So-net無料ブログ作成
ロンドン五輪 ブログトップ

2012ロンドン五輪3位決定韓国戦 [ロンドン五輪]

韓国に0-2で負け、メダル獲得とはならず。前評判では予選突破もどうだろというところから、危なげない戦いぶりで本戦進出。ベスト4確定となった頃までは快進撃だったが、最後はしょぼんと連敗で終わった。

メキシコ戦で逆転された後もそうだったが、相手にリードされると途端に元気がなくなる。韓国戦もほとんど得点の気配がなかっただけに、先制点を取られてからはどうしようもない感じだった。

主審が早いうちにラフプレーにカードを出したおかげで荒れた試合にはならなかったが、逆にあれだけ守られると崩すだけの力が日本にはなかった。2点取られた時点で負けの可能性は大きくなった。

韓国の2点はどちらもロングボールを前線の選手がキープ、突破して単独でゴール。いわゆる縦パス1本てやつで、永井の言う「蹴るだけのサッカーに負けたのは悔しい」というのは共感出来る。だけどそれもまたサッカーだしね・・。

権田もどうにかならんかったか。1本目はDFが左をケアしていたのでニアを絞れたと思うのだが。2本目も同じようなパターンだったので何とかして欲しかった。

酒井宏は大会を通じていいところなし。大津、清武は頑張っていたが周りのサポートも遅く、ブ厚い壁を崩せず。永井はスペースがないとどうにもならない。

攻撃が封じられた以上、守備で踏ん張れないと勝つことは出来ないのは当然。

結果だけ見ればベスト4は悪くないが、メダルには手が届いていただけに惜しかった。

なでしこももう少しだった。アメリカのハンドが誤審と言われていて、自分もそう思うが、それ以降に日本のチャンスはいくつもあっただけに、どこかで決めておかなければいけなかった。

少ないチャンスを確実に決める。やっぱりそれが勝利への近道。糧としたい。

それでも、なでしこは銀メダル。おめでとう。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2012ロンドン五輪3位決定戦8/10(金)】(ミレニアムスタジアム19:45(日本時間3:45)KickOff日本/晴)
【スコア】韓国 2-0 日本 (前1-0 後1-0) 
【主審】イルマトフ(主審:ウズベキスタン)
【得点】
(韓)前38分 パク・チョヨン 2右
(韓)後12分 ク・ジャチョル 1右
【警告】
(日)扇原1(前43分)、杉本1(後43分)
(韓)キ・ソンヨン(前23分)、オ・ジェソク(前26分)、ク・ジャチョル(前35分)、キム・ボギョン(後45+1分)
【メンバー】(関塚監督)
(スタメン)権田、酒井宏、鈴木、吉田、徳永、扇原→59山村、山口、清武、東→62杉本、大津、永井→71宇佐美
(サブ)安藤、酒井高、山村、村松、宇佐美、杉本、斉藤
【MyMVP】-

共通テーマ:スポーツ

2012ロンドン五輪準決勝メキシコ戦 [ロンドン五輪]

時間が出来たので更新しときます。

決勝行きとメダル確定をかけたメキシコ戦だったが、完敗。残念ながら悔しいというよりも、仕方ない。

大津のスーパーゴールが決まった時は、「行けるか」とも思ったが、メキシコのエンジンがかかってからは防戦一方。CKから高さで押し切られて今大会初失点を喰らってからはどうにもならなかった。

前半は耐えたものの、後半は日本のチャンスはほぼなく、権田のスローイングを扇原が狙われてゴールに叩き込まれた時点でメンタル的に終了。

ちなみにこの大事なシーンは、しょうもないカメラワークのおかげで、起点となるところをスロー再生でしか観れなかった。メキシコ戦に限らずなでしこの時でも、しょっちゅうスタンドを映してる。雰囲気を伝えたいんだろうけど、試合に集中したい派としてはかなりイラッとくる。

ここから先はミス多発で、攻守に雑。清武をベンチに下げた時、わずかに残っていた勝ち目もなくなったと直感した。

終了間際にもう1点取られたが、どっちにしろ追いつける雰囲気はなかった。

初失点で動揺もあったのかもしれない。いつもの粘り強い守備もキレがなかったし、攻撃につなげても焦るからかミスばかり。扇原と酒井宏のミスも目立った。

前評判からすればここまできたのは上出来だが、せっかくメダルに手が届く位置にいる。なんとしても3位は獲りたい。予想通り韓国が相手になったが、韓国は日本相手だと更にモチベーション上がるからね・・。

最後しょぼんとならないように、全力を出して大会を終わりたい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
Tremii(トレミー)は、ショッピングで価格比較、ブログなどを評価しあい、お得で楽しくなる総合評価サイト!


(以下、個人的まとめ)
【2012ロンドン五輪準決勝8/7(火)】(17:00(日本時間25:00)KickOffメキシコ/晴)
【スコア】メキシコ 1-3 日本 (前0-1 後1-2) 
【主審】G・ロッキ(主審:イタリア)
【得点】
(日)前12分 東→大津 3右
(メ)前31分 エンリケス↑ファビアン H
(メ)後20分 ベラルタ 右
(メ)後45+3分 コルテス 右
【警告】
(日)酒井宏1(後13分)
(メ)ファビアン(後24分)
【メンバー】(関塚監督)
(スタメン)権田、酒井宏、鈴木、吉田、徳永、山口、扇原→83斉藤、大津、東→71杉本、清武→77宇佐美、永井
(サブ)安藤、酒井高、山村、村松、宇佐美、斉藤、杉本
【MyMVP】-

共通テーマ:スポーツ

2012ロンドン五輪準々決勝エジプト戦 [ロンドン五輪]

日本代表はエジプトを3-0で下してベスト4に進出。永井の先制弾から、相手の退場があったとはいえ吉田、大津が着実に加点しての完封勝利。攻守において成長を感じる。

結果論になるが、退場がなくてもしっかり勝ち切れたように思う(スペイン戦はわからなかった)。相手にボールを持たせておいても決定機を与えない堅実な守備。

吉田の潰しにいくタイミングが絶妙で、徳永の粘り強い守備にも引っ張られて鈴木も安定してきた。山口、扇原のコンディションも少し戻ったようで、中盤の底も堅かった。

攻撃では永井のスピードが驚異的。出した清武も凄かったが、あのボールを決めてくれると本当に助かる。

似たような形で斉藤が抜け出した時は追いつかれて倒され、相手にレッドカードが出て退場になった。あれは永井だったら追いつかれる前に触ってGKと1対1になれていただろう。エジプトとしては選手を一人失う、かえって不運な結果となった。

清武はまさにキラーパスと言える鋭いボールを出すし、ゴール前にも飛び出す。守備もうまいし、総合力で飛び抜けている。

大津も初戦で負った怪我は問題なさそう。3-0で相手が怪我人含めて9人になっても攻めようとする姿勢は貪欲ではあるが、アツくなっている相手に向かっていっても怪我する可能性が高い。丁寧にボールを回してもよかった。会場のブーイングに耐えられなかったのかもしれないが。

扇原の左足はますます磨きがかかっている。正直、水曜にナビスコで当たる鹿島としては抜けてくれてラッキー(ちなみに韓国も準決勝進出)。3点目になったFKから清武とのトリックプレーのようなヤツは、見せてしまってよかったのだろうか。

一方、永井と東の怪我は心配。新聞では永井は少し難しいという報道がある。ケムに巻く作戦とは思えないのでやっぱり無理かもしれない。治り切っていないのに出ても、持ち味のスピードがなかったら意味がないから、まずは治療に専念を。

ここは「永井を決勝戦に」という気持ちで、他のメンバーに頑張って貰いたい。相手はメキシコとなるが、延長戦に突入したようなので体力的には分がある。

いよいよメダルが近づいてきた。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

フルーツメール



(以下、個人的まとめ)
【2012ロンドン準々決勝8/4(土)】(オールドトラフォードスタジアム12:00(日本時間20:00)KickOffエジプト/70,772人/晴)
【スコア】エジプト 0-3 日本 (前0-1 後0-2) (S 6-15)
【主審】ガイガー(主審:アメリカ)
【得点】
(日)前14分 清武→永井 2右
(日)後33分 FK清武↑吉田 1H
(日)後38分 扇原↑大津 2H
【警告】
(日)徳永1(前43分)
(エ)エルディン(後33分)
【退場】
(エ)サード(前41分)
【メンバー】(関塚監督)
(スタメン)権田、酒井宏、鈴木、吉田、徳永、扇原、山口、清武→84宇佐美、東→72酒井高、大津→20斉藤、永井
(サブ)安藤、酒井高、山村、村松、宇佐美、杉本、斉藤
【MyMVP】清武

共通テーマ:スポーツ

2012ロンドン五輪予選③ホンジュラス戦 [ロンドン五輪]

予選通過確定のため、5人を入れ替えての一戦。

今後の戦いを見据えて当然の作戦ながら、5人入れ替わると、なかなか連携出来なかった。もっとも、勝ちよりも負けないことを目指していたので、仕方ないと言えば仕方ない。

ホンジュラスも勝てば1位通過だが、負ければ3位転落も有り得るという難しい立場。序盤は攻めては来ていたが、終盤になって来ると引き分けでいいというムードになった。

試合を通すと、日本は連携の拙さを突かれて何度か危ない場面を作るものの、守備陣の成長もあり、最後は権田の体を張ったセーブで無失点。吉田の存在も効いていた。

攻撃面では大津の個人突破くらいで、杉本、宇佐美はいいところなし。杉本はオリンピックが始まる前はラッキーボーイになるかと思ったが、持ち味は出せてなかった。

宇佐美は調子が上がらない。何とかしたいという気持ちは伝わって来るが、それが余裕のないプレーになってしまっている。ちょうど五輪選考前の大迫のような・・。斉藤も持ち味のドリブルで突破する場面がない。

ボランチでスタメン出場した山村はうまくやれていた。守備も悪くなかったし、後ろからのパスも、前に出ての攻撃のつなぎもよく出来ていた。心なしか、鹿島でやっている時よりも堂々としている。鹿島でもそのくらいやってくれてもいいのだが。

試合結果は0-0のスコアレスドローだが、主力を休ませられたし、サブにも試合を経験させられた。無失点で終えることも出来たし、1位通過も決めた。

準々決勝はエジプトが相手。組み合わせを見ると、メダルの獲得も実現味を帯びてきた。もしかしたら大きい仕事をやってくれるかもしれない。

(韓国も2位通過で予選突破。日本、韓国ともに次勝てば、鹿島にとってはナビスコの2戦目も有利になるという・・あ、心の声が・・)

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

フルーツメール



(以下、個人的まとめ)
【2012ロンドン五輪③8/1(水)】(シティ・オブ・コベントリー17:00(日本時間25:00)KickOffホンジュラス/晴)
【スコア】ホンジュラス 0-0 日本 (前0-0 後0-0) (S 11-10)
【主審】ジュディディ(主審:チュニジア)
【得点】
なし
【警告】
(日)なし
(ホ)アンディ・ナハル1(後6分)、ウィメル・クリサント1(後35分)
【メンバー】(関塚監督)
(スタメン)権田、村松、鈴木、吉田、酒井高、山村、山口、斉藤→81永井、大津→87東、宇佐美、杉本→67清武
(サブ)安藤、酒井宏、扇原、徳永、東、清武、永井
【MyMVP】-

共通テーマ:スポーツ

2012ロンドン五輪予選②モロッコ戦 [ロンドン五輪]

初戦に続き、手堅い守備で相手を完封、少ないチャンスをモノにしての1-0逃げ切り勝ち。グループリーグ突破が確定した。始まる前はベスト8に入ったら上出来と思っていたけど、ここまででも凄い結果だ。

序盤、モロッコのフィジカルを活かした攻撃に対応し切れず、かなり押し込まれていた。ほとんど日本にチャンスもなく、申し訳程度にミドルを打つのが精一杯。

これは先制されると負けるかも、と心配していたけど、権田、吉田を中心に体を張ってゴールを割らせず、序々に押し戻せるようになった。

とにかくモロッコは体が強くて当たり負けせず、ドリブルもパスも速い。捉えどころがない感じで、あっという間に日本陣内深くまで進入してくる。特に9番のアムラバトが脅威だった。

それでも決定的に崩されたのはほとんどなく、守備面は相当レベルアップしているのだろう。MyMVPは権田。以下、吉田、清武、永井で、初戦が徳永、吉田、大津、永井の評価なので、守備が頑張っているという印象。

後半に入ると相手の攻撃にも慣れ、勝ちたいモロッコの意識もあって、日本の攻撃も形になってきた。清武のアイデアと技術には恐れ入る。

前半のCKからの鈴木、吉田、後半の大津、清武、山口の決定的シュートを決められなかった後の、清武の浮き球パスに反応した永井の飛び出しからループ。ゴールに吸い込まれた時は会心の思いだった。よくやった。

試合後のインタビューで吉田がこのゴールのことを聞かれ、「いつも外していたから、ようやく決めてくれた」と、冗談交じりで言えるところもチームの雰囲気がいい表れだろう。

山村はラスト、出る準備はしていたがプレーが途切れず出場出来ず。せめてCap数だけでも上乗せしたかった。

日本は勝ち点が6となり、次のホンジュラス戦引き分け以上で1位通過。2位通過だと決勝トーナメントでブラジルと当たるので、出来れば1位通過を決めたい。

初戦を勝った時は先を考えて3戦目は主力も温存、ってなことを書いてもいたけど、采配も難しくなってきた。最高の形は主力温存の上、引き分け以上で1位通過。

采配にも要注目。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2012ロンドン五輪②7/29(日)】(セントジェームスパーク17:00(日本時間25:00)KickOff日本)
【スコア】モロッコ 0-1 日本 (前0-0 後0-1) (S 14-13)
【主審】モーエン(主審)
【得点】
(日)後39分 清武↑永井 1右
【警告】
(日)なし
(モ)フェトゥヒ(前2分)、バラダ(後44分)、ヌシル(後45分)
【メンバー】(関塚監督)
(スタメン)権田、酒井高、鈴木、吉田、徳永、扇原、山口、清武→90杉本、東、大津→78斉藤、永井
(サブ)安藤、酒井宏、山村、村松、宇佐美、杉本、斉藤
【MyMVP】権田

共通テーマ:スポーツ

2012ロンドン五輪予選①スペイン戦 [ロンドン五輪]

スペイン相手によく勝った。引き分けでも充分と思っていたのに、それ以上の結果。

課題だった守備もOAで補強した吉田、徳永が機能して、相手が一人少なくなったとはいえ完封。途中、引いている割に危ない場面を何度か作られたものの、最後のところでは吉田、鈴木が集中していた。

MyMVPはその二人ではなく徳永。攻撃力のある相手の右サイドバックを抑えていたし、攻撃参加も効いていた。先制点のカウンターの起点ともなり、終始落ち着いたプレー。吉田とともに安心感があった。

攻撃では得点は挙げられなかったが、永井の速さが活きていた。ルーズボールでも互角に競り合えるし、レッドカードも誘った。あそこは踏ん張って前に出たことでレッドカードを取れたんだろう。倒れてアピールしていたら、流し気味だったあの審判ではファウルにもならなかったかもしれない。

あのシーン、素早いリスタートで幻のゴールを決めてガッツポーズをしていたのは東か。スカパーのキョウイチに取り上げられそうなプレーだった。

大津はミスも多くてあんまりよく見えなかったが、ここぞで決める得点力はさすが。大迫も見習わなきゃ。選考漏れたのも納得だろう。

それにしてもよほど相手GKの圧力があったんだろうかね。終盤、シュートがほとんど枠にいかなかったし、テレビでは至近距離に見える間合いでもパスを選択していた。あと1点くらいは取れたし、取ってればもっと楽にやれたろうに・・って、なんだかナビスコ鹿島、なでしこと同じような展開だ。

守備でもスペインの迫力に押され、クリアやロングボールがかなり雑な時間帯があった。前線の永井を狙うのはわかるにしても、もうちょっとボールを回して自分たちの時間を作った方がよかった。ひたすら押し込まれて、正直、1点は取られると思ってましたよ。それを凌げたってことはチームも成長しているのかな。

このデカい勝ち点3のおかげで、もうひとつ勝てばグループリーグ突破確定。引き分けふたつでも突破濃厚となり、かなり優位に立った。怖いのは油断だけ。

次の試合で勝ち、3戦目に主力を温存出来るような展開にしたい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2012ロンドン五輪①7/26(木)】(グラスゴー・ハムデンバーク14:45(日本時間22:45)KickOff日本/37,726人/晴)
【スコア】スペイン 0-1 日本 (前0-1 後0-0) (S 6-10)
【主審】ガイガー(主審:アメリカ)
【得点】
(日)前34分 CK扇原↑大津 1右
【警告】
(日)斉藤1(後16分)
(ス)アルバ1(前40分)、ドミンゲス1(後44分)
【退場】
(ス)マルティネス(前41分)
【メンバー】(関塚監督)
(スタメン)権田、酒井宏→74酒井高、鈴木、吉田、徳永、扇原→86山村、山口、清武、東、大津→46斉藤、永井
(サブ)安藤、酒井高、山村、村松、宇佐美、杉本、斉藤
【MyMVP】徳永

共通テーマ:スポーツ
ロンドン五輪 ブログトップ