴァンカップでクォンスンテを出して負けたことも判断を難しくする材料となろう。

中村はぼーるをけりたそうにじっとみている・・。というテロップが浮かんで見えるくらい、PKの場面では蹴りたそうにしていた。チームの方針でキッカーも決まっているだろうし、さすがに金崎を押しのけてまでは蹴らなかった(金崎も譲らないだろう)。

デキ自体はいいか悪いかで言えば、まあいつも通り、天皇杯のパフォーマスにはほど遠く、安部にスタメンを取られてもおかしくなかったが、PKを獲得したのだから最低限の仕事はしたと言える。

日程が詰まったなかで苦しい試合になったが、乗り越えられたことは今後につながる。

近々復帰するペドロ・ジュニオールが故障前の好調を維持しているとは思えないので、勝ちながらフィットしていってくれればと思うが、離脱中の遠藤とともにチームを押し上げていって貰いたい。

レアンドロはもはやチームの中心となっている。得点もついに10得点と二桁となり、こんな活躍をしてくれるとはまったく思ってもみなかった・・。色々とムラの大きい選手だが、悪い部分には目を瞑りつつ、長所で勝利を導いて欲しい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

2017第27節ガンバ大阪(ホーム)戦 [リーグ]

劇的勝利!

自作自演な部分が多々あれど、この勝利は大きい。いや、大きくない勝利なんてものはないのだが、2位以下に勝ち点差を広げる価値のある勝利で、優勝への道を強く踏み込んだ一歩となった。

立ち上がりはこのところの悪い鹿島。

GK東口のロングボールを昌子が簡単にファンウィジョに競り負け、振り向きざまに打たれたシュートに曽ヶ端が集中を切らしていて早々と失点。

お疲れモードの昌子と、当たりがそろそろ弱くなってきていた曽ヶ端二人のミスと言ってもいい。

失点してからはガンバが受け気味になったことを含めてここ最近の鹿島のパターンになったが、決定機は数多く作れどシュートはことごとく枠を外れ、カウンターの精度も酷くてなかなか得点を挙げられなかった。

前半は0-1で終了かと思われたが、PA内で中村が後ろから泉澤に足をかけられてPKの判定。飯田主審はファウルを流し気味だったのでスルーかと思ったが、鹿島にとっては追い風の判定だった。何気にPKに助けられる試合が増えつつある。

蹴るのは金崎。このところずっと右に蹴っていたがどうするのかと見ていたら左を選択し、東口に読まれて触られポスト直撃。一瞬、気が遠くなりかけたがレアンドロが後ろから詰め、DFとGKのダブル股抜きで押し込み、窮地を救った。

エリア外からのふかしまくるシュートや、なんでもないところでボールを失う欠点はあったが、チームと金崎を救う一撃となった。

この日の金崎は体調の影響なのか、観戦していたハリルホジッチの影響なのか、PKを含めた数多くの決定機を外しまくり、エースらしからぬプレーぶり。守備の要の昌子のミスからの失点といい、攻守の軸が調子を振るわないなかで、それでも勝てたのは勢いとも言える。

相手方となるがガンバのCB三浦は気の強い性格なのか、金崎とバチバチやり合っていたし、PKを蹴る前に囁き戦術も敢行していた様子。テレビ画面越しでは、なんとなく右に手を差していたようで、もしかしたら「右に蹴るのか?」なんて言って揺さぶりをかけていたのか。東口も一度、(向かって)右にフェイントを入れてから左に飛んだし、打ち合わせたのかもしれない。

1-1となった後半、アクセル全開の鹿島はほぼ一方的に押し込むが先にも書いたようにシュートの精度を欠き、ゴールを割れず。合計25本のシュートは今季最高か?

後半アディショナルタイム、ラストチャンスと思って観ていた右CK。永木の蹴ったボールを植田がヘッドで叩き込み、苦しい試合に決着をつけた。

やはり調子が悪くてもガンバはガンバ。危うく勝ち点を落とすところだったが、サポーターを含めた鹿島の圧力が最後の最後で上回れたのかと思う。応援もテレビ越しにも伝わるくらい凄かった。

レオシルバと永木のボランチは前に行き過ぎることもなく、交代で攻撃にも絡み、いいバランスを取れていた。ただ、レオシルバは1枚カードを貰ってからの強めのファウルがいくつかあり、気の短い主審なら2枚目が出ていてもおかしくなかった。

それを含めてなのかレオシルバを下げて伊東を投入、西をボランチに回す作戦を選んだ。右サイドはスペースも広くあったし、鹿島優位に攻め立てていけた。

そのおかげで逆サイドの山本は何本かフリーで受けるシーンがあったが、折り返す意識が強いのか、何回か直接打ってもいい場面があった。胸トラップからのボレー、とか決めてくれたならば。

安部はちょっとマークがきつくなっていてボールを取られるシーンが見受けられ、ここからがプロの壁となるだろう。あっさり超えて欲しいと願っている。

スタメン、サブ、サポーター、一体となってつかんだ勝利。ペドロ・ジュニオールも近々復帰との話で、心配なのは昌子と金崎のコンディションだが、全員でカバーして戦っていきたい。

残り7戦。相手は川崎、柏に絞られつつあるが、柏とは直接当たる前に既に優勝を決めているくらいのペースで勝ち進みたい。

次の試合に向けて、英気を養っておこう。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2017第27節 9/23(土)】(カシマスタジアム19:03KickOff鹿島/28.565人/曇)
【スコア】鹿島 2-1 ガンバ大阪 (前1-1 後1-0) (S 25-11)
【主審】飯田淳平(主審)、三原純、堀越雅弘
【得点】
(G)前07分 東口↑ファンウィジョ 2右
(鹿)前45+3分 レアンドロ 10右
(鹿)後45+2分 CK永木↑植田 2H
【警告】
(鹿)レオシルバ1(後4分)
(G)今野4(前11分)、金正也2(前45分)
【出場】
GK 曽ヶ端
DF 西 植田 c昌子 山本
MF レオシルバ→80伊東 永木 中村→67安部 レアンドロ
FW 土居→87鈴木 金崎
【サブ】クォンスンテ ブエノ 伊東 安部 小笠原 金森 鈴木
【監督】大岩剛
【MyMVP】植田(1)

共通テーマ:スポーツ

我々はあと8体のクラブを倒さねばならない [雑感]

ガンバエルからジュビエルまで(途中省略)8体の使徒を倒せば鹿島の優勝が叶う。

まあ、正しくは6体倒して、残り2体のうち1体を引き分けに持ち込めばオッケーなのだが、ちょっと言ってみたかっただけですばい。ヒロシではなかとです。

そう言えば劇場版もまだ6体しか倒していなかったような・・。すっかり記憶の彼方に・・。完全に忘れてしまう前に完結編はよ。

天皇杯は個人的には負けたけど勝ったみたいなもやもやする勝利だったので、勝った勢いは大事だが、「なんとかなるさ」みたいな空気でリーグ戦に戻れば今度は取り返せなくなると思う。

そもそも新潟戦で2失点してから逆転勝ちを収めた時にも、油断があったみたいなことを言っていたのに、天皇杯でも途中ふわふわして追いつかれたし、気を引き締めていかないと足元をすくわれてしまう。

追って来る川崎と柏は当然油断なんてしていないだろうし、先に弱音を吐くわけにはいかない。

立ち上がりから試合終了の笛が鳴るまで集中して、無失点勝ちで盤石の姿勢を見せつけ、追うものの心を折りにかかろう。

ちょっとばかりソガンゲリオンのA.T.F.(notr ATフィールド)が効果薄めになってきているので、攻撃を浴びないようにボランチからDFラインが堅陣を敷いて隙を与えないようにしたい。ちなみにA.T.F.はago te footの略です。

とはいえ大岩采配は微妙に読みづらく、ソガンゲリオンではなく普通にクォンスンテかもしれないが。

どちらにせよ、お疲れ気味の昌子にあまり負荷をかけないように、ボランチがしっかりと走り回って欲しい。三竿健(弟)が抜けた天皇杯は思っていたより中盤が脆く感じられたので、ここを立て直さないと、向こうには体力が無尽蔵にある井手口がいる。好きさせたくはない。

ガンバは監督が今季限りで退任とか、なにかとうまくいっていない様子だが、それでもガンバはガンバ。手強い相手である。

小笠原が体力切れみたいだったのでボランチは永木とレオシルバになると思うが、レオシルバは派手なプレーは要らないので、隙を与えないようなプレーで着実に相手を潰しに行って貰いたい。永木と二人して狩りに行って後ろを狙われるなんてことだけは避けたい。

レアンドロも少なくとも自陣で囲まれている時はセーフティに蹴り出すように。あそこで奪われるとゴールに直結だから。

攻撃は結果を出した中村をレアンドロとセットで使うべきなのだろうが、続けていいパフォーマンスを発揮出来ないのが中村クオリティなもので・・。安部はまだ90分やり切れると思えないので、切り札として置いておきたい。

金崎を軸として、金森を使うか土居を引っ張るか。そこらへんは選手を見極められる大岩に任せるとして、誰が出ても勝ち点3。狙うのはそれしかない。

・・ところで前から思っているのだが、このブログの展望記事はほとんど具体的なことを書いていない気がする。

まあ、展望というか希望だね。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

第97回天皇杯ラウンド16、浦和戦 [天皇杯]

スコアの上では4-2と快勝のようにも見えるが、先日の新潟戦と同じく、あまりすっきり勝ったという気持ちはない。

勿論、2点を追いつかれたところから再び突き放しての勝利ということや、ゲームをマネジメントしながら勝てたという面を評価すればプラスなのだが、正直、PKの判定に救われた感がある。

ジャッジは全体的に鹿島寄りの笛で、レアンドロが倒されて得たPKは確かに足に手はかかっているが、ボールを保持していたとも言い切れず流されてもおかしくないし、逆の立場だったら文句は絶対に言う。

例の騒動後の試合ということもあって、浦和側も気を遣っていたのか抗議もなく(本当は言いたかっただろうが)、荒れた試合にならずに済んで良かった。熱い試合は観たいが、荒れた試合は勝っても負けても心が重くなるもので。

そんななかでレアンドロは安定のイエロー製造機で、いつ2枚目を貰うかとヒヤヒヤしていたし、闘志の方向性を見失いつつある鈴木もやっぱりカードを貰った。何事もなく試合が終われたこと、そして勝てたことが救い。

勝敗もわずかな差だったと思う。決定機は浦和の方が多く作っていたし、いつもは枠に嫌われる中村のシュートがゴールになったし、矢島のミドルやオナイウのヘッドはギリギリのところでゴールにならなかった。決定力と言えばそうなのだが、数センチの差が勝敗を分けた。

先制してから守りの意識になったのか安心したのかずっと浦和ペースだったし、得点機会以外は攻めさせているというよりは、普通に攻められていた。

日程的にアドバンテージがあり、かつ相手側は主力が怪我や休養で数名欠けているというのを考えれば、もっと圧倒して勝つくらいでないといけないと思うが、一発勝負のトーナメントということを思えばこれでいいのかもしれず、そのあたりがもやっとすっきりしない原因かもしれない。

試合を振り返るとスタメンは少し意外だった。

キーパーがクォンスンテでなく曽ヶ端で、ボランチも三竿健(弟)を下げ、トップには動きの悪かった土居を続けて起用。

しかしながら疲れていると見ていてた土居が素晴らしい動きを見せ、鋭いターンを織り交ぜてチャンスを作り、前からも積極的に追った。最後もゴール前まで走り、安部のクロスをヘッドで決めた。ここまで動ける状態とは思っておらず、大岩はよく見ている。

中村は今年一番良かったのではなかろうか。いつもは酷評ばかりしているが、今日は迷わずMyMVP。先制の場面では自分で打ちたい気持ちもあっただろうが、金崎を選択し、丁寧なパスを送り込んだ。勝ち越し点も見事。

まあ、ポテンシャルからしてこのくらいはやれる選手だし、大岩もそれを見越しての我慢の起用だったのだろうが、いつもは全然能力を発揮出来ていなかった。何が原因なのかはいまひとつわからないが、無条件でスタメンを与えていたのが良くなかったのではなかろうか。

レオシルバは解説(スカパー川勝氏)が絶賛していたが、どうにも不安定に見えた。時折、相手を翻弄するようなプレーでビッグチャンスを演出するし、実際、3点目もレオのアイデアがあればこそだと思うが、後ろをガラ空きにし過ぎてかなり浦和にいいようにされていた。

小笠原のプレーぶりもキレがなく、気力は充実していたが体がついていっていないような感じだった。DFラインも疲れのせいなのか、サイドバックを含めて足が重く、守りでは後手に回ることが多く(守りなので基本的に後手なのだが、それでも)、1対1で負けるシーンも多かった。

失点はいずれすると思っていたので、そういう意味でもPKで得た2点目はやはり重かったと言える。それにしても金崎はずっと右に蹴って予測もされているが、読まれても止められないという自信があるのか、落ち着いて決めてくれる。

試合内容をどう評価するかは人それぞれになるし、倒した!という手応えは全然ないが勝ちは勝ち。天皇杯タイトルの可能性は残した。

ベスト8はJ1勢が勝ち残り、鹿島は次に神戸と対戦。会場はどこだろう。その次はセレッソか大宮だが、どちらもやりにくい相手で、メンバーを落として勝てるようなことはないだろう。レギュラーメンバーがどれだけ多く出場出来るかがカギになるかもしれない。

週末にはすぐにリーグ戦があり、今日のような体のキレならガンバに圧倒される。金崎を少しでも温存出来たことをポジティブに捉え、DF陣にはもうひと頑張りして貰おう。特に昌子。潰れずに乗り切って欲しい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【第97回天皇杯4回戦 9/20(水)】(熊谷スポーツ文化公園陸上競技場19:00KickOff/人/晴)
【スコア】浦和 2-4 鹿島 (前0-1 後2-3) (S 10-6)
【主審】高山啓義(主審)、岡野宇広、田尻智計、(追加副審:小屋幸栄、中野卓)
【得点】
(鹿)前07分 中村→金崎 1右
(鹿)後06分 PK金崎 2右
(浦)後14分 森脇→ズラタン 1右
(浦)後24分 遠藤↑武藤 1右
(鹿)後29分 土居→中村 2右
(鹿)後45分 安部↑土居 1H
【警告】
(鹿)レアンドロ1(前33分)、鈴木1(後34分)
(浦)森脇1(前4分)、興梠1(後45+3分)
【出場】
GK 曽ヶ端
DF 伊東 ブエノ 昌子c 山本
MF c小笠原→81永木 レオシルバ レアンドロ 中村→87安部
FW 金崎→58鈴木 土居
【サブ】クォンスンテ ブエノ 三竿健(弟) 安部 永木 金森 鈴木
【監督】大岩剛
【MyMVP】中村(1)

共通テーマ:スポーツ

天皇杯、浦和戦、展望 [雑感]

浦和とやるのは例の騒動以来で、何かとトラブルの起こる対戦カード。そういう意味ではあんまりやりたくない相手だがそういうわけにもいかず、やるからには勝つだけ。アノ人も当然出場するんだろうが、ブーイングが凄そうだ。どういう応対をするかちょっと興味がある。

日程上ではこちらが有利となり、フィジカル面でアドバンテージを握りたい。少なくとも相手より走れないということは絶対にないようにして貰いたい。もう緩い立ち上がりは勘弁。

とはいえ正直に言うと、自分の中では天皇杯よりもリーグ戦に重きを置いている。だって20億だもの・・。

というようなことを言うとまた天皇杯軽視とかいう流れになるので面倒なのだが、賞金も違うし、来年の正月まで試合を引っ張られてオフが短くなるデメリットとか、せめて日程やシードなどを考え直して欲しい。

当然タイトルなので手は抜かないが、ガンバ戦は全力でいきたいという密かな願いを抱きつつ逆算すると、新潟戦から出場停止になる三竿健(弟)を抜いたメンバーは出来るなら温存したい。

そのうえで浦和にも勝つというのが理想的な形だが、まあ、そこまで余裕をかませる相手ではなく、二兎を追うものになっては元も子もない。

キーパーはクォンスンテとなるはず。2失点したし曽ヶ端も休ませ時だろう。

CBはブエノを使って植田か昌子を休ませたいが、キーパーを代えるなら動かしづらい。サイドバックも伊東は使うとして、山本と西のどちらを選択するか。

ボランチは三竿健(弟)は当確として、コンビは永木、小笠原、レオシルバの誰か。後者二人は例の騒動もあるし、普通に試合が終わるかどうか・・。主審には毅然とした態度でジャッジして貰いたい。

2列目はハットトリックで乗っているレアンドロを使うとして、セットメニューで中村? 土居は新潟戦の後半まったく消えていたので休ませたい。

トップは金崎と金森になるのか。鈴木が怪我とのことでこの大事な時に・・と思わなくもないが、なんだか最近の荒ぶる鈴木だと浦和相手に余計なトラブルを招かないか不安なので、もしかしたらこれで良かったのかもしれない。

金崎は怪我もあるし連戦は避けたいのだが、いないと得点力が大幅に落ちるので使わざるを得ない。

うーん、こうして書いていくと結局、休ませられるのは土居と曽ヶ端くらいなもので、浦和戦、ガンバ戦とも全力でいくしかないという当たり前の結論に辿り着いてしまう。

せめて疲労を残さないように90分で決着をつけ、なおかつ、鹿島ペースで進めるためにも先制点を取って試合をコントロールするような試合にしたい。だとすればボランチは小笠原の方がいいのかもしれない。

荒れた試合にならないようにとそこは強く思いながら、不甲斐ない戦いだけはして欲しくないので強くいって欲しいという、相反した想いを持ちながら勝って欲しいと願っている。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ