So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

本気で行かざるを得なくなった山東戦 [雑感]

リーチをかけながら2試合連続で0-1負けという、2年前のリーグ戦終盤を思い起こさせる失態で予選突破確定出来なかった2019ACL。2年前とは違うというところを見せて欲しい。

引き分けでも突破、負けても他会場の結果次第でワンチャンあるとはいえ、勝って決めるつもりでいかないとダメだろう。ジョホール戦の後半みたいにダレた試合になったら最悪だから。

前節で安西が2枚目のイエローを貰っていたのだが、やっぱりオフィシャルの試合結果を見ても全員のカードが消えているので、リセットされたのか単なる記載漏れなのかわからない。

今回はホームゲームだから関係ないが、オフィシャルは何故かアウェーの時に現地時間しか表記しないので開始時間がわからない時があって不便なんだよね。

というわけで色々調べてみたがACLのレギュレーションがわからなかったが、予選途中で累積がリセットされるとも思えないので記載漏れと判断して、安西は出場停止と仮定して展望を考えてみる。

山本が復帰したものの、大量リードでありながらプレーぶりはとにかく慎重で、まだ90分フルでガッツリいけるようにも見えなかった。中村はゴールを決めたが、それ以外では、白崎が良過ぎたというのもあるが存在感不足。ただ、これは中村のデフォルトなので実戦は可能かと。

スタメンはクォンスンテ、永木、チョンスンヒョン、犬飼、町田、三竿、名古、遠藤、安部、伊藤、土居。松本戦で途中交代した三人をスタメンにしてみる。

三竿がフィジカル的に問題ないならレオシルバはベンチスタートでもいい。永木をボランチに戻して右サイドバックを山本にしてもいいが、怪我明けの伊東の状態を含め、交代枠はここでひとつ使うことを想定しておく必要がある。

白崎、セルジーニョ、レオシルバはベンチに温存にしつつ、得点が欲しい展開になったら早めに投入する構え。大岩お気に入りの金森は守備要員でベンチか、もしかしたらスタメンも有り得るかもしれない。

中村と山口の比較では、山口の方がスピードもあってクロスも上げてくれるしいいと思うのだが、中村にどういう役割を期待しているのだろうか。もしかしたらドリブルで仕掛けて、敵陣を切り裂いてくれると思ってる?

伊藤の調子が落ちているために得点力不足になっているが、もう一度開幕当時のシンプルなプレーを思い出して、力まずにゴールにボールを流し込んで欲しい。

本気で行かないといけないのは間違いないが、出来るならスタメンで出た選手で決着を着けてサブを温存するくらいの展開にしたい。しかし、使うと決めたら迷わず使うこと。

大岩のカードの切り方はラスト5分とかで攻撃的な選手を入れたりするのだが、5分で何か出来るほどスペシャルなわけでもないので、まず要求が無理め設定。決断は早く。

このところ試合前の大岩コメントは「立ち上がりに注意」が定期になっているが、むしろ、「立ち上がりで決着を着ける」くらいの勢いで試合に入って、前半で勝負を決めて貰いたいものだ。

山東にとっては1位確定の消化試合だが、主力メンバーも引き連れてチャーター機で来日する模様。プレッシャーを与えつつ、機会があれば昨年アジア王者を予選で沈めてしまおうという腹づもりもあるのだろう。

比較的楽な組に入ったと思っている今年のACL。予選は必ず突破して頂きたい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん



共通テーマ:スポーツ

12節終了、前半戦の残り対戦 [雑感]

12節を終了。前半戦の17節まで残り5つ。

鹿島の対戦は鳥栖(A)、ガンバ(A)、セレッソ(H)、浦和(A:ACLのため開催日未定)、広島(H)。

ターゲットを首位FC東京に絞ってみると、こちらの対戦はセレッソ(A)、大分(H)、神戸(H)、仙台(A)、マリノス(H)。

FC東京はここまで未だ無敗。大分が辛うじて引き分けに持ち込めそうだが、他は普通に勝ちそうだな・・。マリノスが打ち合いに持ち込んで勝ってくれるのを期待するくらいか。

鹿島は下位の鳥栖、ガンバには連勝しないといけないのだが、鳥栖は持ち直してきたし、ガンバも久々に勝ち星を挙げている。浦和は調子がいまひとつとはいえ、鹿島との対戦となれば息を吹き返してくるし、広島も今は絶不調だが鹿島と当たるまでその不調を持続してるかと言えば?

そもそも鹿島がこの5つを全部勝つとなれば、現在の3連勝を合わせてリーグ8連勝となる。そこまで強いかと言われれば鹿島サポとはいえちょっと疑問。

鈴木が復帰して起爆剤になればブーストで乗り切れなくもないかという期待を抱いてみるが、大岩が采配でアシストしてくれないので、そこが一番の不安要素なんだな。

2位集団は勝ち点差1以内に詰まってきたので、ここは身近に目標があって張り合いもあるのだが、勝ち点差7は抜け出してしまった感はある。この差がデッドラインな気がするので、これ以上は離されないようにしたい。

直接叩くと息巻いてみてもFC東京にはここ数年勝てていないからね。どうやったら勝ち点を落としてくれるのか今のところ見当がつかない。

当面は順位に気を取られずに目の前の戦いを戦っていくという当たり前の結論に落ち着くのだが、そうなるとアレ? 大岩のいつでも全力スタメン采配は間違っていないのだろうか・・。

永木を右サイドバックで使い回してしまったため、久々にボランチに戻った松本戦の終盤はバランス取れていなかった。早くサイドバックに本職が戻ってくれないと、永木の本来の能力が失われてしまいそうで怖い。

山本を右サイドバックに使ったことで、結局、小池は戦力外の様子。本当になんで獲得したのだろう。

平戸と小田ももう一回戦力に加われるように成長して貰いたい。ずっと出ていない内田の期待が高いままというのは、自分も内田に期待している一人とはいえ、サブとしては寂しい話なんじゃないかと思う。

せっかく喰らいついた2位集団なので、調子が上向くまでこの位置をキープして欲しいと願っている。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん



共通テーマ:スポーツ

VARの設置条件とゴールラインテクノロジーの設置・運営費用 [雑感]

誤審続きで早くVARを導入して欲しいと願っているのだが、導入するにはFIFAおよびIFABからの事前認可取得が必要になるらしい。各国が勝手にやるわけにはいかないとは知らなかった。

なんでも、ひとつの技術をテクノロジーに頼ってしまうと審判の立場がどうとかそういうようなことも言っていた。

「VARに頼り過ぎると今後、日本人の名審判は生まれない。何かあればVARに頼る、では情けない」とかいうような元審判の声もあるが、それで被害を被るチーム・選手は我慢しろというのだろうか。

明らかな誤審を金銭的とか勝ち点で補償してくれるならともかく、だったら誤審がなくなる方がいいに決まっている。機械を導入しても向上心を忘れなければ技術も向上するんじゃない?

まあ、普通に研修も必要だからすぐってわけにはいかないのはわかるが、もっと前向きに考えないと話は前に進まない。

資金的には年間の運営費用がセリアAでは2億5000万円とか言われていて、他の記事を調べてみても設備投資に1億円とか書いてあり、全体でいくらとかがよくわからない。

ただ、三木谷社長も導入に賛成しているようなので、いざとなったらポケットマネーでなんとかしてくれるんじゃ・・?

クラウドファンディングという手もあるし、DAZNの賞金からたとえば2~3年、1位を1億削り、2位と3位で数千万削るとすれば3~4億くらいは用意出来る。

他にも「VAR設置特別デー」とかいう日を年に2~3試合作り、もちろん周知して、チケット代金に50~100円上乗せして集めればかなりの金額になる。

やり方次第でお金の問題は何とかなると思う。協会がどれだけ本気で導入する気持ちがあるかどうかだけだろう。精神論的なことを言っていないで、本気で取り組んで欲しい。

まずはゴールラインテクノロジーから、という話もあるそうだが、こっちは調べてみると会場ひとつの設置費用が1600万から2500万円くらいで、1試合の運営費用も40万かかるそうだ。思っていたより高い。

25会場(もっと多いかも)×2500万円(最大費用)で計算すれば6億2500万円。運営費用40万×9試合×34節で1億2240万円。

だったらVARを導入してしまった方がトータル的に見てお安くなるように思うが、FIFAの承認が難しいのならまずゴールラインテクノロジーからでも悪くない。

運用費用だけに限れば、先にも書いた入場料に2~30円程度の上乗せにするか、なんだったらDAZNの月間料金を+10円くらいにしてもあっさり集まりそうなのだが。難しいのかな。

誤審があると勝っても負けてももやもやは残る。奇跡の大逆転になった浦和対湘南戦でも、浦和の方がやりにくそうにしていた。むしろすっきりと「いや、入っていたので湘南の得点で」と言ってしまえれば気持ち的にイーブンに戦えただろうが、審判の立場も考えればなかなか出来ない。

テニスではチャレンジ制度があり、錦織の試合だったと思うが、相手選手が錦織のプレーでアウトのコールの時、「今のは入っていたと思うからチャレンジしてみたら?」と向こうから言ってきて判定が覆った(錦織の得点)こともあった。

フェアプレー精神と言うのなら、微妙ならともかくとして、あれくらいはっきりと誤審ならば選手からの進言があってもいいかもしれない。

・・と言うのは簡単だが、一回それをやってしまうと、次から言わなかったヤツが叩かれまくることになるから、あの時の西川の立場からすれば仕方ない。

テクノロジーの導入は、審判の負担を減らす、とポジティブに考えて貰えないだろうか。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん



共通テーマ:スポーツ

2019第12節松本山雅(ホーム)戦 [リーグ]

5-0で快勝。これで文句をつけたらただのクレーマーになるのだが、いくつか気になった点を。

ラストプレーのCK。レオシルバがショートで始めてつながり、中村からリターンを貰った時、いい角度でフリーで持てた。シュートのイメージがあれば打って決められる場面だったが、予想してなかったのか打てずに横に回し、山本も下げて試合終了。

5-0で勝っていたので問題ないのかもしれないが、負けの危険性がなく得点を上積み出来る可能性のあるシュチュエーションは年に何回もない。松本にカウンターで点を取りに来る気力もなかったし、何度も言っているが得失点差も大事。

あれで得点を狙えないならもっと緊迫した場面ではますます厳しい。実際、あと1点取れていれば川崎を抜けたのに、と思うとそこは残念。

1-0になってから追加点を取れたのは神戸戦からの成長の証だが、4-0になってからのスローダウンは良くない。攻撃が雑になっていたし、ミスもあった。カウンターであやうく失点しそうだったが、気持ちを切らしていなかったクォンスンテのセーブに助けられた。

ベンチの采配もどうだっただろうか。

ターンオーバーどころかガッツリ固定メンバーでのスタメン。非公開にしてまで何を練習していたのかわからないが、落とせない戦いなのでまあこれは仕方ないとも言える。

ところが、3-0の後に三竿を下げてからは4-0になってもしばらく動かなかった。安西か永木を下げられるチャンスだったし、調子を上げて欲しい伊藤の投入が83分。伊藤はゲームに入る前に試合が終わってしまった感じ。

安西や永木の疲労具合を見ていたのかもしれないが、だったらそっちを下げるべきなのだが・・。

山本が復帰したのは好材料だが、慣れない右サイドバックということ、復帰戦ということもあってか、プレーぶりは慎重を通り越して弱気過ぎた。バックパスしかしていない印象だし、次もこれだと困るが、まずは楽なゲームで復帰出来たのは良かった。

中村は特に何も出来ていないように見えるが、レアンドロからのごっつあんゴールをしっかり決めた。キーパーの股を抜いたのは狙ったのかたまたまなのか・・。安部との兼ね合いで優先されたのはコンディションを上げる意味合いだろうか。

ただ、こうなると山口はどうしたものか。大岩采配下だと使われる可能性は低く、サッカーセンスが鈍らないうちに夏にでも移籍した方が本人のためにはいいのでは。少なくとも金森かは上だと思う。

レオシルバは先制点のシーンではもたついていたように見えて怖かったが、決めてくれて助かった。セルジーニョのゴールも後ろを回って相手を釣ってアシストしたし、カウンターから白崎へのラストパスは精度も高かった。

しかし、セットプレーはやはり蹴らせるべきではない。最初の2~3本くらいまではそこそこいいボールがいっていたが、その後は手前の壁を超えられなくなり、適当なところに飛んでいた。枠に飛ばせない犬飼もどうかとは思うが。

土居はいいつなぎが出来ていたし、白崎の2点目のアシストのシーンはワンタッチめをヒールで相手をはがし、浮き球で絶好のクロス。あのプレーは土居のいいところが凝縮していた。シュートが枠に飛ぶようになればもっといい。

レアンドロは自由にやれていた。コンタクトを流し気味にするジャッジも後押ししたし、プレスの緩い松本相手には自分のプレーが出来ていた。ゴールを決めていればMVPだったが、2アシストと白崎の2点目にも絡んだし相手次第では強力なカードになる。あとはマークのキツい相手にどれだけやれるか。

ターンオーバーせずに全力で勝ちに行って大量得点差で勝った。近辺のチームも勝ち点を削られて5位浮上。首位FC東京が負けないので差が詰まらないが、今はこのまま勝ち続けるしかない。

走れるようになってきたことをプラスに考え、代表ウィークまで怪我人を出すことなく乗り切りたい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん




(以下、個人的まとめ)
【2019第12節 5/18(土)】(カシマスタジアム15:03KickOff松本/20,700人/晴)
【スコア】鹿島 5-0 松本山雅 (前1-0 後4-0) (S 13-5)
【主審】高山啓義(主審)、八木あかね、数原武志
【得点】
(鹿)前25分 永木→レオシルバ 4右
(鹿)後02分 レオシルバ→白崎 1左
(鹿)後09分 レアンドロ→セルジーニョ 2左
(鹿)後20分 土居↑白崎 2H
(鹿)後38分 レアンドロ→中村 1左
【警告】
(鹿)なし
(松)今井1(後15分)
【出場】
GK クォンスンテ
DF c永木 チョンスンヒョン 犬飼 安西
MF レオシルバ 三竿→62山本 レアンドロ 白崎
FW 土居→72中村 セルジーニョ→83伊藤
【サブ】曽ヶ端 山本 町田 安部 中村 金森 伊藤
【監督】大岩剛
【MyMVP】白崎(1)
【DAZN】1クルクル、最大2秒、フリーズ0回(サインアウト0回)

共通テーマ:スポーツ

フライデーナイトマッチ3つは鹿島に追い風 [雑感]

最近、鹿島以外の試合はダイジェストしか観ていないのだが、そう言えば今日は3つやっていたなと思ってちょこちょこと切り替えながら観ていた。

ここからはあくまで鹿島の立場からの話。

まずは川崎対名古屋。名古屋も上位チームなので勝ち点のことを考えるなら引き分けが一番だが、調子の上がって来た川崎が削られた方がいいなと思っていた。

名古屋が先制したのでそのまま逃げ切りでも良かったのだが、川崎もしぶとい。しかし、逆転を許さなかった名古屋もやっぱり強い。

観ていて(ザッピングだが)感じたのは、名古屋は最後まで勝つんだという意識があった。一瞬でも緩まなかったし、等々力の川崎といえばマツダスタジアムの広島カープ並みに逆転劇を生み出すので、あそこで攻め手を緩めてしまうとダメなのだろう。見習いたいところ。

ゲームは1-1のドローに終わり、都合良く勝ち点2ずつ削れてくれた。

次に広島対鳥栖。ここはほとんど観ていなくてスコアだけ追っかけていたので、0-0でいいなあと思っていたら綺麗なオウンゴールが決まって1-0で鳥栖の勝利。とても有難い。

とまあ、鳥栖も連勝で一気に上がってくると鹿島と当たる頃に絶好調になっていても困るので、程よく勝って気持ちが気が抜けたくらいでやりたい。あくまで消極的鹿島サポの意見。大岩は信頼していない。

(追記:この記事を書いている時に、鳥栖とは松本、山東の後だから3戦後か~と思っていたが、この試合で鳥栖は12節を消化して、次はACL(ルヴァン)だから、リーグ戦では次節だった。計算違い)。

そして、今夜の主役はなんといっても湘南。

湘南のゲームは川崎戦が終わってから見始めたので、「問題のシーン」はライブでは観れなかったのだが、DAZNで確認。

完璧な誤審。

かつて鹿島対浦和で、興梠の完全オフサイドヘデイングゴールをゴールと認めた時くらい文句なしの誤審。あれはノーゴールがゴールにされたから得点的には逆だが。

鹿島もつい先日、清水戦でゴールを割っていたのをノーゴールと判定されて勝った試合があったので、よそのことは言えないが、あの日は広島戦でもゴールを割ったものをノーゴールと判定されていた。

そのことで話題にも上がっていたのにかかわらず、更にその上をいく誤審を突き付けてくるとはJリーグ協会もやりおる。研修会とかやっていないのかな?

ゴールネットをスパイダーネットにでもしておけば内側にくっついただろうに。

あそこに水のボトルを置いて跳ね返らせ、すかさずゴールを前線にフィードした西川のファインプレー(注:西川は完全に入ったと思っていて普通にセンターサークルに戻しただけだろう)とも言える。

ハーフタイムにチョウ・キジェ監督が審判団にかなり熱く抗議していたが、試合後の湘南選手のインタビューを聞いていると、誤審は自分たちでどうにも出来ないことだから、自分たちのことをやろうと言って送り出されたようだ。こういうのが一流の監督なのだろう。

後半の湘南の勢いは凄かった。

浦和もあそこまで明らかな誤審だとやりづらかったかもしれない。猛攻を仕掛けてくる湘南に受け身になっていた。0-2から湘南が立て続けに得点して追いつき、アディショナルタイムが3分と表示されても湘南は攻めていた。

そのラストプレーで山根の劇的ゴールが生まれ、湘南サポでもないが浦和には負けて欲しい鹿島サポとしては、鹿島を観ている時以上の「おおっ!」という声が上がった。

いや、それは言い過ぎだが、鹿島もなかなかああいう劇的なゴールはない。あっても自作自演で、審判の判定に泣かされたのを上回って「見たかコノヤロ!」ってのはあんまりない。

山本雄大主審、中野卓、川崎秋仁の審判団的には湘南が勝って助かったのだろうか。なんだか山本主審は色々と問題を起こしているような気がする。totoGOAL3は結果が変わらなくなって良かったね。

3つの試合結果が、上位を伺う鹿島としては申し分ない形で終わり、明日の松本戦を勝てばかなり大きい。しかし、こういう試合を大岩はことごとく落としてきており、はっきり言って鹿島の選手には結果を知らせたくないくらいなのだが、さすがにわかるだろう。

これで鹿島が勝ち点を落とせばいよいよFC東京の独走になってしまうので、湘南の怒涛の攻めを見習い、力の限り戦って貰いたいと思う。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん



共通テーマ:スポーツ
前の5件 | -