So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018第26節湘南(ホーム)戦 [リーグ]

采配が当たっての後半アディショナルタイムでの勝ち越しゴールにより2-1での勝利。先の戦いも視野に入れつつ勝ちも取るというミッションをこなし、今日ばかりはお見事という他ない。

スタメンに遠藤と安部、セルジーニョの名前を見た時には、湘南相手に走り負けるかも、疲労が残ってACLに影響するかも、と始まる前から不安が先行していた。これなら安西を2列目にして左サイドバックに三竿雄(兄)、あとは田中と山口で良いのではとも思っていた。

しかし、立ち上がりDFラインにミスがあって決定機を作られたもののその後は落ち着いて守り、ハイプレスの湘南をしっかりと受け止め、ボールを持ってはテンポ良くゴール前まで迫り、積極的にシュートも打ち、遠藤も動けていたし、あれ?なんだか鹿島らしいぞ?

丁寧で根気強いサッカーが出来ていて、攻められていてもストレスなく観れるし、これが鹿島なんだよとむしろしみじみ思ったのだが、そう言えばレオシルバがいないのだった。やっぱり個人的にはレオシルバのサッカーが、完全に肌に合わないのだと再確認する試合となった。

永木の奪ってからシュートまで行く姿勢は久しぶりに見た気がする。古巣相手ということもあるだろうが、中途半端に持って停滞するレオシルバがいないことでボールも良く回っていた。

なんとなく1点でも何故だか勝てそうだと感じていて、追いつかれても不思議と勝ちそうな気がしていた。もしあのまま引き分けだったとしても自分の中では満足のいくゲームであっただろうし、躍動する永木と素早くゴールに迫る攻撃を見て、あれが好きだったんだなと思う。

もっとも、交代で出たレオシルバはオープンな展開になっていたこともあって、長所を活かせる形になり、決勝点を挙げるに至る活躍を見せたことは書き加えておく。好き嫌いの問題なんだろうが。

前半はお互いに惜しいチャンスを決められずに無得点で終えた後半。

土居のところが収まり悪くて全然、楽にならないなと感じていたのだが、西が攻め上がるようになって得たFKからの流れでその土居が先制点。

PAすぐ外のFKを遠藤が速いボールで上げ、一旦跳ね返ったところ収めた西。エンドライン際からキーパー、DF3~4人をまとめて外す絶妙な浮きパスで一気に頭上を越したところに飛び込んだのが土居だった。

決めた土居も気持ちが入っていたが、鮮やか過ぎるパスの方に感嘆の声が漏れた。あのアイデアは素晴らしい。決勝点のアシストも完璧なクロスで、決めた鈴木も見事なヘディングだったが、速くてDFを超えるボールでお膳立て。MyMVPは西。

町田は序盤にミスがあってヒヤリとしたものの、強烈なミドルもあり、高さもあってやっぱり犬飼よりも見どころがある気がしている。なんとなくバタバタした犬飼の守備がなかったのも、ストレス軽減の一因だったかもしれない。

残念だったのは安西。薄々気付いてはいながら目を瞑っていたが、守備がザル過ぎる。ゲーム中にサブの内田がテクニカルエリアまで来て指示を出すなんて余程のことで、大岩を飛ばしてというのも驚きだが、それほどまでに安定していなかった。

長期離脱になっている昌子の怪我も元はと言えば安西の目測を誤ってのプレーが原因だし、磐田戦で同点に追いつかれるPKのハンドにしてもそう。昌子に関してはこれだけ長引くなら、怪我した試合で1点を献上した方が良かったと後づけで思うくらい。

ともかく安西のサイドバックは、「やれると言えばやれるがトップレベルではない」というのが正しい評価で、三竿雄(兄)と小田と比べてもそこまで安西を推す理由がなくなった。

むしろ2列目で積極的に使い、やりくりに困った時にサイドバックという辺りが妥当なのかと。今のままだと得意の攻撃まで切れ味が鈍る可能性もある。

山本の投入は、安西が完全に狙われていたので追いつかれる前に出して欲しいと思っていたが、ACLも踏まえての我慢だったと思えば苦渋の決断だったと勝手に納得しておく。

理想は主力を完全に休ませての勝利だったが、さすがに湘南もそこまで甘くはなく、少しでも温存しながら勝てたことを前向きに捉えたい。追いつかれてのドローだったら、個人的には満足のいく試合内容だったとはいえ、チームの流れとしては良くないし勢いもつかない。

ACLも下手に受けに回らず、かつリスク管理も徹底しながら、アドバンテージを活かして勝ち上がって貰いたい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん




(以下、個人的まとめ)
【2018第26節 9/14(金)】(カシマスタジアム19:03KickOff湘南/10,728人/曇)
【スコア】鹿島 2-1 湘南 (前0-0 後2-1) (S 12-10)
【主審】木村博之(主審)、作本貴典、権田智久
【得点】
(鹿)後04分 西↑土居 5H
(湘)後21分 岡本↑梅崎 6H
(鹿)後45+1分 西↑鈴木 9H
【警告】
(鹿)なし
(湘)岡本3(後36分)
【出場】
GK クォンスンテ
DF 西 チョンスンヒョン 町田 安西
MF 三竿健(弟) 永木c c遠藤→78レオシルバ 安部→85山本
FW 土居 セルジーニョ→67鈴木
【サブ】曽ヶ端 内田 山本 犬飼 レオシルバ 鈴木 金森
【監督】大岩剛
【MyMVP】西(2)
【DAZN】4クルクル、最大15秒、フリーズ0回(サインアウト0回)、終了間際に停電!

共通テーマ:スポーツ