So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

鹿島の今後の日程、来年の外国人枠 [雑感]

鹿島の今後の日程を遅まきながら確認。

11月21日(水)天皇杯準々決勝、甲府戦。勝てば12月5日(水)に浦和と準決勝。更に勝てば12月9日(日)に山形と仙台の勝者と決勝。

山形がJ1参入プレーオフ決定戦に出場していたら決勝の日程はどうなったんだろうかと確認してみたら、J1参入プレーオフ決定戦の方が15日、16日、19日に変更だったとのこと。さすがにここで鹿島に無理は強いられなかったようだ。

CWCもあるが、来年のACLにストレートインかつタイトルでもあるので勿論獲りたい。

その間にリーグの残り2節。

11月24日(土)にアウェー仙台、12月1日(土)にホームで鳥栖。昨日も書いたが3位以上を目指すためにも負けられない。鳥栖はおそらく残留のかかった状態での試合になるので若干やりづらいが、ホームだしサポーターの後押しで逆に相手にプレッシャーをかけたい。

ここまで5連勝を決めてから、UAEで開催されるクラブワールドカップ。

12月15日(土)準々決勝グアダラハラ(メキシコ)戦。勝てば12月19日(水)準決勝レアルマドリード(スペイン)戦。12月22日(日)決勝。

1つ勝てばレアルにリベンジの機会。そしてその先の優勝。3連勝を追加で合計8試合。全部勝って終われたら最高。

ちなみに開催国枠でアルアインが出場しており、そこまでいけばカイオと再戦出来るかも。いつもSNSとかで鹿島のことを気にかけてくれているので戦ってみたい気もする。

過密日程で気付いたら鹿島の試合がやっているような一年だったが、12月も試合をやっているのは嬉しい。そのぶんオフが短くなるので選手は大変だろうが・・。それを思うとやっぱりACLの出場権はストレートインの天皇杯獲得がベスト。

ところで来年からの外国人枠についてだが、14日(水)の報知新聞には「外国人枠が現行3人(アジア枠を除く)からJ1は5人、J2とJ3は4人(ともにアジア枠を含む)に拡大される」とある。

掲示板やブロガーさんの記事を読んでいると、「外国人枠5人+アジア枠+(提携国枠)」という認識が多いのだが、この文章からすれば「アジア枠も外国人枠に含めて合計5人」とも読み取れる。

自分の認識では後者の方だとずっと思っていて、結局+1人だから鹿島は今以上には増やせないなと思っていたのだが間違っているのだろうか。まあ、いずれ詳しい人が解説してくれるだろう(人任せ)。(追記:登録が制限なしで出場枠が+1人の微増ということかも)。

尚、地元選手の登録を義務づける「ホームグロウン制度」などの育成システム導入は見送られる見通しとか。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん



共通テーマ:スポーツ

2018リーグ優勝が決定、鹿島も上位を目指す [雑感]

鹿島のACL優勝とカブってしまったために触れるのが遅くなった2018Jリーグ。

あまりにもあっさり決まったために何の盛り上がりもない。ここまで潔い失速ぶりも見事だよ広島・・。あそこまで無抵抗なのも珍しい。

今まで無冠だった川崎が、DAZNマネーが導入されるようになってから2年で20億×2を荒稼ぎ。鹿島も負けているので強くは言えないが、もうちょっと包囲網的に川崎を倒しにいって貰いたかった。

そういう目で見ているからだが判定がね・・。セレッソ戦も最後の方をちょこっと見ていたが、知念がPKを貰った場面でも先にキーパーがボールを掻き出したところに足を突っ込んで来て倒れただけに見えた。あれがアリならキーパーに突撃していった方がオトクじゃない?

足を突っ込んで倒れるのも技術のうちということか・・。と文句を言っても後の祭り。広島があの状態なら今年の優勝は間違いなかっただろうから。

来年は絶対に奪還するべきタイトル。今年はACL優勝で(まだ言う)過密日程は報われたと思っているが、意地を見せたい。対川崎戦では何がなんでも勝ちに行き、ガツンとやってやりたい。今から対策を練ってもいいくらい。

リーグ戦は残り2節。現在3位の鹿島は連勝で文句なしに3位以上となる。鹿島の残り相手は仙台(A)、鳥栖(H)。仙台は中間順位、鳥栖は降格圏。どっちが手強いとかもないが今の鹿島の勢いなら突破出来るし、勝ってCWCにつなげたい。

個人的にはACLに全てを賭けてリーグ戦は捨ててもいいと思っていたが、大岩の執念が3位、あるいは2位の可能性を残したことを考えると素人の浅はかな考えだったと言える。セレッソ戦と柏戦をターンオーバーで戦った若手の頑張りもある。是非とも活かしたい。

まあ、捨ててもいいと言った人物が何を言えるわけでもないが。

完全に死に体の広島は優勝がなくなった途端に息を吹き返すのだろうか。それも腹が立つが相手のことなのでどうにもならない。数字だけで言えば広島が残り2試合を負け、引き分け(負け)なら逆転可能。得失点差があるので引き分け、引き分けだと厳しい。

広島は名古屋(H)、札幌(A)。名古屋は名古屋で降格圏なので奮起して欲しいが・・。札幌は3位を目指しているので粘ってくれそうな気はするがどうだろう。

ちなみに鹿島は連敗してしまうと最大8位まで落ちる可能性もある。振り幅がデカい。

一応4位から6位までの残り対戦を確認しておく。

4位札幌は磐田(A)、広島(H)。5位FC東京は川崎(H)、浦和(A)。浦和は湘南(A)、FC東京(H)。川崎が気を抜いたりしなければ一番苦しいのはFC東京か。浦和と札幌、広島が絡んでいるので、全てが都合良く鹿島に転ぶことはないかもしれない。

・・とこの皮算用をしてもいい方に転ばないんだよなあ。

鹿島は自力で3位以上を目指して連勝、広島と勝ち点が並んだ時のためになるべく得点も取っておくというのが理想形。

まだ鹿島の戦いは終わっていない。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん



共通テーマ:スポーツ

2018ACL優勝、総括 [ACL]

まだもう一回だけ続んじゃ。というかリーグの話は・・?

9ヶ月に及んだ長い戦い。思えば予選、決勝ラウンド序盤の頃、リーグ戦では降格圏に片足を突っ込んだ状態で、ACLのどこかで敗退していたら大岩は解任になっていたのだろうか。

大岩が解任するのならば悲願のACLさえ諦めてもいい、と思える時期もあったが、途中からは解任して欲しいがACLさえ獲ってくれるのならもう何でもいいと変わり、まあ、今でも来年続投はどうかな~と疑心の方が強いが、解任しなかったフロントの勝利。監督を変えればいいって話でもないということが示された。

とはいえ夏場のテコ入れ、ジーコTDの招聘、セルジーニョの獲得、金崎とチョンスンヒョンのトレード(実際は移籍)と打った手が全てハマった形。監督解任ではなく、違う方向性でチーム力を強化したということ。

カルロンの乱もあったし、特に夏場以降に獲得する外国籍選手でアタリを引いた記憶がエウレル(途中だっけ?)くらいしか思い出せないもんで、セルジーニョはそこまで期待値が高くなかった。ジーコの目利きは改めて凄いと思う。

高い移籍金を払ってから怪我でまったく試合にも出れていないレアンドロは、これ以上の活躍をしないと釣り合わない。

夏場には植田が海外に移籍。昌子にもフランスからのオファーがあったが、フロントの熱烈な残留要請に男らしく応え、途中怪我があったものの復帰し、ACL優勝という最高の結果を出してくれた。

昌子には再びフランス1部トゥールーズから正式オファーが届いたそうで、日本人DF最高額となる移籍金300万ユーロ(約3億87000万)が提示されているとか。フロントは慰留に全力を尽くすとあったが、さすがに今回は気持ち良く送り出してあげたい。

確かに昌子が抜けると来季また4冠(ACLはまだ確定ではない)を目指すのに厳しい状況になるが、いつまでも引き留めておくことの出来ない選手。今が一番いいタイミングかと。

鈴木にも「片手では足りない」くらいのオファーが届いていたとか。「男には去り際がある」とACL優勝を目標として残ったとのことだが、大会MVPという最高評価を得たのだし、オファーが来たら行かせてあげるべきという気持ちがある。

さすがに攻守の要が抜けてしまうとボロボロになるかもしれないが、それでもACL優勝という結果は値打ちがある。まあ、鈴木はせめてあと半年鹿島を支えて、後釜を育ててから夏に移籍がベストとは思うが、旬というのもある。行った先で最高の状態で出れないとその後も続かないものだし。

他にも数人、移籍してもやむなしかなと個人的には覚悟している。

クォンスンテは「韓国のチームには負けたくない」と発言したことから裏切者と韓国から罵倒されながらも、かつて所属していた全北現代のサポーターらが立ち上がりスンテを応援。スンテもそれに応えた。鹿島サポとしても、この先、スンテがどこかに移籍してしまったとしてもずっと応援したい。半年で去って行ったジョンスとは違うのだよ。

チョンスンヒョンはいいタイミングで来てくれて、期待値以上の活躍。鳥栖もこれだけの選手を手放すとは・・。

反対に移籍して行った金崎の心中はどうなのだろう。あのさっぱりした性格だと特にACLに興味もないかもしれないが。

金崎に対してはいくつかのタイトルを残してくれた功労者として評価は高いが、鹿島ファミリーでありながら規格外というか、海外に移籍していった大迫や柴崎とかとはひと味違う感じがしている。本人もあまり構われるのも迷惑に思ってそうな感さえある。

良い悪いかはさておき、少なくとも金崎が残留していたら鈴木の大会MVPはなかっただろう。

セルジーニョの加入も大きかった。5戦連続ゴールとなった決勝第1レグの2点目は、優勝に大きく響いた。あの1点がなければ1-0のままで、第2レグはもっと守備を考えずに攻めてきていたかもしれない。つくづく大きい得点だった。

決勝トーナメントでは敗退してもおかしくない危機がいくつもあったが、それも乗り越えた。様々な要素が最高のタイミングで重なり、優勝という結果となった。足掛け22年。長かった。この感動は忘れない。

過密日程になった柏戦はACLの後に捻じ込めなかったものか、と何度も憤慨していたが、今になってみてはこのふわふわした感じをしばらく味わっていたいから、あれはあれで良かったかなとも思う。両方勝ったから言えるのだろうが。

フロントは「過密日程は歓迎。ACLに出たくないチームがいて、鹿島に権利がない時なら代わりに出てもいいくらい」と言っていたが、wideなislandさんのことかな。

まあこれは例えで言ったのだろうし、来年以降も自力で出て、何度でも感動を味わいたい。それこそもういいよってくらいまで。以上、まとまらないが総括。

あと鈴木はやっぱり右足関節の捻挫で、2週間の離脱とオフィシャルで発表。同時に代表も辞退となり、本人は残念だろう。順調なら最終戦には間に合いそうだが、焦らずゆっくり治して、勝ち上がった場合の天皇杯かCWCに照準を定めて貰いたい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん



共通テーマ:スポーツ

2018ACL決勝第2レグ、ペルセポリスFC(アウェー)戦、その2 [ACL]

公式で10万人とアナウンスされたが丼勘定というかカウントはしていないだろう。一人単位まで計算してる日本との国民性の違いかな。

試合前は投石とか爆竹とか物騒な噂もあったが、終わってみれば暴動もなく、アウェーで鹿島が優勝したというのに拍手をしてくれる人もいて、ペルセポリスのサポーターは思っていたよりも紳士だった。

途中荒れたシーンも何回かあったが大きく揉めることもなく、オープンな展開にさせなかった鹿島の我慢強さが実った。我慢は得意と試合後のコメントでは安部が語り、なんと頼もしいことか。

大会MVPとなった鈴木は怪我で足を引きずりながら登壇する姿が痛々しかったが、本人は感無量だろう。全試合出場というのが決め手になったのかと。

トロフィーが掲げられる段階になり、最高の歓喜の瞬間がようやく訪れたわけだが、アウェーで鹿島の選手が順々に掲げて喜んでいるのを見ていると、アウェーなんだからいい加減やめておかないと・・とちょっと心配だった。ペルセポリスの人たちが器の大きい人たちで良かったよ。花火まで上げてくれたし。

最初にトロフィーを掲げたのは小笠原。キャプテンの昌子が嫌がる小笠原を引っ張り出し、最後は笑いながら受け取って掲げた。コメントで昌子も言っていたが一番良く似合う。

その小笠原自身は「頑張った人たちを称えてあげて。俺はいいよ。ジーコが来ていろいろなことを変えて。このチームを作ったジーコが来て、「勝つというのはこういうこと」だと。こんなに短期間で変えてくれて。あの人の力だよ。」と若手とレジェンドに功績を譲り、次世代への橋渡しをしている。

三竿健(弟)や安西、最終戦は出場出来なかったが町田や山口といった若手が優勝を経験したこともこれからにつながる。本当にいいことずくめ。

トロフィーは続いて曽ヶ端、昌子、レオシルバ、鈴木、クォンスンテと掲げ、遠藤が笑って断り、西、チョンスンヒョンの頃にはさすがに大半が退席して3~4人になってた。ラストにピッチでもう一度トロフィー上げで締めたが、大岩が謎のポーズ。

大岩絶対解任派だったが、結果を出した以上続投と言われても仕方ない。今のところACL優勝、ルヴァンカップ3位。リーグ2位と天皇杯優勝の可能性を残して、結果だけ見ればまあ凄い。ここにCWCの結果も加わってくるわけで、鹿島側からは解任出来ないわな。

正直、怖さはあるし、ジーコが続投確定のうえでの話ならまだいいかもしれないが、大岩だけとなると色々と不安が大きい。セルジーニョのことも最初は疑っていたという話だし。ターンオーバー出来るようになったのは追い込まれてのことだが、来年続投となれば変わっていくのかな。

この勢いでまだ獲ったことのないクラブワールドカップのタイトルも・・と夢は広がる。CWCは来年から4年に1度になるようだし(本決まり?)、千載一遇のチャンスでもある。まだまだ過密日程は続くが、逆に完成された鹿島の戦い方で世界を驚かせる時。

もっとも、その前にリーグ3位以上か天皇杯優勝で来季のACL出場権を獲らないといけない。

代表勢以外はちょうど期間があくので、2~3日のんびり休養してから、天皇杯に向けて調整して貰いたい。故障者も戻って来るだろう。

優勝の余韻にまだまだ浸りたい気分だね。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん





共通テーマ:スポーツ

2018ACL決勝第2レグ、ペルセポリスFC(アウェー)戦 [ACL]

まずは大岩監督に謝罪を。

このブログではアンチ大岩を公言し、早く辞任しろとか言いたい放題言ってきましたが、プロは結果で語るもの。ジーコTDのテコ入れもあったかもしれないが、鹿島が今まで獲れなかったタイトルをもたらしてくれたことは事実。本当に生意気言ってすいませんでした。そして、ありがとう。

まあ、クォンスンテが痛んだかもしれない後半アディショナルに金森を投入するのは、キャップをつける意図だったのかもしれないが、戦術的にはさほど効果はなく意味のないものだとは思ったが・・。

ともあれ、第2レグの感想。

この試合、いちばん恐れていたことが酷い審判に当たってしまって試合をブチ壊されてしまうこと。これはFIFAのお偉方の面々が会場に来場していたからなのか、元からちゃんとしているのか、若干向こう寄りではあったもののアウェーの笛で済まされる範囲内であり、かなりまともだった。

正直、PKの1本か退場者は覚悟していた。遅延で1枚イエローを貰った西は、スローインのたびにもう1枚出ないかずっとヒヤヒヤしていた。新井場を退場させた日本人審判は柏原だったか扇原だったか・・。

次に怖かったのはペルセポリスが失点を恐れずに超攻撃的に来た場合や、やり方を変えてきた場合。しかし、最初の記事でも書いたように失点のリスクを考えたのか、ロングボール一辺倒のやり方を通してくれたおかげで鹿島も慣れた。

何回か危ない場面を作られていたが、むしろそれで相手も「いける」という手応えを得たのだろうか。なかなかセカンドボールを取れない時間はかなり苦しかった。

85分辺りからのセットプレーの連続を凌げたことが引き分けにつながったのだと思う。

後半、鹿島はセットプレーでも昌子が上がらず、得点を取るよりも守ることを選択。実際、鹿島のCKからカウンターを受けた場面は危なかったし、2戦合計得点差を考えた賢い戦い方だった。

後ろに重心を置いていたために、攻撃で鈴木とセルジーニョだけで崩すのはやはり難しかった。得点が入りそうなチャンスは3~4回あったかどうか。鈴木は鬼キープも出来なかったし、ちょっと疲れていただろうか。

右足?を痛めて交代し、表彰式の時の階段を上るのも辛そうだったし、もしかしたら代表は無理かもしれない。というか無理して悪化しても大変だし、悪そうならCWCに備えて欲しい。

土居はバランサーとしては優秀なのだが、フリーで打つシュートが枠に行かなかったり、コーナーを取って欲しいところであと1歩出ないなど物足りなさもある。安部が攻守に頑張っているのを見ると余計にそう思う。交代で先に下がったのは妥当。

交代で入った安西も接触プレーで足を痛めていたようで、相当痛がっていた。おそらく無理してプレーしていたのだろうが、軽症であって欲しい。

守備陣の集中力も高かった。西、山本の両サイドバックは守備重視でサイドを抜かせず、CBがロングボールを競り合って、三竿健(弟)とレオシルバがカバー。

レオシルバは自身初のタイトルだろうか。ムラのあるプレーぶりは合わないところがあって批判も多くしていたのだが、これについても素直にすいません。タイトルを獲ったことで余裕も生まれ、周りを信頼するプレーが増えてくれれば助かる。

昌子は高さでは競り負けていたが、粘り強く張りつき、チョンスンヒョンとの連携も合ってきた。ラインをまとめて隙を見せなかった。鹿島に残って良かった、と昌子自身もサポもそう思える復活ぶりだった。

チョンスンヒョンもいいタイミングで鹿島に来てくれた。犬飼も成長してはいるが、チョンスンヒョンのフィジカル・メンタルの強さがなければ勝ち上がれていなかったかもしれない。

そして、何よりクォンスンテ。ACL優勝経験のあるキーパーがいることが味方に安心感を与える。危ないところもしっかり守ってくれて、結果、無失点。大会MVPでもおかしくない。勿論、最初の記事にも書いたが5試合連続ゴールのセルジーニョでもおかしくない。

クォンスンテはACL優勝が3度となる初の選手とか。鹿島に移籍した当初は曽ヶ端の控えに甘んじていたが、それでも腐らずに実力でポジションを奪い返した。あと何年鹿島にいてくれるかわからないが、少なくとも今年の残り試合は全部任せたい。

長くなってきたのいで試合以外の感想については次回に持ち越し。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん




(以下、個人的まとめ)
【2018ACL決勝 第2レグ 11/10(土)】(アザディスタジアム イラン現地18:30[日本時間00:00]KickOff鹿島/10万人/晴)
【スコア】ペルセポリス 0-0 鹿島 (前0-0 後0-0) (S 15-7)
【主審】アハメド・アルカフ(主審:オマーン)、アブバカル・アルアムリ、ラシド・アルガイティ、(追加副審)ムハンマド・タキ(シンガポール)、モハマド・マハドメフ(ヨルダン)
【得点】
なし
【警告】
(鹿)レオシルバ1(前43分)、西1(後25分)、永木1(後45+1分)
(ペ)アハマド・ヌーロラヒ1(後45+3分)
【出場】
GK クォンスンテ
DF 西 チョンスンヒョン 昌子 山本
MF 土居→68安西 三竿健(弟) レオシルバ 安部→90+3金森
FW 鈴木→78永木 セルジーニョ
【サブ】曽ヶ端 安西 犬飼 遠藤 小笠原 永木 金森
【監督】大岩剛
【MyMVP】全員(1)

共通テーマ:スポーツ
前の5件 | -