So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

19節の結果と今後の日程 [雑感]

19節では上位陣がだいたい勝ち、上に上がることが出来なかったが、首位FC東京が川崎に敗れ、1試合未消化で勝ち点差5に詰まった。未消化16節の浦和戦を勝てば勝ち点差2になり、あれだけ遠かった背中に手が届く。

しかし、川崎が着々と順位を上げてきていて、ほぼ首位に手をかけている。FC東京対川崎戦は鹿島にしてみれば0-0での引き分けが一番おいしい決着だったのだが、川崎が先制してからは完全に川崎ペースでやりたい放題だった。

あれだけ堅守とかいっていたチームが川崎に0-3とか・・。得失点差もあるのだから気持ちを切らさずやって欲しかった。0-2になったところで引き分けは諦めたが、3失点目は林が防いだボールを森重?が雑なクリアで奪われ、畳みかけられての失点。

鹿島も仙台相手に4点取って得失点差でトップに立ったかと思いきや、一瞬で並ばれてしまった。もっとも、現在順位が下の鹿島が川崎に並ぶとすればおのずと逆転するし、得点数でも上回っているから今はまだよしの範囲ではあるのだが。

にしてもなかなか川崎を抜き去れない。直接対決で叩くしかないが、怪我人多数なうえに移籍も絡んでギリギリの状態の鹿島なので、直接当たる頃には態勢を立て直せているかどうか。

ただ、川崎も怪我人を何人か抱えていてこれだし、層も厚いなと思う。レアンドロダミアンはずっとベンチを温めていて、移籍の噂もちらほらとあるくらいだし、高値がついたら売るんじゃないだろうか。ほぼ損のない形で放出するかもしれない。

他では2位のマリノスが浦和に勝利。この試合でも誤審があり、どう見てもオフサイドに見えるし、双方の選手も認めていたくらいなのに主審だけが認めないとか頑な過ぎる。2021年から導入予定のVARだが、正式に導入されて欲しい。

VARは試合が止まる時間があって問題点もあるのだが、多分慣れれば違和感はなくなるだろう。テニスやバレー、野球でも最初は抵抗があったが今やスムーズに試合も進んでいる。

野球では軍用技術を応用した弾道測定機「トラックマン」で投手が投げた球を測定し、ストライク・ボールを判定する「ロボット審判」の導入も実験しているとか。そこまでいくと若干やり過ぎ感は否めないが、微妙な判定で試合が覆ることも多々あるし、どうなるかは観てみたい。

サッカーに関しては、少なくともゴールラインテクノロジーでゴールは判定出来るし、オフサイドにしても、それこそ高度な軍事技術が転用されてば測定は可能だろう。

人がやるものだから失敗はあるとはいえ、それに甘えて責任を放棄するのも違うし、失敗は失敗と認めて誤審なら誤審でちゃんと訂正して貰いたい。

浦和はここのところ誤審騒動の渦中にいるが、月末の鹿島戦では平穏に試合を済ませたいなあ。

で、その延期されている浦和戦なのだが、7月下旬の27~28日の週末に何故か日程が空いているのがずっと気になっていた。代表週間かと思ったが違うようで、どうやら海外から強豪クラブを招いてJクラブと対戦する機会が組まれていて、それで空いているみたいだ。

「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019」という大会があって、川崎VSチェルシーの試合(7月19日)があったり、他にも別口で神戸対バルセロナやマリノス対マンチェスターユナイテッドの試合(7月27日)があったりする。

海外強豪クラブとの対戦は日本サッカーの向上という意味もあってそれはそれで喜ばしいことだが、正直言うと、「今は鹿島には関係なくない?」。

ACLの都合で延期されていた16節は7月31日(水)のミッドウィークに設定されている。広島対川崎もこの日になっているからそこがデフォルトなのだろうが、次の21節のアウェー湘南戦が8月3日(土)で中2日になっている。ちなみに浦和は8月4日(日)で中3日。

川崎はチェルシーとの対戦があるからこの日程で仕方ないだろうが、鹿島と浦和には関係ない話なので、普通に28日(土)に行うことは出来なかったのだろうか。そうすれば問題なく中1週になるのに、わざわざ不利になるような地道な嫌がらせをしてくるのは何故だろう。

浦和にしてもその方が調整しやすいし、両者の合意で日程の変更は出来なかったのだろうか。臨機応変にやって欲しかった。

この妙な延期消化のおかげで中2日、しかもアウェー連戦で相手がタフな湘南というのがなんとも絶妙な嫌がらせなのだが、そこを乗り切れば8月はほとんど中1週。お盆の天皇杯3回戦だけ日程が詰まるが、そこはメンバー入れ替えで凌げばなんとかなるかもしれない。

補強に関しては右サイドバックの内田と伊東がカウント出来ない以上、ブエノか平戸、小田あたりになんとかして貰いたいが、平戸と小田は何回か試して結果が出なかったから今はブエノに期待するしかない。

夏の補強でいい選手が獲れるとは思えないが、1枚は最低足りず、間に合わせではない補強を願っている。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん



共通テーマ:スポーツ

天皇杯2回戦のダイジェスト(遅過ぎ) [雑感]

記事を差し込む余裕がなくてかなりズレ込んだ天皇杯2回戦。

ダイジェストを観た感想を書いていたものの、遅過ぎてアップしなくてもいいかもと思ったのだが、せっかく書いたので隙間にこそっと提出しておく。

得点シーンは3つとも見事だったが、後半ボロボロでダイジェストで何も映されないくらいの試合だった。多分、選手も振り返りたくない内容だったろう。

そのわずかなダイジェスト放送の時間では、小田が右サイドでブチ抜かれてて、変わらないなあと思ったし、失点シーンは町田のクリアのこぼれを押し込まれていて、これも変わっていなかった。

小田は運動量がないのか危機管理が足りないのか、前に行きたくてサボりがちなのかわからないのだが、攻守の切り替えが遅いし守備意識が薄い。

サイドバックを任せるにはかなり不安な要素で、勿論、前に置いていても守備はしっかやってくれないと困るが、強度が足りていないと感じている。

変われるなら変わっているだろうし、結局これ以上は良くならないのかなとも諦めている。持ち場の左サイドなら、と強引に解釈も出来るが守備への戻りは左右関係ないからなあ。

町田も元々はパスの精度も高くて「身長高いけど足元もうまい」という触れ込みだったのだが、実際は足元を抜かれることも多いし、脆い面の方が多く見えている。自信なくプレーしているように身受けられるので、これはもう岩政氏や秋田氏にガツンと言って貰った方がいいのでは。

と、この試合は思っていたが、完勝した仙台戦では良くなっていた。オフサイドで取り消されたがCKからもゴールに叩き込めたし、奮起して欲しい選手。

試合は結局3-1で勝ったが、3回戦を任せるには不安しかない内容だった。とはいえ過密日程の中で下カテゴリー相手にレギュラークラスを起用するのは、他の大会への負担もあるから避けたいところ。

次はJ2の栃木SCが相手ということで、栃木は現在J2下位に苦しんでいる。残留を目指すのなら天皇杯にかまけている場合ではないし、向こうもメンバー落としてくれないかなと願っているのだが。

むしろダイジェストを観ていて思ったのが、大学サッカーの方が本気だということ。ユニバーシアードでも、鹿島加入内定の上田のハットトリックにより優勝を決めている。

流通経済、明治大学も強かったし、名古屋を破った鹿屋体育大学、東京Vを破った法政大など思い切りやっている。ちなみに名古屋の他にはJ1では松本がJ3の八戸、札幌がHonda、湘南が三重にそれぞれ敗退している。

J1とJ2以外で残ったのが6クラブで、ベスト32だから残った方なのかだろうか。(内訳はJ1:14 J2:12 J3:2 他:4)。

次が3回戦で半分が減り、4回戦は16クラブに絞られるのだが、昔4回戦からシードだった頃はJ1は16クラブだったっけ? J1の昇格組が除外されていたのだったのか・・よく覚えていない。

常々「4回戦シードに戻して欲しい」と書いているが、4回戦でベスト16ということは、今の体制だと1試合増えているだけということになるのだが、なんか計算違いをしているのだろうか。

結局6回勝てば優勝ってことでいいのかな。よくわからなくなってきた。

なんにせよ次の対戦はJ2栃木で、大学生から言えばJFL、J3を飛ばしてカテゴリーが2つ上がる。先にも書いたように相手次第なところもあるが、レギュラーメンバー温存で勝たないといけない。

日程は8月14日(水)で、場所は栃木県グリーンスタジアム19:00キックオフ。カシマスタジアムではなかった。

他、ダイジェストを観た感想では、鳥栖対熊本の熊本の得点になったCKの前のシーン、鳥栖の選手が腕でシュートを防いでいたから一発レッドだと思ったのと、ガンバが讃岐に7-1で快勝していたこと。本来ならこのくらいの力の差を見せつけたかった。

ちなみにJ1以外のところはカットされていた。

3回戦の放送スケジュールはまだ発表されていないみたいだが、リーグ戦で2試合連続で放送されたことだし多分鹿島の割り当てはないだろう。いつも思うが、スカパーは天皇杯の料金をもうちょっと安く出来ないものだろうかね。採算が合わないのだろうか。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん



共通テーマ:スポーツ

鈴木のシント=トロイデンVV移籍合意 [契約関係]

鈴木のシント・トロイデンVVへの移籍合意がオフィシャルにて発表。現地でのメディカルチェックを経て正式契約となる。

トルコ1部ベシクタシュからもオファーがあって、そっちの方が諸々の条件もいいという話だったが、シント・トロイデンになったのか・・。よりによって個人的に嫌いなポルティモンセに安西、シント・トロイデンに鈴木とは。

この2つのクラブは前にも書いたが、戦力としてよりも商売で日本選手を買い漁っているようにも見える。次のステップアップが見つかりやすいのかもしれないし、そうしたノウハウもあるから移籍する方としても選びやすいのかもしれないが、鈴木にはもっといいところに行って欲しかった。

とはいえ、鈴木は昨年夏にもオファーがあったのをACLのために残ってくれて、タイトル獲得に大きく貢献してくれた。引き留めることはない。クラブも本人の意思を尊重、快く送り出すとのこと。

シント・トロイデンだと安く買い叩かれてそうで違約金もそんなに入ってこないようにも思うが、これはまたわかれば触れていくつもり。願わくば次の選手を獲れるくらいには残して欲しい。

在籍4年半。最後の半年は1試合も出ていないので4年だが、ユースからトップに入って来た生え抜き選手が4年で移籍するのは、時代が時代とはいえ寂しい話。

「移籍組が3年、新入団が5年」という感覚を持っていたが、改めて「移籍組が1年~1年半、新入団が3年」というくらいに考えておく方がショックも少ないのかもしれない。

出て行く年齢が早くなったぶん、クラブに帰って来るのも早くなって30歳くらいで経験をクラブに還元してくれるなら元は取れる気がするが、ボロボロになってから帰って来ても戦力としてはアテに出来ないし、そもそも帰って来ないことも増えるのかな。

鈴木は純鹿島と信じているのでキャリアの最後は鹿島で終えてくれると思っているが、何年先になるだろうかね。

その前に大迫、柴崎、昌子、植田らがちゃんと帰って来てくれるかだが。

戦力的にも当然痛いが、今季は1試合も出場していないので「期待していた戦力がいなくなった」という側面は大きいが、今すぐに困るというわけではない。まあ、今シーズン残りを長期的に見ると苦しいのは確かなので、夏のウインドーでの補強は必須になった。

これで移籍の噂のあるセルジーニョまで移籍してしまったらさすがに詰む。主力3人で出て行く方の移籍は打ち止めだと思いたい。

フロントとしては鈴木→伊藤、安部→白崎、安西→小池と手を打ってはいるのだが、現状維持で精一杯なうえに怪我人多数なので戦力としてはダウンしている。怪我人が多いことで主力にも疲れが蓄積しているので、この先もこのままだと上積みはない。

仙台戦では残った選手が意地を見せてくれて熱い想いは伝わって来たが、現実にそれだけで残り全部は乗り切れない。補強ポイントとしてはサイドバック、FW、ゲームの流れを変えられる2列目の順番だろうか。CBは関川に期待をかけたい。

上田が2~3試合に1回くらい出場してくれるなら、まだFWはなんとかなるかもしれないが・・。

鈴木のようなタイプの選手はなかなか見つけられないだろう。ゴールへの執念もあり、アシストも出来る。前線で体を張ってくれてボールも収まり、守備も手を抜かない。チームに喝を入れてくれる貴重な存在だった。

今年1試合も出ていないので、もうちょっと活躍してから行って欲しい気持ちもあるが、全力でやるタイプなのでやって怪我を再発したら海外移籍のチャンスもなくなると思ったのだろう。仕方ない。

何年契約で年俸もいくらか知らないが、行くなら行くで大暴れしてくれくれたらいい。こっちはこっちでやるから動向を追ってはいられないが、活躍していれば代表にも呼ばれるだろうし、メディアも取り上げられるだろう。

また会う日まで元気でやっておくれ!

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん



共通テーマ:スポーツ

安部のFCバルセロナ移籍合意 [契約関係]

安部のFCバルセロナ移籍合意がオフィシャルで発表されている。

現地でのメディカルチェックで問題なければ正式契約とのことで、鹿島から名門クラブへのコースが開かれることになる。

最初は買い取りオプションつきのレンタルという話だったような気がするが、完全移籍で違約金はメディアによって様々なものの、推定150万ユーロ(約1億8300万円)、110万ユーロ(約1億3000万円)、200万ユーロ(約2億5000万)とのこと。

鹿島の設定した違約金を上回る、満額以上の200万ユーロが有力と見られている。さすがお金を持っているクラブは違うが、向こうにしてみれば100万~200万ユーロはそんなに差がないのかもしれない。

3年契約の2年延長オプションつきらしいが、噂ではトップ昇格で更にボーナス500万ユーロが鹿島に追加で支払われるいう話もある。それが本当だとしたら夢のある話で、安部は移籍しても鹿島の看板を背負うことになるし、頑張れば自身の所属したクラブにも見返りがある。

もっともこれはソースを見つけられなかったので、噂程度に聞いておいた方がいいかもしれない。一旦契約解除してから結び直すことも出来るだろうし。

(追記:バルセロナのHPでは違約金110万ユーロの4年契約だそう)

年俸はトップ昇格するまでの25万ユーロ(約3125万円)だそうで、鹿島ではそれだけは出せなかっただろう。違約金をこれだけ残してくれたし、名門クラブへの移籍だし、文句のつけようもない。

何故か安西とは違って素直に応援したいと思えるのは、お金なのか?と自分に問いかけてみたのだが、それも大きな要因でもあるのだが、やはり「将来鹿島に帰って来て還元してくれそう」と思えるかどうかが一番のポイント。

安西は「鹿島が好きになった」とは言ってくれているが、リップサービスにしか聞こえないし、将来日本に帰ることがあっても条件次第でクラブを選ぶだろう。それはサッカー選手として凄く正しいことだが、追っかけてまで応援したいと思えるポイントにならない(あくまで個人的に)。

もっとも再加入したら当然応援するので、お断りという意味ではないし、今まで活躍してくれたことにケチをつける気もない。

安部も鹿島に所属した期間で言えば2年半と短いし、トータルの出場時間も多くない。得点やアシストも数えるほどで、ましてや今季は期待をかけられて背番号10を背負ったばかりで、2年続けて10番の選手がシーズン途中で移籍はどうかという部分もあるが、夢を与えてくれている。

正直、戦力的には悲しいかな今季の安部なら抜けてもそこまで痛くはなく、枚数が足りなくなる、というデメリットがあるくらいで、誰かが補える範囲でもある。「行ってくれたら困る!」というくらいの活躍ではなかっただけに、大丈夫か?という思いもあるが、頑張って欲しいと素直に思える。

安西との違いは鹿島育ちという理由なのだろうかとも考えてみるが、豊川は鹿島が新入団だったがすぐにいなくなってしまったし、自分の中では「鹿島の選手」という印象を持っていない。本人もそんなに鹿島に愛着があるとも思えないし、やっぱりこれは個人の印象なのだろう。

安部は3年プラス延長の2年も足した5年後は25歳。そこまで順調にステップアップしていればまた別の海外クラブで活躍し、30歳になる前に鹿島に戻って何年かプレーしてくれるだろうか。

ちなみにしばらく背番号10と22は封印した方がいいと思っている。

2年間は原則2部B(3部相当)でプレーするとのことで、サイドバックへのコンバートを示唆されているとか。本人もそれを受け入れているようで、まあ鹿島のサイドハーフは守備もかなり求められるから、「前を向ける回数は絶対的に多い」とポジティブに捉えている様子。

鹿島では伸び悩んでいたし、新たなポジションで才能が開花すればいいのだが。

レアルマドリードに移籍した久保の代わりとも言われることもあり、おそらく大きく間違っていないだろうが、100万ユーロだか200万ユーロだかバルセロナにとっては痛くも痒くもない金額なので、必死で存在価値を証明しないと出場出来ないまま3年を過ごすことになるだろう。

あとは本人次第。試合の放送もないし、安部の今後は新聞やネットの数行記事で追いかけるくらいだろうが、せっかく得たチャンスを活かして貰いたい。劇的に成長することを見守っている。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん



共通テーマ:スポーツ

2019第19節仙台(アウェー)戦 [リーグ]

完全勝利。内容もスコアも満足な試合なんていつぶりだろうか。今季一番かと思えるくらいの集中したいいゲームだった。

大岩の采配にも文句なし。スタメンはいまのメンバーならこれしかないので悩みようもないが、リードした展開で早めにレアンドロを下げ、4点取って勝利をほぼ確にしたところで復調して欲しい伊藤を投入。

ラストは怪我が心配された永木に代わってブエノを入れて、次節以降の危機管理。ブエノが右サイドバックを出来るようになればオプションが増える選択だった。あと5分くらい早くても良かったが、この展開だと誤差かと。

伊藤がいくつかカウンターでチャンスがあったので、ゴールを決めて調子を上げてくれれば良かったが、そこまでは望み過ぎか。

クォンスンテの遅延行為でのイエローは余計だった。あんな時間帯から出すのはちょっと神経質な気もするが、前節も貰ったし印象だろうか。3枚でリーチになったのでいつかくる出場停止時が今から怖い。

試合内容は立ち上がりから積極的に攻め、ボール離れも良く前線も人が動いて見違えるようだった。いつでも点が取れそうと感じたのは久々。土居とセルジーニョが左右に流れて、サイドバックの裏を取るプレーなんて今までなかった。

その土居が右サイドからクロスを入れ、中で合わなかったボールを逆サイドから小池がダイレクトで折り返したプレーがファインプレー。スピード、コースともに申し分なく、セルジーニョが左足で合わせて華麗に先制点。

小池はこれ以降ほとんど消えてしまったので、展開の問題なのか体力的なものなのか判断がつかないが、見事なプレーだった。スローインの距離も出るし、90分存在感を示せるようになれば安西の移籍が問題なく感じられるだろう。

2点目は前半終了間際。先制してからは相手に押し込まれて苦しい時間が続いたが、中央のセルジーニョからレアンドロ、右に流れた土居が受けてクロス。一度は弾かれたボールをセルジーニョが詰めて2点目。オフサイドラインをかいくぐる土居の動きが秀逸だった。

後半、圧力をかけてくる仙台にまたも押される展開になったが耐え凌ぎ、右サイドを崩してレアンドロのクロス。セルジーニョが中でヘディングしたボールをシュミットが一度は弾いたが、余っていた白崎がボレーで叩き込んで3点目。鹿島はこぼれ球に対する反応が素晴らしかった。

尚も諦めない仙台だったが、オープンになったところを代わった名古が持ち上がり、セルジーニョにパス、股抜きでグラウンダーでクロスを送り、フリーで土居が4点目。セルジーニョは2ゴール1アシストのMyMVP。

土居も前線で良く動いてボールを引き出したし、4点目も決めた。注文がつくのはカウンター時のプレーで、1~2秒考えて止まることが多い。その瞬間に相手が戻って攻め手がなくなっているので、あそこをシンプルにフリーの選手につないでくれればあとは受けた方が何とかするだろう。

得点にならなかったシーンもどれも見事な攻めで、旅立つシュミットの見せ場も作れた。前半の右CKからのこぼれをダイビングヘッドで町田が決めた場面は、レアンドロがオフサイドを取られたのだと思うが空振りだったし、何もしなければそのままゴールだったと思う。

CKの攻めは仙台の守り方もあるかもしれないが、得点の気配はあった(しかし得点はなし)。ただ、守りの方でも若干マークが甘くて危ないところもあったので修正が必要かと。

それ以外の守りでは犬飼がカバーリングも冴えていて、後方からのパスの精度も高かった。いきなりどうした。オウンゴールになりそうなクロスもコーナーに逃げられたし、このくらいプレーしてくれれば安心していられる。

移籍で主力が抜けていくなか、「残ったオレたちが鹿島だ!」という熱い気持ちを感じるプレーぶりで、集中力も切らさず戦えた。我慢するところを我慢し、欲しいところで追加点の取れた理想的な形だったと思う。

仙台はこのところDFの中心となっていたシマオマテの怪我で欠場と、椎橋の不在が響いたのかもしれない。前節は荒いプレーが多かった印象だが、プレスは少し緩く思えた。うまく鹿島が回せていたということだろうか。

移籍報道で嫌な空気も漂っていたが、それらを払拭する見事な勝利だった。しばらくは中1週ペースの日程になるので、コンディションを調整しながら連勝を続けて欲しい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん




(以下、個人的まとめ)
【2019第19節 7/13(土)】(ユアテックスタジアム仙台19:03KickOff仙台/17,639人/晴)
【スコア】仙台 0-4 鹿島 (前0-2 後0-2) (S 13-16)
【主審】山本雄大(主審)、八木あかね、堀越雅弘
【得点】
(鹿)前16分 小池→セルジーニョ 4左
(鹿)前45+1分 セルジーニョ 5右
(鹿)後22分 白崎 4右
(鹿)後30分 セルジーニョ→土居 4右
【警告】
(鹿)クォンスンテ3(後14分)、名古1(後37分)
(仙)なし
【出場】
GK クォンスンテ
DF c永木→86ブエノ 犬飼 町田 小池
MF レオシルバ 三竿c レアンドロ→73名古 白崎
FW 土居→78伊藤 セルジーニョ
【サブ】曽ヶ端 小田 ブエノ 名古 金森 伊藤 山口
【監督】大岩剛
【MyMVP】セルジーニョ(2)
【NHKーBS】
【DAZN】0クルクル、最大0秒、フリーズ0回(サインアウト0回)

共通テーマ:スポーツ
前の5件 | -