So-net無料ブログ作成
ブラジルW杯 ブログトップ

2014ブラジルW杯決勝 [ブラジルW杯]

日本代表が見どころなく惨敗したおかげで、出場していたのかどうかも忘れてしまったワールドカップ2014ブラジル大会は、ドイツの優勝で幕を閉じた。

日本以外の試合をほぼ観ておらず、決勝も録画はしたが途中から手堅い試合ぶりに、どちらの応援もしていない身としては集中力が持たず、ただ流しているだけの形になってしまった。

というわけで記憶に残っているのは決勝点だけという完全なる、にわかぶり。

あのゴールはクロスを上げたのも見事だし、胸トラップからゴール枠をとらえるシュート技術の高さに、さすが世界トップクラスと唸らされるものがあった。

大会MVPはアルゼンチンのメッシとなったが、批判の方が多いようだ。スポンサーがらみのデキレースじゃないのかという記事もあったりして、受け取った本人もあまり嬉しくない様子だった。

ちなみにベスト8のあたりでサッカーにあまり興味のない友人から、「優勝はどこ?」と聞かれて、「オランダかブラジル」と答えたが、どちらも準決勝で負けてしまうところは、安定の予想外しっぷり。

ミック・ジャガーが応援すると負けると言われ、ブラジルに非難されているのを見ると心が痛む。

あと、テレビ中継を観ていて印象に残ったのが、子供のサポーターが本気で自分の国を応援し、負けていると泣いてしまっているシーン。

時々、サッカーやプロ野球を観戦しに行ったりするのだが、最近は途中で飽きてゲームをやり出したり(これはまだ迷惑じゃないからマシ)、スタンドを走り回ったりする子供(親が最悪)を見かけ、まあワールドカップと普段の観戦は別物だと思うが、負けて泣いている子供は日本では観たことがない。

大声で怒鳴っているおっさんはたまに見かけるが。

客離れが進んでいるスポーツ界でお客さんは神様なのかもしれないが、こういうマナーの悪さというか、そういう部分は直して貰いたいと願っている。

ともあれ、ワールドカップも終了。日本代表はおそらく出場枠が減る次の大会に向け、試練の時。

鹿島にも試練が待っている。Jリーグモードに切り替えて、応援の準備をしたい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

2014ブラジルW杯も日本は終了、ザッケローニ監督退任 [ブラジルW杯]

見せ場は本当に本田のオープニングゴールだけというショボい結果に終わったブラジルW杯。いったいこの4年はなんだったんだと思えてならない3戦だった。これでは、にわかファンも盛り上がれない。

報知新聞のコラムには、「チームとして完成するのが2年早かったのでは」という意見があり、その説に1票。

チームの中心となった本田、香川、遠藤以外のプランを何も作れなかったザッケローニの責任という形になり、退任も納得。

世界と戦えるだけのパフォーマンスを示したのは内田だけで、今野に至っては何故使ったのかわからない。香川にもこだわり過ぎた。

もっとも、終わってしまったことを言っても仕方なく、ここからは4年後を目指しての戦いとなる。

次の監督が誰になるかわからないが、とりあえず本田の王様システムはここで終了にして貰いたい。(あと香川も)。

確かに実力は認めるがビッグマウスも結果が伴ってこそで、1ゴール1アシストと「全ての得点」に絡んだものの、それ以外でのマイナス査定が大きく、一人に依存したチーム作りでは不安定に過ぎる。

ここにきて本田の裏話というか、「オレ様」に対する悪評記事もちらほらと出て来ており、香川や長友としかパス交換しないとか、

「オレに意見するならオレよりうまくなってから言え」みたいな、

本当か嘘かわからない話もあったりするが、大迫へのパス出しが少なかったのを見ていると、それもあり得るかなと思ってしまったりする。

まあ、なにはともあれ、攻撃的なサッカーを掲げての結果がこれなのだから、これまでとは違った方向性でチーム作りをして欲しい。

日本サッカーのレベルも数年前に比べて格段に向上したが、世界のレベルも上がっているので、なかなか簡単に勝たせては貰えない。

華やかさもファンの興味を引く意味では大事な要素だが、勝てないのなら本末転倒。

勝ち点をしぶとく取り切れるチームを見たい。

ところで、強化試合でお披露目した驚愕の黄色いユニフォームはなんだったのだろう。新しいアウェーユニということらしいが、まったく似合ってなかったし、どこを見ても酷評なのでやめた方がいい。

アジア枠も4.5から削減されることは避けられないと思われる。これだけ負けているのだから当たり前だが、せめて4で収まったら有難い。3.5となればW杯出場も怪しくなりそうで・・。

W杯はまだ続いているが(というかここからが本番)、個人的にサッカーは鹿島目線へと戻る。

天皇杯2回戦までまだ2週間以上。

以前は「天皇杯は4回戦からでいい」と言っていたが、ナビスコも敗退していまった今では、貴重な実戦となってしまったねえ・・。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ

2014ブラジルW杯GL・コロンビア戦 [ブラジルW杯]

今度こそ失うものがないGL最後の一戦。勝てば他力での決勝トーナメント進出もあった。

立ち上がりから前に行く意識を見せ、もっと早くからこういう形にして貰いたかったが、攻める意識は高かった。

ところが、今野の不用意な対応でPKを与えてしまい、これを決められて先に失点。今野はこのプレー以外にも安定せず、ディフェンスは危なかしかった。

しかし、先に点を取られても気落ちせずに攻め、前半終了間際に右サイドに開いた本田からのクロスを、岡崎が「らしい」ダイビングヘッドでゴール右隅に決めて同点。

後半につながる一発だったが、同点で開始した後半、主力を2人投入したコロンビアが押し込み、こらえ切れずにマルティネスに決められて再びリードを許す。

分岐点は内田のクロスを大久保がタイミングドンピシャで合わせたシュートが枠上に外れたシーンか。流れ的にも完璧だっただけに、あそこを決められていれば・・と思う。

その後はチャンスは作るもののしっかりとブロックされ、決定機とまでは言えず、中盤でボールを奪われる場面も目立ち始める。

前から行っているので仕方がないこととはいえ、カウンターからマルティネスに3点目を決められて事実上のトドメ。

時間帯もあり、気力の落ちた日本に反撃する力はなく、更にもう1点を追加され、1-4で敗戦。メンバー落ちのコロンビアに完敗だった。

確実に決めてくるコロンビアには確かに余裕があり、ようやくシュートに持ち込めている日本とは違いがあったが、エリア内での決定力には歴然とした差があった。

本田、香川に頼ったザッケローニ采配も最後まで実らず。本田はアシストを1本決めたものの、中盤でボールを失うことも多く、自身のシュートも少なかった。香川もGL3戦のなかでは一番良かったが、期待されているゴールは生まれず。

内田がいい状態だったので、もっと右からの攻めを増やしても良かったように思うが、左サイドからの攻撃にこだわったのか、オーバーラップしてもあまり使われなかった。

交代の効果も薄く、采配でも勝てている部分がなかった。

今大会、2敗1分、未勝利のままグループ最下位で終了。盛り上がったのはオープニングの本田のゴールだけという寂しい結果となった。

おそらくザッケローニは交代となり、新しくチームを作り直していくこととなろう。

世界の壁は高い。ここ最近は当たり前にように本線には出場出来ているが、油断していてはそこさえも危うくなる。もう一度ゼロから作り直していこう。

ともかく、まずはお疲れ様でした。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2014ブラジルW杯コロンビア・グループC】(クイアバ:パンタナールアリーナ日本時間5:00KickOff日本/40,340人/晴)
【スコア】日本 1-4 コロンビア (前1-1 後0-3)  (S0-0)
【主審】プロエンサ(主審:ポルトガル)、ミランダ、トリゴ
【得点】
(コ)前17分 PKクアドラード 1右
(日)前45+2分 本田↑岡崎 1H
(コ)後10分 ロドリゲス→マルティネス 1左
(コ)後37分 ロドリゲス→マルティネス 2左
(コ)後45分 ラモス→ロドリゲス 3左
【警告】
(日)今野1(前16分)
(コ)グアソン1(後18分)
【出場】(日本)(監督ザッケローニ)
GK 川島
DF 内田 吉田 今野 長友
MF 青山→62山口 c長谷部 香川→85清武 本田 岡崎→69柿谷
FW 大久保
【サブ】西川 権田 酒井高 酒井宏 森重 伊野波 遠藤 山口 清武 斎藤 大迫 柿谷
【MyMVP】-

共通テーマ:スポーツ

2014ブラジルW杯GL・ギリシャ戦 [ブラジルW杯]

負ければ終わるGL第2戦。

不調だった香川を下げて大久保、CBも森重から今野に交代。

引いてカウンターが主体のギリシャに対し、前半ポゼッション率約7割と押し込むが、なかなか決定機を作れない。

それでも初戦よりは堅さも緊張も取れ、落ち着いてボールを回せていたし、トップの大迫にもボールが入っていた。

早いうちにギリシャのキャプテン、カツラニスが2枚目のイエローを貰って退場、数的有利になるも、カウンター主体のギリシャは特に変わらず。

前半のチャンスは大迫のシュートと本田のFK、クロスからの大久保のヘディング。ギリシャにも1本ビッグチャンスがあったが、これは川島がファインセーブ。前半はスコアレスで終了。

後半開始から長谷部を遠藤に交代。相手中盤に人数が足りないので有効かもしれないと思ったが、10分ほどして大迫から香川に交代。ボールも入り、かつリズム良くシュートも打てていた大迫を下げてどうなるのか不安な交代だった。

この不安は的中し、後半は数的優位を活かせているようには見えず。前半と同じ形で大迫にボールを集めて丁寧に崩していった方が良かったのでは。3枚目のカードを残したことも疑問。

サイドでは内田がまたも奮闘。いいクロスは何本かあったが中に合わず。長友は動けてはいるのだが、あまり効果的な崩し・クロスがなかった。

本田はキレがなく、ボールを持ってもテンポが悪く、ミドルもなし。ここでゲームを作れなかった。

今野、吉田のCBはまずまずやれていた。

岡崎は消えていた。バニシングMF。大久保はいい面もあったが、数本あったチャンスを決められず。

交代組の遠藤の動きも重く、香川も気持ちは入っていたがチャンスを作れず。

良かったのは川島。危ない場面を3つは救った。

3人目交代を迷ったザッケローニの采配はどうだったのだろう。パワープレーは日本の文化にないと言っていたのに、終盤吉田を上げるだけというのはどうか。

負ければ終了だが、引き分けでも相当苦しい状況になるなかで、思い切った策を打つ勇気がなかったのか、あるいはあのままでいける手ごたえがあったのか。こういう時の柿谷、斎藤だと思うのだが。

というか結果的には、大迫を下げてからまったく形を作れなくなった気がしたのだがね・・。

とりあえず最終戦に可能性だけは残したわけだが、数的優位のこの試合を勝てなかっただけに、大丈夫かなという気持ちの方が強く残る。

初戦とは違った意味での、とても残念な試合だった。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2014ブラジルW杯ギリシャC】(ナタル日本時間7:00KickOff日本/人/晴)
【スコア】日本 0-0 ギリシャ (前0-0 後0-0)  (S16-9)
【主審】ホエル・アギラール(主審:エルサルバドル)、ウィリアムス・トーレス、ジュアン・ズンバ、
【得点】
なし
【警告】
(日)長谷部1(前12分)
(ギ)カツラニス(前27分、前38分)、サマナス1(後10分)、トロシディス1(後44分)
【退場】
(ギ)カツラニス(前38分)
【出場】(日本)(監督ザッケローニ)
GK 川島
DF 内田 今野 吉田 長友
MF 山口 c長谷部→46遠藤 岡崎 大久保 本田
FW 大迫→57香川
【サブ】西川 権田 酒井高 酒井宏 森重 伊野波 遠藤 青山 清武 斎藤 香川 柿谷
【MyMVP】-

共通テーマ:スポーツ

2014ブラジルW杯GL・コートジボワール戦 [ブラジルW杯]

本田のスーパーゴールで会心の先制点を挙げ、意気消沈したコートジボワールを攻めていくつかチャンスを作るものの、前半途中から足が止まり、ミスも増えてその後は見せ場なし。

後半17分コートジボワールがドログバを投入してスイッチを入れると、破綻の兆しを見せていた左サイドからクロスを上げられ、中も対応出来ず立て続けに2失点。

1点はやむを得ないにしても、同じ形で2失点はよろしくない。

その前から簡単にボールを奪われたり、パスミスだったりと気持ちが切れていたように見えた。暑さのせいもあったろうが、監督が早目に手を打つなり、カツを入れるなりしても良かった。

勝っている状態なのだから、選手たちも、もう少しうまく時間を使って試合をコントロール出来なかったものか。

このあたりチェアマンの「みっともない時間稼ぎはしない(だったっけか)」精神が海外組にまで徹底されているのか、ブーイングを浴びてまで露骨な時間稼ぎをするコートジボワールとは大違い。

結局、終わってみれば本田の一発のみという、なんとも冴えない試合となった。

好パフォーマンスだったのは内田くらいだったように見える。ゴール前まで絡んでシュートを打ったり、数的不利でのカウンターでも好守備で抑えた。90分通してやれたのも大きい。

本田はゴールだけだったし、香川は空回り、岡崎も機能せず、大迫もボールが入ってこないうえ、呼び込む動きもなかった。

長友はアシストも決めたし、90分やれたが、自分のサイドから2点やられたし、効果的な崩しも少なかった。

山口、長谷部、途中交代の遠藤らボランチは縦へのパスが入れられず、攻撃でのつなぎでも効果的なものはなし。

吉田、森重、川島は頑張ってはいたものの、同じ形での2失点は修正能力という点で疑問。

切り札的存在の大久保、柿谷も特にいいところは見せられず。

まだ1試合終わっただけなので可能性は勿論残っているわけだが、今日のようなパフォーマンスだとギリシャ、コロンビアに連勝するのは至難の技。

どう立て直してくるか注目したい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



(以下、個人的まとめ)
【2014ブラジルW杯コートジボワール・グループC】(レシフェ:日本時間10:00KickOffコートジボワール/人/晴)
【スコア】日本 1-2 コートジボワール (前1-0 後0-2)  (S7-20)
【主審】オゼス(主審:チリ)、アストローサ、ロマン
【得点】
(日)前16分 長友→本田圭 1左
(コ)後19分 オーリエ↑ボニ 1H
(コ)後21分 オーリエ↑ジェルビーニョ 1H 
【警告】
(日)吉田1(前23分)、森重1(後19分)
(コ)バンバ1(後9分)、ゾコラ1(後13分)
【出場】(日本)(監督ザッケローニ)
GK 川島
DF 長友 森重 吉田 内田
MF 山口 c長谷部→54遠藤 香川→86柿谷 本田 岡崎
FW 大迫→67大久保
【サブ】西川 権田 酒井高 酒井宏 今野 伊野波 遠藤 青山 清武 斎藤 大久保 柿谷
【MyMVP】-

共通テーマ:スポーツ

バニシングスプレーに衝撃 [ブラジルW杯]

ブラジルW杯が始まったわけだが、開幕戦のブラジルVSクロアチアをだら~っと流し観していた。

この試合、西村雄一、相楽亨、名木利幸3名の日本審判団が、審判を務めるということで話題になっていて、ラジオでは「こういうところに注目してみるのもいかがでしょう」と言っていた。

元々サッカーに興味のない人がわざわざ審判に注目するとは思えず、それについてはどうだかなあという感想だったのだが、西村主審が四次元ポケットから・・じゃなくてお尻のポケットから取り出した秘密アイテムに衝撃を受けた。

前半42分、ブラジルのFKのシーンで、壁を作るクロアチア選手の前にスプレーで線を引いたのだ。

最初、「よく出来たCGだなあ」とぼんやり観ていたら、本当に線が引かれていた。

なんでもこのアイテムは「ばにしんぐすぷれぇ~(cv:水田わさび)」というらしく、FIFA主催の国際試合で多く使用されているそうだ。1分以内に消えるらしい。

よく出来たシロモノだなあと心底恐れ入った。

小学生の頃、校庭で、「ここから先はオレの陣地!」とか言って、足で地面に線を引いていた時代が懐かしい。

ゴールラインテクノロジーなるものも採用されており、いくつもの高速カメラを使用し、ボールがゴールラインを割った時に審判がつけてい腕時計が振動するという。

いや、ここまでくるとそのうち、ユニフォームの胸の部分に極小のチップを取り付け、GPSを使って選手の位置を把握したうえで、オフサイドまで自動で判定出来るんじゃないだろうか。

西村主審のジャッジに関しては、PKのシーンが物議をかもしている。

個人的な感想としては、「ブラジル有利の甘い判定」と感じたが、誤審とまでは言えないかなと思える。逆に大げさに倒れたフレッジにシュミレーションが出てもおかしくない、審判の印象次第といった感じだった。

フレッジがどういう選手か知らないが、「よく倒れる選手」という情報があったならシュミレーションの判定もあり得ただろうし、普段そこで踏ん張る選手ならPKもあり得る。勿論、甘いことは先にも書いた通りだが。

結果、試合を大きく動かしてしまった判定だけにクローズアップされてしまうが、クロアチアも気持ちを切り替えてやるしかなかった。まあ、クロアチアにとっては日本の審判団の印象は悪くなっただろうが・・。

ちなみにACLのアウェーのジャッジは、これくらいでは比較にならないくらい、とんでもなく酷いものもあるよ。

日本の試合はいよいよ明日。ジャッジも含めて試合なので、集中していきたい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


共通テーマ:スポーツ
ブラジルW杯 ブログトップ