So-net無料ブログ作成
もしサカ ブログトップ

(もしサカ)その声援を背に [もしサカ]

【もしもサッカースタジアムに誰かを連れて行ったら】【3話】

 夕陽が吸い込まれた。一瞬そう思った。
 テルの放ったシュートがリングをかすることなく、ネットを揺らしてコートに落ちる。どことなくコートを跳ねるボールさえも堂々としていて、ちょっとだけムッとする。
 「ま、こんなもんだ」
 小学6年にして10本連続フリースローを決めるのだから、もう少し自慢げにしてもいいだろうに、そんなことはなんでもないというような笑顔がそこにあった。怒っているのも馬鹿馬鹿しくなり、自然とため息が出る。
 「あのなあ、テル。こんなん見本にならないよ」
 「え、なんで?」
 心底、不思議そうだ。 
 「入れー、って念じてリング目掛けて投げりゃ入るだろ」
 「これだから天才肌は・・」
 やれやれと思うが、おそらくこうなるだろうとわかっていながらシュートを教えて貰ったのだから仕方ない。
 「にしてもさあ」
 いつの間にかボールを拾って戻って来たテルがフリースローのラインに立ち、無造作にシュートを打つ。今度はリングに当たって少し跳ねたが、それでも枠の中に収まった。
 「西小の奴らから対決挑んで来たんだろ」

 昨日の話だった。
 日課にしている公園での放課後練習をやっていると、突然、同学年に見える3人組が声をかけて来て、勝負しようという流れになったのだ。1年近く公園で練習しているが、声をかけられたのは初めてのことで、カツアゲでもされるのかと内心ではびびった。
 それでも無視するとかえって面倒と思い、5本勝負のフリースロー対決に応じたところ、こっちが3本、相手が2本で、こっちの勝ちとなったのだった。自分の決定率はそんなものなので、相手に救われた勝ちとも言える。
 正直、ほっとしたが相手は不満だったようで、明日、つまり今日もう一度、今度は向こうの指定した場所で再戦することになったのだ。
 「けど、自分らからフっかけといて、負けたからホームで勝負ってなあ。男らしくねー奴ら」
 「・・やっぱり、出向いて行ったらボコられるのかな」
 呼び出しは口実で、実は自分たちのテリトリーにカモを呼び寄せる作戦なのかもしれない。
 「ま、なくはない」
 「なんでそんな冷静なんだよ」
 「だって、オレ、ケンカで負けたことねーし」
 テルは自分から手を出したことはないが、売られたケンカは全て買い、負けたのを見たことはない。
 結局のところ相手の思惑がどうであれ、一度絡んでしまった以上、行かないというわけにもいかず、最悪の場合はテルに頼ることになるだろう。
 「あーあ、うまく引き分けに持ち込んだ方がいいかなあ」
 「勝負は勝たなきゃダメだろ」
 「でも、こっちが2本、相手が3本だったら引き分けだし」
 「そんときは延長サドンデス。同点ならアウェーゴールでこっちの勝ちだから、アウェーで3本決めれば勝ちだけどな」
 「なんだよ、アウェーゴールって」
 「え、知らない? サッカーじゃ有名なんだけど。相手ンところでたくさん点取った方がエラいんだよ。今のところ3-2でオマエがリード・・って、あっ、アントラーズと一緒だ」
 テルがそのサッカーチームを応援していることは知っていた。今年は調子がいまひとつのようで、日曜に遊ぶと不機嫌なこともたびたびあったのだが、今の嬉しそうな顔からすると、いいことがあったのかもしれない。

 「けどなあ・・テルが代わりにやってくれたら、あっさり勝っておしまいなんだけど」
 「バーカ、勝負を挑まれたのはオ・マ・エ。オレは応援する側。ま、大丈夫だ。オレが応援すりゃ、オマエもヨユーで勝てるって」
 「簡単に言うなよ・・」
 「ってわけで、勝ったら今度は一緒にアントラーズの応援な。週末、ナビスコっていう大会の大事な試合があるんだ」
 「オレ、サッカー知らない。バスケ専門」
 「ヘーキ、ヘーキ。たくさん相手ゴールにボール入れた方が勝ちだから。オマエも勝つよ」
 「なんだその投げやりな説明! あと、テキトーだし!」
 ツッコミながらも、テルの言葉は何故だか心強く胸に響いていた。
 5本勝負で全部決めるのは無理かもしれないが、サドンデスになってもテルが応援してくれれば、ずっと決まるように思えてきた。
 「・・しゃーねーな。行ってもいいけど、オレが勝ったらだからな」
 「お、じゃあ決まりだな。チケット買わなきゃ」
 テルは早くも駆け出している。
 「気ぃ、はえーって」
 素直すぎる行動力には呆れたが、本音を言えば同じことを考えていた。

 そうだな、こんな勝負さっさと片付けよう。
 そして、テルと一緒に今度はアントラーズを応援するのも悪くない。きっと勝つだろう。

 どこからともなく流れて来た喧騒が、まるで勝利を祝う歓声のように、頭の中で心地よく鳴り響いていた。

(この話はフィクションです)

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

(もしサカ)新しいものには楽しみがある [もしサカ]

【もしもサッカースタジアムに誰かを連れて行ったら】【2話】

 「キミは新しいものに興味がないの?」
 同い年の彼女は僕のことをキミと呼ぶ。
 気取ったようで、それでいてさらりとしたその言葉の響きに、呼ばれるたびに僕はいつもどきりとする。
 彼女は手に入れたばかりのスマートフォンをひらひらと振り、ちょっとだけ首を傾げて見せた。
 誰に打っているのだろう、画面には途中まで作成されたメールが映っている。絵文字がふんだんに使われているが、それらが脈絡もなく並んでいるところを見ると、どうやら慣れない操作に苦戦しているようだ。
 不明な宛先に軽い嫉妬を覚えるが、つき合っているわけでもなし、咎める理由もどこにもない。

 「古い携帯の方が手に馴染むよ。どうも新しいものは性に合わない」
 冗談っぽく言ってみたものの、半分以上は本心だった。
 服でも何でも、とにかくとても物持ちがいい。愛着が沸くのだ。
 「おじさん」
 「言うなよ」
 ふふっ、と笑った彼女は、
 「女友達」
 と、出し抜けに言った。
 「え?」
 「今度、一緒に買い物行くからそのお誘いなの」
 「ふ、ふうん」
 内心を見抜かれたかどうか知らないが、バツが悪くなって視線を逸らす僕に、彼女は楽しそうにもう一度笑った。
 きっと、からかわれているに違いない。

 「そう言えばサッカーそろそろ開幕だね」
 スポーツはオリンピックとか大きな大会くらいしか観ない彼女だったが、僕がサッカーファンであることを知っている。
 些細なことだったが、ちょっと気分がいい。
 それに何と言っても待ちに待った開幕が近づいているのだ。
 「今年はちょっと楽しみなんだ。柴崎っていう若手がいてね。勿論、小笠原や本山らベテランも例年になくいい仕上がりなんだけど、多分、いや、間違いなく数年後にはアントラーズの中心選手になってる。そんな選手が・・」
 思わず力が入ってしまった僕を、気付けば彼女がじっと見詰めている。
 「な、何?」
 「キミもやっぱり新しいものに興味あるじゃない」
 はっとさせられた。
 言われてみればそうだ。
 古くて愛着のあるものもいいが、新しいものにだっていいものはたくさんある。
 柴崎が作り出すサッカーは、きっとワクワクするに決まっている。

 「あ、もう、また打ち間違えちゃった」
 子供みたいに頬を膨らませて怒る彼女を見ながら、もしかしたら脈はあるのかもしれないと勝手に思ってみる。
 その素晴らしい想像はたちまちのうちに心を支配し、根が単純な僕は、どうやって彼女をサッカーに誘おうかと真剣に考え始めていた。

 開幕まであと少し。
 大丈夫。
 口実を思いつく時間は、まだある。

(この話はフィクションです)

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

(もしサカ)全ては収まるべき場所に [もしサカ]

【もしもサッカースタジアムに誰かを連れて行ったら】【1話】

 「仕事、辞めたんだ」
 乾に先制点を決められ、意気消沈している僕よりも元気のない声を辛うじて聞き取れたのは、多分そうだろうと思っていたからだ。
 彼から電話がかかってきたのは何年かぶりだった。社会人になってからは年賀状のやり取りもなくなり、メールも交わさなくなっていた。
 もっとも、僕の方は随分前に社会人というカテゴリーからは外れていたけども。
 「次のアテはあるの?」
 「あるわけないよ」
 予想通りの返事に苦笑すら出ない。
 確か、何かの営業をやっていたと記憶している。不景気と言われて幾数年、簡単に仕事を辞められる時代ではないが、それでも辞めずにはいられなかったのだろう。

 一度ビハインドを背負ってしまうと、なかなか覆すのは難しい。
 たとえば、先制を決められた目の前のセレッソ戦のように。
 応援に熱中するフリをしながら曖昧に頷いた僕に、彼も曖昧に頷き返した。

 海外へ旅立つ乾を後押しすべくセレッソ優位で試合は進み、いよいよ流れは悪い。
 そんななか、田代が動いた。
 相手ゴールキーパーがボールを離した瞬間を狙いすまし、背後から奪い取ってそのままゴールへ蹴り込んだ。
 まさかの出来事にスタジアム全体が、しんとなる。
 「へえ、あんなのもあるんだ」
 サッカーにほとんど興味のない彼が観戦に来るのは勿論初めてで、あっけに取られる僕と同様、彼もまた唖然としていた。
 「・・諦めないヤツなんだよ」
 辛うじて出た言葉に、しかし、彼は少し傷ついた表情になった。
 言ってから後悔した。
 会社を辞めたばかりの彼には迂闊だったが、本当は、僕自身も自分の言葉に少なからず傷ついていた。
 何故なら僕は。
 諦めてしまうヤツだからだ。

 振り出しに戻った試合は、セットプレーから再び田代のゴールで、あっさり逆転となる。
 「簡単に逆転しちゃったなあ。強いんだねアントラーズって」
 こんなすぐに逆転することはあまりないのだと言いそうになったが、水を差すような気がして躊躇った。
 試合だけでなく、自分の人生を試合に重ね合わせているような彼の気持ちに対しても。
 「・・なんにせよ、逆転だ」
 「そうだね」
 やや上気した顔は、希望に輝いているふうに見えなくもなかった。

 ハーフタイムを挟み、セレッソの攻撃は勢いを増す。防戦一方になった鹿島はPKを与え、最大のピンチを迎えた。
 同点も覚悟したそのPKを曽ヶ端が気迫で守り、鹿島のリードは何とか保たれた。
 しかし、尚も苦しい展開は続き、僕と彼は声もなく、一心に守り切ることだけを願っていた。
 残り時間もあとわずかとなった時、不意に小笠原がロングシュートを打つ。
 到底、入るとは思えないような距離だった。
 それでも蹴った瞬間、入ると感じた。
 思わず、あっと声を上げた。
 センターライン付近から放たれたシュートは、大きな弧を描いて相手ゴールに迫る。前に出ていたキーパーの手を弾いても勢いを失わず、そのままゴールへと突き刺さった。
 まるで、あらかじめそこに収まることが決まっていたかのように。
 一瞬の沈黙の後、スタジアムが沸いた。僕も知らずのうちに絶叫していたが、驚いたことにアントラーズファンでもない彼も拳を突き上げていた。
 目を丸くしている僕と目が合うと、はっと我に返ったような顔になり、それから彼は照れたように目を伏せた。

 いつだって苦しい状況に追い込まれることはあるだろう。だけど、諦めないで何とかしようと頑張っていれば道は拓けることもある。
 田代の同点、逆転ゴール。曽ヶ端のPKセーブ。
 そして、小笠原のロングシュートがゴールに吸い込まれて行ったように。
 もしかしたら僕たちにも、すっぽりと収まるべき場所があるのかもしれない。

 「頑張ろうな」
 「そうだな」
 勝利を祝うチャントに負けない彼の言葉に、この日、僕は初めて強く頷いた。

(この話はフィクションです)

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ
もしサカ ブログトップ