So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

2019ACL準々決勝第2レグ、広州広大(ホーム)戦 [ACL]

かなりショック。勝てた試合だったし、勝たないといけない試合だった。

セルジーニョのバー直撃、レオシルバの最後のシュートがGKを抜くも必死のブロッキングに遭ってノーゴール。ボール半分、勝利に届かなかった。ラストシュートが決まっていたらこれほど劇的なゴールもなかったのだが・・。

レオシルバは今年一番といってもいいほど良かった。時々、最終ラインで切り返す怖い部分はあったが、攻守にバランスが良く、あっという間に3列目から前線に顔を出して間で受けたり、神出鬼没。

同点ゴールもセルジーニョに当たったとはいえ、コースを狙った結果見事なゴール。それだけにラストプレーでPA内に入って行った時は「入る!」と思ったのだが。股抜きではなく脇を狙うんだな。

勝敗を分けたのはボール半分と書いたが、厳しく言うなら交代組が機能しなかったこと。相馬はある程度仕掛けていたがキレがなく、ピンポイントで入るクロスもなかったし、シュートにもほとんどいけていない。

上田は経験不足なのが出たのか、無駄なファウルを繰り返して相手に時間を使わせてしまったし、ボールを収めることも出来なかった。

山口は論外。期待していた選手だが、あれほど臆病な選手になってしまっているとは。エリア内で持っても周りを探して結局パスを選択するし、もっと貪欲にゴールを狙って欲しかった。シュートは打ったのか? あれでは使って貰えないのも納得。

主審のジャッジも前半と後半でガラリと変わってしまって戸惑った。前半は鹿島寄りで相手にすぐイエローカードが出たが、後半は鹿島の選手がファウルを受けても流され、特にゴール前で名古がドリブルで入って行って倒されたのはファウルだと思う。

チーム全体で言えば、後半早々に得点を挙げて同点になった後の押せ押せの時間帯に攻め切れなかったことが響いた。もっとシュートを打つ意識、雨でピッチも濡れていただけに、グラウンダーのシュートを遠目からでも打って欲しかった。

失点シーンはマークについていた町田のミスだろう。完全に振り切られていたし、わざわざ左サイドバックで起用して高さ対策を練ったのに、肝心のセットプレーではがされてしまうとは。クロスも得点になりそうだったのはグラウンダーで入れた1本だけ。

伊藤は珍しく運動量があったが、チャンス自体が巡って来なかった。フリーの町田にパスした場面はいつもだったら打っていたと思うが、せっかく出したのに町田のクロスがキーパーへの優しいパスでガッカリも甚だしい。

小泉も攻めに参加出来ていたが、得点になりそうなクロスなし。運動量は凄かったが、内田はやっぱり出れないのか。3枚目のカードで出て来てチームを勝利に導いてくれるかと思っていたのだが。チョンスンヒョンはゴール前での力強さなし。得点取れそうなチャンスはあった。

セルジーニョはACLでは輝いている。ポストプレーも出来ていたし、惜しいシュートもあった。前半のバイシクルと後半のバー直撃。どっちか入っていれば。

試合は1-1の引き分けとなり、アウェーゴールでの敗退。やはりアウェーでの無失点が敗着。よく戦ったとは言えばそうだが、敗退してしまったら意味がない。

終わってしまったのは取り返しようがないが、前を向いていくしかない。幸い次の試合は1週間後なので、連続でタイトルを失うなんてことのないよう調整して貰いたい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん




(以下、個人的まとめ)
【2019ACL準々決勝第2レグ 9/18(水)】(カシマスタジマム19:00KickOff鹿島/13,835人/雨)
【スコア】鹿島 1-1 広州広大 (前0-1 後1-0) (S 13-5)
【主審】アハメド・アルカフ(主審:オマーン)、アブバカル・サリム、ラシド・アルゲイシ、(追加審判)モハンマド・トゥマ・アハドメフ(ヨルダン)、アハメド・ファイサル・アラリ(ヨルダン)
【得点】
(広)前40分 CKフアン・ポーウェン↑タリスカ H
(鹿)後06分 永木→レオシルバ 1右
【警告】
(鹿)永木1(後1分)、上田1(後41分)
(広)フアン・ポーウェン1(前9分)、ジョン・ジー1(前31分)、アンデルソン・タリスカ1(後34分)、ヤン・リーユー1(前42分)
【出場】
GK クォンスンテ
DF 小泉 チョンスンヒョン 犬飼 町田
MF レオシルバc c永木→81山口 セルジーニョ 名古→69相馬
FW 伊藤→72上田 土居
【サブ】曽ヶ端 内田 小池 関川 山口 相馬 上田
【監督】大岩剛
【MyMVP】-
【スカパー】選手のアップし過ぎ、バックスタンド側の選手のアップとか意味がわからない

共通テーマ:スポーツ

ACL広州広大第2レグ(ホーム)戦、展望 [雑感]

息つく間もなくやって来る大一番の試合。サポーターとしては嬉しい悲鳴が続く。つい数日前にリーグの首位決戦を制してリーグ戦に目星をつけ、ここで更に勢いをつけたいところ。

第1レグのアウェーでは0-0で引き分けたために、第2レグはどちらかに点が入った時点で延長はなし。無失点でも点が入らないと延長戦・PK戦になってしまうので、90分で点を取るプランニングを立てておいて欲しい。

失点せずにゲームを進めて・・というのは理想ではあるが、勝たないと突破出来ないので攻める気持ちは忘れずにいたい。

FC東京戦でもボールを回しているだけで結局キーパーまで戻してロングキックで失うというパターンも多かったし、シュートで終わる意識を持って欲しい。あとは攻め急ぎ過ぎて雑にならないように・・とまあ言うは易しだが。

FC東京戦では三竿と白崎が負傷交代となり、日程が詰まるこの試合には「使えない」という想定で動いた方がいいだろう。大事な一戦ではあるが、ここで無理して長期離脱になる方が痛い。今いる戦力で戦うのがベスト。

スタメンは疲労度を考えて、クォンスンテ、内田、チョンスンヒョン、犬飼、町田、永木、名古、遠藤、セルジーニョ、土居、上田。チョンスンヒョンのところはノッているブエノでも構わないが、疲れて動きが鈍くなっているようなら控えに回って貰う。(追記:登録外みたい)。

土居とセルジーニョにはもうひと頑張りして欲しい。ここを乗り切れば天皇杯は別メンバーで戦える。内田はそろそろベンチでのコーチ役ではなく、実戦でチームを引っ張って貰いたい。

伊藤は得点が欲しい場面での投入に回して上田に期待を賭けたいのだが、序盤・中盤を伊藤で時間を稼ぎながら相手が疲れたところに上田の投入がいいのか(現行方式)、最初から上田で相手を掻き回し、伊藤がおいしいところだけを攫って行く方がいいのか。

伊藤はよくやってくれているとは思うが、最近のトータルでの仕事ぶりは物足りなさを感じているので、期待値としては上田の方が高い。

相馬も復帰してくれていると心強いがどうだろう。鹿島は怪我が長引くしね・・。レオシルバと三竿は、よほど展開が悪くない限りは永木、名古でクリアして欲しい。

せっかく勝ち上がって来て、第2レグも勝てば突破という条件も持っているので、集中して勝利を掴み取って貰いたい。ホームでの連勝を望む。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん



共通テーマ:スポーツ

2019第26節FC東京(ホーム)戦 [リーグ]

ナイスゲーム。絶対に負けられない戦いを全員で辛抱し、走って体を張って勝利をもぎ取った。勝ち点3以上の価値のある勝利だった。

開始早々のCKをレオシルバが蹴り、ブエノが相手に囲まれながらもフィジカルの強さを見せて、首だけでコースに持って行き先制ゴール。この1点は鹿島に勇気を与えた。

カウンター主体のFC東京に主導権を握られなかっただけではなく、鹿島のペースで戦える得点になった。前半は全員が集中して守り、パーフェクトな内容。

後半、疲れの見える白崎に代えて名古。前に出て来るFC東京と、ハーフタイムを挟んだことで勝利を意識したのか重心が下がった鹿島。

慎重と臆病のギリギリのラインだったが、鹿島はボールを奪ってもシュートで終われず、後ろに回すことも増え、中盤でボールを奪ってもイージーなパスミスを繰り返してセカンドボールも拾えなくなってきた。

押し込まれる時間帯が続き、ゴールを脅かされる場面がいくつかあったが、最後のところをクォンスンテが破らせず耐え切った。

ブエノの気合いの入った守備はファウルと紙一重でヒヤヒヤもしたが、頼もしさがあり、犬飼も無闇の飛び込まず粘り強く守って周りと連携出来ていた。

どこかで追加点を決めてくれないと苦しいと思っていたが、レオシルバから交代で入った名古。横のセルジーニョに流すと、大外を上がって来た小池を囮に使って振りの早い左足の正確なシュートでゴール左に決めた。

この2点目が効いた。ずっと相手に押されていたし、時間帯も後半深いところ。相手の気持ちを折る一撃になった。

三竿とレオシルバは序盤から飛ばして中盤を走り回っていた。レオシルバはかわして前に運ぶプレーが多くてチャンスは作れていたが、後半、全体の運動量が落ちた辺りからは合わないミスパスが増えてリズムを失った。

あのへんのセルフコントロールというか、気を抜く部分がなければいいのだが、それでも最後まで動いて周りを助けた。

三竿のイエローカードは不服のある一枚だったが、闘志を消すことなく声を枯らして走り回り、珍しく足がつって途中交代。チョンスンヒョンをCBに入れてブエノを右サイド、小泉をボランチに持って来る采配だったが、永木は使わないつもりだったのだろうか。

伊藤はここ最近の中では動けていた方だが、前線での圧力が足りない。代わって入った上田には推進力があり、五分五分のボールをDFを引き連れながらシュートまで持って行けたし、個人的には序列は覆っているのだが。

サイドバックは両サイドともやや弱い。小池のところでピンチになることも多かったし、クロスもDFに当ててばかり。キックフェイントではがして上げる工夫があればと思う。

小泉は守備面では安定して来たが、クロスをほとんど上げなかったし、連携で崩す場面もなし。得点の欲しい試合だと物足りなさは残る。

とはいえ失点は避けたいこうしたゲームでは貴重な選手で、交代でアクセントをつけて攻めにいければそれでもいい。結果、大事なこの一戦を2-0で勝って首位に勝ち点差1に迫れたのは大きい。

ジャッジはカードとか細かいところで不満はあるが、PKを要求するFC東京のプレーにちゃんと裁いてくれて良かったと思う。エリア内で倒れてすぐにPKを欲しがるのはやめて貰いたい。

長い間、FC東京に勝てずにいたがそれも破れ、リーグ戦も優勝争いに堂々と名乗りを上げられた。次に負けてはまったく意味がなくなるが、今の調子を継続させて勝ち進んで欲しい。

すぐにACL、天皇杯と試合がやって来るが、全員の力で戦っていけたらなと思っている。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん




(以下、個人的まとめ)
【2019第26節 9/14(土)】(カシマスタジアム19:03KickOff鹿島/27,285人/晴)
【スコア】鹿島 2-0 FC東京 (前1-0 後1-0) (S 7-12)
【主審】東城穰(主審)、岡野宇広、赤阪修
【得点】
(鹿)前02分 CKレオシルバ↑ブエノ 1H
(鹿)後33分 名古→セルジーニョ 10左
【警告】
(鹿)三竿3(前28分)
(東)室屋3(後12分)
【出場】
GK クォンスンテ
DF 小泉 ブエノ 犬飼 小池
MF レオシルバc c三竿→81チョンスンヒョン セルジーニョ 白崎→46名古
FW 伊藤→70上田 土居
【サブ】曽ヶ端 内田 チョンスンヒョン 遠藤 名古 永木 上田
【監督】大岩剛
【MyMVP】ブエノ(1)
【DAZN】0クルクル、最大0秒、フリーズ0回(サインアウト0回)
【NHKーBS】選手のアップ多過ぎ

共通テーマ:スポーツ

今季リーグ戦の正念場がやってきたFC東京戦 [雑感]

代表のミャンマー戦でひとつ記事を書こうかと思っていたのだが、2点取ってからがグダグダ過ぎてキリンカップと変わらない内容だったので特になし。

W杯予選は勝たないとらいけないので仕方なかったかもしれないが、2点取ってからのクオリティというか、「決めてやる」という気持ちが薄れていたように感じたのが残念。

あと、他のクラブでもちょくちょく怪我で中・長期の離脱者が出て来て、そっちはちゃんと発表されているのだが、鹿島は離脱しても全然発表されない。クラブの方針なのだろうが、「いつ帰って来るんだ?」と心配ばかりするので、発表してくれてもいいのにと思う。

それはさておき、FC東京戦。勝ったとしてもこの先にいくつも「正念場」は訪れると思うが、この試合に勝たないと話にならない。言ってみれば「第一の関門」。

残り9試合で首位FC東京との勝ち点差は4。直接対決はこれが最後なので、負けてしまうと7差になりこれは詰まらない。「諦めなければなんとかなる」という精神論ではなく、普通に無理と考えた方がいい。

引き分けでも厳しいくらいの気持ちだが、「勝ち点4ならまだなんとかなるかも・・」と思ってしまうのは心の弱さか。

絶対勝つという気持ちで臨まないといけないのだが、ただ、カウンター得意のFC東京に前掛かりで行って術中にハマるのも面白くない。

向こうとしては引き分けでもオッケー、カウンターが決まれば最高という心構えだろうから、カウンターを警戒しつつ勝ってやるという攻めの気持ちを切らさず戦わないといけない。

色んなパターンをシュミレーションして、その場での対応ではなく事前にチームで意識を共有しておいた方がいい。先制して守り切るのが理想だが、点を取れない時にどこまで我慢するか、先に点を取られてしまった時の陣形はどうするか、選手交代も含めて入念な計画を立てておいて欲しい。

FC東京にはここ数年勝てていないというのも、やられっぱなしで腹に溜まっているものもある。勝ってタイトルへの道を切り拓きたい。

希望スタメンはクォンスンテ、小泉、チョンスンヒョン、犬飼、ブエノ、三竿、レオシルバ、白崎、名古、土居、上田。

小池は疲れなのか相手に研究されたのか、前を塞がれた時の選択肢がなく、後ろに戻すしか手がないし、守備の戻りも遅い。このところ小池のところを突かれて守備を破られているイメージがあるので、ここは強化したいポイント。

ブエノの左サイドバックは未知数だが、上下運動をしっかり出来ることと、サイドならまだ危ないタックルをしてもPKにならないという点で推薦する。PK取られるのだけは絶対に嫌。

町田はスケールはあるがスピードがないので、永井、ディエゴのスピードに加えて、室屋に対応するのは町田には荷が重いかと。

ボランチはレオシルバよりも全体的なバランスを取れる永木の方がいいと思うが、レオシルバは途中から出して活きるタイプではなく、ベンチスタートなら永木の方が使い易いという点を考慮。というか永木もスタメンでフル出場して欲しいのだが難しい。

トップはU22の遠征疲れもあるだろうが上田。伊藤は得点は取れているものの、その他での貢献度が低い。11人全員のハードプレーが求められる試合で、一人でも運動量の少ない選手がいると綻ぶ。隙のない布陣を組んで貰いたい。

代表に連れ回された橋本と永井が疲れてくれていればというやましい思いもありつつ、ディエゴも強力、室屋、東、高萩と気を抜けない選手ばかり。

1対1で負けないことは勿論のこと、攻めると決めた時の総攻撃で壁をブチ破って欲しい。勝ち点3を望む。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん



共通テーマ:スポーツ

ルヴァンカップ準々決勝のまとめなど [雑感]

ルヴァンカップ準々決勝は鹿島、川崎、ガンバ大阪、札幌が勝ち上がり。

鹿島は準決勝で川崎と戦うことになり、アウェー、ホームの順で対戦することになる。今年は2戦方式は初戦アウェーのことが多いような気がする。(ルヴァンカップはオープンドローの時点で決まってたが)。

出来れば向こうの山が良かったと思わなくもないが、ガンバには勝てていないし、札幌にも苦戦している。だからといって川崎には勝てるかと言われればここも楽にはいかないのだが、どこが相手でも勝ち進んで行くしかない。

国内タイトルからは遠ざかっているので、過密日程になろうとも是非とも優勝したい。

浦和戦の杉本へのブエノのタックルについてはPKだったと言う人と、あれくらいならギリセーフという人もいて、人によって分かれるプレーだったかと。

主審の佐藤隆治は耳に手を当てる仕草をしていたので、VARをまったく無視していたわけではなく、それも考慮したうえでPKには該当しないと判断したということだろう。

まあ、逆の立場だったら「絶対PK!」と言うだろうが、キモを冷やしたプレーだったことは間違いない。

ACLの広島戦でも柏のプレーがシュミレーションになって救われたシーンもあったし、勿論、不利を被った試合もたくさんあるが、最近はちょっと返って来ているような気もする。とはいえ、正確なジャッジをしてくれるのが一番だが。

週末のFC東京戦はPK獲得プロの永井とディエゴ。縦パス1本で突破して突進して来て倒れるという当たり屋的なプレーも多く感じているので、あれでPK取られて失点とか本当に嫌なので、まずそういうプレーをされないような対処を考えておいて欲しい。

ルヴァンカップは準決勝が2試合と決勝が一発勝負の1試合。ACLは準々決勝第2レグ1試合と準決勝と決勝がそれぞれ2試合ずつ。天皇杯が残り4試合。ちなみにマリノスに勝つとまた浦和の可能性大。

トーナメントで負けられない天皇杯4試合とACLの準々決勝第2レグ、ルヴァンカップの決勝の1試合。この6試合は勝たないといけない試合。ホームアンドアウェーは3回あって、これは負けても取り返しがつくので全勝とまでは言わないが、180分トータルで勝たないといけない試合。

ここにリーグ戦の残りが9試合。勝ち点に余裕はなく、目標は全勝。週末のFC東京戦は必勝。引き分けでも追撃が苦しく、負けるとほぼ終わるといってもいい一戦。負けはかなり苦しくなるので7勝1敗1分くらいにまとめないと厳しいかと思われる。

今季もだいぶ残り試合が少なくなってきたが、総力戦で勝ち進んで行って貰いたい。

怪我人が復帰し来てなんとか回していけるようになってきたが、左サイドバックの控えを考えておいて欲しいなとは思っている。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん



共通テーマ:スポーツ
前の5件 | -