So-net無料ブログ作成

2019第6節名古屋(ホーム)戦 [リーグ]

同点にするまで名古屋にやられ放題で、勝因は1失点で持ちこたえられたこと、風間監督が言っていたように名古屋が点を取ってからペースダウンしたこと、そして、大岩の采配が当たったことと言える。

いつも文句ばかり言っているが、今日はカードを切るごとにチームが立ち直って来たし、同点から逆転、最後はブエノを対人守備で右サイドにおいて永木を前に出す選択も当たっていた。

永木を便利屋のように使うのは本意ではないが、平戸のデキが思いの外に酷かったし、スタメンから永木を右で使わずに平戸を出したことに意義があると思う。内田も山本もいない以上、永木には我慢して貰うしかないかもしれない。

もっとも、非公開にしてまで何を練習していたのか、少なくともセットプレーではまったく見受けられなかったが・・。

前半、受ける立場の鹿島は一方的と言ってもいいくらいに攻められ、ポストに救われたりもしながら何とか無失点で終えた。

先にも書いたように平戸の守備がザルで、ACLの時はもうちょっとうまくやれていたはずだが、あそこまでボロボロだと厳しい。

攻撃もレアンドロが仕掛けては失い、リズムに乗れず。レオシルバを始めとして皆がボールを持ち過ぎてテンポも悪く、かといってロングボールもなく形にならなかった。明らかにランゲラックが触っているのにゴールキックにもされたり判定にも不満あり。

後半、どこで仕掛けて勝ち点を取りに行くのかと思っていたら、立ち上がりに左右に揺さぶられたうえでPA内でシャビエルに右足を振り抜かれ、町田の股を抜け、クォンスンテのポロリで股を抜け失点。

クォンスンテならばこそ止めて欲しくもあるが、さすがに難しかったのかもしれない。不思議なのはクォンスンテだと「仕方ない」になるが、曽ヶ端だと「ソガ祭りだ!」となってしまうところ。このへん普段の信用度の差かな。

もう1点取られたら終わると思っていたが、大岩は珍しく早いうちに手を打ち、平戸を下げて三竿を投入、右サイドに永木を回してバランスを修正、レオシルバが喰いついてははがされる悪シルバだったところに三竿を入れて立て直し。

続けて、攻守にムラのあったレアンドロを下げて安部。土居を右に回して更に右を厚めに。名古屋のペースも落ちてきたこもあり、これでようやくボールが回るようになった。

中央で町田が出足鋭くパスカットして左の安部に送ると、そこから逆サイドの永木。中を良くみてグラウンダーのクロスを入れると真ん中で土居がワンタッチでゴールに流し込んで同点。土居は余計な手数をかけない方がいいということがまたしても示された。

磐田戦はこの後が続かなかったが、勢いを持って攻め続けた結果、今度は中央からレオシルバ。折しもピッチレポーターが「大岩監督はサイドからと指示しています」と言ったタイミングで真っ向から中央突破。

センターライン付近からドリブルを開始し、相手5人を抜き去ってPAまで侵入、最後は左足を振り抜いて劇的な逆転弾を生み出した。

はっきり言って今日のレオシルバは良くなかった。パスミスは多いし、すぐに倒れてファウルを貰おうとするし、無駄にファウルを与えるしで、試合後のインタビューで息子の誕生日でゴールをプレゼントすると約束していたことがわかったが、ちょっと空回りし過ぎていた。

しかし、その全てを帳消しにする値千金のゴール。これでヨシとしてしまうと、レオシルバのデキイコール鹿島の勝敗になってしまうので諸手を挙げて喝采というわけにはいかないが、それでもガッツポースは出るし、賞賛に値するビッグプレー。間違いなくMVP。

伊藤はゴールのペースが落ちてきたことで若干焦りもある様子。今まであった余裕がなくなっていて、数少ないチャンスも味方と噛み合っていない。チーム全体で我慢の試合が続いているので気持ちもわかるが、凄腕スナイパーのごとく一発で仕留めるくらいの気持ちでやって欲しい。大丈夫。

三竿はちょっとずつ調子を取り戻してきたようで何よりだが、ミドルはまだ禁止で。安部もサブ出場で少し戻ってきた。安西は相変わらず元気で助かるが、ここが抜けると詰むので、今のうちに次の手を用意しておきたい。

負けたら首位と大きく離されてしまう一戦を我慢の逆転勝ちで詰め寄り、リーグ戦も上位に踏み止まることが出来た。攻撃の形が作れないことや、守備がバタバタしていること、セットプレーのキレのなさなど色々と不安な点も多いが、目標の勝ち点3を取れたことは心の底から嬉しい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん




(以下、個人的まとめ)
【2019第6節 4/5(金)】(カシマスタジアム19:03KickOff名古屋/14,163人/晴)
【スコア】鹿島 2-1 名古屋 (前0-0 後2-1) (S 13-10)
【主審】木村博之(主審)、山内宏志、赤阪修
【得点】
(名)後02分 仲谷→ガブリエル・シャビエル 3右
(鹿)後27分 永木→土居 1左
(鹿)後36分 レオシルバ 2左
【警告】
(鹿)なし
(名)米本3(後29分)、丸山2(後32分)、マテウス1(後45+7分)
【出場】
GK クォンスンテ
DF 平戸→53三竿 犬飼 町田 安西
MF レオシルバ c永木 土居 レアンドロ→51安部
FW セルジーニョ→90ブエノ 伊藤
【サブ】曽ヶ端 ブエノ 安部 三竿 遠藤 金森 山口
【監督】大岩剛
【MyMVP】レオシルバ(2)
【DAZN】3クルクル、最大8秒、フリーズ0回(サインアウト0回)

共通テーマ:スポーツ