So-net無料ブログ作成

2018年第98回天皇杯準決勝、浦和戦 [天皇杯]

普段ブログではあまり汚い言葉を使わないように心掛けているが、今回ばかりは言わせて貰う。

クッソつまらん試合やった。

以上!で終わりにしてもいいくらい。

PA内で後ろから倒されてもPKならず、名古屋対湘南戦でPKが3本も飛び交う審判とはエラい違い。1点リードしてからの中東ばりのあからさまな浦和の時間稼ぎ。

ストレスの溜まりまくる試合のなかで、もっとも許せずムカついたのがまったくシュートを打たない鹿島の選手。

いくらブロックされてようが打たないと点が入るわけがない。結局、枠内シュートは終わり間際のセルジーニョが打ったやつだけ?シュート本数も6~7本くらい?

ちんたらボール回してばっかりで何もしないままミスして取られての繰り返し。今年一番の凡戦。こんなんだったらレギュラー全部引っ込めて、若手出してがむしゃらにやらせた方がいいと思ったわ。

特に遠藤のプレーの遅さが目立った。前線で裏に抜ける動きをしている選手がいてもこねくり回してしかも取られる。カウンターで攻めてもパスも出さずに時間潰し。何故使ったのかというレベルだった。

鈴木、セルジーニョの前線もボールが収まらないし、やれていたのは安部だけ。内田の絶妙クロスを枠に飛ばせない西、鈴木のドンピシャクロスを後ろに土居が控えているのも見えずに、無理な態勢でヘディングして好機を潰す安西。

唯一枠に飛んだセルジーニョのゴロシュートは相手GKとDFが必死のクリアで逃れたが、こぼれ球を予測するのがうまい選手だったらあれは押し込めてた。土居はボールについていっちゃうからな・・。

浦和が恥も外聞もなく徹底して時間稼ぎをしてきたため、守備で危なかったのは失点になったCKとその前のCK、失点後のCKと全部左サイドのCKから。

チョンスンヒョンが何故あれだけマウリシオのマークを外したのか不明だが、地味に興梠がクォンスンテの足を踏んでブロック。ファウルにならなかったが、スンテは精一杯のプレーをした。相当足を痛めた様子だったが最後までプレー続行。次、大丈夫だろうか。

ラストでは鈴木も太ももを痛めたみたいで、怪我人続出。いくら試合数が多いといっても酷過ぎる。

土居のボランチ起用とか相変わらずの謎采配だし、永木はそんなに悪かったか?2列目で交代させた安西を左サイドバックに代えるなど一手損だし、山口の起用はいいとして(実際、数十分ぶりにシュートを打った)、得点のチャンスがあるレアンドロを使わなかったのも謎。

セットプレーの精度が勝敗を分けたとはいえ、巻き返せるチャンスはあった。セットプレーにしてもせっかく上がったスンテに合わせるボールを蹴れないとか上がる意味ない。もっと練習せよ。

CWCで采配した後は任期満了として、悪いことは言わないから来年は監督を代えた方がいい。昨年のリーグ終盤戦のリプレイを観ているようだった。リスクを冒さないとリターンも得られない。

にしてもNHKの放送は有難いが勝った記憶がほとんどないなあ・・。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん




(以下、個人的まとめ)
【2018第98回天皇杯準決勝 12/5(水)】(カシマスタジアム19:00KickOff浦和/13,949人/曇)
【スコア】鹿島 0-1 浦和 (前0-1 後0-0) (S 7-9)
【主審】福島孝一郎(主審)、聳城巧、平間亮、(追加副審)荒木友輔、今村義郎
【得点】
(鹿)前27分 CK柏木↑マウリシオ H
【警告】
(鹿)なし
(浦)なし
【出場】
GK クォンスンテ
DF 内田 チョンスンヒョン 昌子c 山本→84山口
MF 永木→61土居 西 c遠藤→70安西 安部
FW 鈴木 セルジーニョ
【サブ】曽ヶ端 犬飼 安西 レアンドロ 小笠原 土居 山口 
【監督】大岩剛
【MyMVP】-
【NHK-BS】

2018年第98回天皇杯準々決勝、甲府戦(スコアのみの感想) [天皇杯]

スカパーを解約したので映像情報なし。

Jリーグjpのテキスト速報と掲示板での感想なので、まったく的を得ていないかもしれないがとりあえず。

甲府の守備に手を焼いたようだが我慢して守り、カウンターから永木→土居とつないで得点を挙げ、無失点に抑えて1-0で勝利した。内容はどうだったかわからないが、目標は勝つことなので問題ない。

山本がベンチに入っていなかったのが若干気になるが、内田やレアンドロが復帰。レアンドロは少しの時間だが出場出来たようで次につながるといい。掲示板でのレアンドロ上げは凄いものがあるが・・。

個人的にはセルジーニョほどの信頼をしていないので、そこまでとなるとどうだろうという気持ちもあるが、駒が増えるのはいいこと。

前に書いていた来年からの外国人枠は、出場に関しては当ブログ主の解釈で合っていたようでアジア枠がなくなっての合計5とのこと。登録上限には触れていなかったのでこっちはまだよくわからない。ホームグロウン制度はやっぱり導入されるらしい。

スタメンは外国人をサブにして他は順当。残り試合も少ないのでクォンスンテと昌子はいけるだけいくだろう。

掲示板の印象では甲府のカウンターでいくつか決定機を招いたようだが、相手にも助けられたというような感じだった。得点後のボランチ交代が小笠原ではなく永木を下げたのは、土曜の試合を見据えてのことだろうか。

金森は鈴木のいないこの状況で得点してくれるかとの期待もあったが、速報にもあまり名前が出ておらずチャンスを作れなかったのだろう。山口との差は本当にどこだ?

土居はボールの収まりも悪かったようだが、肝心の得点を挙げたのでオッケー。試合を観ていないのでMyMVPは守備陣なのか攻撃陣なのかわからないので土居にしておく。

延長にもつれこんで無駄に疲労することは避けたかったので、90分で勝ちという結果は最大の成果。天皇杯は次に浦和と対戦。勝てば仙台と山形の勝者と決勝戦。

クラブワールドカップの日程もあって天皇杯は12月5日と同9日に繰り上げ。J1勢はリーグ戦との間隔が短くなって日程は詰まるが、変に月末まで伸びてオフが短くなるよりはいいんじゃないだろうかと勝手に思っている。

元日に決勝というのは(今年はクリスマスの予定だった)風情もあっていかにも天皇杯という感じもあるが、選手のことを考えると休む間もないってのはキツい。アジアカップに呼ばれる代表勢は特に喜んでいるはず。クリスマスまで試合やってから代表が1月5日(練習はもっと前)からとかオフないしね。

ACL優勝でちょっと弛緩してしまったらどうしようという危惧もあったが杞憂に終わって何より。試合の映像はゴールシーンだけでもどこかでやるかな・・。スポーツ番組を録画しても結果だけとかだったら寂しいので予約はやめておく。やべっちFCもACLに何にも触れていない。

準決勝からはちゃんとNHKが放送してくれることを期待して、楽しみに待ちたい。浦和とはリーグ戦で疑惑のPKスルーもあったし、しっかりケリをつけたいところだ。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん




(以下、個人的まとめ)
【2018第98回天皇杯準々決勝 11/21(水)】(中銀スタジアム19:00KickOff甲府/人/)
【スコア】甲府 0-1 鹿島 (前0-0 後0-1) (S 9-10)
【主審】西村雄一(主審)、村上孝治、大塚晴弘、(追加副審)木村博之、山本雄大
【得点】
(鹿)後31分 永木→土居 3右
【警告】
(鹿)なし
(甲)なし
【出場】
GK クォンスンテ
DF 西 犬飼 昌子 安西
MF c小笠原 永木→77永木 遠藤→90レアンドロ 安部
FW 土居 金森→70セルジーニョ
【サブ】曽ヶ端 山本 町田 内田 レオシルバ レアンドロ セルジーニョ
【監督】大岩剛
【MyMVP】土居(1)

2018年第98回天皇杯4回戦広島戦 [天皇杯]

柿沼主審のせいで無駄に力を使わされたが、延長戦の末2-0で広島を下した。本来なら内田が倒されたプレーがPKで、決めたかどうかはわからないが、90分以内に決着が着いた可能性のあった試合。

前半からあやふやなジャッジでラフプレーにもカードを出さず、終盤、当然のごとく荒れた。パトリックの再三の肘打ちは2枚目のカードが出てもおかしくなかったし、他にも繰り返しの警告があっても良かった。

ちなみに鹿島側が貰った鈴木と安西は無駄なカード。鈴木はもうちょっと感情をコントロールしよう。

若干メンバーを落として来た広島に対し、少し入れ替えただけでレギュラー陣を投入した鹿島。先のことを考えず目の前の試合を取りに行く大岩スタイルで、逆にピッチの選手は集中力を増しているのだろうか。

勝利が続いているおかげで足も動いているし、気持ちも切らさずいられているが、一度崩壊すると止まらない気もする諸刃の剣。どこまで駆け抜けられるかヒヤヒヤしているものの、試合自体は我慢強く戦う鹿島らしい姿に戻って来た。

前半、ワンタッチで何本もパスをつないでゴール前に迫る形もあり、あのテンポの攻撃をもっと増やして欲しいが、レオシルバのところではいつも止まる。カウンターも下手くそだし、今日もいいところないな・・。

・・と思っていたら、延長入ってすぐのFK。左やや後方の位置から蹴ったレオシルバのボールが誰にも触らず、キーパーの前でバウンドしてさすがの林もセーブ出来ずにそのままゴール。この得点も何だか審判に無理やり取り消されそうな雰囲気があったが(言いがかり)無事に認められて待望の先制点。

120分最後まで運動量が落ちず、持ってからの余計な何タッチが相変わらず要らない気もするが、走り続けたタフネスと貴重なゴールでMyMVP。中2日で神戸戦は厳しそうだが・・。

最終ラインでうまく守っていたのはチョンスンヒョン。当たり負けもしないし、読みも良かった。パトリックとの接触で右膝が変な方向に曲がってヤバいと思ったが、その後3~40分プレー出来ていたので大丈夫と思いたい。スンヒョンまで離脱となればかなり痛い。

犬飼は少しずつ成長しているのだろうか。縦パスでミスがいくつかあったが、周りとの連携も良くなって来ているので致命的な場面はなかった。頑丈なところが長所だと思っているので、連戦が続くスケジュールでは力を発揮してくれるのかもしれない。

山本と内田の両サイドバックは経験を活かした老獪なプレーで攻守に安定感。遠藤は交代するまで動けていたのは良かったが、クロスの精度はまちまち。このあたりは疲れがあるかもしれない。

安部は積極的に仕掛けて、ロストもあったが突破もあり、2列目としてはありと思う。欲を言えば遠藤からのクロスを左足でダイレクトボレーした場面。枠には収めて欲しかった。

セルジーニョは決定機が2つほどあったが、いずれもヘディングシュートが林+ポストとバーに弾かれてゴールならず。惜しかった。

金森は連携も良くなっていたし、ドリブルも効いていた。もしかしたらゴールもあるかも?という雰囲気はあったが、後半に入ったあたりから消えた。ゲーム体力がないのかもしれない。中村と印象がカブる。次につながるかも、とは思えた。

三竿健(弟)は前半動けていないふうに見えたが、試合が進むにつれて幅広く動けるようになり、トドメの2点目も決めて勝利に貢献。不安定な審判のジャッジにも辛抱強くやれた。

メンバーを落として来たとはいえ広島にシュート3本、枠内ゼロに抑えての勝利は鹿島らしさが出た試合。集中してやれていた。ワンミスで失点するのだけが怖かったが、ゲーム自体は鹿島が支配していたので無事に勝ったというところ。

出来れば90分で決着を着けたかったが、PK戦までは行って欲しくなかったし、何より勝てたことが一番。120分が徒労に終わらなくて済んだ。

これで中2日アウェーの神戸戦とか酷い日程ではあるが、勢いを止めずに勝ち進んで貰いたい。

(神戸戦は参戦することになりました)

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん




(以下、個人的まとめ)
【2018第98回天皇杯4回戦 9/26(水)】(カシマスタジアム19:03KickOff広島/3,832人/雨)
【スコア】鹿島 2-0 広島 (前0-0 後0-0 延前1-0 延後1-0) (S 14-3)
【主審】柿沼亨(主審)、西尾英朗、聳城巧
【得点】
(鹿)延前06分 FKレオシルバ 1右
(鹿)延後12分 永木→三竿健(弟) 1右
【警告】
(鹿)鈴木1(延後10分)、安西1(延後15分)
(広)ベサルト・ベリージャ1(後81分)、パトリック1(後89分)
【出場】
GK 曽ヶ端
DF 内田 チョンスンヒョン 犬飼 山本
MF レオシルバ 三竿健(弟) c遠藤→107永木c 安部→85安西
FW 金森→69鈴木 セルジーニョ→76土居
【サブ】クォンスンテ 西 町田 安西 永木 土居 鈴木
【監督】大岩剛
【MyMVP】レオシルバ(1)

2018年98回天皇杯3回戦町田戦(スコアのみ)の感想 [天皇杯]

遅ればせながら天皇杯3回戦をダイジェストで観た。

J2が中断期間もなくリーグ真っ最中ということもあって、大幅にメンバーを落としてきた町田相手に完勝。

ダイジェストなので得点シーンしか観ていないが、左右に揺さぶって仕留めるという狙いが成功したようだ。カテゴリーも下で、メンバーも落としている相手なので単純に評価出来ないが、やりたいことは出来た様子。

CBは犬飼と西。本職の町田は怪我の噂もあったが、植田の海外移籍がほぼ決まった状況で、何がなんでも出場しなければいけないところなのに不甲斐ない。

そして、大量リードで油断したのかわからないが、またも失点。リーグ再開において気になる。昌子も移籍も考えるならば早急にCB問題を解決した方がいいと思われるが、大量リード後もそういう采配をしていなかったので、大岩はいったい何を考えているのだろうか。

攻撃陣では遠藤と鈴木の調子が良さそうだった。遠藤はやはり欠かせない存在で、攻撃の起点となっている。勿論、そこは相手も対策してくるだろうから、今後は相方となうる安部なりが覚醒しないと厳しいかと思うが。

鈴木は気合いが漲っている。以前は金崎と同時出場させた方が相性も良いのではと思っていたが、もしかしたら金崎とは同時に出場させず、自分にボールが集まってくる形にした方がゴールに集中出来ていいのかもしれない。

ペドロ・ジュニオールが抜けたので、山口に時間を与えておいて欲しかったが、ゲームの流れ的に無理だったのだろうか。

ブラジル人助っ人は、いてもいなくてもあんまり変わらないかなという印象。ベンチにも入っておらず純正日本人のみのメンバーだったが特に違和感もない。

次の相手は広島対名古屋の勝者ということだが、普通に予想するなら広島だろう。どこまでやれるかわからないが、タイトルを目指して勝ち続けて欲しいものだ。

植田とペドロ・ジュニオールの移籍に関しては別記事で。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん




(以下、個人的まとめ)
【2018第98回天皇杯3回戦 7/11(水)】(町田市立陸上競技場18:33KickOff町田/5,589人/晴)
【スコア】町田 1-5 鹿島 (前0-2 後1-3) (S 8-10)
【主審】高山啓義(主審)、岡野宇広、佐藤貴之
【得点】
(鹿)前10分 CK遠藤↑西 1H
(鹿)前20分 安西↑鈴木 3H
(鹿)後16分 オウンゴール
(鹿)後19分 遠藤↑鈴木 4H
(町)後30分 →戸高 右
(鹿)後36分 金崎→遠藤 1左
【警告】
(鹿)なし
(町)なし
【出場】
GK 曽ヶ端
DF 内田 西 犬飼 安西
MF 永木 三竿健(弟) 遠藤→82田中 安部→67中村
FW 鈴木→75金崎 土居
【サブ】川俣 町田 山本 田中 中村 金崎 山口
【監督】大岩剛
【MyMVP】遠藤(1)

2018年98回天皇杯2回戦HondaFC戦(スコアのみ)の感想 [天皇杯]

スカパーで放送していたようだがオフィシャルでは放送の欄は空白のままになっていた。何かスカパーと確執でもあるのだろうか。

放送していたのはわかっていたが、わざわざ3000円近くのお金を払うほどの価値がある試合を観れるかと言われれば今の鹿島ではノーであり、結果だけでいいかなと。3回戦もそのつもり。

ダイジェストが放送されるまで結果をスルーしておくという手もあるが、2回戦では試合数も多くどこまで時間を割いてくれるか不明だし、そもそも決定機自体がなかったりして?!

・・と思っていたが得点はたくさん取った模様。

前からずっと言っているが、スカパーは試合ごとにバラ売りするつもりは毛頭ないのだろうか。天皇杯2回戦なら価格設定としては500~800円くらいかな。収支的にはプラスになる気がするのだが。

というわけで今回の記事は結果と掲示板などの諸情報を集めての感想。

相変わらず立ち上がりに失点する癖が直らないようだが、PKでの失点で、なおかつ判定も怪しかったとか。これは後から確認出来たらいいが、ダイジェストではやるだろうか。

その後、安部が同点弾を決め、鈴木が前半のうちに2点を取って3-1になり、後半も鹿島の一方的な展開になってオウンゴールと土居の2ゴールで大差勝ちを決めた。

やる前はJFLの強豪が相手ということで警戒はしていたが、さすがに取りこぼさなかった。

ただ、観ていないせいもあるが、安心も嬉しさもどちらもない、プレシーズンマッチを勝った(HondaFCに含むところはない)くらいの気持ち。大岩じゃなかったらもうちょっと思い入れがあっただろうか。

掲示板の書き込みでは大差の割に内容が不安ともあるので、このあたりは何とも言えないが、同カテゴリーとやってみないと判断出来ない。

中断期間でチーム状態が上向いているのかどうかわからないが、とりあえず勝ったのでヨシ、としておこう。

まあ、試合を観ていないとこのくらいしか感想が書けませんね。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2018第98回天皇杯2回戦 6/6(水)】(カシマスタジアム19:03KickOff/3,172人/雨)
【スコア】鹿島 6-1 HondaFC (前3-1 後3-0) (S 12-10)
【主審】山本雄大(主審)、大川直也、佐藤裕一
【得点】
(H)前15分 PK栗本 1右
(鹿)前20分 鈴木→安部 1左
(鹿)前42分 西↑鈴木 1H
(鹿)前44分 西↑鈴木 2H
(鹿)後05分 土居 1H
(鹿)後23分 オウンゴール
(鹿)後45+3分 鈴木(?)→土居 2左
【警告】
(鹿)三竿健(弟)1(後40分)
(H)なし
【出場】
GK 曽ヶ端
DF 西→70伊東 町田 犬飼 安西
MF c小笠原 三竿健(弟) 遠藤→84永木 安部→71山口
FW 鈴木 土居
【サブ】クォンスンテ 内田 伊東 永木 中村 金崎 山口
【監督】大岩剛
【MyMVP】鈴木

第97回天皇杯準々決勝、神戸戦 [天皇杯]

怒りと呆れが入り混じっている。

誰かをやり玉に挙げるのはよくないことだろうが、それでもあえて言う。

敗戦は中村と、それを使った大岩監督の責任。あとはバックライン側の副審がオフサイドをちゃんと判定出来なかったせい。延長前半、永木から西のダイレクトボレーのゴールは完全にオンサイド。微妙とかいうレベルじゃなかった。

そして、何故、勝ちに行くゲームでそれまで完璧だった中盤に、あのまったく走らない、献身性の欠片もない中村を入れたのか。意図は?贔屓が過ぎる。

1-0リードの後半アディショナルタイム。あとはキープするだけという時間帯で、決まりもしないシザーズをやってあっさり取られて相手側の攻撃ターン。その最後の攻撃でハーフナーに決められて同点、延長になってしまった。

覚えたての見せたがり小学生かよ・・。

延長になった瞬間、多分、PK戦になったら中村が外して負けるんだろうなと思っていた。正解。もう見たくない。というか安部が使える状態だったら普通にキープしてたか抜き去って勝ちゲームで終わってた。

鈴木や永木が脚を痛めてまで走っている姿を見て、何も思わないのだろうか。もっと一生懸命、ボールに食らいついていくとか、無駄走りでもいいから二人ぶん走るくらいでいくとか。何もない。限界を超えた。

スタメンを見た時、ようやく鹿島らしいメンバーキター!と心が浮き立った。

大岩にしてみれば単純に「カップ戦要員」なのかもしれないが、自分のなかではこれこそ鹿島。中盤に安心出来る面子が揃い、0-0の展開でも安心して観ていられた。

堅く守り、それぞれが献身性を発揮し、攻守の切り替えも速く連動する動きとカバーリング。遠藤のキープからのスルーパス、小笠原のチェック、機を見ての鋭いロングパス。

ペドロ・ジュニオールだけが足元おぼつかず、何度かチャンスをふいにしたものの、全体的に勝てる雰囲気が漂っていた。せめてどれか決めて欲しかったが、1点取るまではこういう感じでバタバタしたままなのだろうなと思う。

昌子は相方がブエノになって逆に集中力が増したのか、縦パスにアタックして取りに行くし、セットプレーから小笠原のパスをキーパーの足元をブチ抜いてゴールも挙げた。

どこからどう見ても完璧な鹿島のゲームだったが、中村を入れたのが失策。急に心配になり始めた。

悪い予感は的中し、PK戦までもつれ込んだおかげで無駄に30分走らされ、鈴木が右足(推定)、永木が左足(推定)を痛めて、おそらく当分出場出来ないだろう。そのうえ負けてしまい、得るものどころか失うものばかりとなった。

リーグ戦にも大きく影響しそうな敗戦で、札幌戦のメンバー選びも難し・・くはないのか。大岩の贔屓の選手がいることだし。(皮肉)。

今年の試合は残り4つとなった。とにかくもうなんでもいいので、それだけは全部勝ってくれ。

それからスカパーのカメラワーク。相変わらず酷いな。ボールホルダーを無闇にアップにするのは意味がないからやめて欲しい。まあ、もう今年はスカパーで観る機会もなくなったけどな。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【第97回天皇杯準々決勝 10/25(水)】(神戸総合運動公園ユニバー記念陸上競技場19:00KickOff鹿島/5,186人/晴)
【スコア】神戸 1-1 鹿島 (前0-0 後1-1 延前0-0 後0-0)(PK5-4) (S 16-15)
【主審】木村博之(主審)、戸田東吾、和角敏之、(追加副審:福島孝一郎、大坪博和)
【得点】
(鹿)後17分 小笠原↑昌子 1右
(神)後45+4分 ポドルスキ→ハーフナー・マイク 1左
【警告】
(鹿)山本1(前39分)
(神)ポドルスキ1(前43分)、ニウトン1(延前12分)、ハーフナー・マイク1(延後3分)
【出場】
GK クォンスンテ
DF 伊東 ブエノ 昌子 山本
MF c小笠原 永木 土居→79西 遠藤→83中村
FW 鈴木 ペドロ・ジュニオール→89三竿健(弟)
【サブ】曽ヶ端 西 中村 三竿健(弟) 梅鉢 レオシルバ 金森
【監督】大岩剛
【MyMVP】-


(PK戦:先行鹿島、選手、コース、キーパーの反応、成否の順)
1:小笠原 中(左)○ ハーフナー 右(左)○
2:西 右(右)○ ニウトン 右(右)○
3:中村 左(左)× 渡部 上(左)○
4:三竿健(弟) 左(中)○ 藤田 左(左)○
5:昌子 中(左)○ 岩波 上(左)○

第97回天皇杯ラウンド16、浦和戦 [天皇杯]

スコアの上では4-2と快勝のようにも見えるが、先日の新潟戦と同じく、あまりすっきり勝ったという気持ちはない。

勿論、2点を追いつかれたところから再び突き放しての勝利ということや、ゲームをマネジメントしながら勝てたという面を評価すればプラスなのだが、正直、PKの判定に救われた感がある。

ジャッジは全体的に鹿島寄りの笛で、レアンドロが倒されて得たPKは確かに足に手はかかっているが、ボールを保持していたとも言い切れず流されてもおかしくないし、逆の立場だったら文句は絶対に言う。

例の騒動後の試合ということもあって、浦和側も気を遣っていたのか抗議もなく(本当は言いたかっただろうが)、荒れた試合にならずに済んで良かった。熱い試合は観たいが、荒れた試合は勝っても負けても心が重くなるもので。

そんななかでレアンドロは安定のイエロー製造機で、いつ2枚目を貰うかとヒヤヒヤしていたし、闘志の方向性を見失いつつある鈴木もやっぱりカードを貰った。何事もなく試合が終われたこと、そして勝てたことが救い。

勝敗もわずかな差だったと思う。決定機は浦和の方が多く作っていたし、いつもは枠に嫌われる中村のシュートがゴールになったし、矢島のミドルやオナイウのヘッドはギリギリのところでゴールにならなかった。決定力と言えばそうなのだが、数センチの差が勝敗を分けた。

先制してから守りの意識になったのか安心したのかずっと浦和ペースだったし、得点機会以外は攻めさせているというよりは、普通に攻められていた。

日程的にアドバンテージがあり、かつ相手側は主力が怪我や休養で数名欠けているというのを考えれば、もっと圧倒して勝つくらいでないといけないと思うが、一発勝負のトーナメントということを思えばこれでいいのかもしれず、そのあたりがもやっとすっきりしない原因かもしれない。

試合を振り返るとスタメンは少し意外だった。

キーパーがクォンスンテでなく曽ヶ端で、ボランチも三竿健(弟)を下げ、トップには動きの悪かった土居を続けて起用。

しかしながら疲れていると見ていてた土居が素晴らしい動きを見せ、鋭いターンを織り交ぜてチャンスを作り、前からも積極的に追った。最後もゴール前まで走り、安部のクロスをヘッドで決めた。ここまで動ける状態とは思っておらず、大岩はよく見ている。

中村は今年一番良かったのではなかろうか。いつもは酷評ばかりしているが、今日は迷わずMyMVP。先制の場面では自分で打ちたい気持ちもあっただろうが、金崎を選択し、丁寧なパスを送り込んだ。勝ち越し点も見事。

まあ、ポテンシャルからしてこのくらいはやれる選手だし、大岩もそれを見越しての我慢の起用だったのだろうが、いつもは全然能力を発揮出来ていなかった。何が原因なのかはいまひとつわからないが、無条件でスタメンを与えていたのが良くなかったのではなかろうか。

レオシルバは解説(スカパー川勝氏)が絶賛していたが、どうにも不安定に見えた。時折、相手を翻弄するようなプレーでビッグチャンスを演出するし、実際、3点目もレオのアイデアがあればこそだと思うが、後ろをガラ空きにし過ぎてかなり浦和にいいようにされていた。

小笠原のプレーぶりもキレがなく、気力は充実していたが体がついていっていないような感じだった。DFラインも疲れのせいなのか、サイドバックを含めて足が重く、守りでは後手に回ることが多く(守りなので基本的に後手なのだが、それでも)、1対1で負けるシーンも多かった。

失点はいずれすると思っていたので、そういう意味でもPKで得た2点目はやはり重かったと言える。それにしても金崎はずっと右に蹴って予測もされているが、読まれても止められないという自信があるのか、落ち着いて決めてくれる。

試合内容をどう評価するかは人それぞれになるし、倒した!という手応えは全然ないが勝ちは勝ち。天皇杯タイトルの可能性は残した。

ベスト8はJ1勢が勝ち残り、鹿島は次に神戸と対戦。会場はどこだろう。その次はセレッソか大宮だが、どちらもやりにくい相手で、メンバーを落として勝てるようなことはないだろう。レギュラーメンバーがどれだけ多く出場出来るかがカギになるかもしれない。

週末にはすぐにリーグ戦があり、今日のような体のキレならガンバに圧倒される。金崎を少しでも温存出来たことをポジティブに捉え、DF陣にはもうひと頑張りして貰おう。特に昌子。潰れずに乗り切って欲しい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【第97回天皇杯4回戦 9/20(水)】(熊谷スポーツ文化公園陸上競技場19:00KickOff/人/晴)
【スコア】浦和 2-4 鹿島 (前0-1 後2-3) (S 10-6)
【主審】高山啓義(主審)、岡野宇広、田尻智計、(追加副審:小屋幸栄、中野卓)
【得点】
(鹿)前07分 中村→金崎 1右
(鹿)後06分 PK金崎 2右
(浦)後14分 森脇→ズラタン 1右
(浦)後24分 遠藤↑武藤 1右
(鹿)後29分 土居→中村 2右
(鹿)後45分 安部↑土居 1H
【警告】
(鹿)レアンドロ1(前33分)、鈴木1(後34分)
(浦)森脇1(前4分)、興梠1(後45+3分)
【出場】
GK 曽ヶ端
DF 伊東 ブエノ 昌子c 山本
MF c小笠原→81永木 レオシルバ レアンドロ 中村→87安部
FW 金崎→58鈴木 土居
【サブ】クォンスンテ ブエノ 三竿健(弟) 安部 永木 金森 鈴木
【監督】大岩剛
【MyMVP】中村(1)

天皇杯3回戦山形には快勝した様子、あと退院しました [天皇杯]

退院しました。とりあえず無事ですが、しばらくはおとなしくしていた方がいいですね。

先日に行われた天皇杯3回戦山形戦は先に新聞を読んで結果を知っていたので、ダイジェストではゴールシーンを確認するくらいだったのだが、このくらい圧勝すると気持ちいい。

まあ、実際に試合を観ているともっと点を取れたとか、よく失点しなかったとかいった感想があるのだろうが、相手を寄せ付けずに完勝したということで、連戦を勝利で飾れて嬉しい。

ダブルスルーからの西の得点が結構ピックアップされていて、ダイジェストでも期待して観ていたのだが、確かに二人スルーして西がドフリーというお膳立ては見事!と思ったが、あれは西のシュートセンスがあってこそのような。

PAの外だったし、後ろから走り込んでいて余裕もあまりなかったみたいだし、枠を外していたとしてもおかしくなく、よく決めたなというところだったかと。

前半は危ないシーンもありながら耐えて、後半ラッシュ。大岩体制になってから割とよく見るパターンで突き放した。ハーフタイムでの指示が的確なのだろうか。

鈴木に得点が生まれたことが、個人的には良かった。出場機会を奪われて、ここで得点出来ないようだと気持ちも落ちてしまいそうだったもので。

試合の感想については全部を観ていないのでこんなところ。MyMVPが誰なのか判定出来ないので不明にしておくが、数字上ではレアンドロが活躍していた様子。完全に本調子になったのだろうか。

鹿島の今後の日程は週末にセビージャとの強化試合(?)があって、次の週にはリーグ再開で甲府戦。週一で試合があり、全然、ブレイクしていない気がするが、中2日縛りとかウルトラハードモードでプレーさせられていたぶん、それでも休んでいる気になるのが不思議。

大岩に代わってからここまで負けなし。手応えもつかみ始めているだろうし、セビージャ戦も勝って、リーグ再開からまた進撃を開始しよう。

セビージャ戦はDAZNで配信されるようなので助かる。スカパーもそろそろ何かしらの手を打たないと危ないように思う。

次回の更新は多分、セビージャ戦後になると思われます。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【第97回天皇杯3回戦 7/12(水)】(NDソフトスタジアム19:30KickOff/5,211人/曇)
【スコア】鹿島 5-0 山形 (前1-0 後4-0) (S 13-10)
【主審】柿沼亨(主審)、野村修、岡野宇広
【得点】(注:アシストはオフィシャルの記事を見てのもの)
(鹿)前04分 レアンドロ→西 1右
(鹿)後04分 小笠原↑鈴木 2H
(鹿)後09分 レアンドロ 1右
(鹿)後40分 オウンゴール
(鹿)後45+3分 伊東→中村 1右
【警告】
(鹿)レアンドロ1(前43分)
(山)石川(後17分)
【出場】
GK 曽ヶ端
DF 伊東 ブエノ 昌子 西→62小田
MF c小笠原 永木 レアンドロ→80三竿健(弟) 中村
FW 鈴木→73金森 土居
【サブ】川俣 三竿雄(兄) 小田 三竿健(弟) 遠藤 金森 安部
【監督】大岩剛
【MyMVP】不明(レアンドロ?)

第97回天皇杯2回戦、FCマルヤス岡崎戦(結果のみの感想) [天皇杯]

試合を観れなかったのでオフィシャルや掲示板、ブロガーさんの記事を読んでの感想。

主力を温存しつつ余裕を持って勝つという理想の結果となった。序盤危ない場面もあったようだが、前半のうちに3得点。3試合連続。課題の後半も2得点を追加してトドメを刺せた。

サブメンバーでスタメンを組むのは既定路線とはいえ、ベンチにも土居以外の主力を入れておかないのはなかなか思い切った作戦だったかと。というか逆に土居は相当信頼されている。

早々と勝利を確定させ、遠藤も早めに下げられたのも良かった。

MVPは安部の模様。2得点1アシスト、金森の得点にも絡んだようで、期待の逸材がようやく輝きを見せた。

鈴木も先制点を挙げたとはいえ、うかうかしていられなくなってきた。このところどうにも精彩を欠いているようなので、もう一度気持ちを新たに奮起して貰えれば。

守備陣の方は結果的には無得点だったとはいえ、いきなりピンチを招いたり、ブエノは相変わらずイエローを貰っていたり。三竿雄(兄)もまだまだ俺の名を言ってみろと言えるデキではなかったようで。

代わって途中出場の小田がアシストを決め、下手すれば小田に抜かれるかもしれない。もっとも、競争が激化するのはいいことで、後は大岩がどうやって選手のモチベーションを保ちつつ、試合に勝ちながら使っていけるかになる。

梅鉢、田中もそれぞれ結果を出せたようだし何より。

格下に負けたら叩かれるやりにくい大会だが、まずは初戦圧勝で発進。次は山形になったようで、手強いイメージがあるがすんなりと勝ち上がって来て貰いたい。

あと、攻撃陣ではレアンドロを使うのかと思っていたが、温存させたということは大岩の中では確実に戦力としてカウントされていると見ていいのだろうか。大化けさせられる手応えがあるのかもしれない。

個人的に狙っていたガンバを退団したパトリックは広島に決まったようだが、レアンドロを使うなら獲得は無理だったろう。まあ、もともとなかっただろうが。

とりあえず前目の方は落ち着いて来たようだし、後ろの控えを上積みしていくことが重要になるだろう。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【第97回天皇杯2回戦 6/21(水)】(カシマスタジアム19:30KickOff/2,273人/雨のち曇)
【スコア】鹿島 5-0 FCマルヤス岡崎 (前3-0 後2-0) (S 19-6)
【主審】岡部拓人(主審)、唐紙学志、大友一平
【得点】(注:アシストはオフィシャルの記事を見てのもの)
(鹿)前07分 安部→鈴木 1右
(鹿)前16分 遠藤↑金森 1H
(鹿)前45分 伊東→安部 1右
(鹿)後40分 小田↑安部 2H
(鹿)後43分 永木↑田中 1右
【警告】
(鹿)ブエノ1(前30分)
(岡)なし
【出場】
GK 曽ヶ端
DF 伊東 植田 ブエノ 三竿雄(兄)→82田中
MF 久保田 永木c c遠藤→60梅鉢 安部
FW 鈴木 金森→76小田
【サブ】川俣 小田 三竿健(弟) 梅鉢 田中 中村 土居
【監督】大岩剛
【MyMVP】安部

第96回天皇杯決勝、川崎戦その2 [天皇杯]

金崎が体調不良でベンチ入り出来なかったものの、スタメンを伊東→西、中村→遠藤に変更。ここまで来たらコンディションの整っている選手の方がいないという状態で、まさに総力戦。

昌子は歯茎まで欠けていて食事も満足に取れず。山本は前試合で左足の怪我(実況は膝と言っていた)。柴崎、遠藤、西は体調不良明け、土居はほぼフル連戦。小笠原もベテランなのに走り続けている。比較的、出場時間の少ない赤崎も金崎の代わりで連戦。

植田、永木のフィジカルファイターがなんとか走れていた感じだが、特に永木がいなければ中盤の運動量が圧倒的に足りていなかっただろう。

序盤からプレスもかからず、川崎ペースでボールを回されていたが、最後のところを凌げていたのはまさに経験値。世界と戦った経験が、川崎相手にボールを持たれても慌てることなくやれた要因かと。

川崎側からすれば1-1で小林が抜け出したシーン。切り返して左足で打ったシュートがポストに当たったところが最大のチャンスだったか。それ以降は、そこまで危ない場面はなかった。

鹿島も2-1とリードして以降、ダメ押し出来るチャンスが3~5度くらいあったが、キレの良かったカウンターは影を潜め、数的優位を潰したり、バー、ポスト直撃で阻まれたりと決め手を欠いた。

変に時間を持つと考えて手数が多くなるのが原因かと思うが、マリノス戦で決まったカウンターのように、ワンタッチでダイレクトにつないだ方が決まり易いのかもしれない。ただ、それをやってボールロストした場合はカウンターで大ピンチになるが。

まあ、むしろ3-1で2点差になったら油断して、一気に失点するパターンも有り得ただけに、結果的には2-1だったことで緊張感を保てたのかもしれない。

時間を使う、いわゆる「鹿島る」のが以前に比べて上手にやれていないのは、技術的なものなのか、精神的なものなのか。マルキーニョスのキープ力が尋常じゃなかったという説が有力だが、もうちょっと時間を稼いで欲しいと思うことは何度かあった。

交代策は石井の方はフィジカル面であれしかなかったという感じ。山本の代わりでファンソッコがいけるかと考えていたが、こういう大舞台になればさすがに本職ではない部分がモロに出る。攻撃面では割と参加出来ていた方だが、守備面では不安がつきまとっていた。山本をスタメンでいったのは正解だっただろう。

赤崎から鈴木も、鈴木のジョーカー的な空気や、体調面を思えば時間帯も含めて的確だった。最後の1枚を悩んだ末に小笠原からファブリシオに決めたのも良かった。

個人的にはファブリシオを入れるのは博打でしかないが、確かに得点しなければいけない状況ならば、金崎がいない以上、ファブリシオの選択は間違っていない。

一方、風間監督は延長までカードを1枚しか使わず、出した選手を信頼していたのか手が遅かった感があった。川崎サポはあれで納得しているのかわからないが、足が止まっていた鹿島が耐えられたのもそのおかげがあっただろう。先にリードされていたら、反撃する力はなかったように思う。

大久保が怪我で出れるかどうか、という話だったので、途中で代えてくるかと思ったが最後まで残した。一発の怖さは常にあったが、後半から延長にかけて存在感が薄くなり、そこに救われた面もあった。

延長に入って、なりふり構わず攻撃に来られたら耐えきれるかなと心配していたのだが、調子がいまひとつなのか、最後の方は川崎の勢いも止まっていた。もしくは、鹿島が見事に止めたというべきか。

川崎はこの試合をもって、監督を含めて大きくメンバーが変わる。今の川崎はひとつの完成形と思うがゆえに、そこに勝ててタイトルを獲れたのは、とても嬉しい。

鹿島もメンバーの入れ替えはあるが、鹿島魂をこれから先もずっと受け継いでいってくれればいいのになと強く思う。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村