So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

2019第4節札幌(アウェー)戦 [リーグ]

伊藤のループ、股抜きの技ありの2ゴールでリードを奪い、鹿島優勢で試合を進めてレアンドロのゴールでダメ押し。1点返されたのは余計だったが、好調札幌相手3-1は完勝と言ってもいい。

スタメンのボランチは永木と名古を希望していて、理由としてはレオシルバはボールを持ち過ぎるしバイタルを空けがちという点だったが、無駄なロストもなく、球離れも良く、後ろをガラ空きにすることなくやれていた。いきなりどうした?

先制点になった伊藤へのパスも見事だった。一旦は相手DFに引っかかって止められそうになったが、伊藤がヒキの強さを見せて足元に呼び寄せ、出て来たキーパーの頭を抜いてのループ弾。

2点目は左サイドで安西が中央まで仕掛けたところから縦パス。ちょうど平戸とのコンビネーションで見せたようなプレーで、ワンタッチでキーパーの股抜き。どちらも完璧だった。

惜しむらくは、ハットトリックの意識が強くあったのだろうかその後、味方にパスを出せば決定機というシーンが2回はあったし、ルーズボールを拾ったループが弱かったり、CKからの折り返しのヘディングをバーの上に飛ばしてしまってゴールにならなかったあたり。

とはいえストライカーで、なおかつ点も挙げてチームに勝ち点を積んでいるのだからシュートの選択は悪くないし、7戦7ゴールはありがとうしかない。伊藤を獲得していなかったらと思うと背筋が冷える。

3点目を決めたレアンドロも絶好調だった。ドリブルを仕掛けてもボールを取られないし、守備でもプレスが効いていたし、味方との呼吸も合っていた。スピードもかなりあった。

カウンターでボールを出した永木のパスも絶妙だったが、DFをワンフェイクでかわしてからキーパーの脇を抜いてのシュートはさすが。レアンドロはPA内での混戦からのシュートはうまいな。もう復活しないのかと思ったりもしたが、この日のプレーを観る限り早計だったかもしれない。

永木の中盤での潰しも光った。前半はチャナティップをガッツリ潰しに行き、前線へのパスを完全にカット。後半はやや重心を後ろに残して戦っていたようだが、中央にスペースを作らず隙を見せなかった。レオシルバとの距離感も良かった。

犬飼、町田のCBコンビも安定していた。チョンスンヒョンのように前に出て行かなかったからか、内田のフォローがあったからなのか、永木の潰しが良かったのか、色々な要因はあるだろうがもっと鈴木武蔵にやられるかと思っていただけに、ほっと胸を撫でおろしている。

全体が良かったなかで気になるのはやはり安部。前半、チャンスになりかけたところでの判断の遅さや、囲まれてのプレー、オフザボールの動きなど周りが良かっただけに悪い方に目立った。

「使えない」とまでは酷評しないが、期待値が高いぶん何かもやっとする。年代別代表に呼ばれたようだし、そこで思い切りやって何か浮上のきっかけを得て欲しい。

代表初選出の安西は持ち味を出せていて、運動量もあった。休みもほとんどなく使っていて、ここから更に代表になって怪我や疲労が心配だが、逆に飛躍を遂げる好機であるかもしれない。代表では西とのポジション争いになるのだろうか。

開幕で大分に負けてどうなることやらと思ったが、一応は持ち直してきた。代表ブレイクで少し間が空くので疲労回復と、あとは怪我人が復帰してくればチームも乗っていけるかもしれない。気持ち良く中断期間に入れるナイスゲームだった。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん




(以下、個人的まとめ)
【2019第4節 3/17(日)】(札幌ドーム14:03KickOff鹿島/23,002人/屋内)
【スコア】札幌 1-3 鹿島 (前0-2 後1-1) (S 11-11)
【主審】飯田淳平(主審)、八木あかね、馬場規
【得点】
(鹿)前12分 レオシルバ→伊藤 3右
(鹿)前23分 安西→伊藤 4左
(鹿)後31分 永木→レアンドロ 1右
(札)後40分 鈴木↑アンデルソン・ロペス 5H
【警告】
(鹿)レオシルバ1(後13分)
(札)鈴木1(後37分)
【出場】
GK クォンスンテ
DF c内田 犬飼 町田 安西
MF レオシルバ 永木 安部→66セルジーニョ レアンドロ→86三竿
FW 土居→45+2金森 伊藤
【サブ】曽ヶ端 チョンスンヒョン 平戸 三竿 遠藤 セルジーニョ 金森
【監督】大岩剛
【MyMVP】伊藤(2)
【NHKーBS】

アウェー札幌戦、展望 [雑感]

湘南戦後の試合後インタビューで大岩は「ターンオーバーとかは考えていない」と明言していた。

起用方法を見ているとそうだとは思っていたが、それでも山東戦で永木と内田を温存、安西と土居も時間を限定したぶん考えも変わったのだろうか。

札幌戦後は代表プチブレイクがあるので少し間が空く。ターンオーバーを考えずに動ける者からいって構わないだろう。

希望スタメンはクォンスンテ、内田、チョンスンヒョン、町田、安西、永木、名古、レアンドロ、土居、セルジーニョ、伊藤。

トップの二人が連戦なのでフルは厳しい気がするので早いうちに交代出来る展開に持ち込むか、逆に金森、山口を先に出して無理に攻めず堪えて、勝負どころで2枚代えという形が望ましい。中途半端にセルジーニョと伊藤を分けると機能しないと思う。

CBは犬飼よりも町田を推す。チョンスンヒョンがボールに喰いついていくスタイルなので、中央で構えられる町田の方がいいというのが理由のひとつ。

もうひとつは犬飼は全体的な視野に欠けるというか読みが甘いというか、目の前に全力で次のプレーに余裕がないように映る。山東戦の2失点目も反応が遅れて綺麗にポストプレーをやられていたし、何回かボールを見送ったが後ろに相手選手がいた、みたいなシーンがあった。

俯瞰的な視野があればもうちょっとセーフティにプレー出来るし、予測も立つはず。オンオフの切り替えがはっきりしているというか、ひとつプレーを切った後に息を抜いて隙を作ることが多い。CKで跳ね返した後のポジション取りとかも遅い。

70~85パーセントくらいの力を継続して出してくれる方がCBとしては頼もしく、スーパープレーよりも安心感が欲しい。

まあ、町田もそこまで出来るわけではないが、高さがあって足元もうまいぶん、先を見据えると我慢のしがいがあるというか。その点では関川でもいい。同じ勉強代を払うなら将来性を買いたい。

戦術としては武蔵とアンデルソンロペスが絶好調なので、簡単に裏を取られないように中央を固めて、ボランチの片方はDFラインに入るくらい厚めに守って欲しい。ペトロヴィッチ流サッカーを苦手としている鹿島だが、そろそろ解決編を見せて貰いたい。

いつものように成り行き任せでやっていては好き放題やられるだろうし、守る時と攻める時の意思統一をしたい。

それも踏まえてボランチは永木と名古。ロングボールで裏を狙うパスを多く取り入れてDFラインを押し下げたり、速いパス回しで相手を走らせるような戦い方をしたい。レオシルバはこれが出来ずにコネコネするので良くない。

味方がフォローに来ているのに持って囲まれて最後は倒れてファウルを貰ってプレーを止めるというのは、ファウルを取って貰えなかった時がピンチだし、取って貰ってもいちいち流れを切ってしまうので波に乗れない。前からずっと言っているが、自分が主役になるのではなくチームを勝たせるプレーを。

開幕前は札幌は都倉が抜けて苦労すると予想していたが、そんなことはまったくなく、むしろ武蔵とアンデルソンロペスを活かした戦い方を仕上げてきていて、どこぞの監督と違って新戦力を融合させるのがうまいなと感心している。

無策のまま挑むのではなく、しっかりと狙いを作って戦って欲しい。

ちなみにNHKで放送する試合はこのところいつも不甲斐ない内容になるんだなあと思っていたが、良く考えたらDAZNの時でも一緒だったので、ただの言いがかりだった。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん


2019ACL予選(2)山東魯能泰山(アウェー)戦 [ACL]

幸先良く2点取った時は久々に完勝かと思ったが、楽観が過ぎた。

三竿のハンドでPKを与えて失点してからはほとんど防戦一方。終盤にいくつかチャンスは作ったものの決め切れず。勝ち点1を取れたことは最低限良かったと思いたいが、勝てる試合でもあった。

伊藤のゴールはどちらも素晴らしかった。1点目は一度は相手と接触して倒されかけたがプレーを切らさず前に進み、レオシルバのスルーパスを一発で決めた。

2点目は平戸の縦パスに、DFラインを横に動いてから縦に抜け出すお手本のような受け方から、キーパーの脇を浮かせてのゴール。この2点で勝ちたかった。

スタメンのチャンスを貰った山口は迷いがあるのか受けてからが遅い。サブで出た時の方ががむしゃらにやれていたように思う。左サイドではもっと縦に深く抉って欲しい。すぐにスピードダウンして味方を待っているようでは怖さがない。守備も弱いし、1失点目の戻りも一歩遅れていた。

復帰した三竿も酷かった。ポジション取りもそうだが、パスミスも多く、ロストも多い。とんでもないパスミスも含め、ラストの失い方は敗戦に直結してもおかしくなかった。PKも問答無用でハンド。実戦から遠のいているのが原因だろうが、しばらくは時間限定の方がいいかもしれない。

チョンスンヒョンと犬飼のコンビは昨年よりレベルダウンしている。チョンスンヒョンがあまりにも喰いつき過ぎて中央に人が足りない。ボランチかサイドバックがカバーリングすればいいのだが、レオシルバはそこに力を割かずサボりがちだし、サイドバックは二人とも不慣れでは厳しい。

犬飼は最後のプレーは良く戻ったが、2失点目のところも競り負けて後ろをガラ空きにしているし、何回か見送って後ろの相手選手に渡りそうな場面もあった。早いうちに関川を育てないと痛い目に遭いそう。

レオシルバは先制のアシストは良かったし、いくつかいい形で攻撃に絡めていたが、セルジーニョから足元にピタリと入った場面では、山口へのパスではなく反転からのシュートでゴールが欲しかった。得点気配はあるが何か足りない印象。

なんというかキレ? ここに入れば得点につながる、という期待感がない。セルジーニョのように堅実にプレーしてくれれば味方も動きやすいのだが、手数をかけ過ぎているように思える。

遠藤は流れの中ではバランスは取れていたが、プレースキック、センタリングが手前の壁に当たりまくっていてキック力が衰えているように見える。ゲームの流れが悪くバタバタしている時間帯でもチーム全体を立て直せず、キャプテンマークを巻いている意味を感じない。

安部もあの時間帯から入ったならドリブルで無双して欲しいのだが、引っかかることの方が多くて、まだまだスランプの真っ只中という感じ。

途中交代では土居がバランス良くやれていたが、使う気ならもう少し早く投入した方が良かったのではないだろうか。平戸は今のところ良くやれている方だと思う。

守備の形だけは整っていたいくつかの試合から、また振り出しに戻ってバタバタ。攻撃も伊藤しか得点出来る感じがしないし、いつまで経ってもこんな感じなのかなというのが感想。

あとはスローインからのリスタートを改善して貰いたい。チャンスどころかむしろピンチになる場面もあるくらいだから。

収穫としては永木と、安西を少しだけ休ませられたこととアウェーで勝ち点1を取れたこと。悪くはなかった、というところだろうか。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん




(以下、個人的まとめ)
【2019ACL予選(2) 3/12(火)】(済南奥林匹克体育中心 現地15:30[日本時間16:30]KickOff鹿島/12,185人/晴)
【スコア】山東魯能泰山(中国) 2-2 鹿島 (前2-2 後0-0) (S 10-11)
【主審】ムード・ボニーアディファード(主審:イラン)、モハマド・レザ・アボルファズリ、サイド・アリネザアディアン
【得点】
(鹿)前10分 レオシルバ→伊藤 1右
(鹿)前14分 平戸→伊藤 2右
(山)前20分 PKペッレ 3右 
(山)前41分 ペッレ 4左
【警告】
(鹿)町田1(後44分)
(山)ペッレ1(前24分)
【出場】
GK クォンスンテ
DF 平戸→86土居 チョンスンヒョン 犬飼 町田
MF レオシルバc 三竿 c遠藤→79安西 山口→61安部
FW セルジーニョ 伊藤
【サブ】曽ヶ端 内田 安西 関川 永木 土居 安部
【監督】大岩剛
【MyMVP】伊藤(1)

2019第3節湘南(ホーム)戦 [リーグ]

10人相手にどうにか1点取って逃げ切るのが一杯一杯。相手が少なくなってからもあわや失点しそうなピンチもあったし、とても勝った気はしないが勝ち点3が目標なので条件はクリア。

ただ、この試合をお金を払って観に行こうとは思わないかな。

岡本が退場になったプレーは湘南からすれば厳しい判定だったが、1枚目のカードが足の裏を見せてのタックルでレッドでもおかしくないプレー。合わせ技はルールにはないが、合算すると妥当に思う。カードを貰っている選手としては激しく行き過ぎ。

もっとも、この判定基準でいくなら鹿島の方にあと1~2枚はカードが出ていてもおかしくなかったので、全体的には鹿島寄りだったかと思うが、鹿島側からも不満があるレフェリングだった。

湘南のハイプレスに押し込まれていた鹿島はこの退場に随分と助けられ、後半は「互角」の戦いに。ハーフタイムの指示は相手の出方を見て、というものだったらしいが、一人少ない相手に後ろでダラダラとボールを回すだけで、数の優位を活かせているようには見えなかった。

もやもやする展開のなか珍しくレオシルバからいいボールがファーサイドに出て、収めた安西が切り返しを入れてから素早く右足を振り抜いてゴール右隅に決めてようやく先制。

リードを保ったのでそこから一気に攻めに出るのかと思いきや試合をコントロールしようとしたのか、重苦しい空気に。カウンターで追加点を決めていれば問題なかったが決められない。

レアンドロの枠外シュートが主な原因だが、バランサーとしては優秀だがカウンターはめっきり下手くそな土居もチャンスを活かせず。味方がフリーでサイドに抜けている時、囮に使ってシュートを選択したならば最低限、枠には飛ばして欲しい。いつも外しているイメージがある。

あと、安部がまったくダメ。今季一番期待している選手なのだが、パフォーマンスが全然上がってこない。本人は「自分のところにマークがくるのはわかっている」と厳しくチェックに来られているせいと思っている節があるが、あのくらい余裕でかわせないととても海外とか言ってられない。

今のプレーが続くようであればサブスタートもやむなしだが、かといってレアンドロも復調しているようでもなし、遠藤も微妙だし、しばらくはメリットとデメリットを秤にかけた起用になる。

犬飼も良くない。足元の拙さを見抜かれているのか、犬飼がボールを持つたびに二人が一気に詰めて来ていた。明らかに狙われている感じがしたが、作戦だったのかチョウキジェ監督に直接聞いてみたい。

ツキがあればなんとなく勝ち、ツキがなければ普通に負ける、ツキがイーブンなら勝ったり負けたりを地で行くような試合ぶりだが、これが大岩クオリティ。勝ち点3取れて良かったとしか言いようがない。

ボールホルダーにガッツリプレスをしてくる相手をいなす戦術を、そろそろやってくれないとこの先も同じようなことが繰り返されるだけなんじゃないだろうか。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん




(以下、個人的まとめ)
【2019第3節 3/9(土)】(カシマスタジアム16:03KickOff湘南/16,659人/晴)
【スコア】鹿島 1-0 湘南 (前0-0 後1-0) (S 16-8)
【主審】中村太(主審)、唐紙学志、権田智久
【得点】
(鹿)後13分 レオシルバ↑安西 1右
【警告】
(鹿)レアンドロ1(後7分)、クォンスンテ1(後40分)
(湘)岡本(前33分、前45分)、大野1(前42分)
【退場】
(湘)岡本(前45分)
【出場】
GK クォンスンテ
DF c内田→86三竿 犬飼 町田 安西
MF レオシルバ 永木c 土居 レアンドロ→75山口
FW 安部→62セルジーニョ 伊藤
【サブ】曽ヶ端 関川 三竿 名古 遠藤 セルジーニョ 山口
【監督】大岩剛
【MyMVP】安西(1)
【DAZN】1クルクル、最大0秒、フリーズ0回(サインアウト0回)

湘南相手には走り勝てるメンバーにして欲しい [雑感]

ACLではプレーオフ含めて2勝となったが、まだリーグでは未勝利。そろそろ勝ち点3を積んでいかないといけないが、過密日程のうえ怪我人が続出していて、下手に無理させて全滅というわけにもいかず苦しい展開が続く。

そもそもの原因は昨年終盤に故障を抱えた選手を無理使いしたことや、何故か練習のたびに怪我人が増えていく謎トレーニングのせいなのだが、今季掲げていた「絶対的な存在」と「フィジカル面における改善」という2つともクリア出来ていないのも呆れるところでもある。

とはいえ試合は待ってくれないので動けるメンバーで、かつこれ以上の怪我人を出さずに勝ち点3を取るのが最大の目標となり、この際、試合内容は求めても仕方ないかもしれない。

湘南には毎度手を焼かされているのでメンバーを落として簡単に勝てる相手でもないが、ここまで使い詰めの選手は休ませたい。具体的には前回も書いたクォンスンテ、安西、永木とセルジーニョ。

4人とも好調で本来ならいじる場面でもないのだが、好事魔多しとも言い、いい時ほど落とし穴があるもので大事に至る前に手を打っておきたい。

スタメン希望は大分戦で走り負けた教訓を活かし、とにかく元気で90分やれる者から・・となれば尚更休ませたい4人が真っ先に候補に挙がるのだが、そこを除くと以下の通り。

曽ヶ端、平戸、犬飼、関川、町田、レオシルバ、名古、土居、レアンドロ、上田、伊藤。

関川のところはブエノでもいいかもしれないが、個人的にはブエノをそこまで高く買っていないので、だったら関川に経験を積ませてみたい。サイドバックは人材がいないのでこうなる。

ボランチは一人で突っ走るレオシルバだとフォローもなくて不安しかなく、出来れば三竿にアンカーを任せたいが怪我の回復具合がわからないので名古にその役割を任せ、川崎戦でやったようにとにかく中を固めて守ってカウンターに賭けたい。

レオシルバが運動量で中盤を制し、土居がうまく立ち回ってバランスを整え、レアンドロで一発勝負、伊藤と上田で前からプレスという感じでどうだろう。

レアンドロは守備で穴が空くかもしれないが山口も似たようなもので、ACLでは使えないぶんここらで働いて貰わないと使いどころがない。

金森もあれだけの決定機を決められないのなら、上田も見ておきたいといいうのが本音なのだが、まあそこまで甘くもないだろうか。少なくとも「プロ」の監督が見て判断しているのだから、金森の方がいいところがあるのだろう。

どのみち連携も何もない行き当たりばったり戦術なのだから、誰を出しても一緒な気がする。ならば体力ゲージに余裕のある選手から使っていくのがベターだと考えるが、そこは大岩がやっている間は諦める部分と思っている。とにかく勝ってくれれば今はそれでいい。

ところで広島はACLでまたしても選手を入れ替えてアウェーで敗北、サブを6人しか入れていないなどいっそ潔い力の抜きっぷりだが、来年以降のACLの出場枠のポイントもあることだし、あまりあからさまだと協会から何かしらの指導をしてくれないものか。

広島が負けるのは勝手だが、それで他のクラブまで被害を被るのは勘弁して貰いたいものだ。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん


前の5件 | -